[TOP][自社物件空室一覧][鈴木社長プロフィール]


<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索

2017年09月03日

児童強制収容批判・逃亡権保障要求2017年9月上旬

子供の居住移転の自由(逃亡の自由・同居親選択の自由)は最大限保障すべきである。

子供が同居親との同居を望んでいないなら養育費制度は監禁ハウス運営資金の強制拠出制度に過ぎない。

日本は母性優先の原則・監護継続性の原則(現状維持ルール)というより子供を監禁した母親最強の原則。

片親(特に母親)という属性があるだけで略取・誘拐・強要・監禁・暴行が不問になる現在の運用は異常であり、即時是正が必要である。

子供の監禁を保護しお墨付きを与えることと別居親(子供を誘拐された親)に児童強制収容所の運営資金を出させるのが家庭裁判所(家裁)のお仕事。

日本の母性優先の原則は母親優先の原則を正当化するためのプロパガンダ(政治的宣伝)に過ぎない。平等原則違反で違憲であり、即時是正が必要である。

日本の母性優先の原則は母優先の原則(母親優先の原則)をオブラートに包んだ表現に過ぎず、ただの性差別(男女平等原則違反)である。即時是正されるべきである。

「面会交流は別居親の権利でない」なら「同居は同居親の権利でない」のはず。子供から見たら逃げ出す権利はないけど監禁され続ける義務はある日本の運用は異常。

現在の家庭裁判所(家裁)は児童強制収容所を保護する機関、児童強制収容所にお墨付きを与える機関。書類を書いて児童強制収容所の運営資金を強制拠出させる機関。

家庭裁判所(家裁)の発想は軍隊の発想。子供(児童)の意思は考慮しない(逃亡の自由は認めない)。どんなに理不尽でも秩序を乱す(と家裁が思っている)逃亡をするぐらいなら死ね・・ということ。

保育園や学校は片親による子供の誘拐・拉致・監禁に協力・加担するのをやめるべきである。片親の指示で子供を望まない状況に置くのであれば自身も強要・監禁・虐待の共犯であることを認識すべきである。

同居親(監禁親)は調査官の目の前で子供をぶん殴らない限り基本的に虐待なし。目の前でぶん殴った場合はグレー扱いで疑わしきは罰せず(厳しめのしつけ)でやっぱり虐待なし(orペナルティーなしソフト虐待認定)かも。

家裁(家庭裁判所)の証拠採用ルール:母親が子供を確保(監禁)した場合には母親有利(父親不利)の証拠は積極採用、父親有利(母親不利)の証拠は不採用(無視・黙殺)かとるに足りない証拠とラベリングないし歪曲して採用。

役場(役所)は片親(一方親)による子供(児童)の監禁・誘拐・拉致への協力・支援をやめるべきである。DV加害者が他方親にお金を振り込ませ児童監禁ハウスを運営している事例が続出していることを重く受け止めるべきである。

自分の子供の養育にお金を出すというのと自分の子供が収容されている強制収容所の運営資金を出すというのは意味合いが違う。子供の居住移転の自由(逃亡の自由)が十分保障されていて初めて養育費の支払義務は正当といえる。

子供の連れ去り・誘拐・拉致が起こった場合、親以外が連れ去ると連れ去った方が一般的に暴力的なのに、連れ去った方に片親(特に母親)という属性が加わっただけで連れ去られた方が一般的に暴力的と言い出す連中(利権集団など)は何?。

今の日本の運用は子供の福祉(利益)などのスローガンをかざした監禁擁護。監禁を嫌う子供の自由(意思)を否定する方便(理由づけ)として子供の福祉(利益)というスローガンが多用されており同居親(監禁親)との同居を望まない子供にとっては悲劇そのもの。

現在の家庭裁判所は憲法の番人でも擁護者でもなく、憲法の敵の状態。居住移転の自由は無視(侵害)して子供の意思は考慮しない(最初の監禁先を保護し継続原則でそのまま監禁を公認)、平等原則は無視して母優先、財産権保障(私有財産制)は無視してふっかけ。

保育園・学校・役場・警察・裁判所は、片親による児童の連れ去りや引き離しへの協力・支援をやめるべきである。両親は対等であり、子供は自身が居住移転の自由(憲法22条)等自由権を持つ。親は子供の所有権を持つのではなく、子供の信任によってのみ地位を保てる受け皿に過ぎない。

立法府・行政府・司法府いずれの政治権力が何と言おうが、犯罪等による収容を除き、本人の意思に反する監禁は憲法の明文に反する。憲法は政治権力を縛るためにあるのに政治権力がやっているのだから憲法上問題がないとでも言わんばかりの運用である。異常であり即時是正すべきである。

監護継続性の原則(現状維持ルール)は監禁親優先(誘拐・拉致・監禁側保護)を正当化するためのプロパガンダ(政治的宣伝)に過ぎない。犯罪者収容などを除き、本人の意思に反した監禁は犯罪であり、少なくとも憲法に反するのに子供だから意思は考慮しないなどという違憲運用が堂々とまかり通っている現状は異常である。

司法や行政の子供(児童)の意思は考慮しないという発言や態度で虐待されている子供がどれだけ絶望的な状況下におかれるか考えるべきである。各公務員はそれを自覚して国民の命や幸せを搾取してきた公権力のあり方から決別すべきである。現場のムードではなく憲法の保障する広範な自由権を守るよう行動すべきである。

