広告

posted by fanblog

介護ヘルパー「高齢者の食事(2)」





介護ヘルパー「高齢者の食事」(2)

介護ヘルパーとして、食事の介助がその一つの仕事となる場合もあります。
大人に食べさせるため、様々な配慮が必要です。介護者の体調を見て、のどに詰まらせないよう最新の注意が必要です。
咀嚼のできないお年よりは、普段から刻み食やペースト状の食事となります。
全ての食事を細かく刻んだり、ペースト状にして飲み込みやすくします。
しかし、この場合は、食べている本人も一体何を食べているのかわかりません。
原型がないので色と味で判断します。
食べさせている介護ヘルパーも、ペースト状の食事では、なんとなく申し訳ない気持ちになってしまいます。
そんな時、たまには別の方法を取ってみることも考えてみませんか?
ある会社では、新しい発想で全ての料理の原型をとどめたまま、食べやすい軟らかさになっています。
介護料理の作り方がわからない、現状の介護料理に満足できないなど。
その他、介護料理を綺麗に仕上げたい、介護者に食欲をわかせたい、など、そんな思いの人にぴったりです。
人は食事を摂る時、まず目で食べると言われます。次に鼻です。
目で見て楽しんで、鼻で匂いを味わうのです。
そうすることによって食欲をそそり、唾液も出てきて胃も動くと言われています。
東洋学の発想になりますが、料理には「理(ことわり)を料(はかる)」といった意味があります。
口から入ったものは、必ず何らかの影響を肉体と精神に及ぼす、と言われています。
そういった意味でも、一度介護ヘルパーの方は介護食を見直してみても良いかもしれませんね。
しかし何があるかわからないので、あくまで介護者の食事中には最新の注意を払うことだけは忘れないようにしましょう。



 

この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。