広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年01月13日

超初心者向け知的財産のお話し その67

かえるくんです

商標についてのお話です。

以前、マレーシアについての知財セミナーに参加した時

に聞いた話、というか訴訟になりましたので事件です。

この事件はJETROの報告書に詳細が書かれていますが

超初心者向けの」ブログですのでザックリとお話しします。

日本では、パンにつけるジャムなどで有名な

MEIDI-YA

はご存知だと思います。明治屋です。

当然、日本では商標権は取得れてていますが、全世界

となるとそうではありません。

マレーシアに 「Meidi-ya」という名前の

パン屋さんがあり、日本の明治屋が訴えたんです。

当然、歴史は日本の明治屋のほうが古いんですが

マレーシアで「Meidi-ya」を使ったのは現地のパン屋さん

です。

2つの商標の違いはこんな感じです。

index_tx01.gif

image15-300x224.jpg

両社の違いは大文字と小文字、そして三角形を合わせたロゴ

背景の絵(麦の穂)の有無などです。

争点は「マレーシアで最初に使った者が、マレーシア国外で

十分に確立されている長期使用の権利者に優先されるか。」

というところだそうです。

裁判では和解することになったようですが

控訴審で、その商標の最初の使用者である者に、悪意

の証拠がなかったこと、日本の明治屋がマレーシアで

”のれん”(営業権)も名声も持っていなかったこと、

および詐欺通用に依拠できないことを理由として現地企業

に有利な判断がされました。

確かに商標からは悪意とか騙してやろうという感じは

受けません。

また、現地ではおいしいパン屋さんとして評価が良い

見たいです。

これは2008年の訴訟です。

特許でも”世界公知”がスタンダードになっているように、

商標でもインターネットで世界中の商標やロゴをパクる

ことが簡単になっています。

東京オリンピックのロゴ問題でも、その点はクローズアップ

されましたが、今後は「自分の国では俺が最初!

というのが通じなくなっています。












2016年01月12日

超初心者向け知的財産のお話 その57





かえるくんです

商標権のお友達的存在・・・の一応、最後です。

地域団体商標と地理的表示(GI)のお話です。

地域団体商標と地理的表示は別物ですが、同時に取得する

ケースもあるので併せてお話します。



【地域団体商標制度】は地域ブランド作りを応援するために

平成18年にスタートした制度です。

通常は認められない「地域名+商品名」という商標を認めて

早期に商標として登録できるのが特徴です。

地域団体商標の登録要件として以下3点が求められます。
@商標が【地域名+商品名」であること(商標の構成)
A生産者団体が農協、漁協等の組合、商工会、商工会議所
  NPO法人であること(登録主体)
B地理的表示が生産者団体及びその構成員が使用する商標
  として需要者間で広く知られていること(周知性)

具体例では
北海道・十勝清水町農協の【十勝若牛】
青森県・プロジェクトおおわに事業共同組合の【大鰐温泉もやし】
広島県・府中家具協同組合の【府中家具】

などがあります。

商標の一種であるのでマドリッドプロトコルも利用できます

【地理的表示(GI)保護制度】は生産地と結びついた特性をもつ

農林水産物等の名称を品質基準とともに登録し地域の共有財産

として保護する制度です。こちらは特許庁ではなく、農水省です。

地理的表示の登録要件は
@産品が農林水産物、飲食料品等であること
Aその産品が生産地と結びついた特性を有していること
B産品が有する特性や生産方法を明確に定め、団体が品質管理
  をしていること
Cその産品が一定期間(概ね25年)継続生産された実績があること

です。

登録されれば、GIマーク(義務)を産品に付与することになります。

取り消しにならなければ、半永久に不正使用に対しては国が取締まり、

禁止してくれます。国のお墨付きが受けられるんです。

ですが、デメリットというか注意点もあります。

@地域共有の財産となるので団体などで独占できません
A指定産品の生産工程管理業務が義務付けられます
  国からのチェックを受けます。
BGIマークを必ず付与しなければなりません

