2020年07月28日

必要な時に必要なことを言う大切さ




職場は仲良しクラブではありません。
昨日、岡山の整形外科の病院がコロナ倒産をしたという
記事がヤフーニュースに出ていました。
今、リハビリ中心で収益をあげてきた整形外科の病院などの
外来患者が減ってきています。
外来患者のリハビリの診療報酬が激減しています。
沢山のPTOTでリハビリをする状況は3密そのものです。
通所リハビリも現在、閉鎖されているところが少なくありません。
このような状況の時、「今、こんな時期だから仕方ない」
と仲良くやっていく施設は必ず潰れます。
職員のマインドも問題で「私たちを苦しめる職場は潰れたって
かまわない」と考える職員は少なくありません。
コロナウィルスの影響は、観光業、飲食業だけでなく、
医療福祉職にも危機的な状況です。
もちろんケンカをせずに仲良く平穏無事でやっていければ
それに超したことはありません。
フランス皇帝であったナポレオンは、
良い知らせは明日でも良いが、悪い知らせは真夜中であっても
報告するように言っていました。
目の前の問題から目をそらして、楽しくおしゃべりをする
仲良しクラブは危機を正確に分析して適切な対策をとることが
できないからです。



3万人の社長に学んだ「じぶとい人」の行動法則
上野光夫より
「しぶとい人」になるためには、たとえ相手が立場の強い
人であったとしても、あまりにも理不尽なことをされたら
キレなければいけません。
日頃から我慢の限界を決めておき、いつでもキレることが
できるように準備することが必要です。
日本人は「和を以て貴しとなす」と、もめ事を嫌う習慣があります。
もめ事を起こしてはいけませんが、
必要な時に「これはやってくれ」「これはやめてくれ」と
はっきり言えないようなことでは危機を乗り越えることはできません。
やってはいけないことをやっている人がいたら、
注意するのは当たり前です。
人のミスを注意することは気持ちの良いものではありません。
「こんなこと言ったら嫌われる」などと遠慮していたら、
チームの危機を乗り越えることはできません。
必要な時に必要なことを言えない組織は危機を乗り越えることは
できないでしょう。




こちらのホームページもどうぞ。
http://kaigo-trable.extrem.ne.jp/index.html
ファン
IMG_20181110_112227.jpg
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
神社仏閣
IMG_20180805_094022.jpg
IMG_20191014_103734.jpg
IMG_20191013_100032.jpg
IMG_20191013_093459.jpg
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
人間関係を良くするさんの画像
人間関係を良くする
介護の人間関係は難しそうですね。私の読んだ本から、介護だけでなく色々な心の疲れを取る本を紹介していきます。
プロフィール