2020年09月21日

瞑想の楽しみ方




私の考えは、瞑想の本をたくさん読んで、
テニスや野球や他のスポーツのように、
自由に自分なりに瞑想を楽しもうということです。
瞑想で大事なことは、
「様々な本やその中に書かれているテクニックの形だけに捉われない」
「楽しみながらリラックスして行う」
「ある方法が期待するほど効果が出なくとも自分の努力が足りないからだと感じない」
ことです。


私たちは自分のことは自分が一番知っていると思っています。
マインドフルネスだけでなく様々な瞑想法が本当の自分に気づいていないことを
重視しています。
自分の心を顧みる方法は人それぞれあって良いと思います。
本や指導者はそれを気づかせてくれるガイドだと思います。
私も自分なりに瞑想を工夫して、それをブログで紹介することで
自分の心を顧みています。
皆さんも本を読み自分なりの瞑想法を楽しんでください。
テニスや野球や他のスポーツのように
自由に自分なりに瞑想を楽しもうということです。


マインドフルネス
瞑想は単純な方法だからといって、その可能性を疑ってはならない。
自分の内面から真実を見つけられないなら何処に真実があるのだろうか。
我々が生きているのは今であるのに我々の思考のほとんどが
過去のこと未来の心配事に費やされている。
大事なのは今の自分のなすべきことに集中することだ。
J・カバットジン


引き寄せの法則とは「自分の思考が自分に起こる全ての出来事を引き寄せている。
自分が頭から否定したいことをくよくよ考えることもそれを引き寄せてしまう。
人を陥れようとする思考は自分を陥れる力となって作用する。という法則です。
「自分が起こってほしくない、いやな奴は消してしまえばいい。」という思考は、
何かを振り払おうというという思考の形になるので、
逆に「自分が起こってほしくない、いやな奴は消してしまえばいい。」という
自分が望んでいないことを考え続けてしまえば
望ましくないことも引き寄せてしまうという法則です。
「意図的に引き寄せる方法」とは考え始めれば引き寄せを始めるということです。
他人からのネガティブな言葉や意見は、自分にマイナスの暗示を与えてしまい
望ましくない出来事を引き寄せてしまいます。
悲しい出来事、例えば職場でのハラスメント、陰口をたたかれても、
それを無視して明るい未来の青写真を描くことが、
ネガティブな引き寄せを絶ち、本当に自分の望んでいる
明るい未来を引き寄せる方法です。
人生において大切なのは「喜びを求める」
本当の自分である「内なる存在にかえる」
自分の感じていることに注意をはらい、心地よい方向へ思考を向けていけば、
心の波動はよくなっていき望むものだけを引き寄せることができるという方法です。
最後に「あるがままを受け入れる」とは、
「私は私、あなたはあなた違うところはあるがそのままでいい。
どんな状況であっても私は私の望むものに集中するし
私を不快にさせる物事に意識を向けるほど愚かではない。
怒り、不安、感情などのネガティブな不安に苦しめられるということはない。
私はありのままを受け入れることができる。
私が正しいと思うことに他人を従わせることを目的とはしていない。
みんな同じである必要はない。
皆同じであれば創造性が起こらない。
みんな同じと願うことは世界が発展しませんように、
滅亡しますようにと願うことである。」こととしています。
様々な瞑想法を組み合わせて自分なりにアレンジして
瞑想を楽しみましょう。




こちらのホームページもどうぞ。
http://kaigo-trable.extrem.ne.jp/index.html

ファン
IMG_20181110_112227.jpg
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
神社仏閣
IMG_20180805_094022.jpg
IMG_20191014_103734.jpg
IMG_20191013_100032.jpg
IMG_20191013_093459.jpg
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
人間関係を良くするさんの画像
人間関係を良くする
介護の人間関係は難しそうですね。私の読んだ本から、介護だけでなく色々な心の疲れを取る本を紹介していきます。
プロフィール