2015年12月21日

賞味期限切れの商品を出荷|間一髪お客様へは届かず・・・

油断大敵。半年に一度ひやっとさせられますね


雪の少ない冬となりそうですが、ドカ雪が一発年内にきそうな雰囲気もあります。嵐の前の○○なんでしょうかね。


先週、わが社である事件が起きてしまいました。「賞味期限切れ商品の出荷」です。


安全・安心を謳い、お客様からの支持を頂けての現在の売り上げですが、毎年増収増益の推移をさせていただいている今期は、過去最高益の達成が確定しており、物量も例年にない数量です。


現場はというととにかく忙しい毎日を繰り返しているのですが、ここにきて食品問屋として最大の失態、賞味期限切れ商品の出荷を引き起こしてしまいました。


実際は、営業所へ出荷した商品が賞味期限切れをしており、その営業所からお客様へ届けられる前に発見され差し替えて納品出来たので、ご迷惑をおかけすることは無かったのですが、ここ本社としての信用を損なうような失態。


通常のロケーション(保管棚)に置かれていた賞味期限2015.11.19の商品が2015.12.16に出荷されてしまったのだ。


ISO22000という食品安全の国際規格のマネジメントシステムに取り組んでおり、こうしたハザードに対してOPRP(オペレーションPRP)で管理をしておりました。


それでも出荷されてしまったんですね。


自分に第一報が入った際、現場への事実確認をとると同時に、その先のお客様への対応可能商品の有無を確認しましたが、納期変更という形でお客様へは対応することになりました。


一方現場では、出荷の際にすべての商品の賞味期限を記録しているピッキングリスト・・・・そこに15.11.19→16.11.19」と書き換えられた記録が残っていました。


ショックでした。過去何度かこのような件が発生していて、その都度対策を講じてきました。実際手間ばかり増えているようにも思えますが、


年2回の棚卸時の賞味期限データ作成

データによる各月の賞味期限リストの作成

翌々月賞味期限商品の別管理(通常ロケーションからはずす)

出荷指示書(ピッキングリスト)への全品賞味期限転記

入荷商品の全品賞味期限転記(入庫可能残賞味を設定している)

ピッキングリストのチェック(転記された賞味期限のチェック)



といった作業を行っている。そうした中で、通常のロケーションに先月賞味期限が切れたものが残っていた事、リストのチェック時に発見されていたものの「年の書き間違いかぁ」とかなんかで修正されそのまま通過していた事といったヒューマンエラーにより問題商品が出荷となってしまったのです。


そもそも今回は冷凍食品で360日の賞味期限があるのに、売れずに残っている事も良くないのかもしれませんが、大体そんなもんで、そこは触れないとして、この賞味期限切れ商品の出荷は致命的だと社内での認識です。


その認識が末端まで浸透されていないからこそ発生したのだろうと思います。


年末の忙しい時期ではありますが、緊急でメンバーを招集。30名を超える部隊となったわがチームですがここまでの規模になったのもお客さまからの支持による売り上げ増を手数でこなしている為。全員へ事の経緯と問題点、意識をしてもらうよう少々強く言いました。


賞味期限の転記はすべて手作業のアナログであり、時間がかかる事でもあります。丁度その機械化、チェックも自動でできる機械の導入を検討していますが、今回のような件が起きた事で、仮に機械導入が出来たとしてもエラーブザーに対して「読み取り間違いかぁ?」「手入力して先に進もう」なんて問題意識のない対応をされたのでは意味がなくなってしまいます。


今回デジタルピッキングと同時に画像認証ハンディターミナルを検討しており、製品に印字されたあらゆる書式の賞味期限などを認識できるマシンです。見積もりで1000万。来期の予算にどのように計上しようか?と、具体性を持たせるための作戦を練っていました。


忙しいからこそ士気を落とさず業務に当たらなければ、このような問題も発生してしまうのだろうなと、リーダーとしての力無さも感じるところでした。


現場ではその個人を責めるような場面もありましたが、いつ誰が同じ場面に遭遇するかわかりません。その時の判断基準を共有し、日々確認をしながら緊張感持って取り組んでいきたいと思います。


やるぞ!!

2015年11月11日

極洋:自主回収|殺菌不足による缶づめ膨張

最近天気も良く、春が来たのかと思う日もありました。


そんな11月初め・・・・食品事故は突然に!


