最新記事
ファン
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年08月21日

NPO法人 純正律音楽研究会、ネット会員募集中

NPO法人 純正律音楽研究会、ネット会員の募集について

純正律コンサート280917.jpg


NPO法人 純正律音楽研究会、ネット会員規約

ウイーン少年合唱団、グレゴリ聖歌、声明(しょうみょう、お経)・・・
これらに共通するのは、美しい、濁りのない響きです。この美しい
ハーモニーをもとにしたのが純正律音楽と呼ばれるものです。

現代日本の多くの音楽は「平均律」という1オクターブを機械的に
12音階に分けた音からなっています。これは音楽をより多くの人に
広めるためには便利で良いのですが、ハーモニーには濁りが
生じてしまいます。

これに対して「純正律」は、唸りのない美しいハーモニーとなる自然な
音程をとるもので、透き通った心地よい響きが生み出されます。

より多くの方に純正律音楽を知って頂き、純正律音楽を社会に
浸透させていくための活動に、ともに取り組んでいきましょう。


<会員の年会費と特典>

《平成28年度会員募集中》(会員資格は平成28年1月1日〜12月31日まで)

(ネット会員 1年間2,000円)→お申し込みはこちらまで↓
                    【 puremusic0804@yahoo.co.jp 】

● 会報をホームページからダウンロードできます。(年4回)

純正律音楽の最新情報、音楽界で様々な形で活動する方々と玉木宏樹の対談、
学術的な研究、純正律音楽の癒し効果についてのレポート、CDレビュー、
コンサートレポートなど、純正律音楽への親しみと理解を深める会報「ひびきジャーナル」。

● CD・イベントの割引

玉木宏樹の純正律音楽CD 1枚あたり1割引(特別価格の場合を除く)

純正律音楽研究会主催コンサート・イベント 500〜1,000円割引

(割引のない場合もございます、ご了承下さい。)

● 純正律音楽研究会ホームページより正会員の皆様のホームページのリンク

ホームページをお持ちの方は、純正律音楽研究会(http://just-int.com/)
「正会員ホームベージ」よりリンクをはらせて頂きます。


特定非営利活動法人 純正律音楽研究会 事務局

〒168-0072 東京都杉並区高井戸東3-2-5-102   
FAX 03-5317-0289   
mail : puremusic0804@yahoo.co.jp

心とからだのカウンセラー石井 寛も支援しています。
http://ameblo.jp/mr-leon1024/
特許・新素材メタルメガ炭素製品の健康楽々くんも協力しています。
http://metaraku.com/

2016年07月26日

心とからだに優しい純正律音楽を関西へ

2798627.jpg

福田六花医学博士、作曲家によれば1994年頃、玉木宏樹氏による
純正律で演奏された音楽を初めて聴かれたそうです。

その純粋無垢な 美しい響きと心地よさにおおいにびっくりされると同時に
これは多くの患者さん に聴いてもらいたいと思い、早速CDを病院の
待合室、検査室、理学療法 室、集中治療室などでかけられたそうです。

病気による心身の苦痛を少しでも和らげるこ と少しでもやすらぎを感じて
もらえたらが動機だったそうです。

「理学療法室では純正律音楽をかけるようになってから多くの患者さんが
以前よりずっとリラックスし て治療を受けるようになりました。
中には気分良く眠っている人もいます。

心と身体に優しい純正律音楽が医療の現場において非常に有効で
あったのを実感しました。」

私はこの記事を目にしながら興味を抱きつつ今に至るのですが、
NPO法人純正律音楽研究会の相坂事務局長の思いを込めたお話に
何かで協力支援をと考えましてブログやネットショップサイトに掲載しています。

そんな想いの中で
関西初となる「2016/11/23 大阪市旭区で純正律音楽コンサートを開催」する
予定となりました。

詳細については間もなく公開しますのでよろしくお願い申し上げます。

2015年08月29日

心のときめき!Garden

2015_09_06jyunseiritu.jpg
2015年9月6日(日曜日)

続く、
 

2015年06月06日

心身ともに健全な青少年が育ち得る環境をつくる責任と純正律音楽。

♡ヒーリング/健康コラム<ミネラル・サウンド"光の国へ"ようこそ>

増永 直子氏(作家・作詞家)

