広告

posted by fanblog

2021年03月25日

親の介護にも有効な原初音瞑想




33年前、私が理学療法士になったばかりの時、
日本理学療法士協会が発行する「理学療法学」
という学会誌で厚生官僚の論文が掲載されました。
詳しい内容は忘れましたが、
その頃、昭和一桁の人が定年を迎える頃でした。
今後の社会保障を誰が担うのか?を予測した論文でした。
その頃、定年は55歳でした。
年金も55歳で払い終えもらえるようになっていたと
記憶しています。
その論文では昭和一桁の人の社会保障は団塊の世代が担うだろう。
30年後は団塊の世代が70歳を超えるので、
消費税をデンマークやスエーデンのような福祉国家なみに
上げなければならないと結論づけています。
その翌年から日本の消費税が始まりました。
日本の厚生官僚の優秀さが分ります。
33年前のその論文の通りになっています。
国立社会保障・人口問題研究所「人口資料集2009」では
2050年までの主要国における人口高齢化率の長期推移・将来推計
が発表されています。
今はもっと正確になっていると思いますが、
日本は65歳以上人口比率が2050年に40%になります。
2050年は私が87歳になっています。
これは世界で最も早く高齢化が進むということです。
現在の社会保障を維持するためにはどうすればよいでしょうか?
65歳以上が40%になっても生産年齢人口を増やすことです。
一つはベビーブームを期待すること
二つ目は移民を増やすこと
三つ目は高齢者も働けるようにすることです。
前回のブログにも書きましたが、
親の介護は避けることができません。
原初音瞑想をすると非常に効率よく物事が進みます。
私の経験ですが
2月に一人暮らしの母の膝が悪くなって
母が思うように外出出来なくなりました。
市役所に相談すると
介護保険の申請と緊急通報システムの設置を勧められ
申し込みました。
3月23日母の家に行くと介護保険の認定が決まり、
地域包括センターに電話して、
リハビリ型デイサービスの利用を希望していることを伝えました。
地域包括センターの人は「ケアマネが決まってから
また、連絡します。」という回答でした。
その日にALSOKの人が緊急通報システムの設置をしにきました。
人感センサー
q1.png


24時間以上人の動きがないとALSOKが駆けつけます。
緊急警報装置
q2.png



何かあればこの機械を押すとALSOKに連絡ができます。
ペンダント
q3.png



家にいるとき不審者が来たときこのペンダントを押せば
ALSOKに通報されます。
を設置してくれました。

しばらくは一人暮らしが続けられそうです。
昨日、介護認定がおりてケアマネが決まり
サービス開始になりました。
普通の家庭は嫁がやるものなのでしょうが、
私は働きながら妻には任せずに自分でやりました。
このために取った有休は2日だけです。
親の介護のために介護離職する人もいますが、
原初音瞑想を実践すると、
介護離職せずに母の一人暮らしを見守ることが出来るでしょう。




こちらのホームページもどうぞ。
http://kaigo-trable.extrem.ne.jp/custom2.html



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10621431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
IMG_20181110_112227.jpg
検索
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
神社仏閣
IMG_20180805_094022.jpg
IMG_20191014_103734.jpg
IMG_20191013_100032.jpg
IMG_20191013_093459.jpg
最新コメント
読書の秋 本を開けば必ず答えが見つかるでしょう by ロレックス スーパーコピー 楽天 (05/21)
読書の秋 本を開けば必ず答えが見つかるでしょう by エルメス 財布 ドゴン スーパーコピー (04/29)
読書の秋 本を開けば必ず答えが見つかるでしょう by スーパーコピー 財布 ヴェルニ 汚れ (03/07)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
人間関係を良くするさんの画像
人間関係を良くする
介護の人間関係は難しそうですね。私の読んだ本から、介護だけでなく色々な心の疲れを取る本を紹介していきます。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。