最新記事
ファン
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2014年11月11日

リスニングコラム 純正律音楽をおススメします♪

純正律音楽と玉木宏樹.jpg光の國へVol.1歓喜の翼.jpg

NPO純正律音楽研究会がお勧めするCD&演奏会

それと演奏団体をご紹介していきます。


☆リスニングコラム/Pelecis 《FROM MY HOME》


Pelecis 《FROM MY HOME》より "Neveretheress"
(TELDEC0630-14654-2)

その第1回目に登場するのはPelecisという作曲家の

作〈Neveretheress〉です。

私は自分のホームページ上でPelecisを紹介しながら

ラトビア人だから読み方は分からないと書いたら

東大大学院生から

「ペレ―ツィス」と読むんだとのMailを頂きました。

 さて私がペレ―ツィスを知ったきっかけは、後々に

紹介する予定のポーランドの作曲家でやはり純正律に

拘った作品「悲歌のシンフォニー」で300万枚のCDを

売り切ったグレツキのピアノ協奏曲の入ったCDを買った

おかげです。

グレツキの曲は退屈でしたが、最後におまけのように

入っていたペレ―ツィスの「コンチェルティーノ・ブランカ」に

私は大衝撃を受け、夜も眠れないほどの興奮の毎日が

続きました。

この曲は題名通り、ピアノの白鍵だけと弦楽合奏による

3楽章構成の全くハ長調だけで一切転調のない、

開き直った潔い曲です。

 ところで〈Neveretheress〉は、モスクワ留学時代の

ルームメイトだったヴァイオリニストのクレーメルのために

書かれたソロヴァイオリンとピアノと弦楽合奏のための

協奏曲で、30分近く延々とD-Major,D-Minor,

つまりニ長調とニ短調だけで構成されます。

冒頭から5分くらいから始まるピアノのフレーズはまさに

日本人にピッタリのマイナームードで、まさに「ヤラレタ―」と

いうショックが尾を引きつつ感動にひたるという

とても個性の強い曲です。

おっとっと、ピアノはもちろん純正律に調律されていることは、

私のシンセとコンピュータで確認ずみです。

 (故 玉木宏樹氏)


☆純正律音楽を知ることの機会を得たのですが、

多くのフィーリングミュージックを好み作業中も就寝前も

聞くことが日常でした。

その中で知識もないままですが、

心地良さは、ある場所の居心地の良さと同様に

自然な感触と言いますか、生命に受け入れやすい音律でした。

玉木宏樹氏には生前にお会いしていませんが演奏を

通して出会いと良き縁を感じています。

by 心とからだのカウンセラー石井 寛

続きは次回に・・・♪


NPO法人 純正律音楽研究会 【転載承認】

2015-01-10和洋の名歌コンサート

プロフィール
心とからだのカウンセラーさんの画像
心とからだのカウンセラー
はじめまして ご訪問を心から歓迎申し上げます。 私は良き出会いこそ幸せの源と信じています。 今この時を一期一会の大切なご縁にさせて 頂ければ幸いでございます。 あわせて「人生は今が旬!」を分かち合いたいと存じます。 どうぞよろしくお願いいたします。 有難うございます。 心とからだのカウンセラー
プロフィール
健康専科.com
タダではないですから?
検索
最新コメント
QRコード
タグクラウド
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。