 最近の日本および世界各国における青少年の犯罪の増加と残忍さは、

想像を絶するものがあります。現在の日本の青少年を生み育てたのは、

昭和生まれの人間です。私たちには、心身ともに健全な青少年が育ち得る

環境をつくる責任があります。

それに は先ず現在の子供たちと、これから生まれ育つ子や孫のために、

早急によい環境と穏 やかな雰囲気をつくりださねばなりません。

この世に生を受けたばかりの乳幼児を包 む平和な空気と、精神状態の安定した

家族、特に母親の和やかな心理状態は、胎児や 幼児に、そして少年たちにも

大きな影響を与えます。

 家庭を初めとして、託児所あるいは幼稚園、小学校から中学校へと、

彼らが育って いく過程で我々大人が最も考慮すべきことは、なによも情緒教育です。

とりわけ音は、それも穏やかで心地好い音楽は、心の奥深くへと響き、脳から肉体に

まで根づいて、 人間の感情をつくりあげていく力を持つと思われます。

  1998年の秋、隔離病棟で舌癌の放射線治療を受けている間に敬愛する母を亡くし た私は、

退院後に術後の激しい痛みと、母の死を知った悲しみのために一睡もできず 日夜鎮静剤と

睡眠薬を幾度も飲みながら苦しみつづけました。

以前からベッドの耳許 にグレゴリア讃歌などの静かな音楽を流し、不眠を宥める努力をして

おりましたが、 この時はそれも全く効果なく、3日目の眠れない朝方に諦めの境地でふと

手にしたCD をかけましたところ、不思議な感覚とともに快い眠りに入り、手術を受けて

以来はじめて熟睡することができました。

  深い森の中に横たわっておりますと、空から木漏れ日が燦々と降り注ぎ、いつしか肉体が

風になって、きらめく空中を浮遊するという、形容しがたい心地で眠りに誘 われたのです。

 偶然に出会ったこのCDが玉木宏樹氏の純正律音楽でした。予備知識なしでしたので

曲のタイトルと説明文を読んで驚き、音楽による人格造りが可能なのではないかと

思 いつきました。

幼児たちの情緒への誘い、病人や老人ホームの方々の癒し、患者より ストレスが溜る

お医者様と看護婦さんや介護の方々にとっても、心和む音楽は必要 安らぎとなるに

違いありません。

  ミネラル・サウンド"光の国へ"のシリーズによる、年齢に関係ない情緒の育成と

癒しによって、今の闇の中の世界を"光の国"に変える運動に、ぜひご参加くださ いませ。』

心とからだのカウンセラー石井 寛自身が日々の生活で体感しています。

一個人の体感にとどまらず、多くの皆さに音楽療法があるようにひとつの試みとして

是非お聴きしていただきたいと思います。推奨いたします。




NPO法人純正律音楽研究会より転載承認済

2015年04月17日

純正律ミネラル・サウンドの意外な効用♪

<純正律ミネラル・サウンドの意外な効用>
純正律音楽研究会正会員 長岡衛治氏
まだまだ一般には知名度の低い純正律音楽を、健康情報誌をとお して、
これまでこの種の音楽とは直接つながりのなかった層にまで浸透させるのは、
とても賢明な方法と言えそうです。
バレエ教室を主宰している私の妻は、昨年暮れ『壮快』2月号発売の
新聞広告「本当のドミソ・純正律……」を見たことから、
たまたま私が持っていたCD『光の国へ』を初めてじっくり聴く機会を
得ました。
そしてそれを彼女のバレエ教室のひとつ、成人を対象とした
「バレエ美容体操」教室で、柔軟体操をするときのBGMとして
使ってみたのです。
この教室はバレエの基礎にそって楽しく体を動かしながら、
美しく健康的な心と体を維持していこうという大人のバレエ教室で、
生徒は主に50代60代のお姉さま方です。
ここでBGMとして使ったのは『光の国へ』(part1)だったのですが、
その注目すべき結果をメンバーの感想もまじえながら以下に
列挙してみましょう。
* * * * *
☆Aさん66歳は、腰を曲げても膝に頭がつかなかったが、
この音楽を聞きながらやっているうちに自然に頭がつくようになった。
また今まで脚が曲がりにくくて椅子に座るしかなかったが、
あぐらもかける ようになった。
→この指導をしている妻も1年前バイクの事故で骨折し、
思うように脚が上がらなかったがこの音楽を聞きながら
やっている内に脚がバーまで上げられるようになり、
正座もできるようになった。
☆Bさんはミネラルミュージックを聞いた感想を、「懐かしいような
感じで、心地よく長時間聞いていても疲れたり厭になったりしない。
自然に体の中に音が沁みこんでくる。」と言っている。
☆94歳になるBさんの母親は音楽を聞きながら好きな編物をよくする。
普段は編み目を飛ばしたり不ぞろいになるのはしょっちゅうだったが、
その後このCDを聞きながら編んだものは目がきちんと揃ってきれいに
編めている。それに今までの音楽ではわりと簡単に飽きてしまったり、
るさいと言って止めたり変えたりすることも多かったが、
ミネラルミュージックはずっと鳴らしていても厭にならないらしい。
☆☆☆
以上がこのバレエ教室での反応です。ミネラルミュージックは
何故か体の中まで音が沁みこんできて、意外な作用をするもののようです。
☆私は最近、あるソプラノのオペラ歌手が「蝶々夫人」の中で歌っている
アリアの音声を波形分析してみて、ビブラートの幅が長3度 を超えて
いるのには驚きました。
倍音にも当然同じ幅のビブラートがかかっているわけで、オーケストラが
加われば立派な不純正律音楽! 
こんな音楽を聴いてぐったり疲れた後もミネラルミュージックは
私達にやすらぎを与えてくれる素晴らしい音楽なのです。
◆このような現実はけっして不思議なことでも偶然でもないと思います。
人間の潜在的能力は無限と言われているように「善き縁」に出会えば
一瞬にして大きな変化を遂げることが可能と信じています。
音律一つをでも素晴らしいことがサプライズされるとしたら・・・
これはお聴きいただく価値があると思います。

