2017年09月06日

その親知らず今すぐ抜かないほうがいい理由



こんばんは。



昨日親知らずの抜歯を決行した熱血歯科衛生士のikukoです。



さて、今日はその親知らずの抜歯後の消毒と経過観察でした!


うがいするとまだ血が混じっていますが、痛みはだいぶ引きましたよ〜

早速診察です。




特に異常なしでした!
穴は徐々に閉じてきますから問題もありません♪

短い間でしたがDr、スタッフの皆さまありがとうございました!

急患なのに丁寧に診てくださり感謝です

実際に患者さんの立場になると
今まで気にもしなかった事が見えてきてとてもいい勉強になりました。
これからも患者さんの気持ちに寄り添えるような
歯科衛生士になるぞ〜!と気合が入りましたよ〜!!!





さて、と言うことで今日は少し親知らずについてお話していきましょうね〜


親知らずって早めに抜いたほうがいいの?と聞かれることが やはり
多いです。
確かに親知らずは横や斜めに生えてくることも多く
トラブルが起きやすい歯です。


しかし、人にっては条件次第では親知らずは抜かなくていい場合もあるんです。
親知らずの手前の歯が虫歯や歯周病になってしまい
神経まで達するような虫歯や重度の歯周病になり
抜歯をする必要がある場合は親知らずを入れ歯やブリッジの土台にしたり、
矯正や移植によって使う場合もありますので、
残せる場合は実は残しておいたほうが役に立つ事もあるんです。

では、親知らずを抜いたほうがいい場合と
抜かなくてもいい場合とを書いていきますね♪





抜いたほうがいい場合
1 虫歯になっている

虫歯になったらすぐ抜いてしまったほうがいいです。
頑張って治療してもまた虫歯になる可能性が高いです。
しかも親知らずを残すための根の治療時は
1番奥ですので大きく口を開けたりとかなり大変です。

2 お口が小さく歯ブラシが届かない

頑張って小さめの歯ブラシで磨こうとしても
それでも親知らずに歯ブラシが届かないというかたが
たまにいらっしゃいます。
歯ブラシが届かなかったらもちろん虫歯や
歯周病になってしまいます

3 親知らずが横や斜めに生えている
IMG_5028.JPG
親知らずが斜めに生えているいる場合親は
よく歯磨きをしているつもりでもなかなか難しく
周囲には細菌が溜まることにより
手前の歯まで虫歯や歯周病になりやすくなります。
最悪の場合親知らずとその手前の歯
両方抜歯という事になることもあります。

4 腫れたりよくなったりを繰り返している

親知らずの周りの炎症はよくなったりを繰り返すことが多いです。
しかし炎症がつよくなると口が開かなくなったり、
口臭が強くなったり、顔が変形したりと日常生活に支障が
出るほど大きく腫れてしまうこともあります。


抜かないほうがいい場合

1 まっすぐ全て生えている

親知らずに歯茎が被っていない場合は
炎症なども起きにくいため抜かなくてもいい場合もあります

2 親知らずの上下が噛んでいる

他の歯と同じように歯として機能している場合は
条件次第では抜かなくても大丈夫です。

3 虫歯がなく歯ブラシも届く

こちらがやはり親知らずを残すかの1番の条件ですね。
歯ブラシがしっかり届き綺麗に磨けている場合は
抜く必要はありません。
親知らずが歯茎に被らず、歯磨きができる状態であれば
親知らずを抜く必要がありません。




こちらの3つの条件が全て揃っているという方は
親知らずは抜歯をしなくていいと思います。


もしこちらの条件がそろってるよー!
という方はぜひ虫歯や歯周病にしないように
親知らずも大切にしてみてくださいね。






見てくださりありがとうございます♪

ランキングに参加してみました!
押していただけるとランキングが上がるそうです◡̈
押して頂けたら泣いて喜びます
熱血歯科衛生士ikuko
健康と医療ランキングへ

人気ブログランキングへ



歯科衛生士求人情報

【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6672844
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
さんの画像

歯科衛生士歴8年です 患者様に寄り添って一緒に治療や予防を頑張っていけるような衛生士を名指し毎日熱血的に頑張っています。
プロフィール