2018年05月25日

生理、排卵を早めたいときはどうすれば良い?


ハート.jpg


「最近よく生理が遅れてくる」

「遅れすぎて温泉やイベントのときに生理がきそう」



そんなとき、生理が正常に来るように出来ないかって思ったことありませんか。

生理周期が長引くと、生理前の諸症状も長引いたり、

一体いつくるんだろうとずっと考えてないといけないので嫌ですよね。

そもそも何故生理が遅れてしまうことがあるのでしょう。



  何故生理周期が遅れるのか


生理が終わる頃から排卵するまでの間は、

エストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンがたくさん分泌されます。

そして排卵してから生理が始まる頃には、

プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンがたくさん分泌されます。



この女性ホルモンによって生理の周期が変わってきます。

ですので、生理を早めたいのであれば女性ホルモンをコントロールすることが重要です。

女性ホルモンのバランスを保つことで、生理周期を安定させることが可能です。


ではどうすれば女性ホルモンをコントロールできるでしょうか。



  ピルを服用する


生理を早める方法として、ピルの服用があります。

ピルを服用することで女性ホルモンの分泌量をコントロールできます。

しかしピルは頭痛、吐き気、めまいなど副作用が起きることがあります。

また決まった時間に服用を続けないといけないし、お値段も安くありません。

どうしても改善できない場合は仕方ないですが、

基本的には服用せずに治せるのが理想だと思います。



では薬に頼らず生理周期を正常にするにはどのような方法があるでしょうか。







  体を冷やさない


体を冷やしてしまうと、生理が遅れがちになります。

体が冷えてしまうと血流が悪くなり、女性ホルモンの分泌が減少します。

それにより生理が遅れてしまうことになります。



冷たい飲み物ばかり飲んだりアイスばかり食べたりしないよう気をつけましょう。

また夏だからとクーラーをかけてお腹を出して寝たりするのもダメ。

特に元々低体温の人は要注意です。

ホルモンを整えて心身を整えよう

血行を良くしようもご参考下さい。




  食べ物でホルモンを整える

豆腐.jpg

● 豆腐、豆乳など大豆製品 

大豆製品にはイソフラボンという成分が含まれています。

このイソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしてくれます。

しかも、エストロゲンが足りないときは補う働きをし、

過剰なときには分泌を抑えるよう働く素晴らしい成分です。



ただし過剰摂取には注意が必要。

1日あたりのイソフラボンの摂取は75mgほどが目安。


豆乳200mlでおよそ50mgのイソフラボンが含まれています。

豆腐150gで約40mg

納豆45g1パックで36mg

大豆水煮30gで 13mg


意外と簡単に取りすぎてしまうので注意しましょう。


他にも以下のものなどにも含まれているので注意

みそ(味噌汁)約6mg(1杯20g)

きな粉 約19mg(大さじ2 12g)

厚揚げ 約37mg(1/2枚100g)




● 体を温めるもの 

生理が遅れる原因である体の冷えを食事で緩和しましょう。

基本的に、根菜類が体を温めてくれます。

ニンジン、ゴボウ、ショウガなどがおすすめ。



また寒い地域で取れる食べ物も体を温めてくれます。

逆に南国など暑い地域のものは体を冷やすものが多いので注意。

生野菜も体を冷やすので、食べ過ぎないようにしましょう。



外からはもちろん食事によっても体を温めることで血流が良くなります。

そうすることで子宮周辺の血流も良くなり、生理周期を早めることに繋がります。


冷え性を食事で改善 体を温める食べ物と冷やす食べ物とはにも詳しく書いています。



● ビタミンEが豊富なもの 

ビタミンEは、末梢血管を広げ血行を促進してくれます。

さらに女性ホルモンの分泌を促す効果もあるので積極的に摂取しましょう。

ウナギ、かぼちゃ、ナッツ類などに多く含まれます。

難しい場合はサプリメントを活用するのも良いでしょう。



● 子宮を刺激するもの 

パセリは、子宮をわずかに収縮させる働きがあるとされています。

またセロリは血流を改善する効果があり、生理をこさせるといわれています。

民間療法のようなものですが、お試しの価値あり。



● ビタミンCの摂取 

ビタミンCには、子宮内膜を厚くしてくれる働きがあります。

ですので生理が遅れがちな人はこまめに摂るようにしましょう。

ビタミンCのサプリメントは安価で手に入りやすいのでおすすめです。

また余程規定量以上摂らなければ過剰摂取の心配もありません(ビタミンCは水溶性なので尿で排泄されるため)。

美容にも効果的なのでおすすめです。



  まとめ


もし生理が遅れがちなら、この記事を読んで試してみて頂ければ幸いです。

ただし、妊娠の可能性がある場合はきちんと妊娠検査薬で検査しましょう。








 こんな記事もおすすめ

● 生理前のイライラが止まらない!その症状を緩和軽減する方法

● もしかして過多月経?経血量が多いならチェックしてみよう

● 生理で腰が痛いのは何故?生理前から腰痛が起こる原因

posted by かえる at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7698759
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気の記事
  1. 1. これって着床出血?生理や不正出血との違い
  2. 2. 妊娠前・妊娠中にやっておけば良かった!後悔しないために
  3. 3. 陣痛・出産の痛みを和らげ軽減する方法
  4. 4. 妊娠したいならやっておくべきこと
  5. 5. 妊娠に欠かせないおすすめの葉酸サプリ
  6. 6. 出産前のベビー用品準備チェックリスト
  7. 7. つわりを軽減するには 気をつけたいこと
  8. 8. 妊娠線を作りたくないあなたへ 妊娠線クリーム比較
  9. 9. 妊娠中のセックス(性行為)はして大丈夫?気になる疑問
最新記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
検索
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
ファン
リンク集