純正律 世界のメロディー日本の歌

by 心とからだのカウンセラー 石井 寛も推奨しています。

純正律音楽CD3枚組260620-1.jpg
タグ:音楽療法

2015年03月08日

ほんまでっか?ポール・マッカートニーは替え玉?

「ポール・マッカートニー氏自身や、

同氏の取り巻きはまだスターさんの発言について

誰もコメントして いないが・・・」

続きを読む:

http://japanese.ruvr.ru/news/2015_03_04/283186498/ 


ほんまでっか?

世の中には摩訶不思議がいっぱいですが

真実は一つといいます。?

演奏会にも行ったがそれがこうだとは

わからなかったし、

良いものは良し!にして

いいね!にしたい。

人騒がせで終われば尚いいね!

by 健康楽々くん metaraku.com

2015年01月29日

現代音楽は1976年に死んでいた。?

現代音楽は1976年に既に死んでいた。

作曲家・玉木宏樹氏(故人)

誰が音楽をダメにしたのか?

1910年頃から,シェーンベルクが無調音楽(調性のない

音楽を始め,ストラヴィンスキーは「春の祭典」で激しい

バーバリズムをバレエに持ち込んだ。これ以後,

クラシック系の音楽は一挙に様変わりし,

シェーンベルクが12音音楽の手法を確立するに至っては,

時代は一挙にメロディとハーモニーを放棄した騒音的な

音楽が主流となっていった。

そして,1930年代になると,後期ロマン派の生き残りの

作曲家も姿を消し,ドテン・バタン・グショーンの

無調音楽が全盛となる。

当時の風潮としては,分り易い曲を書くと完全にバカにされ,

そういう指向の人は,ジャズ系に走ったようだ。

なぜ音楽がそういう風になってしまったのか。

一つには,作曲至上主義がはびこり,演奏家より優位に

立とうとする作曲家の傲慢が,演奏不能,理解不能の風土を

育てた。

そしてもう一つは,純正律と平均律の問題が横たわっている。

ピアノ用に簡便な(1回の調律で済む)平均律の調律を施した

ピアノが工場出荷したのが1842年といわれ,

それでも最初のうちは,プロからは全く無視されていた。

オクターヴ12鍵のピアノに対し,前期ロマン派の作曲家たちは,

ヴェルクマイスター,キルンベルガー等の不等分調律を駆使して

作曲していたが, 1890年頃から,プロの作曲家,ピアニストたちも

殆ど平均律に屈するようになる。

独学で作曲の研鑽をしていたシェーンベルクは,

アマチュアのチェロ奏きだった。

つまり,音程を自分でコントロールしなければいけない立場である。

ピアノやオルガン等は調律師がピッチをコントロールし,

演奏者はピッチに対し,無関心で,無神経である。(続く)


元・NPO法人純正律音楽研究会代表 玉木宏樹氏(故人)


