2017年06月30日

介護士の仕事と魅力

介護職のイメージは大変というように思われがちですが、

介護職の魅力とはどのようなものでしょう。

資格がなくても老人ホームやデイサービスセンターで働ける介護士は、

利用者の生活補助を行なったり、施設内でのイベントをサポートする職業です。

利用者が快適に生活できる環境を整えてあげることが主な業務になります。


人と人とのつながりの職場


介護士は、体力的に大変なことや、排泄のお世話や、入浴のお世話など、

汚いものを扱えるのだろうかと、ネガティブに考える場合も見られます。

しかし、実際働くと介護のイメージは変わる人がほとんどです。



介護の仕事を通していろいろなことを学び、とても充実した仕事であると実感される方が多く

高齢者の介護のお世話をしている現場の声は、

体力的に大変な面もありますがどのような仕事でも、悪い面は存在します。

介護の現場で働く人の多くは他の職業をしていて、仕事や自分の生き方に疑問を感じ、

介護や福祉の職業を選ばれる方が、とても多くいます。



誰かの為になにかできないかということでは、医者になる人もいるでしょう。

医者になるには大変な時間と、勉強が必要です。また、学費も大変です。

介護職は、今日思い立ったら、何歳でも、どんな職業についていたとしても

ある程度の研修を受ければすぐにでも、プロとして誰かの役に立つ仕事が出来ます。

国家試験の介護福祉士の資格を取るのも、実務者研修と3年の実務経験で受験できます。

そして、その資格も働きながら取得することもできます。



介護職は、介護をした相手に、「ありがとう」と感謝される仕事です。

体力的に大変な時も、この一言で、頑張れるという声をよく聞きます。


老人ホームなどでは、お話の相手になったり、中には素晴らしい高齢者の方との出会いもあります。

心のつながりが大切な職場とも言えます。


自分は、必要とされているのだという使命感や、自分の存在に関しても精神的な充実感が得られる職場です。

認知症の高齢者と接するのは、大変で少しのミスでも文句を言われることもあるでしょう。

しかし、多くの方は介護されることにとても感謝しておられます。

仕事を超えた、「生きがい」を見つけられる職場です。



就職難の時代でも、これから、ますます需要の高まる職業です。

これからの高齢化社会では、ますます高齢者が増え、人材不足の職業でもあります。

求人数も、今後減る傾向は、考えられない職場でもあります。

この仕事は、男女関係なく、幅広い世代の方が活躍しているのが特徴です。

結婚、出産で仕事を離れる方も自分自身のライフスタイルに合わせて働ける環境が整っています。


私は、高齢者は人生の偉大な先輩だと思います。

この記事を見て今一度、働き始めた時のことを思い出し、

利用者のためにあなたの出来る形でサポートして頂ければと思います。







posted by kaigozinzai at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護士
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6423956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事
検索
カテゴリーアーカイブ
スポンサーリンク

人気ブログランキング