2018年09月19日

製油各社の思惑・・・・決算資料

特にトピックスがあるわけでもないですが、製油各社の第一四半期の数字の裏側を国内油脂の状況と合せて報告します。


油の値段は原料価格などの影響も吹けますが、結局は需要と供給のバランスで決まってきます。大豆、菜種の主力原料の下げ相場に対して、価格据え置きの構えを崩していない製油各社。


儲けに走っているのか!と思いますが、前期からの価格是正の積み残し分や、物流費・包装資材の値上げなど周辺を取り巻くコスト環境がある為、単純に原料下げを反映できない・・・という理由から、流通、ユーザーからの下げ圧力に耐え抜いてきました。


少し前、7月についても国内業務用と缶相場は横ばいのまま、現在も続いていますが、前期は大豆・菜種の種原料の相場高と円安のダブルパンチにより、一部メーカーを除き、決算は大幅な減益となりました。


その回収も含めての強気な姿勢であくまでも価格維持をつらぬきながら、機能性油やアマニ油、エゴマ油など高付加価値油の販売に各社しのぎを削っています。


原料が下がった時にしか利益を残せない・・・そう言った体質も残しながら、新たな戦略も見せています。


ここ三年間の可食油の出荷と在庫の推移は年間で見るとほとんど違いなないように思います。しかし、昨年17年8月以降ほとんどの月が適正レベル(具体的には7万トン欠ける数字)の在庫で推移しており、これは某製油会社の菜種搾油停止が影響しているのも大きな理由と考えられます。


大豆、菜種の両原料を比べると、間違いなく大豆のほうが採算が良いわけですが、某社のとめた菜種搾油分の数量は図らずも他の製油各社に降りかかり、結果として過剰在庫にも繋がらないという今日の製油各社の搾油体制にも好影響を及ぼしたと思います。


各社の思惑はあるにせよ、しばらくはこうした状況が続くものと思われます。安易に安売りをしない、出来ない環境なんですね。その結果の第一四半期の数字は・・・・


数値は昨年対比<純利益>

日清オイリオG 101.7%

J-オイルミルズ 257.6%

昭和産業     140.8%

不二製油     103.8%


上場企業 18年4〜6月決算
 




ボーソー油脂は苦戦しているみたいです。かどや製油は数値見つけられませんでした。


増収増益の各社、コスト環境は大きく好転しています。意識されているのも「適正価格の販売」「価格改定に努めた」「採算重視」そんな発表でした。


相場だけでは交渉しても崩れない価格があるわけですね。かといって、言い値で買いたくないのが商売。競合よりも有利な交渉に努めたいと思います。

タグ:油相場 製油

2017年11月17日

アジア圏で多い!?牛乳が苦手な理由

「牛乳」といえば栄養価の高い飲み物で、大概の家庭の冷蔵庫に入っているのではないでしょうか?スーパーでも数種類のブランドを並べ、かつカルシウム強化などの機能性牛乳も増えています。


牛乳と言っても、無調整・加工乳と分類もありますが、ここでは「牛乳でカルシウム不足を補う」という認識についてモノ申してみたいと思います。


7大アレルゲンのひとつでもある「」ですが、栄養価は非常に高く、成長盛りの子供たちは給食で毎日摂取しているわけですが、乳アレルギーを持つ人は、卵に次ぐ数と言われていて、卵・乳で食物アレルギーの半数を超えるとのデータもあります。


「だからカルシウム不足の人が多いのだ!」と関連付ける事もできますが、日本人の生活環境の変化によって慢性的にカルシウム不足が生じています。


カルシウム不足については、その補給の為に「煮干し」のある商品をお勧めしています。
「煮干し de Cooking」は→こちら


本題ですが、牛乳でカルシウム不足を補うという事について、全く悪いことではありません。ですが、牛乳に含まれるカルシウムを吸収する為には、「ラクターゼ」と呼ばれる酵素が必要なのです。


カルシウムの補給に無理に飲もうとしたり、飲ませようとしてもアレルギーの問題やおなかを壊してしまう可能性があります。


牛乳でおなかがゴロゴロ・・・」って経験は無いでしょうか?日本人は欧米人に比べて、このラクターゼの働きが弱いという国民性があるからです。
*「日本人若年女性における牛乳、小魚、野菜のカルシウム吸収率」栄養学雑誌 参照

この件を聞き、やっぱり古くからの煮干しで手軽に摂取できるものがいいなぁと感じたわけですが、このラクターゼって何なのか?


まず、おなかゴロゴロの原因は「乳糖(ラクトース)」という多糖類の仕業です。多糖類のままでは人の腸内で消化・吸収をする事が出来ないからです。


消化・吸収する為には、多糖類から単糖類へ分解する必要があります。この分解酵素が「ラクターゼ」という乳糖分解酵素なのです。


ラクターゼが腸内にどのくらい存在しているかが「牛乳でおなかゴロゴロ」やあるはそれ以上の症状に影響してきます。「乳糖不耐症」と呼ばれる症状です。


実は、日本人を含めたアジア圏での乳糖不耐症の人・・・なんと95%もいるという事。マジすか?って数値ですが、下痢などの症状は出なくとも、ラクターゼの活性が落ちている「予備群」なども含めるとこうした数値になるそうです。
*ガールズクリニック サイト様 参照


基本的に足りていないという事ですね。では、牛乳を飲まなければよいのか?ラクターゼを増やせばよいのか?どちらかを選択せざるを得ない・・・となると、ラクターゼを増やす方を選択しましょう。


牛乳って栄養価が高いし、義務教育期間中、毎日飲ませられていましたから。いまさら否定できません!!


