2018年05月02日

【話題】大腸内視鏡検査をやってみて思った事【リアル体験談】

こないだのホリエモンの話で思い出したのが大腸内視鏡検査の話だ。




私は昨年の春頃だったかな。

大腸内視鏡検査をしたんですよね。

まだこのブログを開設する前だったので、

ブログには書いてなかったんだとこれを見て思ってました。

なぜこの検査を受けることになったのかというと、

健康診断なんかの結果で大腸がんが怖かったんですよね。

それまでも、私は便が軟便だったり、色がよくなかったりしていたので、

何か問題あるかもしれないなとは感じていました。

大腸がんってなってしまうと手遅れになることが多いようなので、

堀江さんの言うように、ポリープができた時点で発見できれば防げるそうなんですよね。

とにかく「がん」は怖いので、早期発見が重要です。

最先端技術のがん予防サービス!低コスト3,480円(税別)

がん予防メディカルクラブ「まも〜る」



私はアラフォーなので、年々その恐怖が迫っているといっても良いでしょう。

ちなみに私は父が胃がんを42歳くらいに発症しているんですよね。

早期発見だったから良かったものの、やっぱり胃カメラとかも重要でしょう。

関連記事:スシローで腹いっぱい食べたら翌日入院しました・・・実は・・・?!

ということでちょっと怖いなと思いましたが、大腸内視鏡検査をやった時のことを

うる覚えですが、書きたいと思います。

検査前日はもちろん食事制限があります。

そして当日は腸を綺麗にするために、水のような液体を2リットル飲みます。

これはただの水ではなくて、検査用の水で凄くまずかったです。



下剤みたいなものだったかな。飲んでると下痢になります。

一定の時間をかけて、これを飲まないといけなくて、これが辛いです。

下痢が透明になったら、検査OKになる。

検査はベッドの上にお尻を出して横たわります。

お尻の穴から内視鏡を挿入します。

これを腸内をずっと通っていくということですね。

この際に注意しないといけないのがおならをしちゃいけなかったんですよね。

ガスを出すとカメラが戻ってしまうってことだったかな。

苦しくて辛いですね。涙が自然と出ます。

最初は痛いように感じますが、慣れると苦しいだけでした。

しかし、痛いのがカーブの瞬間です。



腸内にはきついカーブがいくつかあり、そこを曲がる時は痛みがきます。

もちろん麻酔とかはありませんでした。

けっこう辛かったですねぇ。

意外とこれが長いんですよ。

後に胃カメラをやったのですが、それに比べると楽なもんだったなと感じます。

やったことない人は胃カメラからやったほうが良いかもしれません。

これ終わるとおならがめちゃ出ます。

おならが出ることがいかに健康的なことなんだと改めて感じますね。

話変わりますが、おならって人前では我慢しなきゃいけないですが、

それって健康に悪いですよね。

おならはバレないようにどんどんしちゃえって思いますね。

臭いをうまく飛ばさないようにね。

もう少しおならに対して容認できるような社会であって欲しいところですね(笑)

これは余談ですが。

ということで、大腸内視鏡検査は異常なしでした。

便があんなにおかしいのに不思議なものです。

堀江さんの言うように1年に一回はやったほうが本当は良いでしょう。

しかしこの半年後に私は盲腸になったんですよね・・・

合わせて読みたい記事:初の人間ドックで初の胃カメラ体験!



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7610861
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