2020年03月16日

ブームはこれから「パラサイト」に出てきた麺は?

各社今春こぞって発売したのがいわゆる「シビ辛」の汁なし麺ですよね。

中国の花椒を使った「痺れ」が日本でも一般的に受け入れられてきたという事です。


キンレイは今春から新コンセプトの「美味探求」シリーズを投入して汁なし麺の品ぞろえを強化しました。「汁なし麻辣坦々麺」は唐辛子や花椒の香り、辛さ、痺れを鉄鍋でじっくりと油に移した「自家製麻辣オイル」が特徴です。

お水がいらない 汁なし麻辣担々麺 5食セット|

価格:1,650円
(2020/3/16 19:52時点)


割とお手軽な価格で5食です。

さらに、マルハニチロは「WILDish」シリーズに花椒を使った「汁なし坦々麺」を発売しています。「広島式汁なし坦々麺」を再現し、ほかにも汁なし坦々刀削麺も発売しています。

新着 にぎわい広場 ヤマダイ ニュータッチ 焼そば タイプ 汁なし坦々麺 登場 12食セット 送料無料

価格:2,700円
(2020/3/16 19:56時点)



日本製粉では、6年前に汁なし坦々麺を発売していましたが、ここでブームが到来ですね。日清食品は冷凍の汁なし坦々麺を売り場で定番化させていますし、「シビ辛坦々麺」の競争は激化すると言わざるを得ないですね。


そこで、ひそかにブームの火種となりくずぶっているものを紹介します。


映画「パラサイト」の影響で広がりつつある「チャパグリ」というメニュー。派生的にジャージャー麺系の商品が注目されています。

ブーム.png

混ぜそばは中国の「拌麺」と考えると、辛くないタイプも含めまだまだ広がりがありそうです。

競争激化に対し、各社の商品投入も盛んに製品化に取り組んでいます。



パスタのように一つの大きなジャンルを形成する日も近いかもしれませんね。要チェックです。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス: 必須項目

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9707398
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ご師匠たち

ランキングページにリンクします
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村 応援よろしくお願いいたします
ファン
カテゴリアーカイブ
気になるブログ
最新記事
最新コメント
最新記事
検索
同僚の組んでいるバンドです。地元をメインに活動中です。イベントがあると地方ですがお声がけ頂けるようになったそうです。仕事もプライベートもモチベが大事! FOUR RAT FAMILY「サクラサク」 LIVE