以上、2つの制度について、お話しましたが両方併用することもできます。







2016年01月11日

超初心者向け知的財産のお話 その56





かえるくんです

今回は【防護標章】についてです。

これも商標のお友達的存在になります。

防護標章は、商標よりも強力な権利を持っています。

防護標章制度は、”使用の有無にかかわらず著名なマークを保護

する制度”です。商標のように「不使用取り消し審判」の対象には

なりません。”著名”とは”周知”よりも知名度が高く、全国的に知られ

ていることを想定しています。

地域限定で有名だけではダメってことです。

防護標章を受けるには、それが”著名は登録商標”である必要が

あります。ここが審査の中心です。

防護標章.jpg

登録商標は【商標】と【商品・役務】の双方から判断して、双方が

ともに「同一もしくは類似」の場合に権利が及びますが、防護標章

は【商品・役務】が非類似でも権利が及びます。

たとえば「○▲■」という防護標章でコーヒーが販売されている場合

で、他社が「○▲■」という商標でボールペンを販売しても、販売が

禁止されます。

防護標章登録をするには特許庁に「防護標章登録願」を提出して

審査を受けます。拒絶理由がなければ登録査定となり、登録料を

支払って、晴れて登録という運びとなります。

更新は10年毎に繰り返しできますが、商標登録とは別の権利と

なるので、別個の手数料が必要です。






2016年01月10日

超初心者向け知的財産のお話 その55





かえるくんです

商標の友達的な存在についてお話します。

今回はそのひとつ【商号】です。

前回、プランタン銀座のお話でも出てきました。

商標と商号はまったく違うものですが、経済価値を持ったマーク

であるという共通点を持っています。

商標は商標法(特許庁)、商号は商法・会社法(法務省)で規定

されているものです。

商号は同じ市町村内で同じものは使えませんが、市町村が違えば

同じものを使うことができます。

商号については、平成25年の知的財産管理技能検定(2級実技)

に出題されていたと思います。







2016年01月09日

超初心者向け知的財産のお話 その54





かえるくんです

商標登録の無効審判が設定登録から5年経過すると

請求できないのは、無効理由を持っている商標も5年

も経つと周知され、経済的な価値を持ちうるからです。

この期間を商標の除斥期間といいます。ちなみに

第17回の知財検定2級で出題されてます。

除斥期間の定めのある無効理由は

@普通名称、慣用商標、記述的商標など
A他人の肖像、氏名、著名な芸名などを含む商標
B登録商標と類似の商標など
C先願主義違反
D他人の周知商標の類似商標など
E他人の業務に係る商品、役務と混同する恐れのある
 商標

