2019年09月05日

街で映える曲

外出して、街に出ると、お店の中でJポップが流れていることがよくあります。

最近、お店で流れている曲で、耳と心が引き付けられる曲は、日向坂46の『ドレミソラシド』です。

この曲の歌詞は、すごく斬新だと思います。

それは、「ドレミ・・・」の部分です。この部分がすごく耳に残りますし、引き付けられます。

そして、普通の歌詞の部分にも、「ドレミ」と「ファ」が混ぜ込まれています。

ときめき感がすごくある曲だと思います。

リズム感やテンポもいい曲です。

また、歌っているのは女性ですが、歌詞は男性側からの曲(AKB系はこういうパターンが多いイメージです)。

女性も男性も、心をはっとさせられる曲だと思います。

続いて、その前に、街で映えると思った曲は、リトグリの『世界は君に笑いかけている』です。

幸せ感のある曲と、リトグリの歌唱力に引き付けられます。

特に、「ほら 笑って・・・」のところに、引き付けられます。

なんでしょう。直接言われているかのような表現に、耳と心が反応するというのもあると思います。

続いて、その前に「街で映えてる」と思った曲は、上の曲から結構前になってしまうのですが、星野源さんの『SUN』です。

この曲は、当時、お店でよく流れていました。「いい曲だな」と思って聴いていました。

リズム感のある曲ですし、聴いていて、気持ちが上がって、なんだか幸せな気持ちになる曲です。

この曲の中でも、「君の声を聞かせて・・・」の部分に、特に耳と心が引き寄せられました。

「君の声」と言われると、なんだか自分に言われているかのようで、反応します。しかも、その声をとても褒められています。

実際には、この曲はマイケルジャクソンさんへの想いから作られた曲のようですが。

以上が、「街で映えてる」と感じた曲です。

posted by kagayakisong at 15:51| 音楽
スポンサーリンク
最新記事
カテゴリーアーカイブ
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

にほんブログ村

にほんブログ村
J-POPランキング
検索