ファン
最新記事
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
写真ギャラリー
記事ランキング

2020年12月18日

なぜ?嵐がレコード大賞で「特別栄誉賞」の受賞が決まった大人の事情。紅白での「カイト動画」一般募集

 




 



年内いっぱいで活動休止する嵐が、12月30日に生放送される「日本レコード大賞」で「特別栄誉賞」を受賞することが決まりましたが、この裏には当然ながら大人の事情があるようです。

 

 





 

[以下引用]

スポーツ各紙によると、嵐は21年間のキャリアで、昨年まで史上最多7年連続10度の5大ドームツアーを行ったほか、18〜19年のツアーで音楽史上最多237万5000人を動員するなど、国民的グループとして活躍。



レコ大の実行委員会が「長年にわたる活躍で広く大衆の支持を得て、音楽文化の発展に多大な貢献をもたらした」として今年、新設した賞が贈られることになったという。



ジャニーズ勢は、87年に近藤真彦、88年に光GENJIが大賞を受賞したほか、6組が最優秀新人賞を受賞するなど、80年代は同番組の中心的存在だったが、1990年を最後に賞レースから撤退していた。



「CDの売り上げなどからして、ジャニーズ勢が大賞候補に入っていないのはおかしな話だったが、故ジャニー喜多川氏の生前は関わらない方針を貫いていた。今年は、大賞を超越した枠で、まさに嵐のために新設された賞なので受け入れることにしたのでは」(芸能記者)



24日にはフジテレビ系「VS嵐」、26日には日本テレビ系「嵐にしやがれ」がともに一部生放送を含めた4時間特番を予定。かなりの高視聴率を記録することになりそうだが、どうやら、レコ大も嵐にすがるしかなかったようだ。



「もともと、昨年までの賞レース方式をやめ、音楽特番方式に変更しようとしていたが、レコ大を牛耳る芸能界の実力者の逆鱗に触れ頓挫していた。それでも、嵐の出演交渉は粘り強く続けていたようで、新設の賞を授与するという形でまとまったが、確実に昨年を上回る視聴率を記録するだろう」(音楽業界関係者)

[リアルライブ]

 





 



記事にもある通り、TBSがジャニーズに泣きついて嵐の出演が決まったというのは、誰の目にも明らかですよね。



まあ、レコ大なんてインチキなのは皆さんご存知の通り。



しかも「特別栄誉賞」なんて今年から新設された賞を嵐が受賞するのも、すでに大賞は決まっているから後付けで嵐のために作られたのはミエミエですから、なんだかシラケてしまいます。



こんなことして、いったい誰が喜ぶんでしょうか?



唯一、嵐にとって”民放最後の出演”となることで、多少は視聴率が取れそうなTBSだけかと。



ですが、ジャニーズに大きな“借り”を作ってしまったわけですし、長い目で見たら決して”お得”とは言えないと思いますけどね…



※映画化します?

 





 



[関連商品]



ところで、大晦日の紅白で嵐が「カイト」を歌唱すると発表されましたが、NHKはサビ部分の歌唱動画の一般募集を始めましたね。



どうやらマジで本番採用されるみたいですけど、嵐ファンからはこの企画を疑問視する声も多く、



「一般の歌唱動画なんかよりも嵐本人を1秒でも目に焼き付けたいのに」

「嵐の出演時間を削ってでも使うって、意味不明」

「最後なのに、一般人の姿や歌声を聴きたい人がいる?需要ないでしょ!」




などなど、ごもっともな意見が飛び交っています。



ホント、こんなの誰得なの?と思ってしまいますが、おそらく急遽決まった大晦日ラストライブの影響で、当初からNHKが用意していた”尺”が余ってしまったんでしょうね…

[以下引用]

「一般人の動画を使った炎上といえば過去、ディズニー映画『アナと雪の女王』を放送したフジが、視聴者の投稿動画で構成したエンディングを流し、『作品が台無しだ』と批判が殺到しました。そのため、嵐の紅白に関しても『「アナ雪」炎上の二の舞となるのでは?』と心配する声も飛び交っています」テレビ誌記者)

[アサジョ]

うーむ、なんか嫌な予感…



今のところ、募集した動画をどのような演出で使用するかは明らかになっていませんが、最後の最後でどこの馬の骨かも分からない一般人の歌唱動画を見せられたら、思いっきりシラケることは確実。



今からでも遅くないので、企画変更したほうが良いんじゃないですか、NHKさん!



