ランキングページにリンクします
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村 応援よろしくお願いいたします
ファン
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
検索

2017年03月24日

宮城県で鶏インフルエンザ。殺処分開始!

次々と問題が発生しています。メディアで取り上げられていないものも含めれば、毎日様々な問題は起きていますが、こうして公に出るのと出ないのとでは影響力が違います。


鶏インフルエンザは時期的に終息期間だと思っていました。秋口から厳重警戒が始まって、春先にゆるくなってくる。そんなイメージでしたね。渡り鳥が入って出ていく期間。


そこで今回。宮城県栗原市にて22万羽の殺処分。23日に96羽の鶏が死んでいる事がわかり、簡易検査の結果6羽から鶏インフルエンザの陽性がでました。


24日の2時には結果が出るとの第一報。


現時点では3時ごろから22万羽の殺処分が開始されていると・・・・


何度となくこうした話題は聞いているのですが、考えてみるとゾンビ映画なんかにあるような街ごと消滅させるような手段と似ていると思います。とても残酷で凄惨な現場をイメージしてしまうのですが、これは被害拡大を抑える最善の手として行われます。


ともあれ、自社で取り扱いの養鶏場に近くなくとも遠くもない為、メーカーには影響を確認します。宮城県では3km圏内の出荷制限をしいてるそうで。


農水省のHPも確認してみよ・・・・





2017年03月23日

このブラジル産鶏肉は危険でしょうか?倉庫から

食品業界では騒いでいます。


ブラジルで食肉の安全性をめぐる不正問題が発覚した件。労働省は2017年3月21日、ブラジル連邦警察の捜査対象となっている21社からの鶏肉などの輸入手続きを保留しました。要するに一時入荷ストップですね。


対象業者のうち1社は日本へも輸出していました。


SEARA ALIMENTOS LTDA」ここが、日本への輸出実績のある業者。さっそく自社の倉庫を確認しました。


すると、ありましたよ。ヤバいんでしょうか?仕入先へ連絡。その先の仕入先にも聞いて頂こうと。


にく

変に騒ぎたくもないですが、お客様などからも問い合わせが増えてきたので対応しなければなりません。


結局は、「SEARA」はリストにもない・・・・との連絡を頂けたのですが、ではこの手もとのリストは?そのあと、すぐに仕入先からまたTELがありました。


最近「SEARA」は合併をし、その片方は対象工場なんだとか。その為、合併後の名前でリスト入り。ブランドマークは「SEARA」が載っているというのです。


しかし、うちの倉庫にあるものは、もとの「SEARA」であり問題はないとの回答でした。ちょっと安心した半面。もう少し詳しく調べておかないとお客様へ説明がしづらいのが正直なとこ。


もう少々調べてみます。


今回の不正問題ですが、ブラジルの大手食肉加工業者21社が検査官に賄賂を贈り、賞味期限切れの肉など衛生基準を満たさない食品が承認され販売されている事が明らかになりました。


日本も独自の検査などしているでしょうし、国内でも問題は直接的には少ないのかと思いますが、風評被害の方が大きく影響を出しそうな我々食品業界からのボヤキでした




ご師匠たち
気になるブログ
最新記事