2017年11月10日

かっぱ寿司が低迷した大きな理由とは

かつては業界1位だったかっぱ寿司。

現在はスシローに圧倒的に大差を付けられ、業界4位と苦戦してますね。

ではなぜ、かっぱ寿司はここまで低迷したのでしょうか。

それは10年以上前に遡ります。

かっぱ寿司は関東で一番売れていて、店舗もどんどん増やしていました。

ちょうどその時期に関西からスシローやくら寿司が進出し始めましたね。

本来であれば、商品などで対抗策を打ち出していくべきだったでしょう。

しかし、かっぱ寿司は利益ばかりを追求してました。

一時的に、「かっぱ食堂」や「バラエティコーナー」など、

新しい試みをするも、失敗を連発していたんですよね。

バラエティコーナーなんてのは面白い発想ではあったんですけどね。

実際、売り上げもある程度上がりましたが、回転率が悪く、人件費などのコスト増加で

辞めたわけですが、すぐにやめたもんだから投資費用を回収できませんでした。

続けていれば、今となっては流行ってた可能性を感じさせるんですけどね。

回転率は現在は同じくらいになりましたし、サイドメニューは今は注目されてるものですからね。

結局、会社として、儲かってきた金を捨てたようなもの。

だから、原価を上げるようなことはできずに、

その後は原価率を減らすことと、人件費を下げることに注力を尽くしてしまいました。

原価を下げることにより、

現場ではボリューム感を失ったり、ネタが小さく見えたりとお客様は離れていきましたね。

また、人件費を下げようと削ったところ、

店舗はお寿司をしっかり回転させられなかったり、注文が遅かったり、作業が雑になったりで、

結局、余計にお客様を減らし、売り上げを低迷させてしまいましたね。

売り上げは下がれば下がるほど、原価率、人件費を圧迫します。

結局、売り上げを重視しなかったことが経営失敗でしたね。

売り上げを取れば、自然と原価も人件費も下がるものですからね。

食べ放題や1貫50円で巻き返しを図ってるようですが、

食べ放題もやるなら徹底的にやらなければ意味ないでしょうね。

テーブル制限しているようですので、

僅かな客数に対して行ったところで、効果は期待しにくいでしょう。

posted by kaitenzushi at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

かっぱ寿司の食べホーはテーブル規制していたという事実

なんと驚きです。

かっぱ寿司が今月から実施している食べ放題の食べホー。

WEB予約限定とのことで、アプリで予約してみようとすると、、、

多くの店舗で既に席が埋まっていて、予約がほとんど取れない状況だ。

そこまで凄いことになっているのか?!

しかし、実際に食べに行った人や駐車場の様子を時間に見てみると・・・

あれれ??

空席が意外にあるようです。

なんと、食べ放題のためのテーブル席を制限してるようですね。

最大限に稼働できるテーブルの1/3程度しか開放していないようです。

ここまで、告知しておいてそりゃ、中途半端やなぁと思う次第です。。。

この理由は「人手不足」だと思われます。

実際に、蕨でやっていた食べ放題にお邪魔したことがありますが、

キッチンの人数がかなりいたように思われます。

フルで稼働するにはそれ相当の人数でなければ回りません。

自分も回転寿司で働いていたのでわかりますが。

平日のアイドルにそれだけの人員を準備するのは厳しいでしょうね。

ましてや、学生が働けない時間で、

主婦パートは年末調整を控え、時間調整が必要な時期ですからね。

ただ、この企画を踏み切るなら、がっつりやって売り上げを取りにいかないと、

ただでさえ、赤字覚悟な食べ放題企画で広告宣伝費を考えるともったいないと思いますが。

それだけ、かっぱ寿司さんには会社としての資金力が少ないのかもしれませんね。

今日くらいに予約しておかないと期間内に食べるのは難しそうですね〜


posted by kaitenzushi at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
ファン
検索
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