ファン
最新記事
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
写真ギャラリー
記事ランキング

2021年01月05日

ミッツ・マングローブ干されるか。芸能界でコロナが増える理由を暴露する

 




 



このところ連日のように芸能人のコロナ感染が発表されていますが、それもムリはないと思われる業界のコロナ対策をミッツ・マングローブさんが暴露しました。



 



 



※鬼滅の刃の次はこちら。緊急事態宣言のおこもりのお供に



 





 



 



 



『バイキングMORE』では7日にも出されるのではと言われている緊急事態宣言について特集し、その中でテレビの感染対策について言及する中で、ミッツさんは「一部の人」と強調しながらもこんな話をしました。



 



[以下引用]



ミッツは「アクリル板つけたり、スタッフさんもフェイスガードつけたりとかね、しながらやってはいますけど」と収録現場での感染対策を挙げたが「私、一個びっくりしたのは…」と別の局の年配スタッフがポロリともらしたという言葉を紹介した。



 



ミッツによると、「私もフェイスシールドをつけてやった方がいいですか?って言ったら、(スタッフは)『あくまで対策してますって事が、あれなんで』とポロっと…」と、言った言葉を紹介。ポーズをとればいいとも受け取られかねない言葉にミッツも驚いたようだ。



 



ミッツは「そういう方も中にはいらっしゃる。その辺の心持ちは千差万別。40%は人が減っても、60%は平気で出ちゃってるってこと。その意識ともどうやって共存していくか」との思いも語っていた。



[デイリースポーツ]



 



 



ミッツさんこんなこと言って大丈夫でしょうか。



 



この年配の人だけというわけもないですよね。



 



もちろん、全員がこの人のような緩さでいるとも思いませんが、もう諦めてるのでは。



 



テレビで多用されているマウスシールドは、何も対策しない場合を100%とすると、自分がウイルスを出す場合10%カット、吸い込む方はまったくカットしないと言われています。



 





 



 



マスクだって100%カットはしませんが、最善策であるマスクを選ばない時点でもはや何をしてもポーズに見えるというか。



 



アクリル板だってサイドだけだったりしますが、前についてはどう考えてるんでしょう。



 



番組によっては左右の距離を取ってるだけだったりして、そこへ来るまではどうしてるんだろうと思いますし。



 



それでも現場は換気と消毒に努めてるんでしょうし、できることはしてるんだと思っていましたが、「あくまで対策してますって事が、あれなんで」と言ってるのがすべてなんだとしたら、消毒もどこまで真剣なのかわからないですよね。



 



ジャニーズは自主的にPCR検査をしていて無症状でも現場に入ることがないよう努力していますが、他の人達がそこまでチェックしていない以上、無症状の人が入り込んでいないわけがないですし、いつの間にか、そこを気にしてどうにかなるレベルを超えてるような気もします。



 



だからといってコロナは罹った、治った、元気になった!という病気でもなく、後遺症も恐ろしいですし、医療崩壊が見えている今、やっぱりできることはしていかないと、そのうち本当に番組作れなくなるのでは。



 



 



※今年は義理チョコ友チョコどころじゃないかも



 



 





 



 



[amazon]

posted by Hoeitt at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コロナ

ジャニーズ主演だらけの1月期連ドラ。視聴率が取れないイメージを払拭できるか

 




 



そろそろ始まる1月クールのドラマはジャニーズタレント主演が多くなっています。



テレビ全体視聴率が低下する中、ジャニーズ主演ドラマも苦戦が続いていますが、それでも業界で注目されているものもあるようで…。

 

 





 

[以下引用]

「今期はジャニーズ勢が目立つように思います」とはテレビ誌記者。



「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系火曜夜10時)の玉森裕太(30)、「知ってるワイフ」(フジ系木曜夜10時)の大倉忠義(35)、「俺の家の話」(TBS系金曜夜10時)の長瀬智也(42=3月に退所)、「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系土曜夜10時)の亀梨和也(34)と松村北斗(25)と目白押しだ。すでにジャニーズではないが、元SMAPの香取慎吾(43)も「アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜」(テレビ東京系月曜夜10時)で民放ドラマ5年ぶりの主演。



「ネット上に意見を書き込む習慣のある層には、“アンチジャニーズ”が一定数いるのは事実。ですが、ドラマ自体の面白さで、そのアンチ勢さえ引き込むような作品が出てほしいですね」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏がこう続ける。



「例えば『俺の家の話』の長瀬さんは、“伝説的作品”ともいわれる『池袋ウエストゲートパーク』(2000年)以来、4度目となる宮藤官九郎氏の脚本との組み合わせ。“能の名家の長男でプロレスラー”というブッ飛んだ設定も、“クドカン×長瀬×磯山晶P”の座組ならワクワク感しかありません」



