広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

2016年07月27日

肌が弱い方のオムツかぶれや褥瘡予防にワセリンは効果的か

肌の弱い入居者のスキントラブルのケアの方法に悩む介護士さんは多く、その予防法や対応に苦慮している方も多いのではないでしょうか?


常時オムツを着用されている方は尿や汗などでオムツの中が大変蒸れやすくなり、特に夏の暑い時期はオムツかぶれや軽度の褥瘡などがとても起こりやすくなります。


毎日のオムツ交換での陰部・臀部の洗浄や定期的な入浴で皮膚の清潔保持に努めていても、どうしても肌の弱い方はスキントラブルが多くなりがちです。


肌の弱い方でもスキントラブルを予防し、オムツかぶれや褥瘡などにならないようにするための工夫について、今回はご紹介していきます。





なぜオムツ着用者はオムツかぶれや褥瘡になりやすいのか

人間の皮膚は、長時間蒸れた状態が続くとふやけてしまいます。お風呂上がりに自分の指先がふやけてしわの寄った状態になっているのを見たことがあるでしょう。それをイメージすると分かりやすいと思います。


実は陰部や臀部にも、同じようなことが起こっているのです。尿や汗などで湿ったままの状態が長時間続くことでも、皮膚はふやけてもろくなります。


ふやけた部分に尿や汗などの汚れが付着したままになっていると、その汚れに皮膚が反応して時間が経過するごとに痒みを伴った状態へと変化していきます。


これは皮膚の自然なメカニズムによるもので、痒みはいわば皮膚からの警告(サイン)のようなものです。


この状態の皮膚が、「不潔になっています!このままではさらに痒くなってかぶれてしまいます!」と教えてくれているのだとイメージしてください。


女性は生理で陰部が痒くなることがありますが、あれも蒸れた状態による一種のかぶれによるものです。


私たちは痒ければ自分で掻けますし、汚れていればきれいに洗うこともできます。つまり、皮膚からの警告(サイン)を瞬時に受け止め、それに即座に対応することができるため、かぶれたりすることもほとんどないのです。


では入居者はどうでしょうか?


認知症があり、そしてほぼ寝たきり状態の入居者の場合を考えてみましょう。


長期間のオムツの着用により皮膚感覚は鈍くなり、排泄があったのかどうかも分からない状態の入居者の場合は、私たちと同じようにはいきません。


皮膚感覚が鈍くなっていることで、皮膚からの警告(サイン)に気づきにくくなっているためです。


気づきにくいということは、それだけかぶれやすくなってしまうリスクが高くなるということです。さらにかぶれていることに介護士が気づけなければ、褥瘡になってしまうリスクは当然高くなります。


肌の弱い入居者の場合はこういったスキントラブルを起こしやすいため、オムツかぶれや褥瘡などになりやすくなってしまうのです。


オムツかぶれなどの予防にワセリンは効果的なのか

スキントラブルの予防のために、オムツ交換時や入浴後のスキンケアにワセリンを塗布することは昔から介護現場でも行われている、代表的なスキンケアの方法です。


一般的に薬局などにも売られているワセリンは、肌の弱い方にも使用することができ、安価でコストパフォーマンスも良いことから昔から使用されてきました。


現在でも「スキンケアにはとにかく全身にワセリン塗布」という対応をしている施設もたくさんあります。



しかしこのワセリンも、使い方を誤るとかえって逆効果になるということをご存知でしょうか?



