ファン
最新記事
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
写真ギャラリー
記事ランキング

2021年01月03日

LiSA絶体絶命。飲酒、窃盗、やり放題の中学時代を暴露され、今の悪評も噴出か

 




 



人気漫画『鬼滅の刃』のアニメで主題歌を担当し一躍人気歌手となったLiSAさんのやんちゃすぎた過去が暴露されてしまいました。



 



 



<



 





 



 



不良少女だったLiSA



 



デイリー新潮によると、LiSAさんは岐阜県で小学2年で父親が出ていってからは母子家庭に育ち、小学5年で沖縄のアクターズスクールに合格し親戚の家に身を寄せるもデビューには至らず中学2年で岐阜に戻ってきて、そこからなかなかに荒れた生活をしたとのこと。



 



[以下引用]



“やんちゃ”なエピソードは枚挙にいとまがなく、



 



「あの頃彼女はしょっちゅうカラオケ店に行って酒を飲んで騒いだり、深夜に公園でたむろしていました。深夜徘徊で警察に補導されたこともあるし、自転車泥棒もやっていたとか。遊びに行って帰る時、勝手に乗ってきちゃう」  



 



と、地元の知人。



 



「可愛いから男が絶えることがなく、中学3年の時には4コ上の人と付き合っていた。その彼は当時、車高が低い改造車に乗っていて、中学校まで彼女を迎えにくることもありました」



[デイリー新潮]



 



 



未成年飲酒に自転車泥棒、深夜徘徊で補導。



 



学校に登校しても他の生徒に迷惑だからと、先生に保健室へ行くよう言われていたとか。



 



その上中学3年生、つまり15歳で19歳の人と付き合い中学に改造車で迎えに来るような、そんな漫画のような世界で生きていたんですね。



 



 



出る杭は打たれる、なのか、それとも・・・



 



 





 



 



これは間違いなく非行です。自転車を盗まれたことのある人にとっては非常に腹立たしい話です。



 



これを、今になって武勇伝のように話していたとしたらとんでもないことです。



 



今回は新潮が「地元の知人」の証言を元にしているので、正直信じて良いものなのか、という気はします。



 



出る杭は打たれる、的なこともありえますからね。



 



ただ、ネットでの反応を見ると、それこそ「地元の知人」である当時を知る人のコメントがかなり具体的なお店や地名も交えて書かれていて、残念ながら本当なのかな、と。



 



家庭環境が複雑で、若くして一度挫折して、それで非行に走るかどうかは本人次第ですけど、離婚が8歳、アクターズスクール合格が11歳、デビューを諦めたのが14歳。それで道を間違わずに進めるかというと…本人だけの力では難しかったのでは。



 



今成功したということは、その後努力を続けた結果のはずです。



 



それができたということは、過去を反省して心を入れ替えたからだと思うのですが、これまた残念ながら、今現在の悪評もネットには書かれているんですよね。



 



それらが本当なら、もう間もなく表舞台からは姿を消してしまうような気がします。



 



そんなことがないと良いのですが…



 



 



◆自分の悪かった過去を武勇伝のように語った女性芸能人



いましたよね→ geinou ranking geinou reading



いましたよね→ geinou reading geinou ranking



 



 



 





 



 



[Amazon]

今度こそ?紅白出演の歌姫Zに今月中薬物逮捕の噂

 




 



早くも1月中にでも捕まりそうな薬物疑惑芸能人がいると報じられています。



 



 



<



 





 



 



 



[以下引用]



「これまでZには何度も疑惑が浮上していましたが、今回は固い。『ついに持っていかれるようだ』と噂が広まっている」(週刊誌記者)



 



Zは紅白歌合戦にも出場歴がある超がつく大物女性アーティスト。全盛期に比べればテレビなどでの露出は減ったが、多くのファンの支持を今も得ている歌姫だ。以前、男女関係のスキャンダルが大々的に報じられたことでも知られるが、それよりもメディア関係者の間で広まっているのが薬物疑惑である。



 



「それでも最近はキナ臭い噂も立ち消えていたのです。ところが20年秋頃から、再び疑惑が再燃した。クラブでの奇行が多数目撃されたことが原因です。さらに捜査関係者からも情報が漏れ伝わったから、マスコミが一斉に動き出したのです」(前同)



 



 



紅白出場経験のある歌姫の薬物疑惑って、過去何度も何度も出ていますね。ほとんどはネットメディアですが、女性セブンが報じたこともあります。



 



 



 



 



 



 



 



ネットでは紅白に出たことがあり、「歌姫」と呼ばれてもおかしくない、という意味で、中森明菜さん、西野カナさん、hitomiさん、中島美嘉さん、宇多田ヒカルさん、浜崎あゆみさん、鬼束ちひろさん、華原朋美さん、安室奈美恵さん、aikoさん…などなどの名前が出ています。



 



以前男性関係のスキャンダルが報じられて、なんて言ったら、この歌姫たちは皆該当してしまいますが、しかし過去にも報じられた紅白出場の歌姫と今回が同一人物なら、痩せて青白くなっている、という描写があるので、浜崎あゆみさんや華原朋美さん、他、青白くなっていない人は何人か外れるのでは。



 



噂は結構長いので、もしも本当なら、早く捕まったほうが楽になりそう。



 



このところ毎年数人は逮捕されている芸能人ですが、2021年最初に逮捕されるのは誰になるのでしょうね。



 



