JW海外奉仕準備のまとめ

「海外で奉仕したい!」というエホバの証人(JW)の兄弟姉妹のために、現代のマケドニアで宣教をするための実際的な情報をまとめています。持ち物は?保険は?ビザは?住民票は?仕事は?海外移住を考えている伝道者・開拓者の方の準備の参考になれば幸いです。

広告

posted by fanblog

3月のJWブロードキャスティング個人用まとめ

3月のブロードキャスティングをメモしたので個人的なまとめです。
司会は、ジェフリー・ジャクソン兄弟でした。

身体面で問題を持っている人にとっても考えさせられる内容でした。

身体面で問題を持っている人ができること・・・


  • 祝福を数える
  • 将来の希望に目を留めて物事の全体を見る
  • 十分に休息をとる

イーサクマレー兄弟と妻の経験


南アフリカからニューヨークに移ったとき

エホバは親切に個人として扱ってくださる
紅海を1人残らず渡れるようにしてくださった。

エホバは私たちがどう行動してほしいかを明らかにしておられる⇒友と呼んでほしい

ジンマレー姉妹が癌にかかったとき、治療は大変だった。
そんな時聖書中の人物に思いを留めた。ヨブの模範など。
考えたいところは、エホバの主権が第一
エホバに忠実であれば見放されることはない

大変な時こそ、心を広くする、兄弟姉妹たちを愛する

家の外に出られない人に関心を向ける

身体面が大変な3人の経験


・四肢麻痺
・脳卒中
・筋力の低下 筋萎縮性側索硬化症 ALS

3人の異なる複雑な身体の問題、どうポジティブに物事を見ている?
タブレット用ホルダーを使ったり、電話証言をしている
ヨハネ第一3:18
行いと真実とをもって愛する

スタジオに戻り別の経験


ピーターとスー・シュルツ
1985年、オーストラリアの王国会館で爆発事件。
妻も重傷を負っていた
出血多量で血が胃に流れるほどだった・・・。
輸血しなければいけないくらいの重傷だったけど、11日後決定を迫られた。
限界とも思ったときに、整形外科医に見てもらって無輸血で治療できた。
ヘモグロビン値を上げるために鉄分を取りまくった。9まで上がって準備OK。
嗅覚は戻らない、耳鳴りがずっとしている・・・。
心的外傷ストレス、精神的な打撃。感情的に疲弊。
不眠に苦しんだ。パニック発作もあった。
疑問もあった「なぜこんなひどいことが会衆に起きたんだろう」
エホバに仕える動機は何なのか?身体的な保護?
病死や自然災害は絶対にあること。古い体制で起きてしまうこと。
だからこそ会衆を通して慰めが得られるような取り決めがある。
海外の人からもいろんな援助があって、病院の人にもいい証言になった。
旦那が花の水やりをしてくれた。⇒造花に水をやっていた
気が滅入って息詰まるときもあった。でも霊的食物をとったら正しい見方ができるようになった。
自分だけに注意を集中してしまうと、落胆してしまう
どのように積極的な思いを保ち続けているか?
エホバの言葉、聖霊、将来の希望、会衆の兄弟姉妹
経験があったからこそ、同情心と理解がある人になれた(姉妹)
今の命は真の命ではないので、エホバは楽園で110%回復させてくださる。
詳しくは、1992年1月8日号の目ざめよに経験が載っているらしいです。

どうすれば人の不完全さに対処できるか


ここからは、身体面での問題ではなく会衆で起きうる問題への考え方。

注目されるのが好きな夫婦がいたり・・・
ゆっくり注解する兄弟がいたり・・・

偽善者 垂木 わらという聖句。
謙遜になれるようエホバに祈った
30分早く退社、集会の時は毎週早く帰っていいよ
自分を不幸にしているのはほかの人ではなく、自分の見方だった。

最後


ケニス・フローディン兄弟の朝の崇拝プログラムを見ましょう。

思い描こう、その時を(ミュージックビデオ)

イエスキリストの記念式の表彰物パンの作り方動画
ルカ16:10


なんか、個人的まとめであまりよくわからなかったかもしれないのですが、
毎月見ているプログラムをこういう風に自分でノート取るのは必要だと感じました。

今回のだと、海外奉仕に関係がありそうなのは
会衆で他の人の不満にどう対処するかという点でした。

いろいろな国の人が交わる外国語会衆(海外の会衆)では、自分を広くしていくことが求められます。
posted by 外国語の奉仕者 at 2016年03月13日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4839340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事
カテゴリーアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。