2019年05月16日

未だに?「カジキマグロ」って魚はいません!

以前に、「”まかじき”と”めかじき”は違う魚です」みたいな記事を書いたのですが、また混乱させるかもしれません。


あのーー、いまだに「カジキマグロ」という言葉を使用なさる方、おりませんでしょうか?


「カジキマグロ」という魚はいないのです。そのような名詞を当てて呼んでいるお魚はどちらなんでしょうか。


カジキは「梶木」、マグロは「鮪」です。昔のはなしとなりますが、仕出し屋さんなんかで重宝されていたカジキですが、食味がマグロと似ている事と、鮪のように変色が早くない(足が早くない)ところから、代替的な使われ方をしていた事から、消費者も混同するようになったのかもしれません。


びっくりしたのは水産関係の業者さえ「かじきまぐろ」って言葉を堂々と使ってる事もあります。この「カジキマグロ」という言葉ですが、由来を探ってみました。


諸説あるなかで、1954年にマグロ漁船【第五福竜丸】がビキニ環礁の水爆実験に遭遇し、被曝した事件がありました。この事件を報じる際に、日本のメディアは「カジキマグロ」という呼び方をしたそうで、この事が日本人がマグロをカジキマグロと呼んでしまう原因になったとする説がありました。


あーあ、またメディアですか。


マグロはサバ科の魚であり、カジキとは科の異なるまったく関係の無い種ですし、カジキマグロという魚は存在しません。とかってばっさりと、カジキの種類でも次回書き残します。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス: 必須項目

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8809982
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ご師匠たち

ランキングページにリンクします
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村 応援よろしくお願いいたします
ファン
カテゴリアーカイブ
気になるブログ
最新記事
最新コメント
最新記事
検索