2020年10月08日

神様は本当にいるのか?




私の趣味は、自己啓発書、瞑想CDブックなどを読みブログを書くことですが、
神社仏閣巡りも楽しみの一つです。
私の世代、1960年代に生まれた人は、神を信じていると
公言する人が少ないように思います。
親が昭和一桁の世代なので敗戦を経験しているのが大きな原因でしょう。
第二次世界大戦中は、天皇は絶対的な神で、欧米諸国などに負ける訳はない、
と信じられていました。
日本は、天皇という神の国なので、アメリカ軍が攻めてきたら、
竹槍でアメリカ兵を刺して、退治する訓練が行われていました。
婦人会がわら人形を作り、アメリカ兵に見立て、竹槍で突く訓練が
行われていました。
私の父も学童疎開に行ったのですが、多くは語りませんでした。
祖母の話では、父は疎開が嫌で家に帰りたいと、祖母に話したので、
祖母が先生に、そのことを言うと、
父は学校の先生の前では、日本がアメリカに勝つまでは絶対に帰りません。
と答えたそうです。
それが1945年8月14日、日本は無条件降伏したとたん、
天皇は神ではなくなり、敗戦国に一変してしまいました。
その日から、昨日の敵は今日の友と手のひらを返したように、
アメリカの文化を歓迎しました。
私が小さい頃は、アメリカに追いつけ、追い越せで、
沢山のSFのマンガ、アニメ、ウルトラマンなどの特撮ものが流行りました。
小学校時代、クラスメートと神様はいるのか?という話になると
ほとんどの同級生は、神様なんて信じないという子が多かったです。
神様を本気で信じていると言うと、「おまえ頭おかしいんとちゃうか?」
「神様おるんやったら連れてこいや」などと言われるので
心の片隅では信じていても、それを公言するクラスメートは
全くいませんでした。
でも、神社仏閣巡りはみんな好きでした。
自分は無宗教と言うと格好いいような風潮があって、
その反面、神社仏閣はパワースポットと、おしゃれと感じる日本人の
感性をおかしいと感じるのは私だけでしょうか?
私はキリスト教の高校だったのですが、聖書の時間が大嫌いで
牧師さんが話すイエスキリストが起こした奇跡などは
嘘っぱちと捉えていました。
今でも仏教、その他の宗教の勉強はしたことがありません。
しかし、瞑想は好きという矛盾した自分がいます。
ジョセフ・マーフィーの本は説得力がありました。
自分が潜在意識で信じたことが実現する
どんな宗教の神様を信じても、
自分の潜在意識に刻まれたものが現実化するという理論です。
この理論であれば、別に神様を信じていなくても
堂々と神社仏閣巡りを楽しめるのです。


マーフィー「眠りながら成功する」より
人が祈ったことに対して霊験をもたらすものは、
何を信ずるかという、信ずることの内容ではありません。
祈りがかなえられるのは、潜在意識が心の中で描いたことや、
考えたことに反応した場合です。
この信念の法則は世界中のあらゆる宗教の中に働いており、
またどの宗教も心理学的には真実であるという理由でもあるのです。
仏教、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教も、
みんな自分の祈りをかなえてもらったとしても、
それは特別な信条や宗教などのために霊験があったのではなく、
それは全く、信念とか、祈ったことを心で受け入れたことに
よるものです。
生命の法則は信念の法則であり、信念とは
簡単に言えば、心で考えていることと言えましょう。
本質的に言って、祈りがかなえられるということは、
心から願っていたことが実現されるという意味です。
マーフィーは1898年5月20日生まれで
1981年12月15日に亡くなっています。
まさにスピリチュアルのパイオニアと言っても過言ではありません。
神様はきっと、あなたの心の中にいるのでしょう。




こちらのホームページもどうぞ。
http://kaigo-trable.extrem.ne.jp/index.html

ファン
IMG_20181110_112227.jpg
検索
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
神社仏閣
IMG_20180805_094022.jpg
IMG_20191014_103734.jpg
IMG_20191013_100032.jpg
IMG_20191013_093459.jpg
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
人間関係を良くするさんの画像
人間関係を良くする
介護の人間関係は難しそうですね。私の読んだ本から、介護だけでなく色々な心の疲れを取る本を紹介していきます。
プロフィール