2017年08月14日

妊娠中カフェインが駄目な理由

コーヒー.png




妊娠しているときはカフェインを控えなければいけない

というのはご存知の方が多いと思います。


では何故妊娠しているときにカフェインを飲んではいけないのかというと、
お母さんがカフェインを摂ることで、胎盤を通して
赤ちゃんにまでカフェインが届いてしまうからです。

大人であれば結構な量のカフェインをとっても分解して排出することが出来るのですが
胎児にはそれが出来ません。
そのため胎児に負担をかけることになってしまいます。


またカフェインを摂取すると血液が収縮するため胎盤への血流が悪くなります。
そのせいで胎児に十分な栄養や酸素が届かなくなってしまします。

そのせいであまり多量にカフェインを摂取すると自然流産の可能性が上がるとされます。
また低体重児が産まれるリスクも高まるといわれています。


■コーヒー
■紅茶
■日本茶(玉露は特に高い)
■抹茶
■ココア
■栄養ドリンク



などにカフェインが含まれています。
一応1日にコーヒー2杯程度であれば問題ないとされています。



しかし胎児だけではなく授乳中のカフェインの摂取も赤ちゃんに影響します。
母乳からもカフェインが赤ちゃんに入ってしまうので、それによって
赤ちゃんが興奮状態になって眠れなくなったり泣いたりしてしまう場合があります。



そのため妊娠したらしばらくの間はカフェインは控える方が良いでしょう。
最近はノンカフェインの紅茶やコーヒーも発売されています。

またルイボスティーなら紅茶なのにノンカフェインなのでおすすめです。
ルイボスティーにはケルセチンという抗酸化成分やミネラルが含まれています。
ケルセチンは老化の原因である活性酵素を除いてくれます。
ミネラルは体に水分を保ってくれるのでお肌に良いです。

更にカルシウムも豊富に含まれているので胎児の成長に役立ちます。
カフェインの心配もなく、毛細血管を丈夫にしてくれることで冷え性も改善されるので
妊娠中に嬉しい飲み物です。


まずはお試しセットを試してみると良いかもしれません。




【☆初回限定☆特別セット♪】 美容茶“ルイボスティー


RT定番4種入りの「3週間お試しセット」


ママの体にオススメ!赤ちゃんにもうれしい【ノンカフェインタンポポ茶】










posted by かえる at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6592999
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気の記事
  1. 1. これって着床出血?生理や不正出血との違い
  2. 2. 妊娠前・妊娠中にやっておけば良かった!後悔しないために
  3. 3. 陣痛・出産の痛みを和らげ軽減する方法
  4. 4. 妊娠したいならやっておくべきこと
  5. 5. 妊娠に欠かせないおすすめの葉酸サプリ
  6. 6. 出産前のベビー用品準備チェックリスト
  7. 7. つわりを軽減するには 気をつけたいこと
  8. 8. 妊娠線を作りたくないあなたへ 妊娠線クリーム比較
  9. 9. 妊娠中のセックス(性行為)はして大丈夫?気になる疑問
最新記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
ファン
リンク集