※こんなことになったら、まさに阿鼻叫喚の地獄かと。

 アナ雪動画→ geinou ranking

 アナ雪動画→ geinou ranking



※こちらFC会員限定版。

 





 



[関連商品]
posted by Hoeitt at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) |

「BoAが向精神薬を違法輸入で事情聴取」がはらむ問題

 




 



日本でも歌手として活動するBoAさんが韓国で違法行為で事情聴取されたと報じられています。



 



 



 





 



 



 



[以下引用]



韓国人歌手、BoA(34)が日本で処方された向精神薬を違法に韓国に持ち込もうとしたとして16日に韓国検察から事情聴取を受けていたと17日、朝鮮日報など複数の韓国メディアが報じた。



 



関係者によると、BoAは韓国の医師から十分な睡眠が必要との診断を受け、睡眠薬を服用していたが、めまいや嘔吐(おうと)などの副作用が出たため、所属事務所の日本支社のスタッフが以前、BoAが服用していた薬を韓国に送ったが、正当な通関手続きをしておらず摘発された。



 



所属事務所は「違法に持ち込もうとしたのではなく、貿易や通関業務の知識がなかった当社従業員のミス」と強調した。



[サンケイスポーツ]



 



 



BoAさんサイドの主張は単純に、合う睡眠薬を日本から送っただけ、手続きが必要だとは知らなかった、ということのよう。



 



まあ、ないことじゃないのかもしれませんが、国をまたいで仕事しているのにお粗末な話です。



 



そんなお粗末なことをしてしまったこと、さらにこの発表では薬の入手方法が明らかでないことから、ネットでは次のような非難の声が上がっています。



 



「処方薬=保険適用の薬を他人が処方してもらい横流しするのは違法です」



 



「日本の医療制度で安価になった処方薬を、本人じゃないのが日本で仕入れて外国へ密輸出?!とは言語道断。無知でもミスでもない。これは犯罪。」



 



「薬は国ごとに扱いが異なるんで気をつけないと下手すりゃ逮捕もの」



 



「今日本にいないから、という理由で代理人が代理受診していつもの薬で処方箋を出してもらったなら、薬の入手についてはセーフだけど…」



 



「これ、日本でどうやって入手したかも大きな問題のような。個人輸入ならともかく保険適用で入手したなら、税金も使ってることになるぞ?」



 



などなど。



 



その後、日テレが報じたところによると、代理処方という、「やむを得ない事情がある場合は、本人ではなく、同居している家族など看護にあたっている人から代理で話を聞いて、処方せんを書くことも認められる」という方法で薬を得たということですが、まあ変なことで話題になってしまいましたね。



 



実際、生活保護受給者が医療費無料を悪用し処方してもらった薬を転売していたり、留学生や実習生を装い日本の国民健康保険に加入して薬を処方してもらって組織的に海外に売りさばいているケースもあるそうで、軽い問題ではないよう。



 



BoAさんのケースはそんな犯罪絡みではないはずですが、知らなかったでは済まされないこともあるようです。



 



もう一つ、睡眠薬が必要な状態というのも非常に心配なところ。



 



ゆっくり休んでほしいですね。



 



◆BoAがSNSで公開後削除した写真って何



顔の変化にも注目→ geinou ranking geinou reading



顔の変化にも注目→ geinou reading geinou ranking



 



 



 





 



 



[Amazon]

加藤シゲアキの直木賞ノミネートに「権威が下がる」「芸能人枠」と厳しい声

 




 



NEWSの加藤シゲアキくんの小説「オルタネート」が初めて直木賞候補にノミネートされました。



※こちらです

 