また、亀井氏は「『オー!マイ・ボス!』の玉森さんにも注目している」とこう言う。



「同じ火曜ドラマだった『恋はつづくよどこまでも』のスタッフが上白石萌音さんをヒロインに迎えて送るラブコメ。玉森さんは、『恋つづ』のお相手だった佐藤健さんと比較されてしまうハンディキャップがあります。この枠でヒロインの相手役にジャニーズ勢を起用するのは、18年4月期の『花のち晴れ〜花男Next Season〜』以来。それがこの枠の支持層にどう影響するのか分かりませんが、玉森さんにはアンチの声も吹き飛ばすような“キュン芸”を期待します」

[日刊ゲンダイ]

ドラマどころかテレビ全体の視聴率が下がっている今、ジャニーズだからと多くを期待しても、というところもありますが、単純におもしろいドラマは観たいですよね。



長瀬くんはジャニーズとして最後のドラマですし、100キロまで増量して挑むプロレスラーというのは観てみたいという人も多いのでは?



すでにいくつかの週刊誌がその近影を掲載していますが、筋肉ムキムキなだけではなく髭に長髪というその出で立ちは、まさにプロレスラーそのものといっても過言ではありません。



もはやアイドルという縛りはアウトオブ眼中で、さらにその後の仕事も考える必要がないからこそできた役作り。



期待大です。



また、玉森くんも「ぴんとこな」の時はあまりの大根ぶりに大ブーイングが起きたりもしてましたが、いくつも脇役をこなし、「グランメゾン東京」では「とても演技が上手になった」ともっぱら。



今の彼なら、佐藤健さんと比べられても大丈夫…なはず。



最近のキスマイは、中居くんのプッシュもあって”三度目の正直”ともいえるブレークチャンスが巡ってきてますし、数字的にも存在感を示して欲しいところです。




楽天モバイル

 



残念ながら「ジャニーズだから観ない」という人がいるのも事実です。



明らかに人気も実力のないジャニーズタレントが次々と主演したり、バーターで出てる新人ジャニーズにストーリー上あまり必要じゃなさそうなシーンが用意されていたり、というようなことはよくあることですからね。



「教場2」の目黒蓮くんの最後の方のシーンなんかも、あそこまで時間を割いたのはジャニーズだからかなと思っちゃいましたし。



ドラマなんておもしろくて余計なことに気が回らずに楽しめればいいと思うのですが、ついつい演技の下手さに目が行ったり、このシーンいる?と思ったら、なんだやっぱりバーターで出てたのか、みたいな「余計なこと」に気付かされたりがあると、純粋に楽しめないというのはあります。



バーターなんて他の事務所もよくやりますし、ジャニーズだけのお家芸というわけでもないんですけど、どうしてもジャニーズだとわかりやすすぎるのと、本業はアイドルなのに事務所の力で演技までやっちゃって、みたいな目はあるのかなと思います。



そのわかりやすさで今期4つというのは、それだけでうんざりという人もいそう。



さらに、4月からは朝ドラにキンプリの永瀬廉くんが出ますし、ジャニーズほんとよく出てるなあという印象になりますね。



「ジャニーズだから」というのは現場でタレント本人も感じていたみたいで、木村拓哉くんや岡田准一くんもそのあたりの葛藤を口にしたことがありましたし、長瀬智也くんも、脱退・退所が発表されたときに「いよいよですね、おめでとうございます」と連絡をしたという映像関係者に対し、「やっとこれでプロ同士の仕事になりますね」と返信したと報じられていて、やっぱり葛藤はあったんでしょう。



とはいえ、今も完全に事務所の力で主演してるんだろうなと言う若手はいますけど、最近は演技が評価されるジャニーズも増えてきて、そこまでひどいこともなくなってきているような??



要するにおもしろくて演技がうまければよくて、「おもしろい」という部分には脚本を含めて制作の問題が大きいので、制作陣の責任も重大です。



特に宮藤さんはコロナ感染の際の言動でアンチが増えてしまっているので、そういう意味では宮藤さん自身のためにも失敗できないでしょうね。



おもしろいドラマ、楽しみにしています!



※演技が下手なのにジャニーズが主演できる理由

他の事務所も同じだけどね→ geinou ranking

他の事務所も同じだけどね→ geinou ranking



※「教場2」よかったですよ

 





 



[関連商品]

コロナ感染理由が女性関係だったことが明らかになり、滝沢秀明副社長がブチギレ超絶激怒!