DEについては不正競争の目的がある場合は除斥期間
の適用はされません。

悪意が明らかなんですから当然ですよね。

♪♪ビスタプリントのプレミアム名刺♪♪

3500種類以上のデザインから選べる。写真/ロゴアップロード可。


タグ:除斥期間

2016年01月08日

超初心者向け知的財産のお話 その53

世界レベルを目指したレザーブランドYUHAKU


かえるくんです

今回は商標権の時事ネタを紹介します。

昨年12月の新聞にこうありました。

「仏プランタンと契約終了 商標・商号五輪にらみ変更」

東京都中央区にある老舗デパート【プランタン銀座】が

【プランタン】の商号・商標契約を今年の12月に終了する

とのことです。来年から【プランタン】を名乗れない訳ですが

【プランタン】って、ライセンス契約で使ってたんですね・・・

知りませんでした。

1984年にダイエー、プランタンとロイヤルティー契約して

開業、その名を全国に馳せましたが、近年、銀座も若者向け

ショップが増えて、競争が激化、売り上げも落ち込んでいた

ようです。東京オリンピックをにらみ、平成29年3月にリニュー

アルオープンし、ターゲット顧客層も見直すようです。

商号・商標は、その著名さだけでなく、顧客層のイメージに

直結するものだということが良く分かります。

長年使い慣れた名前を捨てるリスクがどのように現れるか

また、大胆な決断が良い方に影響するのか、興味がある

ところです。








タグ:時事ネタ

2016年01月07日

超初心者向け知的財産のお話 その52





かえるくんです

平成28年、年明け初めの更新です。

今回から再び舞台を国内に移し、お話を進めますが

時々、国際条約の話もします。なにせ知的財産は世界

規模の話なので仕方ありません。

また、知的財産管理技能検定の過去問題も頻繁に

取り上げてゆきたいと考えてます。

それでは商標のお話です。

基本的な話は過去のブログをご覧ください。

【相手から商標権侵害と警告を受けたとき】

@警告を受けた相手の登録商標の商標原簿を確認する

まず、本当に自分の使っている商標が侵害に値するもの
なのか、しっかりと相手の商標を原簿で確認します。
類似していなければ侵害にはなりません。

どうやら、確かに似ているかもしれないとなったら

A自社の商標に先使用権があるか確認する

自分たちの商標は、登録こそされていないけど、相手の
商売を邪魔する目的、つまり不正競争の目的はなく、
相手商標の登録の前から使っていて、取引先や需要者
などに周知されているのであれば、先使用権が認められ
使用料を払うことなく使い続けられます。

周知のレベルについては別の機会にお話しますが、
必ずしも全国区の知名度は必要ありません。

ただし、類似が混同を起こすレベルで相手先から指摘
があれば、混同を防止するための適切な付記をして
使用することになります。

先使用権も認められそうにない場合は、相手商標の抹殺
を考えます、言葉は怖いですがそういう世界です。

B相手の権利を消滅させる

これには3つの方法があります。

a. 登録異議申し立て
  既に相手の商標が慣用的に使用されているなどの
  事実があれば、商標掲載公報の発行から2月以内
  であれば、誰でも、登録異議申し立てができます。

b. 商標登録無効審判
  そもそも登録自体が無効だったとして請求します。
  この無効審判は利害関係人に限られます
  商標権の設定登録の日から5年経過後は請求する
  ことができません。

c. 不使用取消審判
  商標は使ってこそ意味があります。商標登録だけ
  して、放置しているのでは誰の得にもなりませんし
  他の人が有意義に使えるかもしれません。
  国内で3年以上継続して誰でも不使用取消審判を
  請求することが出来ます。
  ここのキーワードは”国内”と”継続”です。
  外国で使ってました・・では認められません。また
  不使用取消審判を請求されないために一時的に
  使ったりしても認められません。

  
d. また、不正使用については誰でも取消審判請求
  ができます。

b 以外は誰でも請求できるのが特徴です。

この辺の話は知財検定でも過去に出題されてます。





次回はBのbでどうして5年なのかお話します。





2015年11月15日

超初心者向け知的財産のお話 その11

通勤講座


かえるくんです

今回は商標の種類、要件などについてお話します。

商標の種類というより構成かもしれませんが・・・

商標は、文字・図形、記号もしくは立体的形状、又は

これらの結合、又は色彩との結合
となってます。

これは

@ 文字、図形、記号、立体形状のみ
A @の組み合わせ
B @+色彩、A+色彩


という感じで理解してください。

まあ、実際に登録商標を見てもらえば

「こういうことね!」 ってなるともいます。

そして、実は昨年商標法が改正されて新たに商標

として認められるパターンが5つ増えました。

以下は特許庁のサイトからのコピペです。

C 動き商標・・・文字や図形等が時間の経過に
   伴って変化する商標
  (例えば、テレビやコンピューター画面等に映し
   出される変化する文字や図形など)

D ホログラム商標・・・文字や図形等がホログラフィー
   その他の方法により変化する商標
  (見る角度によって変化して見える文字や図形など)

E 色彩のみからなる商標・・・単色又は複数の色彩の
   組合せのみからなる商標
   ※これまでの図形等と色彩が結合したものではない
  (商品の包装紙や広告用の看板に使用される色彩など)

F 音商標・・・音楽、音声、自然音等からなる商標であり、
   聴覚で認識される商標
  (CMなどに使われるサウンドロゴやパソコンの起動音など)

G 位置商標・・・文字や図形等の標章を商品等に付す
   位置が特定される商標

あらたに認められる5つについて、出願登録された場合で

「もうとっくに使ってるよ、商標になるなんて思わなかったよ」

という人も考えられます。そういう人は無条件で続けて使用する

ことができるようになってます。これは、他の知的財産(産業財産)