憲法22条により何人も居住移転の自由を有する。憲法は最高法規であり、下位法である法律により何とでも制限できるようなものではない。都合のいいところ以外の憲法を死文化したい時の権力者(為政者)から自由主義(立憲主義)的憲法を守るよう各国民は心がけるべきである。公務員は憲法尊重擁護義務を負っているのであり、上司より憲法が格上であることを自覚すべきである。

片親による子供(児童)の監禁は公権力により強く保護され、虐待が他方親その他の関係者には周知の事実でも手が出せず、公権力側(公務員)は黙殺し、虐待ハウスの運営資金の強制拠出を要求されるのが今の日本。子供自身の居住移転の自由を憲法の条文(22条)通り認めて虐待しない方に逃がしてやれば解決するものも多いが、虐待に耐えさせて逃亡を許さないのが国(公権力)の運用。将来の兵隊予備軍たるもの逃亡なんて許せない(軍法会議もの)ということか?(ただの皮肉)。

憲法は22条で何人も居住移転の自由を有すると規定している。しかし、今の司法・行政等公権力は子どもの意思は考慮しないと言い切って居住移転の自由を勝手に認めない運用にしている。理由は公共の福祉とかパターナリスティックな制約とか。公共の福祉は人権相互の調整を図る原理である。子供自身が逃げ出すのに誰の人権を侵害しているのか?。日本では監禁親の子供への所有権という人権があるのか?。国民に再び自爆攻撃をさせるようになっても公共の福祉でオールオッケーなのか?。

養育費制度が一律悪いと言うつもりはないが、離婚したら母子家庭(母親同居)が父親(別居)に養育費を請求するのがあるべき姿と化している今は問題。ただの違憲のオンパレード(男女差別・自由権侵害・財産権侵害)。扶養義務の履行なら頻繁に会ったり泊まったりすればいい。養育費が当然なら子供が家出したらATMでいつでもお金を引き出せるようにするのが当然という話になる。そうすることが必要なケースもあるかもしれないがまともではない。養育費は補完的なものであったり、無責任な親に対して課すものであり、当然とは言えない。多くの別居親は子供の世話をしたいと思っている。一方どんな大富豪でもお金は有限であるし、多くの人の給与体系は複数世帯を成り立たせるようにはできていない。子供の意思を考慮せず(�!
��供の意思に関係なく)養育費請求が当然という発想は監禁親運営の児童強制収容所が当然(運営資金を払え)と言っているに等しい。

長男を暴行死…母親と義父、容疑で逮捕 神奈川、日常的に虐待か
http://www.sankei.com/smp/affairs/news/170826/afr1708260015-s1.html

夫踏み死なせた疑い 81歳女を逮捕 北海道警
https://news.infoseek.co.jp/article/170824jijiX482/

親子断絶防止法についての取材
https://ameblo.jp/meguro-ku-love/entry-12306474643.html

母親に懲役6年求刑 男児殺害「反省の態度見られない」 山形
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-00000006-san-l06

4歳長男虐待死 同居女性「母親ら注意聞かず」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00010002-tvkv-soci

虐待児童の「記憶」、正しく聞き取り 警察・検察・児相、「司法面接」で連携
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00000070-san-soci

ママ友に小5長女を殴らせ動画撮影 暴行容疑で母親逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00000048-asahi-soci

4歳虐待死
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170828-00000058-nnn-soci

「土をかけたことは殺すのと同じ」35歳の母親逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170823-00000016-ann-soci

夫を杖で殴りインスリン投与?“殺害”で女を再逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170831-00000033-ann-soci

以下、過去記事再掲載

子拉致問題まとめ
http://fanblogs.jp/k10/search/?keyword=%8Eq+%9Df%92v
http://blog.livedoor.jp/ken060819/search?q=%BB%D2+%D9%C7%C3%D7
http://k070802.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8Eq+%9Df%92v
http://kblog.mediacat-blog.jp/search.php?search=%E5%AD%90+%E6%8B%89%E8%87%B4
http://red.ap.teacup.com/applet/k0905/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8Eq+%9Df%92v&inside=1

母性優先原則廃止要望(日本語・English順)
Request for abolishment of motherhood priority principle in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1041/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120295.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/post-3af3.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/259
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
http://k070802.seesaa.net/article/445650426.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52075271.html

監護権という理屈を用いた監禁擁護の是正要求(日本語・English順)
Request for Rectification of Support of Confinement Under the Logic of
Custody Rights in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1054/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120595.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/201701-46be.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/272
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-110.html
http://k070802.seesaa.net/article/446394178.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52076843.html

母性優先原則廃止要望(English・日本語順)
Request for abolishment of motherhood priority principle in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1043/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120331.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/english-3854.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/261
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-99.html
http://k070802.seesaa.net/article/445729743.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52075459.html

監護権という理屈を用いた監禁擁護の是正要求(English・日本語順)
Request for Rectification of Support of Confinement Under the Logic of
Custody Rights in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1069/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120917.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/02/english-3854.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/287
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
http://k070802.seesaa.net/article/447146904.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52078456.html

-----------------------------
かりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
TEL090-8487-4851(鈴木)
-----------------------------
posted by cari.jp at 09:37| (カテゴリなし)