誤った使い方で一番多いのは、ワセリンのベタ塗りです。


オムツ交換時や入浴後に塗る際、簡単には落ちないようにとベタッと分厚く塗る介護士さんは意外と多く、看護師さんの中にもそのような指示を出す方もいます。



しかし、これが大きな間違いです。



ワセリンは、皮膚の乾燥を防ぐため(皮膚からの水分の蒸発を防ぎ潤いを逃がさないようにするため)に薄く塗るのが基本です。


皮膚が乾燥するのは皮脂の分泌が不足しており、水分だけが蒸発してしまうためにあのカサカサした状態になるのです。


それを防ぐために、不足している皮脂の代わりとしてワセリンを薄く塗るというのが本来の使い方です。


たくさん塗ってもベタベタするだけではなく、余分なワセリンに尿や汗が混じってかえって皮膚に刺激を与えることになってしまいます。


少量のワセリンの塗布ならオムツかぶれの予防などにも効果的ですので、毎回きれいに洗い落とせるぐらいの量を塗るようにしましょう。


ワセリンの上手な塗り方

上述したように、ワセリンはベタベタと塗りたくるものではなく薄く塗るのが基本です。


入浴後に顔から足先まであまりにもテカテカしている入居者を見たときは、それは塗りすぎだと教えてあげましょう。


皮脂の代わりですので、うっすらとツヤが出る程度の量で十分です。


さらにワセリンの上手な塗り方のコツをお教えします。


ワセリンは、皮膚が濡れた状態で少量を塗るのがおすすめです。


そうすることでワセリンの伸びが良くなり、塗りすぎを減らすことができます。


私はあのベタベタしたのがイヤで、自分が入居者の立場だったら全身には塗ってほしくないといつも思っていました。


そこで、とある皮膚科の先生にこのワセリンの上手な塗り方を教えていただいてからは、かなりあのイヤなベタベタ感を減らすことができるようになりました。


ぜひみなさんもやってみてほしいと思います。





白色ワセリンとプロペトの違い

皮膚科の往診などで、スキントラブルの多い方に処方されることの多い「白色ワセリン」と「プロペト」の違いについても、ここで合わせてご説明しておきます。


介護士さんであれば、小さめのプラスチックケースに入ったワセリンやプロペトを見たことがあると思いますが、その違いについてまでは知らないという方も多いようです。


白色ワセリンとは、成分の名前のことを指します。つまり商品としてあるわけではなく、成分の名前をそのままワセリンと表記して処方しているだけです。


薬局などで売られているワセリンやヴァセリンなども成分は白色ワセリンがベースです。なぜ値段に違いがあるのかというと、それぞれのワセリンに含まれる不純物に若干の差があるためです。


敏感肌の方やアトピー性皮膚炎などで不純物が心配な方は、下記の「プロペト」を皮膚科で処方してもらうのがいいでしょう。


「プロペト」とは、白色ワセリンから不純物を出来るだけ取り除いてあるワセリンのことをいいます。そのため成分は白色ワセリンです。


不純物が少ないため、眼科などで処方される眼軟膏などのベースとして使われることも多く、肌の弱い方やアトピー性皮膚炎の方にも刺激の少ない保湿剤となります。


プロペトをさらに精製して、極限まで不純物を取り除いた「サンホワイト」というものもありますが、プロペトとの違いはそこまでないという声も多く、値段も高くなるため一般的にもあまり普及はしていません。


「白色ワセリン」も「プロペト」も、どちらもほぼ似たようなものではありますが、その中身の不純物に違いがあるということは覚えておくといいでしょう。


ちなみに医療現場で使われることの多い「プラスチベース」というものもあります。


こちらは白色ワセリンとは違い、主な成分に流動パラフィンというものが使われています。流動パラフィンとは有名どころで言えば「ベビーオイル」がそれにあたります。


プラスチベースは、ベビーオイルを固形状にしたものと覚えておくといいでしょう。値段は通常のワセリンに比べると2倍〜3倍ぐらいしますが、プロペトと同様に安全性が高く、塗ったときの伸びが非常に良いのが特徴です。ベタつきも少なく洗い落としやすいのも、医療現場でよく使われる理由のひとつです。


まとめ

肌の弱い方のオムツかぶれや褥瘡などを予防するためには、なんと言っても清潔保持が最優先です。


オムツ交換時の陰部・臀部の洗浄や入浴時にはワセリン類が残らないようにきれいに洗い落とすことを特に意識するようにしましょう。


その上で、薄く伸ばしながらワセリン類の塗布をすることです。


スキントラブルの元となる皮膚の乾燥を保湿によって防ぐと同時に、皮膚を保護する役割もあることは言うまでもありません。


ワセリン類を全身に使用するのであれば、できれば顔用、全身用、陰部・臀部用と用途を分けて処方されたものをさらに小分けにしたものを準備するといいでしょう。


ワセリン類は、上手に使えばとても効果的なものであると言えます。


くれぐれも塗りすぎには注意しましょう。




排泄関連の記事:

認知症でも尿意や便意を忘れない理由と、あえて忘れなければならないものとは



↓ランキングに参加しています^^ポチッと応援のクリックをお願いいたします☆
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
福祉・介護 ブログランキングへ





2016年07月26日

介護士の夏の屋内熱中症を予防するおすすめグッズ@

介護士がかかる屋内熱中症に注意!!