では先使用権といいますが、商標では継続使用権といいます。

だたし、Dは”登録商標+位置”という権利のため、継続使用権は

認められないようです。

先使用権(せんしようけん)については、後日、別途お話します。

次に商標登録の要件についてです。

1.識別力

商標権の大きな目的に”自他商品等識別機能”があることを前回

お話しました。

「紛らわしいものはヤメテ!」ってことですが、そのために以下に

挙げるものは、原則、登録を受けることはできません。

【普通名称】【慣用商標】【商品の産地や品質、原材料等又は
役務(サービス)の場所や効能、用途等】【ありふれた氏】
【極めて簡単な図形やローマ字等】【元号やキャッチフレーズ】


2.公益や私益との調整

これは【公序良俗違反】【他人の氏名を含む商標】【先に出願された
他人の登録商標や類似するもの】【混同や誤訳をもたらすもの】
【不正目的】

それでは、Aさん、Bさんの商標が類似する場合、何を以って、

どういう基準で”類似”と判断するかですが

@指定商品・役務が類似しているかどうか
A商標が類似しているかどうか

の2点について外観・称呼・観念 それぞれの要素を

総合的に判断し、

加えて取引の実情なども考慮することになってます。





以上、これまで11回にわたり、お話してきましたが、特許、実用新案、

意匠、商標は知的財産のなかでも産業財産権というものです。

そして、知的財産の中には産業ではない”著作権”というのがあります。

次回は著作権について、超初心者的な目線でお話したいと思います。

一律3万円もらえる正社員求人はこちら【mane求人】






2015年11月14日

超初心者向け知的財産のお話 その10





資格講座の資料請求はLECで



かえるくんです

今回は商標の機能、メリットについてのお話です。

商標”ってのは、「ラッパのマークの正露丸は登録商標です・・・」

と一昔前まではCMで言ってましたが商標権で争ってましたね。

商品やサービスにつけられる”マーク”や呼び名のことです。

商標には以下の4つの機能があります。

@他人の商品やサービスと区別する機能(自他商品等識別機能)
A商品やサービスの出所を表示する機能(出所表示機能)
B商品の品質やサービスの質を保証する機能(品質保証機能)
C商品やサービスを広告宣伝する機能

商標権も出願して登録されて初めて権利が発生しますが、

これまでお話した特許、実用新案、意匠と違って、MAX20年など

の上限が設けられていません。お金を払い続ければ永久に権利を

主張できます。

商標権を得るメリットは

@特定の商標を特定の商品やサービスにつき排他的に独占できる
A商標権の譲渡やライセンスによる収益の確保
B先に商標登録出願することによる他人の商標権取得の防止
C商標に顧客吸引力がつくことで企業価値や商品価値が向上する

ABはほかの知的財産権についても同様のことが言えます。

Cは商標の特徴で長く使えば使うほど企業や商品への信頼が高まり
ブランド力もつきます。ただ、不祥事などで一度信頼を失うと、簡単に
崩れ去ることは、世の常です。

@はつぎにお話しする「商標権の独占」と深く関係します。
商標-crop.JPG

汚い図ですみませんわーい(嬉しい顔)

卵のような図の黄身にあたるのが商標権を取得した商標です。

独占的に商標を使えますし、他人が使ったら当然侵害となります。

外側の白身にあたるのが「登録商標に似ている」商標群と考えてください。

いくら商標権所有者でも、「登録商標に似ている」商標は使えません、

なぜなら、似ている商標は”登録商標”に”似ているだけで”権利化が

されている訳ではありませんから


しかし、白身部分に”排他”とかかれていますが、これは他人が

「登録商標に似ている」商標を使った場合、黄身部分の登録商標に

悪影響を与える可能性・・・・わかりやすく言えば「偽ブランド」や

「ばったもの」ですね・・・があります。当然許すわけにはありません。

そういうことがないように「積極的には使えないが他人が使うのを

拒む権利
」これが”排他”にあたります。





次回は商標の種類や要件などお話します。






クリックお願いしますわーい(嬉しい顔)
特許・知的財産 ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村 クリックおねがいします にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村 クリックおねがいします にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ
にほんブログ村 クリックおねがいします にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
最新記事
電車 姉妹サイト かえるくん親子の英語学習記
ファン
学びランキング
検索
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
超初心者向け知的財産のお話し その65 by 特許業界・知的財産業界情報トップス (11/25)
知的財産関連リンク集
プロフィール
かえるくんさんの画像
かえるくん
弁理士を目指す知的財産管理技能士です
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。