 

[以下引用]

日本文学振興会は18日、第164回「芥川賞・直木賞」の候補11作品を発表。芥川賞には、ロックバンド・クリープハイプの尾崎世界観(36)が『母影』で初の候補入り。直木賞では、人気グループ・NEWSの加藤シゲアキ(33)が『オルタネート』で同じく初めて候補に入った。選考会は来年1月20日午後3時から、東京・築地「新喜楽」で行われる。



芥川賞は尾崎のほか、宇佐美りん氏(21)『推し、燃ゆ』、木崎みつ子氏(29)『コンジュジ』、砂川文次氏(30)『小隊』、乗代雄介氏(34)『旅する練習』の5作品。砂川氏、乗代氏は2回目の候補入りで、ほかの3人は初のノミネートとなる。



直木賞は加藤のほか、芦沢央氏(36)『汚れた手をそこで拭かない』、伊与原新氏(48)『八月の銀の雪』、西條奈加(56)『心淋し川』、坂上泉氏(30)『インビジブル』、長浦京氏(53)『アンダードッグス』の6作品で、全員初の候補入り。

[オリコンニュース]

これはすごいです。



加藤くんは2011年11月、山下智久くんと錦戸亮くんNEWSから脱退してグループの存続も危ぶまれていたところで小説家デビューを発表しました。



そして翌2012年1月に処女作「ピンクとグレー」で小説家デビュー。以降、「閃光スクランブル」「Burn. ―バーン―」「傘をもたない蟻たちは」「チュベローズで待ってる」そして今年の「オルタネート」と、コンスタントに作品を発表してきています。



まず書き続けていることが立派ですよね。デビューしておしまい、っていう人も現実にいますし。



そして8年目での直木賞ノミネート。素晴らしいです。

 





 



しかし、当然ネットでは非難する声もあり、



「賞の権威が下がる」

「直木賞が工藤静香が毎年入選した二科展みたいになりそう」

「芸能人枠を別に作ればいいのに」




といったものや、



「これは加藤で決まりだな」

「ずっと角川から出してたのに今回だけ新潮なの怪しいと思ってたんだよね」

「力入れすぎ。ノミネートどころか受賞ありきじゃない?」




と、袖の下的なことを疑うようなものも。



まあ、又吉直樹さんが「花火」で芥川賞を受賞したあたりから、なんとなく「あれ?」みたいな風にはなっています。2017年にはセカオワのSaoriさんが直木賞にノミネートされていますし。



若い年代の活字離れが言われていますから、複数の候補の中に若い人も受け入れそうな作品も選んでいるというのはあるのかもしれません。



ただ、ジャニーズの袖の下的なものはどうでしょう。



加藤くんの作品は、「ピンクとグレー」は映画化、短編集である「傘をもたない蟻たちは」は連ドラ化されており、「傘をもたない蟻たちは」の一話「染色」は舞台化予定がコロナで頓挫しています。



映画化などはもちろんジャニーズパワーが関係するんだとは思います。



が、直木賞にまでジャニーズパワーが影響するかというと疑問があります。



加藤くんのノミネートについてコメントしているのは実際にその本を読んだ人ばかりではないので、辛口批判も根拠がなくてピンときません。



今回の加藤くんの作品に限らず、著名人が書いた作品が純粋に評価されノミネートされ、それがたとえどんないい作品だったとしても、芸人やアイドルが受賞を増やせば権威が下がるのは残念ですが仕方ないことです。



結局、ジャニーズタレントが俳優をやっても「ジャニーズだからね」と言われるのと同じことなんだろうなと思いますし、日本アカデミー賞もレコード大賞もウラが知られてしまっていますから、ああ今度は文学系か、と思う人が多いんでしょう。



数年後には、ジャニーズと坂道系から2名、LDHからは初めてのノミネートがありました、みたいになっていても不思議はないよなとも思いますし。



最後に、加藤くんのコメントです。

[以下引用]

