広告

posted by fanblog

介護ヘルパーの階級






介護ヘルパーの資格ですが、1級・2級・3級とあります。ではこれはどのような違いがあるのでしょうか?
どの級を持っていればどんな仕事に就けるのか、福祉の仕事の初心者の方にはわかりにくいかもしれませんね。
まずホームヘルパーとは、高齢者や身障害者の方など、在宅で暮らすには不自由のある人へのサポートをするための訪問介護です。
家庭を訪問し、食事の支度や部屋の掃除、排せつや入浴の介助、食事介助や体位の交換などをお手伝いします。
ホームヘルパーは、厚生労働省が認定した講習事業者の講習を修了すると、「講習修了者」と認定される認定資格となります。
介護福祉士のように試験を受けて取得する国家資格ではありません。
そのため、講習さえきちんと受けていれば誰にでも取得できます。
最も簡単な介護ヘルパー3級は、家庭介護者向けです。いわゆるホームヘルパーと言われるお仕事です。
入門的である3級は、50時間の講習を受けることによって認定されます。講習内容は座学の講義が25時間、実技が17時間です。
その他、現場の実習が8時間の計50時間となります。
この3級取得のための講習を実施している事業者は、今はほとんど見られません。学校もないですね。
今ではこの介護ヘルパー3級は、家庭で家族を介護するという人のために、自治体が中心になって行っているようです。
平成19年3月の時点ですが、介護ヘルパー3級での就労は介護報酬が発生しなくなったことが大きな要因となっています。



この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。