本質的なことを理解しないままに受け入れていくのも自由だけれども

このようなお話を聞くにつけても時代の推移が見えてくると視点に

良き影響を得ることは価値的なことと思った。

純正律音楽研究会を、

心とからだのカウンセラー石井 寛も支援します。


【NPO法人 純正律音楽研究会 転載承認】

2015年01月04日

迎春、ミネラルミュージック

新年明けましておめでとうございます。

爽やかなミネラルミュージックと共に希望に満ちて

皆様にお届けいたします。

幸い多き日々と無事故・ご健康をお祈り申し上げます。

hituji270104.jpg

2014年12月11日

新春を郷愁の浪漫・和洋の名歌をどうぞ♪

純正律音楽コンサート2015_01_10-261211健康楽々くん.jpg

新春を心身ともに爽やかにお楽しみください。

郷愁の浪漫を糸によせて♪

和洋の名歌 

世の中の喧騒を生命力強く希望に向かって生き抜く力こそ

大切です。

純正律の調べは豊かな心を導き出してくれると信じています。

どうぞお誘い合わせてお越しくださいませ。

NPO法人 純正律音楽研究会


by 心とからだのカウンセラー石井 寛も支援しています。


NPO法人 純正律音楽研究会 転載承認

2014年11月11日

リスニングコラム 純正律音楽をおススメします♪

純正律音楽と玉木宏樹.jpg光の國へVol.1歓喜の翼.jpg

NPO純正律音楽研究会がお勧めするCD&演奏会

それと演奏団体をご紹介していきます。


☆リスニングコラム/Pelecis 《FROM MY HOME》


Pelecis 《FROM MY HOME》より "Neveretheress"
(TELDEC0630-14654-2)

その第1回目に登場するのはPelecisという作曲家の

作〈Neveretheress〉です。

私は自分のホームページ上でPelecisを紹介しながら

ラトビア人だから読み方は分からないと書いたら

東大大学院生から

「ペレ―ツィス」と読むんだとのMailを頂きました。

 さて私がペレ―ツィスを知ったきっかけは、後々に

紹介する予定のポーランドの作曲家でやはり純正律に

拘った作品「悲歌のシンフォニー」で300万枚のCDを

売り切ったグレツキのピアノ協奏曲の入ったCDを買った

おかげです。

グレツキの曲は退屈でしたが、最後におまけのように

入っていたペレ―ツィスの「コンチェルティーノ・ブランカ」に

私は大衝撃を受け、夜も眠れないほどの興奮の毎日が

続きました。

この曲は題名通り、ピアノの白鍵だけと弦楽合奏による

3楽章構成の全くハ長調だけで一切転調のない、

開き直った潔い曲です。

 ところで〈Neveretheress〉は、モスクワ留学時代の

ルームメイトだったヴァイオリニストのクレーメルのために

書かれたソロヴァイオリンとピアノと弦楽合奏のための

協奏曲で、30分近く延々とD-Major,D-Minor,

つまりニ長調とニ短調だけで構成されます。

冒頭から5分くらいから始まるピアノのフレーズはまさに

日本人にピッタリのマイナームードで、まさに「ヤラレタ―」と

いうショックが尾を引きつつ感動にひたるという

とても個性の強い曲です。

おっとっと、ピアノはもちろん純正律に調律されていることは、

私のシンセとコンピュータで確認ずみです。

 (故 玉木宏樹氏)


☆純正律音楽を知ることの機会を得たのですが、

多くのフィーリングミュージックを好み作業中も就寝前も

聞くことが日常でした。

その中で知識もないままですが、

心地良さは、ある場所の居心地の良さと同様に

自然な感触と言いますか、生命に受け入れやすい音律でした。

玉木宏樹氏には生前にお会いしていませんが演奏を

通して出会いと良き縁を感じています。

by 心とからだのカウンセラー石井 寛

続きは次回に・・・♪


NPO法人 純正律音楽研究会 【転載承認】

2015-01-10和洋の名歌コンサート

プロフィール
心とからだのカウンセラーさんの画像
心とからだのカウンセラー
はじめまして ご訪問を心から歓迎申し上げます。 私は良き出会いこそ幸せの源と信じています。 今この時を一期一会の大切なご縁にさせて 頂ければ幸いでございます。 あわせて「人生は今が旬!」を分かち合いたいと存じます。 どうぞよろしくお願いいたします。 有難うございます。 心とからだのカウンセラー
プロフィール
健康専科.com
タダではないですから?
検索
最新コメント
QRコード
タグクラウド
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。