基本的に室内で仕事をしている介護士さんも、夏は「屋内熱中症」には気をつけなければなりません。


介護施設などの夏のエアコンの温度設定は、27度にするように推奨されています。


施設に入居されている入居者は、基本的にはあまり動かれない方がほとんどだからです。何もせず、屋内でじっとしているとそれでも寒いとおっしゃる方もいるほどです。


そのため、夏季の節電対策の一環ということもあり、エアコンの温度設定は27度としているところがほとんどです。


しかし私たち介護士にとっては、この温度設定では十分な暑さ対策にはならないという方も多いでしょう。


夏のシーツ交換やオムツ交換、入浴介助などは、それこそ汗だくになるほどたくさんの汗をかく業務です。忙しくて水分補給もままならない状況というのもしばしばあるため、業務中に「屋内熱中症」にかかり体調を崩す介護士さんが増えています。


そうならないために、ついついエアコンの温度設定を一時的に低めに設定してしまうという方も多いのではないでしょうか?


寒いとおっしゃる入居者と、常に動いて暑さと戦っている介護士さんとの、エアコン温度の上げ下げ合戦を防ぐには、どうすれば私たち介護士がエアコンの涼しさに頼らず、なるべく快適に仕事ができるようになるのかを考えなければなりません。


エアコンの温度を下げずに暑さ対策ができる方法とは

原則として、エアコンの27度設定は守るようにしましょう。


これは入居者に快適な生活を送っていただけるようにすることと、入居者の健康を守るためでもあります。


風邪を引いたりすると命に関わる方も中にはいらっしゃいますから、エアコンの温度設定は入居者の状態に合わせた設定を厳守するようにします。


では、介護士さんの暑さ対策をどうするのかという話になりますが、たとえばこんなグッズがあります。

暑さ対策のおすすめはコレ!クールにひんやり、CCT冷感タオル




仕事中に常に首に巻いておくだけでOKな冷感タオルは、ここ数年介護業界でも夏の暑さ対策に使用する方も多く、熱中症対策としては効果的なグッズです。


首の頸動脈(太い血管)を冷やすことで、全身を巡る血液を効率的に冷やし、上昇した体温を効果的に下げる役割があります。


発熱した入居者のクーリングなどで、脇の下(腋下)や足の付け根(ソケイ部)を冷やすことはよく知られていますが、仕組みはその効果と同じです。


この冷感タオルを1枚持っておくだけで、介護士さんの夏の熱中症対策としてはかなりの効果を発揮するグッズの筆頭として挙げられるものですので、冷感タオルはぜひ使ってもらいたいと思います。



次におすすめしたいのがこちら。

黄金比率の中硬水!然─しかり─霧島火山岩深層水



グッズではありませんが、水分補給は熱中症対策の基本中の基本です。


熱中症の予防に、よくポカリスエットやOSー1(オーエスワン)などが奨められる場合がありますが、私はこのような飲み物よりも、ミネラルを多く含んだ天然水を飲むことをおすすめしています。


なぜかというと、ポカリスエットなどは電解質のバランスを整えたりするためには効果的な飲み物ではありますが、飲みやすくするために糖分も多く含まれています。水分補給は大切だからと、がぶ飲みしてしまうと体重の増加や逆にノドが乾いてしまうということにもなりかねませんので、コップ1杯程度に抑えておいたほうがいいでしょう。


一方で、ミネラルを多く含んだ天然水は普段から飲む飲み物としては最適だと言えます。


汗をかいて失われた身体の水分は、その失われた量の水分を補給するのが望ましく、普段から汗を多くかく私たち介護士にはたくさんの水分が必要です。


水分量にして、夏の仕事中だけで最低でも1リットルは水分補給をしたほうがいいでしょう。


ポカリスエットや炭酸ジュースなどを飲みたくなる気持ちもよくわかりますが、あとでノドが乾いたり疲れやすくなりますので、普段の水分補給にはミネラルを多く含んだ天然水を常飲することをおすすめします。


然─しかり─霧島火山岩深層水
は、他の飲み物に比べてコストパフォーマンスも非常によく、ダイエットや美容にもいいとされている天然水ですので、普段からの水分補給に最適な理由はここにもあります。


