2020年09月01日

瞑想では病気は治らない




私の趣味は、自己啓発書、瞑想CDブックなどを楽しむことです。
私は医療従事者なので、本の中で「瞑想することによって病気が治った」
などの箇所は無視しています。
基礎医学に忠実であることを学生の時代から厳しく教育されているので、
「おまじないで病気が治った」などの考えは強く否定します。
前回、自律訓練法が大学病院の治療よりも効いたと記載しましたが、
それは偏頭痛、軽いめまいなどの、いわゆる不定愁訴と言われるものです。
自律訓練法は筋肉が固まっていて不定愁訴がある場合にリラクゼーションさせて
全身の筋を弛緩させることができるので、
不定愁訴に有効な治療の一つです。
実際に精神科などで実施されています。
様々な瞑想法で使われる音楽や暗示なども似たような効果があるので、
趣味として試みています。
しかし、不定愁訴ではない本当の病気になるとそんな簡単にはいきません。
臓器に器質的な病変があれば瞑想などでは絶対に治らないです。
正確な医師の診断と正しい治療がなされなければ、
病気は絶対に治りません。
瞑想の本の過剰な治癒力の宣伝は薬事法違反で取り締まるべきだと思います。
言葉は人間の気持ちを変える力があります。
積極的な心構えは、人生で遭遇する様々な困難を乗り切る原動力になります。
正確な医師の診断と正しい治療は絶対に必要で、
その義務を負っている医療従事者は日々、治療技術を磨いていく必要があるのですが、
患者さんに難しいことばかり言っても、患者さんは混乱するので
わかりやすく、病気に負けないような言葉をかけてあげることも重要です。
渡邊愛子先生のオンラインセミナーを受講して、
個人的に魂ってあるよね!!!と思いました。
医学とは関係なく、渡邊愛子先生の魂の話はとても共感しました。
自分は何故生まれてきたのか?
自分の人生で望んでいるものはなにか?
自分は何者か?
その問いに答えてくれる科学はありません。
科学的に子育てできるなどないでしょう。
自分の子供を育てるとき、日本のリーダーに育てる科学は
存在するでしょうか?
そんなマニュアルがあれば私はその通りにしています。
そんなマニュアルなど存在しない。
自分の子供を守りたいと思うとき、
自分の魂に導きを受けて子育てをするのです。
「思考は現実化する」の中の私が一番好きな文章です。
第六感の不思議
私は「奇跡」というものを信じてもいないし弁護する気もない。
なぜなら、私は「自然は法則から絶対に逸脱することはない」
ということを十分知っているからである。
しかし、その自然の法則の中にも、どうしても「奇跡」としか考えられない
ものが存在している。
第六感も、私の経験では「奇跡」であった。
私は、この世には神、あるいは英知とでもいう一つの力が
存在していて、それが物質の最小単位(原子、素粒子、クオークなど)
にまで浸透して、人間をとりまくあらゆる働きを司っていると信じている。
その英知、あるいは無限の知性が、ドングリを樫の木に変身させたり、
引力の法則に従って、水を低地へと流れさせ、夜の次には昼を、
冬の次には春をというように、物事に正しい秩序と関係を持たせている。
この英知は、成功ノウハウを通じて願望を具体的なもの、
物質的なものに転換する働きを持っているのだ。
科学的なものに魂が加わって
初めて思考は現実化する。





ファン
IMG_20181110_112227.jpg
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
神社仏閣
IMG_20180805_094022.jpg
IMG_20191014_103734.jpg
IMG_20191013_100032.jpg
IMG_20191013_093459.jpg
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
人間関係を良くするさんの画像
人間関係を良くする
介護の人間関係は難しそうですね。私の読んだ本から、介護だけでなく色々な心の疲れを取る本を紹介していきます。
プロフィール