「賞をとりたい気持ちはあったのか」と聞かれると「普通の作家だと新人賞を獲得してから作家デビュー。でも、自分はジャニーズ事務所のタレントという立場で本を出させていただけているということがあったので、引け目というか小説界にお邪魔している感覚がありました。作家と名乗っていいのかという迷いがずっとありました」と心境を吐露。そのような気持ちを持ち続けていた中での直木賞候補者となり「認めていただけたのかなと思います」と自信の芽生えも口にした。



“引け目”もあると認めた加藤。それでも小説を書き続けてきた源に「ファンの支え」と「書店員の支え」をあげた。「とくに書店員さんから『1作目は応援できるけど、書き続けないと応援を続けられない』と言われたことが印象的でした。本気で小説を書く覚悟を伝えるには、書き続けることが恩返しかなと。そうして、書くことがライフワークになり、当たり前の生活になっていきました」と文章を書くことが日々のルーティンになっていった。

[オリコンニュース]

きっと加藤くんはジャニーズだからと作品自体を本当に評価されない可能性もあることはわかっていて小説家として活動しているんじゃないでしょうか。



直木賞を受賞してもしなくても、今後も作品を生み出していってほしいです。

 

 





 



[関連商品]

[後妻業]ビートたけしが芸能界引退か!不当なギャラアップ要求でレギュラー番組が続々と打ち切りに

 




 



長引く武漢コロナ禍の影響で、各テレビ局の広告収入が大幅減少していることは周知の事実ですが、その影響で番組制作費も40%近くカットされてしまうケースも続出し、コスパに見合わない大物タレントたちのリストラが急激に進められているそうで…



 



 





 



 



[以下引用]



「'08年から放送されているTBS系の人気情報番組『新・情報7DAYSニュースキャスター』も来春リニューアルすることになり、司会の1人であるビートたけしさんが番組から卒業する案が浮上しています。コロナ後、たけしさんはリモート出演に切り替わっていましたが、言葉が聞き取りづらいうえ、スタジオとの温度差もあり、生放送でのやりとりがチグハグした印象になっていました。 また、1本150万円という高額ギャラがネックに。来春以降は一緒に司会を務めている同局の安住紳一郎アナがメインのニュース番組になると聞いています」(TBS関係者)



 



さらに、来春以降、たけしの露出がかなり減りそうだという声も。



 



「フジテレビ系の『奇跡体験!アンビリバボー』も来春で終了するようです。たけしさんは、今年2月に18歳年下の女性と再婚を発表。マネージャーも兼任する再婚相手の方針もあり、ギャラ交渉に応じるどころか、ギャラのアップを要求する強気な姿勢なんだとか。たけしさんのギャラを捻出できなくなったため、ついにリストラ候補になってしまったというんです」(テレビ局関係者)  



[週刊女性プライム]



 



 



ということですが、テレビ局に限らず日本全体がコロナ禍で大変な時期が続いているというのに、伸びしろのないおじいちゃんがギャラアップを要求だなんて、いったい何を血迷っているんだか…



 



正直、ここ数年のビートたけしさんはフガフガと何を喋っているのか聞き取れませんし、完全に時代遅れのおじいちゃんにしか見えません。



 



まあ、73歳という年齢を考えたら仕方ないのかもしれませんが、”しゃべりが命”の芸人さんが”しゃべり”でダメになったら、ギャラアップどころか引退するしかないでしょう。



 



もちろん、”後妻業”として妻の座に収まった女性マネージャーさんとしては、



 



「冗談じゃない!稼げるうちに稼がせないと、私の財産が…」



 



というところなんでしょうけどね。



 



オフィス北野やたけし軍団を巡る騒動、そして老年離婚などでたけしさんの周辺はグダグダですし、これ以上、晩節を汚して欲しくないというのが世間大多数の意見でしょう。



 



ちなみに、たけしさんは現在も



 



「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)



「世界まる見え!テレビ特捜部」(日本テレビ系)



「たけしのニッポンのミカタ!」(テレビ東京系)



 



の3番組を持っていますが、もはや新しく番組がスタートすることはなさそうです。



 



「銭ゲバな再婚妻に死ぬまで尻を叩かれそうだ」



 



と業界では囁かれているそうですが、たけしさんがこれまで築き上げてきたウン十億円以上と言われる財産は、そのほぼ全てを前妻が持っていってしまったらしいです。



 



後妻マネージャーとしては



 



「くそっ!こんなはずじゃなかったのに…」



 



と地団駄踏んでいることでしょうし、死ぬまでどころか、死んだ後もなんとかカネを生み出すべく必死に脳ミソを捻っているのでは?



