2021年01月18日

原初音瞑想には終着駅はない

31日間の覚醒レッスン、昨日で31日目を完了しました。
体と心と魂がどのような働きをしているのかが
分かりかけたような気がしました。
心身医学というのは確立されているようですが、
私の知るかぎりでは
魂にアクセスするのは原初音瞑想だけです。
自律訓練法の実際の 佐々木雄二さんは
マントラを唱えて瞑想状態に入るのは根拠に乏しいと
著書では書いています。
理学療法士の世界でも学派があり、対立することもあります。
瞑想の世界のことは私はよく分りません。
何か引き寄せの力で原初音瞑想を始めたので
瞑想は原初音瞑想のみにしようと思います。
マントラの瞑想の効果を疑問視する人もいますが、
「やってみないとそれは分らない」です。
私は趣味で様々な瞑想CDブックを買って
自分で勝手に試して喜んでいたら原初音瞑想を
上級瞑想講座31日間の覚醒レッスンを終えていたという状態です。
懐疑的なことを色々考えました。
催眠誘導の一種である。深層心理をコントロールされている。
プラセボである。
私の答えは全てNOです。
原初音瞑想を忠実に行えば誰にでも必ず
シンクロニシティが起こります。
31日間の覚醒レッスンは一日ずつボディー・マインド・スピリット
がどのように働いて今の自分を創っているのかが気づけるように
設計された素晴らしいプログラムです。
昨日で31日間を終えて沢山の学びがありました。
原則1日ずつ進んでいき、その日未消化でも1日ずつ進みなさい。
と愛子先生のご指導がありましたので、
未消化なりに終わりました。
今日から1日目から再び始めています。
1日目は日常における「現実」の経験は「知覚」から始まるです。
リラックスして座り五感を研ぎ澄ませます。
いつもボイスレコーダーに録音している音声ファイルを
聞いて帰るのですが、今日は視覚、聴覚、風、においを感じながら
夕焼けに染まった空に上弦の三日月を見ながら帰りました。
現代人は過去の経験や世の中のしがらみ、様々な規則で
制限を設けられています。
それはそれで仕方ないのですが、夜空の月を眺める心まで
失っています。
五感を研ぎ澄ませて明日の心配事、過去の失敗などの条件付けから
解放されましょう。
「知覚」が心のわだかまりで鈍っていないでしょうか?
心の条件付けを外して太陽が昇ったり、月明かりを改めて
みてください。
BODYがクリアになるとMINDの条件付けされた執着の仕組みが
わかってきます。
自分の感覚を研ぎ澄ませてありのままを見る
そこから出発です。
どんな勉強でも仕事でも技術でも終着駅はありません。
努力を必要とせず、無理なく楽しみながら行えます。
原初音瞑想は様々な制限のある自分を
自由にしてくれる最高のツールです。
これは決して心理操作、トリックなどでは決して
ありません。

ファン
IMG_20181110_112227.jpg
検索
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
神社仏閣
IMG_20180805_094022.jpg
IMG_20191014_103734.jpg
IMG_20191013_100032.jpg
IMG_20191013_093459.jpg
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
人間関係を良くするさんの画像
人間関係を良くする
介護の人間関係は難しそうですね。私の読んだ本から、介護だけでなく色々な心の疲れを取る本を紹介していきます。
プロフィール