2020年02月14日

人手不足倒産の動向 東北

東北の倒産情報ですが、2019年の人手不足倒産が4年連続で最多を更新しました。。。。


人手不足で倒産?って感じかもしれませんが、ほんと地方の企業では人手不足が深刻なんです。


大手企業を中心に従業員の賃金水準を引き上げる動きが進んでいるほか、昨年4月からの働き方改革関連法が施行され、働きやすい環境づくりを優先する企業が進んでいます。


年末年始なんかも、外食チェーンやスーパー、コンビニなどの営業時間短縮や店舗休業などを行う企業も増え話題となりました。


しかし、こうした対応が困難な企業は、従業員の定着難や採用難から倒産に追い込まれるケースが目立っているんです。


参考にしたのは帝国データバンクの従業員不足による収益悪化などが要因となった倒産を「人手不足倒産」として2019年を振り返ってみました。


■2019年の人手不足倒産は185件で、前年比20.9%

無題.png
■業種別にみると「サービス業」が54件を占め一番!次いで「建設業」49件。これで過半数を占めます

■過去7年間までさかのぼってみると「道路貨物運送」74件が一番。2019年は28件。ドライバー確保ができずに受注が取れない事から、資金繰りの悪化を招き倒産、、、、というケースが増加




■負債規模別にみると1億円未満の小規模倒産が前年比11%増で101件。半数以上を占めています。


業種別の部分を詳しく見ると、先に上げた「道路貨物運送」「木造建築工事」そして「老人福祉事業」ときています。普段の自分の仕事は介護施設などに食材を卸しているのですが、これは要注意ですね。


ですが、要注意はもう一つ。前年からの「増加率」で調べてみると142.9%で「卸売業」になっています。もともと仕入れて販売するという卸売業は利益率が低い業種ですから、しっかりとした人員確保ができていなかったり、安定した利益確保ができていなければ影響は多大でしょう。


今年の4月からは、働き方改革関連法が1年間の猶予期間を経て中小企業にも適用されます。人手不足感の強い建設業や運送業では、時間外労働の上限規制について5年の猶予が設けられています。


労働条件や職場環境の改善が進む企業との格差がさらに広がる可能性もあります。高齢化によりベテラン社員の退職などが進む中、好条件での従業員確保が困難な小規模企業を中心に、さらなる人手不足倒産の発生も懸念されます。


「人手確保にはカネが掛かる」そう言えるかもしれませんが、働く人たちの価値観も様々でしょうから、経営者の方は頭を悩ませますね。
タグ:倒産

2020年02月11日

コロナの影響は物流面にも

コロナウイルスの影響はでてますか?


こちら業務用食品卸を営んでおりますが、いや雇われていますが、中国製品の入荷状況が不安定です!


工場の稼働は最近になり始まってきましたが、工員が出社できないだとか、福建省に2カ所、天津市にも1カ所あるんですが、フル稼働出来ていません。


稼働させられるだけまだましかもしれませんが、先週は日本に向けて出た荷物が引き戻されたりと多少の欠品が発生しています。


今回の新型コロナウイルス関連肺炎の発生は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」に該当するって発表されましたね。


この「PHEIC」とは、WHOが定める国際保健規則(IHR)における次のような事態の事です。

(1) 疾病の国際的拡大により、他国に公衆の保健上の危険をもたらすと認められる事態

(2) 緊急に国際的対策の調整が必要な事態



では、今までにPHEICが宣言されたものってなんでしょう。それは下記の通り。


・2009年4月
豚インフルエンザA(H1N1)(新型インフルエンザ)

・2014年5月
野生型ポリオウイルスの国際的な拡大

・2014年8月
エボラ出血熱の西アフリカでの感染拡大

・2016年2月
ジカ熱の国際的拡大


記憶に残ってますか?最近ですと、コンゴ民主共和国のエボラ出血熱で死者が1,668名という事例があります。


話はコロナウイルスにもどりますが、感染拡大が続く中、10 日現在では中国本土での死者は900 人以上、患者数は4万人を超えたとの情報もあります。ユーチューブ上では実はそれ以上、、、、なんて情報も。


その数は日に日に増え続けている状態で、被害が最も深刻な湖北省武漢では事実上の封鎖措置が始まってから2週間以上が経過し、ウイルスの潜伏期間が最長で2週間とされる中、感染拡大がこの先どう向かうのか非常に重要な時期を迎えています。




中国の経済が停滞すると、いろんなところに影響が出てきます。それだけ大きな国であるって事も再認識させられました。


「ひとごと」と思っているわけではありませんが、被害のひどい場所って、一般衛生のよろしくないところが深刻な状態だと聞きます。


当たり前の衛生状態が保たれている所では、それほど騒いでもいない事もあります。ただただ浮足立って騒ぎ立てるよりも冷静に対応をしていきたいです。


早く沈静化してほしいですね。
タグ:コロナ

2020年01月29日

冷凍食品業界の歴史

今年はオリンピックも開催され、盛り上がりを見せる食品業界でもありますが、冷凍食品業界にとっても記念すべき年です。


冷凍食品が世に出て、100年の大きな節目になります。ちょっとずれますが、昨年は日本冷凍食品協会が設立されて50年。これは無理やりですかね。


ほんの40年前(自分は生まれたか生まれていないかの瀬戸際)は「冷凍食品」というと新参者という立場で、まだまだ品質的な部分にも不信感があったころだったと思います。


そんな冷凍食品は、食品産業でも中枢を占める重要産業となっています。生産高は160トン。しかも調理冷凍食品が9割を占める付加価値産業と言えるでしょう。


素材型から調理食品型へと転換させた業界努力の証でしょうね。


調理加工度が高いのは、イコール生活者の不満や要望にこたえてきた証拠であり、前処理や調理の手間を省き、廃棄部分の無い食品、そして保存性に優れ、作りたての再現力が高い!


こんな便利な冷凍食品が普及しないわけはないですよね。


先に述べた100年ですが、1世紀の年月をかけて現在の姿があるわけで、食品メーカー各社の数々の試練や失敗がここまでの進化に繋がったのだと思います。


時代は超高齢化となり冷凍食品にもソフト食などのカテゴリがずいぶん増えてきました。次の100年はどんな進化を遂げるのか?この業界でお仕事をさせていただいているわけですので、多少なりともその進化の過程に加われるように精進していきたいと思います。


1月も終わろうというのに、年頭のあいさつ的な日記でした!
タグ:冷凍食品
ご師匠たち

ランキングページにリンクします
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村 応援よろしくお願いいたします
ファン
カテゴリアーカイブ
気になるブログ
最新記事
最新コメント
最新記事
検索
同僚の組んでいるバンドです。地元をメインに活動中です。イベントがあると地方ですがお声がけ頂けるようになったそうです。仕事もプライベートもモチベが大事! FOUR RAT FAMILY「サクラサク」 LIVE