11月2日付でFAXが一枚。極洋の缶づめ商品「やきとり(塩味)」「赤貝味付」の一部で、製造工程上の加熱殺菌の不足によると思われる「缶の膨張」が確認されました。


当該商品の自主回収という事でお詫びとお知らせのFAXでした。もちろん代金の返金も行われます。私たちには「赤伝」対応になるんですが、あいにく取り扱いがありませんでした。


殺菌不足とは少々恐ろしい内容でもありますよね。


加熱殺菌不足による自主回収

賞味期限によるロットの特定ができていますのでもし心当たりがあれば確認するようにしていただきたいです。


工場は佐賀県にある日興食品。


膨張という事ですから、缶が爆発!?なんてことはそうないでしょうが、いずれにしても不安になりますよね。


久々の更新が「自主回収」とは、なんかいやだなぁ・・・・。
タグ:自主回収

2015年10月12日

自主回収・・・産地偽装は止まりませんね。

先日、「自主回収」のFAXが・・・。


わが社は拠点が複数あるのですが、各拠点に流通実績のあるものだけお知らせされていました。内容は「あなごの産地偽装」


やったことに対して、製造メーカーは認めているようでしたが、それを販売しているメーカーへ後で、「すべての緊急事態等は本社へすべての情報を流すように!」と叱っておきました。


中村水産という製造メーカーが「アナゴ」の製品、中国から輸入した中国産原料を「山陰沖産」「日本海産」など産地を偽った表示で出荷していたんです。


東京・大阪・広島・名古屋など県外の15社に計102ケース(計885・8キロ)を販売しました。このことは匿名での「食品表示110番」への連絡を受けた浜田保健所が7月から9月にかけて調査した結果判明。


「国産が品薄だった・・・」と語る同社には同情できませんよね。


県は中村水産に対し、原因の分析や再発防止策をまとめた告書を今月末までに提出させることにしています。


また、アナゴやウナギの加工品を扱っている県内約30施設に立ち入り調査を開始し、同様の産地偽装がないかを確認することにしています。


しかし、話を聞いていくと島根県は中村水産を刑事告発しないところに疑問が・・・。


「産地表示の是正と再発防止を指示」に留めた理由として、大きな政治的判断があるらしい。あくまでも個人的な意見が含まれるのですが、地方経済は人口の減少により縮小し低迷しているため、県は消費者ではなく、「県内企業を救済する道を選んだ」という考え。


しかし、中村水産にとってはたとえ『指示』に留まったにせよ、偽装表示会社の烙印を押されたことで、今後の営業活動に影響はでるでしょう。東北の地でもありましたよね。


また、今回の偽装表示により、山陰の地域経済全体への影響も懸念されます。消費者が日本海産の水産物に対して疑惑の目を向けるようになれば、島根県のみならず、鳥取県にもおよぶ山陰地方の水産業者は、かなりの打撃を受けることになるでしょう。


たとえば、他県に先駆けて営業停止を命令し、刑事告発するなどの断固たる処置を行った方が、山陰地方の漁業関係者のためには良かったのでは?という考え方も無きにしも非ず・・・。


と、まぁ朝からばたつかせられた事件でした。わが社も回収に出ましたが、人体への影響ある事故じゃなかっただけにまだよろしかったかと。しかし、「信用」というものも大きな損失になりますからねぇ。


東北でのアナゴや倒産記事



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

息を抜くならこのブログ

ダサい男と紅茶女子

サラリーマンの社内恋愛!?立場上のブレーキが一人妄想へと駆り立てています。
お趣味のお紅茶で女子をゲットできるのか・・・


マネジャー必見、またはそうでなくても・・・

”課長の資格”ビジマネ検定の学習ブログ

新検定は平成27年7月の試験からスタート。まだ新しい検定試験を通して自分を磨き、わが社の「利益を出し続ける」「お客さまからの支持を得る」そんの目標に向かって進んでいきましょう。ぼやいたりすることで緊張をほぐしながらね。



ご師匠たち

ランキングページにリンクします
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村 応援よろしくお願いいたします
ファン
カテゴリアーカイブ
気になるブログ
最新記事
最新コメント
最新記事
検索
同僚の組んでいるバンドです。地元をメインに活動中です。イベントがあると地方ですがお声がけ頂けるようになったそうです。仕事もプライベートもモチベが大事! FOUR RAT FAMILY「サクラサク」 LIVE