まとめ

介護士さんの夏の「屋内熱中症対策」には、冷感タオルの使用と、天然水での水分補給で身体の外と内からのケアが必要です。


エアコンは27度設定を厳守し、入居者にとって快適な生活を優先しましょう。冷えすぎは、入居者が体調を崩しやすくなるだけでなく、介護士さんにとっても疲れやすくなる原因となります。


特によく汗をかく業務(入浴介助やシーツ交換、オムツ交換など)のあとは、ミネラル含有量の豊富な天然水で水分補給をしましょう。


以下、購入におすすめのサイトを再度載せておきます。

暑さ対策のおすすめはコレ!クールにひんやり、CCT冷感タオル


黄金比率の中硬水!然─しかり─霧島火山岩深層水




↓ランキングに参加しています^^ポチッと応援のクリックをお願いいたします☆
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
福祉・介護 ブログランキングへ





2016年07月23日

介護士がやってしまいがちな声かけ忘れの原因

介護の声かけの難しさはどこにあるのか

「入居者と関わる際には、何をするにもまずは声をかけてから行うようにしましょう。」


現在介護士として働かれている方も、スクールや職場などで介護指導の担当者などから、そう教わった方も多いと思います。


しかし実際に現場で働いていると、これがなかなか難しいなと感じる方も多いのではないでしょうか?


今回は、声かけの重要性とともに介護士さんが陥りがちな「介護の恐い一面」についてお伝えしていきます。





入居者に声をかける場面は意外と多い

入居者に声をかける場面にはどのようなものがあるのかというと、以下が挙げられます。


・入居者の居室へ入るとき(「失礼します」など)

・入居者の居室を出るとき(「失礼しました」など)

・介助に入る前(「これから〇〇をします、よろしいでしょうか」など)

・介助中(「〇〇しますね、横を向いてください」など)

・介助後(「どこか気になるところはございませんか」など)

・レクリエーションのとき(レク中の談話など)

・普段からのコミュニケーション(挨拶、体調を伺う、傾聴など)



1日を通してみてみると、本当に多くの場面で入居者に声をかけるタイミングというものはあります。仕事中に1度も入居者に声をかけない日というのはないでしょう。


私たち介護士は、入居者の日常生活のお世話をするのが主な仕事ですから、必ずどこかの場面では入居者と顔を合わせて声をかけるのが普通です。


生活のお世話をするのも介護の一環ですから、上に挙げたものの他にも、洗濯物を居室に届けてタンスに直す際や、居室の清掃やベッドメイクをするなどの、入居者と直接的には関わらないような場合でも、必ず声をかけてご本人の了解を得てから行うようにするのが基本です。


しかし、最初はきちんと声をかけてから入居者の介護や日常生活上のお世話などを行っていた介護士さんでも、段々と慣れてくると声かけを忘れがちになることが増えてきます。


その原因はどこにあるのでしょうか?


声かけを忘れがちになる大きな原因とは

介護という仕事に慣れてくると、声かけを忘れてしまうことが多くなる原因はいくつかありますが、その最も大きな原因について分かりやすくお伝えしていきます。



それは、介護士が上から目線になってしまうというものです。



介護の仕事というものは、「介護される側」と「介護する側」がいてこそ成り立つ仕事です。しかし介護される側の立場である入居者は、常に「お世話をしてもらっている」「迷惑をかけている」などの理由から、介護する側の介護士に対して感謝の念を抱く方が少なくありません。


「ありがとうございます」


「ご迷惑をおかけします」


と、入居者に言われたことのある介護士さんは多いでしょう。


本来であれば、介護もサービス事業ですから介護される側の入居者は「お客様」であって、介護する側の介護士は「従業員」です。


たとえお礼を言われても、それはサービスに対するお礼でなければならないはずです。


しかし、お金を払ってサービスを利用している立場であるにも関わらず、入居者は上述したような「お世話をしてもらっている、迷惑をかけている」という気持ちから、感謝の言葉をサービスではなく介護士個人に向けておっしゃってくださる方がほとんどです。


そのようなことが続くうちに、本来のお互いの立場というものに逆転が起こり、自分の立場を勘違いしてしまっている上から目線の介護士が多くなってしまうのです。


「自分は介護してやっている、お世話してやっている」


そのように入居者に対して思っている介護士さんがいるとすれば、それが大きな間違いであるというのは言うまでもありません。


同時に、そのような姿勢で仕事をしていることを入居者は見抜きます。


特に認知症の方の中にはそのような横柄な態度に敏感な方も多いため、興奮することが多くなったり、落ち着きが無くなったりするなどのケースも多くなります。


これを読まれている方の中にも、入居者に上から目線で接していたり、モノを言ったりしている介護士さんがいるのではないでしょうか?


