2018年01月21日

断乳・卒乳のやり方

授乳.png

  断乳っていつするの?

昔は1歳くらいになったら断乳しなければならない風潮がありました。
しかし現在は、いつまでにしなければいけないということはありません。

ただママからするといつまでもおっぱいを上げるのは正直大変ですよね。
いつまでも卒乳しないと、離乳食を食べてくれなかったりする場合もあります。
いつまでもご飯よりもおっぱいを欲しがると栄養の面で心配になりますよね。


  断乳する時期の目安

断乳する目安としては


 一人歩きできる

 母子共に健康

 3食離乳食が食べられる

 固形物が食べられるようになる

 牛乳が飲める

 ストローやコップで水分補給出来る


早くても10ヶ月から1歳以降が目安です。


  断乳の方法

いきなり今日から断乳!といっても難しいでしょう。
ですので、数日かけて慣らすとやりやすいかもしれません。
毎食あげていたのを1回減らすなど、無理なく断乳を進めましょう。
徐々に減らすことで母乳の分泌を減るのでおっぱいが詰まるのを防ぐことにもなります。

また言葉で言い聞かせるという方法もあります。
ただあくまで子供が言葉を理解できるようになってきている場合に限ります。

また断乳すると子供は服をめくっておっぱいを欲しがることがあります。
予め肌色の絆創膏を貼っておいて
「おっぱいないよー」
と言い聞かせる方法もあります。


  断乳は休みの前日に

今まで寝かしつけにおっぱいをあげていた場合、夜鳴きしたりぐずるかもしれません。
しかし心を鬼にしてあげないようにしましょう。
泣いたらくれると覚えてしまうと後が大変。
おっぱいの代わりに白湯やお茶で水分補給を忘れずに。

おっぱいをあげなくても眠たくなるように、日中は元気に遊ばせてあげましょう。
マッサージもおすすめ。


  断乳後にママが気をつけること

断乳直後はおっぱいを温めないようにしましょう。
温めるとおっぱいの張りが強くなります。
断乳直後2〜3日くらいは入浴せずシャワーで済ました方が良いかも。

また搾乳するのは痛いときだけ。
どうしてもおっぱいが張るときだけ絞るようにしましょう。
空になるまで絞ると母乳の分泌が増えてしまうので注意。
ただ我慢しすぎて乳腺炎にならないように気をつけましょう。


  おっぱいの張りを楽にするには

腫れや痛みが酷い場合冷やすとマシになります。
また断乳から1ヶ月程度は乳腺詰まりの原因になる高カロリー・高脂肪食品は控えるようにしましょう。

またペパーミントやセージには母乳の分泌を抑える働きがあります。
ハーブティーなどを利用すると良いでしょう。
母乳の出すぎや乳腺詰まりに困っているママ用のものもあります。
繰り返す乳腺炎でお悩みの授乳期ママに『AMOMAミルクスルーブレンド』



もう1歳だし、とあせって断乳卒乳する必要はありません。
ただ、するぞ!と決めたら一度でしたほうが良いです。
一度失敗すると、再度取り掛かるまでに時間がかかるかもしれません。
ママもパパも赤ちゃんも余裕のあるときに行いましょう。