 



ということで、もはや完全に後妻マネージャーの操り人形と化しているたけしさん。



 



これまで半世紀以上、ご苦労さまでした…



 



◆一方、あの大御所さんもこんなことを言われちゃってます…



 これが本音?→ geinou ranking geinou reading



 これが本音?→ geinou reading geinou ranking



 

「あれ、やっぱり妊娠?」結婚発表した戸田恵梨香の姿にふっくらしたと指摘が相次ぐ

 




 



12月10日に松坂桃李さんと電撃結婚を発表した戸田恵梨香さんが公の場に姿を現したところ、「あれ?妊娠?」という声が多く聞こえています。



 



 



 





 



 



[以下引用]



結婚発表後、初の公の場となる戸田はベストビューティウーマンに輝き、「素晴らしい賞をいただいて、光栄に思います」。美容誌「美的」の編集長から「きょうは特に幸せオーラがはじけるようで美しいです」と祝福されると、満面の笑顔で応じた。左手薬指に結婚指輪はしていなかった。  



 



コロナ禍で揺れた2020年を「世の中がめまぐるしく変化していく中で、より強く変化、進化したいと思った年でした」と総括。来年に向けて「より一層、健康に気を付けて、腸内環境を整えたい」と抱負を語った。同い年の同業者という最高の理解者と結ばれ、さらに女優業を充実させていく。



[スポーツ報知]



 



 



 



こちらが戸田さんの姿です。



 



 





 



 



この姿について、



 



「前より少し太った感じ。これくらいの方が可愛い。」



「顔ふっくらした?」



「あれ?やっぱり妊娠かな?」



「なんかふっくらしてる?妊娠したのかな」



「来年の春ぐらいに『安定期入りました』とか言いそう」



「体のライン隠してる。疑われても仕方ないよね」



「てるてる坊主みたい」



「妊娠してる気がする」



「綺麗だけど今この服はおめでたかなと思っちゃう」



 



しまいには「顔のふっくらさが不自然。なんか美容的に注入したっぽい。それをごまかすゆったり衣裳なんでは?」という声も。



 



 



前が痩せすぎ、今くらいが丁度いい、という声もありますし、個人的にはまるで太った感じは受けませんが、もしかすると白い衣装で髪をきっちりとまとめてメイクもふわっとしてるので全体に大きく見えるんでしょうか。



 



結婚発表の時に妊娠は否定していますが、同様に否定していても実際は後から妊娠を報告したり、月数の合わない出産をする人もいるので疑いもわからないでもないですが、もし妊娠していたら、さすがにこの高いヒールはないかなーと思うのですが…



 



 





 



 



この角度から見ても細いですし、細いからこそ着こなせる服だと思います。



 



何にしても幸せそうで何よりですし、もしもおめでたなら、それはそれで楽しみです。



 



 



◆戸田恵梨香の結婚発表のタイミングでジャニーズ激怒



その理由→ geinou ranking geinou reading



その理由→ geinou reading geinou ranking



 



 



 





 



 



[Amazon]

検索
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
Hoeittさんの画像
Hoeitt
芸能生活は永遠に続けるよ。頑張ろう日本!!遊び、娯楽を興じる。楽しみたい!!世界が戻るまで旅人、オリジナル曲制作進行中で、サマソニ決勝目指している、出来るだけ大きなライブイベントで歌いたいアーティスト
プロフィール
最新コメント
タグクラウド
記事ランキング
QRコード