◆過去、東スポがシルエット付きで報じた疑惑の歌姫画像



今回の人ではないと思われる→ geinou ranking geinou reading



今回の人ではないと思われる→ geinou reading geinou ranking



 



 



 





 



[amazon]



 

マスコミ立入禁止!嵐、涙のラストライブの裏でメンバー間のピリピリムードは最高潮に

 




 



昨年の大晦日に開催されたサヨナラ・ライブ配信を以て活動休止となった嵐ですが、その舞台裏ではかなりピリピリしたムードが漂っていたといいます。

 

 





 

[以下引用]

「スポーツ新聞などジャニーズと近しい媒体は、“数年間の充電期間に入る”など報じましたが、これはジャニーズ事務所からの要望で書かされたもの。これで最後ではないことを、印象づけたかったようです。ただ、嵐のメンバーもスタッフも、この日のコンサート配信が嵐としてラストの活動になりそうだという覚悟していて、終わった後には皆号泣していたようです」(民放関係者談)



当初は毎年ジャニーズのカウントダウンコンサートを放送しているフジテレビが、放映権を狙っていたが叶わなかった。



「フジとしては、カウントダウンコンサートで嵐特集を行いたかったのですが、断られたようです。今回の配信では、正式に好評はされていませんが500万人近い有料配信の視聴があったようです。ドームで行った経費を差し引いても一日で数十億円の売り上げがあった。フジも数億円でオファーをしたようですが、結果的にはダメだったようです。会場には取材陣も入れず、写真もジャニーズから提供されたもので記事を作らされ、ジャニーズ関連のスタッフだけの厳戒態勢で進められました」(民放関係者談)



スーパーアイドルグループの最後にしては、無観客、マスコミもなしと寂しいものだったが、裏事情があるという。



「取材陣をほとんど入れなかったのは、メディアで見せたような円満休止ではなかったからです。特に松本潤は嵐のコンサートを取り仕切ってきていたので、消化不良のまま終わることに納得がいっていない様子だったようです。そういった思いは、絶対に活動の延期を認めなかった大野智に向かったようで、二人は舞台裏では目も合わせていなかったようです」(週刊誌記者談)



そんな大野だが、かたくなに活動の延期を認めなかったのは、あの雑誌が影響しているようだ。



「『週刊文春』がスクープした、シングルマザーとの熱愛が決定打になったようです。大野は南の島に土地を買い、その女性と子どもとともに住む計画を練っていた。しかし、文春の報道があってからその女性が、大野と距離を取り始め破局。大野はスクープ報道で自分の人生が無茶苦茶にされることに嫌気が差して、芸能界の完全引退を決めたんです」(週刊誌記者談)



また、嵐のメンバーの中でも思いはさまざまだったようだ。



「個人活動に精力的なのは櫻井翔と相葉雅紀だけ。松本潤は後輩の育成に力を入れたいと考えているようですが、コロナ禍の中で上手くいかないことに絶望しているようすです。正月から小栗旬などと酒浸りの日々を送っているとか。二宮に至っては、元アナウンサーの妻と子作りに励みたいようで、今年の活動はなるべくセーブしたいと話しているという。ほかのメンバーは、その考えに対して納得がいっていないようで、不穏な空気のまま正月休みに入ったようです」(民放関係者談)

[日刊サイゾー]Amazon(アマゾン)1/2-1/5【初売り】

 



サイゾーさん、ずいぶん言いたい放題書いてくれましたね…



正直、ここに書いてあることを鵜呑みにすることはできませんけど、「この日のライブ配信が嵐として最後の活動だと覚悟して…」というのは、なんとなく「そうだったのかな…」と思ってしまいます。



今回のライブでは、たった1回で数百億円という収益を上げたとも言われていますから、ジャニーズとしては笑いが止まらないことでしょう。



もし例年通りに全国ツアーを大々的に開催していたら、最終的な売上は同じだったとしても、そこに掛かる経費やメンバー、スタッフの”負担”を考えたらどちらが”お得”かは一目瞭然。



この点に関しては「災い(コロナ禍)転じて福となす」といったところ?



現在、業界では「2024年11月のデビュー25周年に合わせて活動再開するだろう」との見方も多いようですが、ジャニーズがそれを狙っているのは明らか。



今回の件を踏まえて考えると、全国ツアーを開催することはメンバーが難色を示すかもしれませんが、一度ライブ配信するだけとなったら大野くんも渋々OK出すんじゃないかと。



ちなみに、記事によると櫻井くんの結婚は3月頃に日テレの番組で発表されそうだとのこと。



ほどなくして相葉ちゃんもそれに続くのは確実ですし、次は誰がメンバー初のパパになるのかに注目が集まるかもしれませんね。



※東出、渡部を超える衝撃!次に狙われている超大物芸能人は…

 この人!→ geinou ranking

 この人!→ geinou ranking

 

 





 



[関連商品]
posted by Hoeitt at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) |
検索
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
Hoeittさんの画像
Hoeitt
芸能生活は永遠に続けるよ。頑張ろう日本!!遊び、娯楽を興じる。楽しみたい!!世界が戻るまで旅人、オリジナル曲制作進行中で、サマソニ決勝目指している、出来るだけ大きなライブイベントで歌いたいアーティスト
プロフィール
最新コメント
タグクラウド
記事ランキング
QRコード