【関連ページ】
離乳食っていつから始めるの?
血行を良くしよう


↓☆インスタ映えすると大人気☆バタフライピーティー☆

posted by かえる at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃん

2018年01月18日

血流を良くしよう

  血流が悪くなると出る症状

ストレス.png


血流が悪くなると体の様々な部分に影響を及ぼします。

というのも、血液には2つの役割があるからです。それは、

● 酸素や栄養を全身に運ぶ
● 新陳代謝老廃物・疲労物質などを回収する


ということです。
そのため血液の巡りが悪くなると体が不調になるのです。



以下のような症状がある人は血流が悪くなっているかもしれません。


 手足が冷える
 倦怠感や疲労感がある
 肩こり・腰痛・首が凝る
 肌が乾燥する・痒い
 便秘
 寝つきが悪い
 胃腸の不調
 肌あれ・シミ・クマ
 生理痛


当てはまる人は要注意。
血流を改善するための行動を起こしましょう。


  血流をよくするには

では血流を良くするにはどうすれば良いのでしょうか。

血流を改善するには、主に

● 食事
● 運動
● 半身浴

を気をつけましょう。


【PR】
国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』



  食事

食事は体を作る基本です。

食べ物には体を温める食べ物体を冷やす食べ物があります。
あまり体を冷やすものばかり食べないように気をつけましょう。

飲み物も日頃から温めたホットを飲んだ方が良いです。
夏でも氷や冷蔵庫で冷やしたものではなく、ホットか常温を飲むようにしましょう。

✻ 体を温める食べ物
たまねぎ・葱・生姜・にんにく・ナッツなど

✻ 体を冷やす食べ物
生野菜・砂糖・ケーキ・ヨーグルト・牛乳など

詳しくは冷え性を食事で改善 体を温める食べ物と冷やす食べ物とは

・ ・ ・
また、血流をサラサラにする食べ物ドロドロにする食べ物があります。

✻ サラサラにする食べ物
たまねぎ・葱・青魚・にんにく・ポリフェノールなど

✻ ドロドロにする食べ物
糖分・脂分(砂糖、揚げ物、ポテトチップスなど)

  運動

適度な運動をすることで筋肉がポンプの役割をし、血流が良くなります。
特に足は筋肉が多いので、ウォーキングや軽いジョギングが効果的です。
ストレッチで体を柔らかくすることも血流を良くしてくれるのでおススメです。


  半身浴

血流を良くするには体を温めることが大切です。
熱すぎないお風呂で半身浴しましょう。
37〜38度が目安です。
腰・へそ辺りまでお湯を入れて20分程度入浴しましょう。

お風呂に入ったあとは湯冷めしないようしましょう。
出来れば入浴後にストレッチをすると効果的です。
また炭酸ガス入りの入浴剤もおすすめです。

●   ●   ●   ●

✻ 他にもこんなことに気をつけよう

早寝早起きする
しっかり睡眠をとる
ストレスを溜めない
朝食を摂る
体を冷やさない
締め付ける服を着ない
水分補給をしっかりする
適度な運動をする
毎日シャワーでなく湯船に浸かる
マッサージする(特にふくらはぎ)
タバコを吸わない


血流を良くするには、
・食事
・運動
・半身浴

を軸に、規則正しい生活を送るようにしましょう。

規則正しい生活をすれば、血流が良くなり様々な不調が改善されるかもしれません。
同時にサプリメントを使用するのもおすすめです。
乾燥生姜でぽっかぽか習慣♪しょうが湯なら【温効生姜】
【クリルオイルピュア100】



関連ページ
ホルモンを整えて心身を整えよう
睡眠の質を上げる方法
生理痛が酷いときはカイロを使おう ただし低温やけどに注意




タグ:冷え性 血流

2018年01月13日

ホルモンを整えて心身を整えよう

はな.png


女性ホルモンや男性ホルモンなど、ホルモンといってもいろいろあります。
わかっているだけでも100種類以上のホルモンが私たちの体内で働いているそうです。

ではホルモンにはどういったものがあるのでしょうか。


<ホルモンが分泌される場所>

✻ 脳・・・ドーパミン、ノルアドレナリン
✻ 松果体・・・メラトニン
✻ 下垂体・・・成長ホルモン、オキシトシン
✻ 副甲状腺・・・副甲状腺ホルモン
✻ 副腎・・・アドレナリン、コルチゾール
✻ 胃・・・グレリン
✻ すい臓・・・インスリン
✻ 卵巣・・・エストロゲン、プロゲステロン
✻ 腸・・・セロトニン、インクレチン



ここからはそれぞれのホルモンの働きについて説明します。


  オキシトシン

オキシトシンは下垂体で分泌され、子宮や乳腺、脳で働くホルモンです。
・手をつなぐ
・抱き合う
・キスをする
といったスキンシップをしたときに分泌されます。
オキシトシンが分泌されると、愛おしい気持ちが高まります。
動物でも良いそうです。


  副甲状腺ホルモン

副甲状腺は、副甲状腺で分泌され、骨や腎臓で働くホルモンです。
このホルモンは血液中のカルシウムの量を調整してくれる働きを持ちます。
そのため骨を強くしてくれるんです。

  グレリン

グレリンは、胃で分泌され、脳で働くホルモンです。
このグレリンはミトコンドリアを元気にして増やす働きがあります。
ミトコンドリアを元気にすることで老化を防ぎ若さを保つ効果があるんです。
ですので若返りのホルモンともいえますね。