もしそうでなくとも、周りにそのような介護士さんがいれば、一度お互いの本来の立場というものを見つめ直す機会を作ってもらえればと思います。





声かけの重要性を分かっているのにやらない介護士も多い

介護を始めたばかりの頃は誰もが、時間をかけすぎるぐらいひとつひとつ丁寧な声かけをしています。


そして介護の仕事に慣れた後でも、入居したばかりで初めて関わる入居者がいる場合には、どのような反応をされるか分からないため、きちんと声かけが出来ています。


声かけが大切なのを理解はしているということですね。


まずは友好的な信頼関係を築くためにも、声かけが必要な手段だとわかっているからです。


しかし、そのような方の介護にも慣れてきて関係構築ができてくると、他の業務のこともあるからと、また効率的に仕事をするようになります。そこで、段々と声かけの頻度が少なくなっていくのです。



必要な声かけ以外はしなくなる、と言ったほうが分かりやすいかもしれません。



これは声かけが大切なのは理解しているにも関わらず、上から目線で入居者に接するようになってしまっている介護士さんには、特によくみかける行動のひとつです。


こうなってくると、その後の声かけの頻度はその介護士さんの気分次第ということになってきます。


時間にゆとりのあるときはご本人の目の前に行って笑いかけたりするのに、忙しいときには険しい顔をして声もかけずにタンスに洋服を直したりするようになります。


廊下をすれ違うときでも、ニコリともせず入居者のすぐ横をさっと通り過ぎていく介護士さんもいます。

会釈をしようとしている入居者にもまるで気づくことはありません。


このような場面を、実際の介護現場で起こっているところを見かけると、やはり介護士の接し方について疑問を持たずにはいられません。


上から目線になっていることで起こる弊害と、それを防ぐ方法とは

介護サービスを受けている方はお金を払っているのにもかかわらず、さらに介護士個人へ感謝の気持ちを伝えたり会釈までしてくださいます。



サービスを提供する側が無視して横を通り過ぎるなんてことは、普通に考えてもおかしいと思いませんか?



これが介護の世界に昔からある、上から目線の介護士によるサービスの弊害です。


介護の世界では昔から、このようなことが続いています。


ですがこういう問題は、あまり表に出てくることはありません。


会議でも声かけの口調については議題として出ても、その議論の中で「すれ違うときに声をかけましょう」とか、「会釈をしましょう」などといったことが意見として出ることはほとんどないと思います。


ではその弊害を作る原因とは、介護サービスのどこにあるのでしょうか?


それは、昔ながらの介護の風潮や、周りの介護士さんも同じようにやっていること、そういうことに慣れてしまってまったく気づけなくなっていることが原因として考えられると思います。


たとえ入職したばかりの頃に「おや?これはおかしいぞ」と感じたとしても、周りに流されやすいのが人の常です。最初は気を遣って会釈や声かけをしていても、いつの間にか周りの介護士さんと同じような対応をしてしまうということになりがちになります。


本来であれば、このような原因にはリーダーや他の上司が気づいて改善していかなければなりません。


そして介護士さんも、声を大にして「こんなのおかしいですよ!」と言わなければなりません。


変に周りの介護士さんとの人間関係を大切にしてしまうと、いつまで経っても何も変わらないといった風潮が続くということになります。



誰かから始めないといけません。



介護する側とされる側の関係を、本来あるべき関係に戻すためには、介護士さんの気づきと、気づいたあとの勇気ある行動が必要です。


まずは自分の仕事ぶりを振り返ってみることから始めてみましょう。


それが最初の小さな一歩につながると信じて、違いの分かる介護士さんであってほしいと思います。



【声かけについての関連記事】

介護の声かけの基本的なテクニック

声かけの神髄?



↓ランキングに参加しています^^ポチッと応援のクリックをお願いいたします☆
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
福祉・介護 ブログランキングへ




検索
閲覧の多い記事
利用の多い介護特化の転職サイト
スポンサーリンク
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
スポンサーリンク
RSS取得