 




 



昨年1月、同じジャニーズのライバルであるSixTONESとともに、前代未聞となる同時デビューを果たした9人組アイドルグループ・SnowMan。



 



その後、デビュー曲とセカンドシングルが連続でミリオンを達成するなど大ブレークし、当然ながら紅白歌合戦にも初出場が確定しました。



 



しかし、先月21日にメンバーである宮舘涼太さんの新型コロナ感染が発覚し、他の8人も“濃厚接触者”と認定されため出場辞退。



 



やっとつかんだ晴れ舞台を失い、メンバーたちはもちろん、応援してきたファンもジャニーズ事務所も落胆していたのですが、ここに来て”不運な被害者”であったはずの宮舘さんにとんでもない事実が発覚し、滝沢秀明副社長が超絶激怒しているといいます。



 



※次から次へと困難がやってくるのは、なぜ?



 





 



 



[以下引用]



SnowManはタッキーの肝いりでデビューした後もドタバタ続きで、今年3月に予定されていたお披露目コンサートは消滅。



 



悪いことは重なるもので、リーダーである岩本照に過去の未成年飲酒報道が出て、早々に活動自粛するハメになった。



 



自業自得な不祥事もあるとはいえ、度重なる逆風には同情の声があがっていたのだが、その裏側では、この“『紅白』辞退”がグループに亀裂が入る事態にまで発展していた。



 



コロナに罹患した宮舘に“最大の理解者”滝沢副社長が激怒しているというのだ。確かに宮舘がグループ内にコロナを持ち込んだのは事実だが、それで彼を責めるのは酷な気が─。



 



「違うんです。滝沢副社長が怒ってるのは感染の“原因”。宮舘さん、12月に入ってから知り合いの女の子と酒を飲みに行って、どうやら“もらっちゃった”みたいで…」(レコード会社関係者)  



 



12月以降、感染拡大に歯止めがかからず、外出や会食の自粛が呼びかけられていた。その最中である。



 



それを知った滝沢副社長が“自覚がなさすぎる”“もう活動させない”って、すごい剣幕で宮舘さんを叱り飛ばした。目をかけていたぶん“裏切られた”という気持ちなのかな。彼は“クビになる”って、いろんな人に泣きついているみたい。ほかのメンバーも“こんなことを続けていたらSixTONESに負ける”と動揺しています」(前同)  



[週刊女性プライム]



 



 



Amazon(アマゾン)1/2-1/5【初売り】



 



 



これはマズイですね、宮舘さん。



 



SnowManはジャニーズJr.時代から実力と人気を兼ね備えたグループでしたが、故・ジャニー喜多川社長のおメガネにはかなわず、デビューは無理だと言われてきました。



 



そんな彼らの努力と才能を見抜いたのが滝沢副社長。



 



当初はSixTONES単独でのデビューと見られていたところ、自身がジャニーズ事務所の副社長に就任すると猛プッシュを開始し、かなり強引に”同時デビュー”という異例のウルトラCでデビューさせたという経緯があります。



 



SnowManのメンバーにとって、滝沢副社長はただの”恩人”ではなく、もはや”救世主”と言っても良いほどの存在のはず。



 



そんな”神様”のような人が先頭に立ち、ジャニーズ一丸となって「Stay Safe!」を推進し、コロナ感染拡大防止に全力を上げて取り組んでいる最中に、お忍びで女性と会ってコロナ感染…



 



しかも、そのせいで紅白も出場取り止めとなったばかりか、売り出しに必要不可欠な年末年始の特番も全てキャンセルとなったしまったわけですからね。



 



滝沢副社長が超絶激怒するのは当たり前ですし、宮舘さんは解雇されても文句は言えないでしょう。



 



ただ、ファンのことを考えたら、そう簡単にメンバーを切り捨てることはできないはず。



 



そもそも、今回の報道は客観的な証拠はゼロですからね。



 



現場レベルで周知の事実だったなら分かりませんが、世間的には根拠のない噂です。



 



もしも事実だったとして、滝沢副社長は義理人情に厚い人だと言われていますし、これまで10年以上も可愛がってきた後輩のためにもう一度だけチャンスをあげるのでは?



 



というか、ぜひ最後にもう一度だけやり直す機会をあげて欲しいです。



 



◆Snow Manにはまだまだスキャンダルが潜んでる



いやもう出てる?→ geinou ranking geinou reading



いやもう出てる?→ geinou reading geinou ranking



 



◆タッキー、メンバー、そしてファンに土下座謝罪して!



