JW海外奉仕準備のまとめ

「海外で奉仕したい!」というエホバの証人(JW)の兄弟姉妹のために、現代のマケドニアで宣教をするための実際的な情報をまとめています。持ち物は?保険は?ビザは?住民票は?仕事は?海外移住を考えている伝道者・開拓者の方の準備の参考になれば幸いです。

過去ログページ

海外奉仕者御用達の「ランサーズ」というお仕事請負サービス

先日、大陸の友達のところに遊びに行ってきました。

いま、中国の奉仕は数年前と比べて治安はやりやすくなっているとはいえ、
生活費の高騰で生活がかなり大変だと聞きました。

中国で奉仕をしている方は、車を維持できないので
たいていはバスや自転車になると思います。
都市によっては電動自転車(電動バイク)が使えるので
それもすごく便利だと思うんですけどね。

でも生活費の高騰のため、中国で奉仕をするのは工夫が求められるということでした。

中国で奉仕している兄弟が使っていたサイト


それで私は、「最近中国で働いている兄弟姉妹はどんな仕事しているんですか?」と興味本位で聞いてみました。

上海や広州など、大都市圏で活動する場合は日本語教師の仕事が多くあるようです。

でも、地方で活動していると、日本語に関心ある人も少ないようで
日本に数か月一時帰国して稼いでいる方がほとんどのようです。

そんななか、パソコンで仕事をしているという仲間がいて、
使っているサイトが「クラウドワークスのランサーズ」というサービスでした。


クラウドソーシング「ランサーズ」


このクラウドワークスとは、インターネットで個人⇒個人や、企業⇒個人にいろいろな仕事を依頼できるサービスです。

クラウドワークスを使えば、そのサイトにある「打ち込み」や「ライティング」といった仕事をすることができます。

それぞれの仕事(タスク)の単価はあまり高くないのですが、
技術がある兄弟姉妹なら、「プロジェクト」という業務委託みたいなこともできます。

例えば、プログラミングができるエホバの証人の方もいると思いますが、
そのプログラミング設計の依頼をクラウドワークスで受けて、仕事をするようです。

JWが中華圏で海外奉仕をする場合は、日本の約3分の1くらいの生活費で生活できますから、
クラウドワークスを使って何とか海外にとどまることができるようです。

副収入を得たい方へ


今回取り上げたランサーズというサイトは、クラウドワークスというジャンルの中で日本最大のサイトです。

いくつか仕事を請け負うと、おそらく月3万〜多いと10万くらいにはなると思います。
かなり頑張らないといけないかもしれませんが…。

でもこういう副収入のサービスの収入で海外奉仕を続けられるので、
気になったらぜひ使ってみていただきたいと思います。利用登録も無料です。


クラウドソーシング「ランサーズ」


最新記事
カテゴリーアーカイブ
RSS Feed Widget