ランキングページにリンクします
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村 応援よろしくお願いいたします
ファン
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
検索

2018年01月16日

警告!今年の鰻商戦は、最悪に始まる

年が明けて即効です。年々家庭での出現頻度が減っているように感じる「うなぎ蒲焼」ですが、まぼろしになってしまいそうです。


と言うのも、稚魚のシラスウナギが今期は極度の不漁であり、国内外での漁獲量が「前期の同じころと比べて1%程度と低迷している」との報告がされました。「1%」って低迷どころじゃないと思います。


 漁は4月ごろまで続くわけですが、恐らくこの流れは回復を見せずに過去最低の漁獲量となってもおかしくありません。少なくとも、品薄で今夏のウナギはさらに値上がりするのは必至でしょう。


「なくても食べたい!」そんな需要にこたえるべく、悪い人たちも出てこないとも言い切れませんから、資源保護のため来年のワシントン条約締約国会議なんかでの国際取引の規制対象とするよう求める声も当然出てきそうです。


商社としての自分なりのまとめを報告していますが、ここでもご紹介しますと


@中国産現物の在庫状況と価格(相場)について

先安感が叫ばれていた事やシラス大不漁の影響で仮需要が起こり、フリ−在庫はほぼ皆無の状態。また、現地からのオファ−が昨年12月より来ず、年明け後のオファ−は¥500〜¥700と一気に上昇した為、相場が立たない状況です。


Aシラス漁模様について(日本・台湾・中国)

3か国合わせてもまだ1tに満たず昨年対比5%と壊滅的状況と言い換えます。来季の見通しとしては、すみませんが、予想は現在まったく立たない状況で当面の春までの手当てでも難しい状況。


Bその他 鰻を取り巻く環境の変化など

昨年に対して急激な供給不足が発生し先安感から一変し、急激な高騰、及び供給難が起こっている状況です。今年に限っては迅速な手当を必要としており、最悪、価格だけではなく鰻蒲焼の販売が困難になると思われます。


ながらに説明させて頂いています。


ちなみに、シラスウナギは毎年11月ごろから翌年4月ごろを中心に、台湾や中国、日本などの海岸に回遊してきます。


ですから、この時期にある程度の見込みというか希望が持てるかどうかが判断できるのです。水産庁によると、2016年は11、12月の2カ月間で約6トンのシラスウナギが国内の養殖池に入れられたが、今期はまだゼロ。「漁の始まりとして良くないのは確か」との事ですが、その通りすぎます。


乱獲や環境破壊による減少が目立つ話である一方、価格が高騰しているため密漁や密輸が横行しているとの指摘も絶えないのが「うなぎ」なんですよね。

過去のうなぎネタ





2018年01月10日

鳥インフルが・・・出ました。この冬では初です。

香川県の発表。10日、さぬき市内の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザ発生が疑われる事例が見つかったとの事です。


養鶏場の管理者が、「死んでる鶏の数が多い!?」として県に報告しました。簡易検査で陽性と判明・・・・。これが黒だったら、国内では今冬初となります。


遺伝子を調べる詳細な検査で感染を調査するのですが、10日の深夜には白黒はっきりするようです。感染が確認されれば、飼育されているニワトリ約5万1000羽全てが殺処分されることになります。取引のある鶏卵工場からの情報では、最大で10万羽・・・という話もありました。


感染確認後には、養鶏場の周辺をニワトリや卵の移動を制限する区域に指定し、主要道路で通行車両の消毒も実施されます。香川県は鳥インフルエンザ対策本部を早速設置。農林水産省も動き出し、別途対策本部を設置して緊密に連携を取っている状態との事。ここからのまん延は絶対に阻止しなければなりません。


養鶏場はブロイラー(肉用鶏)を扱っており、うちで取り扱っている鶏卵の工場とも関連は無いという事ですが、今の時期は厳重体制である事には変わりませんので、緊張感が伝わってきました。


そう言えば、香川にはワクチン作ってる阪大微研の工場があるという事。急に放り込んだわけですが、鶏卵の搬入ができなくなると、鶏卵を原料とするワクチンの製造が止まるって話をちらっと聞いた事があります。近くにある鶏卵工場への影響が無ければいいですけど。


とりあえず、ニュースなどでも報道されている内容ではありますが、頭の片隅にでも入れておいてください。






過去の記事

 宮城県で鳥インフルエンザ。殺処分開始


ご師匠たち
気になるブログ
最新記事