<



 





 

Snow Manアウト?コロナ感染は女性関係が原因でグループに亀裂

 




 



滝沢秀明くんがお気に入りのSnow Manに激怒していると報じられています。



Snow Manはメンバーの宮舘涼太くんが無症状ながら新型コロナウィルスへの感染が確認され、メンバー全員が濃厚接触者であったために初出場の紅白歌合戦を諦めるなど、年末の様々な仕事に影響が出ましたが、そのコロナ感染の原因が女性関係だったというのですが…



 

 





 

[以下引用]

自業自得な不祥事もあるとはいえ、度重なる逆風には同情の声があがっていたのだが、その裏側では、この“『紅白』辞退”がグループに亀裂が入る事態にまで発展していた。コロナに罹患した宮舘に“最大の理解者”滝沢副社長が「激怒している」というのだ。たしかに宮舘がグループ内にコロナを持ち込んでしまった格好だが、それで彼を責めるのは酷な気が─。



「違うんです。滝沢副社長が怒ってるのは感染の“原因”。宮舘さん、12月に入ってから知り合いの女の子と酒を飲みに行って、どうやら“もらっちゃった”みたいで……」(前出・レコード会社関係者)



12月以降、感染拡大に歯止めがかからず、外出や会食の自粛が呼びかけられていた。その最中である。



「それを知った滝沢副社長が“自覚がなさすぎる”“もう活動させない”って、すごい剣幕で宮舘さんを叱り飛ばした。目をかけていたぶん“裏切られた”という気持ちなのかな。彼は“クビになる”って、いろんな人に泣きついているみたい。ほかのメンバーも“こんなことを続けていたらSixTONESに負ける”と動揺しています」(同・レコード会社関係者)

[週刊女性プライム]

これが本当に本当ならまずいですね。



長い下積み時代があって、SixTONESとともに昨年同時デビューを果たし、両シングルを合算した「オリコン」の週間シングルランキング初週売上132.8万枚を記録して初登場1位を獲得。史上初のデビューシングル初週ミリオンを達成など、目覚ましい記録を出してきました。



デビュー直後にはリーダー岩本照くんの未成年との飲酒が報じられて処分を受けたり最近も佐久間大介くんの原爆Tシャツなどマイナス要素もありましたが、注目され始めたからこそのことでもありますからね。



続いて発売したシングルの売上も好調で、下馬評以上の結果を出していたところで決まった紅白歌合戦初出場でした。



そんな紅白歌合戦を控えた12月に、感染者が増えているのに飲みに行ったんだとしたら。



そこで感染したのであろうとなかろうと、自覚がなさすぎで、タッキーが激怒してもムリはないし、グループ内に不穏な空気が漂っても仕方ないです。

 





 



ただ、この週刊女性の話には証拠写真はありません



ちょうど宮舘くんの感染が発表された頃、ジャニーズから誹謗中傷をやめてほしいという声明文が出ましたよね。



その頃、Jr.を含めたジャニーズタレントの感染者が増えていたこともあり、またジャニーズ?みたいな雰囲気がありました。



ジャニーズの声明文では、やむを得ずマスクを外して仕事をする必要があるタレントの安全を守るため、また万が一のときの影響を最小限に留めるために自主的にPCR検査を実施していること、その結果無症状を含めて感染確認されるタレントが増えているという現状を説明した上で、ごく一部ではあるものの、感染したタレントへの理由なき誹謗中傷とも取れる投稿・コメントなどがあること、真実に基づかない投稿・コメントなどはくれぐれも控えて欲しい、という主旨を訴えていました。



今回の宮舘くんの夜遊びも「レコード会社関係者の話」であり、写真があるわけでもなし、証拠のない話です。



無症状とはいえ感染してしまってメンバーが濃厚接触者となり紅白を始めとして仕事に影響させ辛い思いをしているのは宮舘くんです。



芸能界を含めて感染者の数も増えていて、感染源をたどるのも難しい今、自分を含めて誰が罹ってもおかしくないのに、たまたま感染しただけで本当かもわからない噂で責められるのはおかしいことです。



そこは忘れずにいたいところです。



現在、政府は1都3県に対し今週中の緊急事態宣言の発令を調整中です。



ジャニーズに限らず芸能人がこの期間に夜遊びや不要不急の外出が写真付きで報じられたら猛バッシングの対象になりそうですね。



※2020年。コロナで評判を落とした芸能人たち

いましたねえ→ geinou ranking

いましたねえ→ geinou ranking



※回復待ってます。

 





 



[関連商品]<
検索
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
Hoeittさんの画像
Hoeitt
芸能生活は永遠に続けるよ。頑張ろう日本!!遊び、娯楽を興じる。楽しみたい!!世界が戻るまで旅人、オリジナル曲制作進行中で、サマソニ決勝目指している、出来るだけ大きなライブイベントで歌いたいアーティスト
プロフィール
最新コメント
タグクラウド
記事ランキング
QRコード