グレリンを増やすには、空腹がポイント。
お腹が空いて胃がぐ〜っと鳴いたらグレリンが分泌されている証拠です。
いつも何かを食べてしまっている人はグレリンがあまり分泌されていないかも。
空腹感を感じる生活をしてみましょう。


  インクレチン

インクレチンは腸で分泌され、脳や胃、すい臓で働くホルモンです。
インクレチンはインスリンの分泌を促進することで食欲を抑えてくれる効果があります。

インクレチンを分泌するには、腸の健康を保つことが大切です。
発酵食品の味噌や納豆を摂ったり、乳製品を摂るようにしましょう。

  エストロゲン

エストロゲンは卵巣で分泌され、全身で働くホルモンです。
女性ホルモンで有名なエストロゲン。
エストロゲンは肌の綺麗さを保ってくれます。

スキンケアやマッサージをすることが女性ホルモンの活性化に効果があります。

  セロトニン

セロトニンは腸や脳で分泌され、腸や脳で働くホルモンです。
幸福ホルモンとして有名。
心身を安らかにして幸福感を与えてくれます。
男性に比べて女性のほうが分泌が少なく、そのため女性は情緒不安定になりやすいとされています。

起床後太陽の光を浴びることで分泌されやすくなります。
太陽の光で体内時計をリセットすることが大切なんです。











このように様々なホルモンがあるわけですが、そもそもホルモンとはなんなんでしょう。

ホルモンは、興奮した細胞から血管内に分泌されます。
そして血管の中を血液と一緒に流れて全身をめぐります。

そして自分の受容体(レセプター)をもつ細胞と結合することで初めて力を発揮します。
そのため受容体の感度が悪い状態だとホルモンはきちんと働くことが出来ません。

ではホルモンを上手に働かせるにはどうすれば良いのでしょうか。


 規則正しい食生活をする
毎日できるだけ同じ時間、回数食べるようにしましょう。
そうすることで胃で分泌されるホルモンが調子が良くなります。

 とにかく笑う
表情筋が刺激されるとセロトニンが分泌されます。
作り笑いでも良いのでとにかく笑うようにしましょう。
顔全体でしっかり笑うことがポイント。
微笑みじゃなく、爆笑!

 運動する
運動することで血流が良くなります。
するとホルモンの分泌がよくなります。

 腸内環境を整える
乳製品や発酵食品を摂りましょう。
また食事は満腹ではなく8分くらいが良いです。

 睡眠をしっかりとる
十分に睡眠を摂り脳を休ませてあげましょう。
心地よい寝室でぐっすり眠ることが大切。
寝る前のスマホやゲームは止めましょう。


●   ●   ●   ●

ホルモンを活性化することが出来れば心身も活性化します。
上手にホルモンを整えて心身ともに生き生きと楽しく過ごしましょう。


関連ページ
妊娠に必要なホルモン「エストロゲン」を増やすには?
自律神経の乱れを整えよう
幸せホルモンセロトニンを増やすには?トリプトファンを食事で摂取しよう







タグ:ホルモン
よく読まれている記事
  1. 1. これって着床出血?生理や不正出血との違い
  2. 2. つわりを軽減するには 気をつけたいこと
  3. 3. 妊娠中の辛さをパートナーにも知ってほしい 夫婦で乗り切る妊婦生活
  4. 4. 妊娠中のセックス(性行為)はして大丈夫?気になる疑問
  5. 5. デリケートゾーンの悩み 人には聞けないアソコのお悩み
  6. 6. 生理痛で服用する鎮痛剤比較
  7. 7. 出産で起こる体の変化10
  8. 8. 妊婦検診とは?いつ何回くらいあるの?
  9. 9. 出産内祝いにつけるお礼状・メッセージの内容
  10. 10. 妊娠や出産に関するウワサ・迷信・ジンクス集めてみました
  11. 11. 生理痛の薬はどのくらい飲んで良い?
  12. 12. 血流を良くしよう
  13. 13. 妊娠に必要なホルモン「エストロゲン」を増やすには?
  14. 14. 妊活中・妊娠中はルイボスティーを飲もう どんな効果が?
  15. 15. 睡眠の質を上げる方法
  16. 16. おりものの変化で見る体調と異常
  17. 17. 基礎体温を測って生理日や排卵日を知ろう
  18. 18. 出産届(出生届)っていつどこに出すの?

最新記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリーアーカイブ


月別アーカイブ
ファン
リンク集