ランキングページにリンクします
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村 応援よろしくお願いいたします
ファン
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
検索

2017年09月26日

ボイルホタテが相場下がる???

正直、眉唾ものかもしれませんが、半年くらい前からベビーホタテの仕入でお世話になっている方からの情報。まぁ今回も1,500円くらいの相場感の中、1,400円を切るベビーを供給してくれそうなので一応聞いておきました。


「北海道の業者でボイルをだいぶ持っている所があるようです・・・・どうやら昨年中国に出荷する予定だったものがまだ国内にあるという状況で・・・・」


と言う事で、10月入って落ち着くあたりで、本来年末にかけて値段が上がっていくものですが、これが放出される事で若干なりとも下がってくるのでは?という見方でした。いやいや、まだ押さえに入っていないというか、今年はその時その時で買おうと思っていたので、都合がよいですが本当なのか?


宦官接待の取り締まりが厳しくなり、高級食材の動きが減少しているのが現地なのだそうです。と言う事で、昨年のボイルがまだ国内にあるのだとか・・・。日本の食材って高級品ですからね。


道南さんあたりかなぁ・・なんて勝手に思ってますが、下がるようならお願いしていくらか押さえてもらおうかなぁ。


そんなホタテの話でした。




2017年09月21日

今年のボジョレーヌーボ解禁日 11月16日

「ボジョレ―ヌーボ」の解禁日は2017年11月16日です。


実は、アルコール類を日ごろ飲む習慣が無く、もちろんワインなんて年に1度か2度飲むか飲まないかの世界です。業者会とか互助会の飲み会などで、その場の雰囲気でちょっぴり口に付ける程度。


ワインも年代によってピン切りだという事は知っていたのですが、毎年新物がでる時期と言う事なんだと思いますが、ボジョレー解禁ってよくわかっていませんでした。そもそも「解禁日」ってなんであるのだろう?そう思って調べてみました。


実は、1967年まではボジョレーヌーボに解禁日がありませんでした。人気のあったこの「ヌーボー」は市場に出せば、当然のようによく売れました。


その為、各メーカーがこぞって出荷を争い、早出し競争がエスカレートした結果・・・ワインの品質が低下してしまったという経緯があります。


このような過去の経験から、ワインの品質を守る為にフランス政府によって、解禁日が定められたのが始まりのようです。


なるほどねって頷きました。その年によって味が違うという事もメーカーから聞いた事があります。今年のボジョレーはいいよっなんて言われても、去年の舌なんて忘れてると思うんですが・・・。


ほんとワインに縁のない個人的な話でした。でもなんだか楽しみです。皆さん美味しく頂けるといいですね。




ご師匠たち
気になるブログ
最新記事