ラクターゼを増やす為に必要なのは「乳酸菌」です。乳酸菌自体がラクターゼを持っているという事もありますが、乳糖が一部分解されている為、腸内での乳酸菌やビフィズス菌が増える為の餌ともなります。


ヨーグルトがわかり易い例ですね。さらにはカルピス、ヤクルト、バターやチーズもOKです。


しかし、乳酸菌の取り方について、胃酸に弱いという事を考えると、これまた工夫が必要にはなります。簡単に乳酸菌だけを取ろうと思う場合はサプリメントを飲むという手が手っ取り早いですね。


自分もそうですが、サプリメントと言うと「薬」という印象が強く、あまり進んで摂取しようとは思えないものでした。しかし、生活習慣、環境というすぐに変えられるものではない以上、サプリという摂り方も効率がよい考えだと思います。



タグ:カルシウム

2017年11月15日

カルシウム不足に「待った」の超絶商品!!

「にぼし」 ・・・古くから愛され続ける食材ですが、加工して食べるようになったのは奈良時代前と言われています。


「食の欧米化」とか「料理に手間を掛けなくなった」などなど実際、煮干しが食卓に出てくる事は少なくなりました。


ですが、煮干しは、現代人に不足しがちな栄養素を摂取するのに非常に適した食品なんです。


急に「煮干し」にスポットを当てていますが、メーカーのプレゼンを受けてつい購入してしまったので、これはおススメしたいとご紹介する事にしました。


老舗メーカーの「かね七」さんの煮干し粉です。何が違うかと言えば、日本ではとなる粉体殺菌装置ソニックテスラを導入し製造しています。この装置は世界特許なのだそうです。


瞬間で殺菌・焙煎をする事で、さらなる安全安心と香ばしい風味が得られるという製法で、魚臭さも軽減され、応用が広く展開できる為、じわじわと支持されてきている商品です。


かね七 (KANESHICHI)  にぼしde Cooking



商品特徴としては、煮干しをまるごと粉末にしています。国際特許の瞬間粉体殺菌製法により、従来の緩慢殺菌に比べて、1/100〜1/1000レベルまで一般性菌数を減少させています。


何より、焙煎効果による魚臭さの減少がポイントで、カレー、ハンバーグ、おでんなどにも使用しやすい商品です。


成長盛りのお子様や、普段のカルシウムの補給としても”めからうろこ”の含有量。カルシウムの一般成人の推奨摂取量が「大さじスプーン1杯」で摂取できます。牛乳で補給しようとすると約600ml(コップ3杯)に相当します。


しかし、牛乳でカルシウムを摂取しようとしても少々難がある事をご存知でしょうか?このお話はのちのち・・こちらのページで


商品のできるまで・・・この商品の特徴でもあるソニックステラという装置ですが、日本だけでなく、アメリカ、アジア各国、約10カ国の国際特許を取得しており、高付加価値商品を生み出せるものになっています。


「極超短時間加熱殺菌」と言う事で、煮干し粉に応用したわけなのですが、流れとしては


加圧された蒸気流中に約0.3秒間の超短時間に蒸気と食品原料粉体を混合し送ります。
 ↓
粉体表面はその蒸気の飽和蒸気温度まで加熱され、その後急激に大気圧下に放出されます。
 ↓
100℃より高い温度になった粉体表面やその表面に付着している菌が持つ水分は急減圧によって気化誇張して、その物理的な力によって菌体が破壊されます。



正直、良くわかりませんが、「ばぁっ!! 」と一瞬で殺菌ができてしまうんですね。


この安全安心な煮干し粉をおススメするのも、カルシウムの摂取について改めて認識した事があったからです。



結局のところ、子供から高齢者までどの年代でも不足しがちな成分であるカルシウム。サプリメントを使用してでも摂取したい成分ですが、なぜ不足しがちなのか?


厚労省の栄養調査でも、糖質、脂質、タンパク質、ビタミン・ミネラルの栄養素は十分取れているようですが、カルシウムだけが所要量に達していません。


そもそも、カルシウムは吸収率の悪い栄養素です。しかしながら日本の伝統的な和食には乳製品が少ない事、どんな食品にも含まれているわけではない事、日本の水は軟水でカルシウムの含有率が低く、植物のカルシウム分も少ない・・・など環境や歴史的な理由もあります。


カルシウム源として挙げられる食品は、豆腐や納豆などの大豆製品のほか、骨ごと食べられる小魚、ひじき・わかめ・のりなどの海草類、小松菜やちんげん菜などの緑黄野菜がありますが、日ごろからすべてを含めた食事を取るのは、忙しい現代人には難しいのですが、毎日の食卓に「あと200ミリグラム」のカルシウムを加える事が薦められています。


「にぼし de cooking」はスプーン一杯を普段の食事に加えるだけでカルシウム不足を補える天然食材。カルシウムの源として思い浮かぶ「牛乳」と比較してみても・・・


牛乳100gあたりの
カルシウムは110mg

煮干しdecooking100gあたりの
カルシウム7230mg(一般的な煮干しは2200mg)



時間もなく、ついついカルシウム不足の食事が続きがちですが、この安全安心な「煮干し de Cooking」で健康にすごしましょう。

かね七 (KANESHICHI)  にぼしde Cooking 3セット【にぼしでカルシウム補給!】





ご師匠たち

ランキングページにリンクします
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村 応援よろしくお願いいたします
ファン
カテゴリアーカイブ
気になるブログ
最新記事
最新コメント
最新記事
検索
同僚の組んでいるバンドです。地元をメインに活動中です。イベントがあると地方ですがお声がけ頂けるようになったそうです。仕事もプライベートもモチベが大事! FOUR RAT FAMILY「サクラサク」 LIVE