プロフィール

ニコ
趣味の写真のこと、健康のことなどを 書いていきます。
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ポチッとよろしくです♪


http://fanblogs.jp/jp_mind_body_spirit/index1_0.rdf

広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
2014年01月27日 Posted by ニコ at 00:20 | 話題の | この記事のURL
NEW ファンブログ
ブログの使い勝手が悪くて、しばらくお休みしておりましたが、新しいファンブログができたみたいなので、またぼちぼち書いていきたいです。晴れ

古いファンブログのコメントとかが、なくなってしまっていて非常に悲しいです。

新しいブログの名前をどうしようかと、しばし考えてから書いていきます。

今年もよろしくお願いします。猫

2013年08月24日 Posted by ニコ at 00:10 | 話題の | この記事のURL
竹田城跡
暑い毎日ですがいかがお過ごしでしょうか。

暑い・・・・。しかし、暑い・・・。

こんな暑い中に竹田城に行ってきました。

竹田城と言えば日本のマチュピチュと呼ばれるような雲海の発生する場所。

ええ、夏なんで雲海なんてありません。

駅裏の道を登り始めると・・・かなり激しい坂で泣きそうになりましたが30分も上ると石垣が見えてきました。

石垣からさらに上ると・・・・。


わぁ~!!!!! 360度パノラマでした。



マチュピチュとまではいきませんが、城跡がかなりいい感じ♪

たっぷりかいた汗も、頂上ではふんわりと風も吹いてきていい感じです。

今度は雲海のころに行こっとっ!!




2013年08月06日 Posted by ニコ at 08:16 | 日常 | この記事のURL
ふぅ〜
なんでコメントの表示ができないんだろうと思っていたら、みなさんそうなんですね。

ちょっと安心。

そして、新しいブログをつくらなくっちゃと思いました。

あーーーーどんどん使いにくくなっています。

ファンブログ・・・・落ち込み

2013年07月23日 Posted by ニコ at 12:03 | この記事のURL
調子が悪い
ファンブログの調子が悪い

前から動きは悪かったけど・・・・。

いろいろ触っていたらコメント欄が表示できなくなった。困った

どうしよう・・・。

2013年06月23日 Posted by ニコ at 23:56 | ヒーリング | この記事のURL
スーパームーン
先月の満月祭から1ケ月。
今月も満月がやってきましたよ。お外は曇りでなかなか月の姿がみえませんでしたが、雲の切れ目からの瞬間を撮ってきました。





最初は雲が多くて本当にダメダメ・・・。



でも、うっすらと雲が切れだして・・・。


最後はきれいに見せてくれました。


でも、また雲に隠れちゃっいました。
なかなか、ゆっくりとは見せてくれないねぇ。

さて、今月の月はスーパームーンと言って地球にとても近くなる特別なお月様。
いつもより光が強いような感じでした!
何かお願いごとをするつもりでしたが、撮るのに夢中になっていてすっかり忘れてました。 (/∀\*)キャ)




2013年06月05日 Posted by ニコ at 23:33 | ヒーリング | この記事のURL
満月祭
6月に入りすっかり夏のぎらぎら太陽の毎日。
梅雨入りしたのに雨はいずこ・・・・ですね。

さて、5月の満月の日。京都の鞍馬山で行われた満月のお祭りにいってきました。





満月のお祭りのウエサク祭りは満月が現れる夕刻から夜を通して祈りをささげるお祭りで、東南アジア等の仏教諸国でも、同じように行われる国際的な祭典です。

日本では鞍馬でしか開催されていないし、祇園祭とか葵祭とかの有名なお祭りではないので、知っている人のみが行くなんて感じのお祭りです。国際的な祭典だけあり海外からのお客様もたくさんこられていました。

なぜ五月の満月の日に開催なのかというと、5月の満月の日には天界と地上の間に通路が開け、ひときわ強いエネルギーがふりそそがれる特別な日だそうです。

この特別な日の夕刻から、満月に清水を捧げ、心のともし灯を輝かせつつ、ふりそそがれる神秘的なお力を身に受けて、自分とすべてのものの「めざめ」のため熱い祈りを捧げるお祭り

構成は
第一部 地鏡浄業(きよめ)
第二部 月華精進(はげみ)
第三部 暁天明覚(めざめ)
の3部構成になっているのですが、始まりは日没の19時。

山の上で日没になり、まず、第1部が始まり・・・。清水をささげ、お坊さんの祈り、巫女さんの舞が始まります。(鞍馬寺って神仏習合なのでしょうね。)皆さんで祈り、心の灯を輝かせる蝋燭の火をお互いにつけ合います。

その蝋燭がこちら ↓


お互いに心の灯を付けあったあとに、蝋燭の灯がついて回りがほの明るくなりとてもいい雰囲気でした。(撮影はNGですので写真はほとんどなしです。)

その後、満月にささげた聖水を一口ずついただきました。不思議ととっても甘くておいしかったです。

こうして、自分自身と場の清めが終わった後はスリランカからこられたお坊さんのマントラを聞きながら、満月に向かって瞑想タイム。これが第2部

山の中での静かな中、きれいなきれいな満月に向かって瞑想は心が洗われるように思いました。

瞑想が終わると、第3部となる金堂の前で聖火がともされました。


すべてが終わると12時近い時刻になっています。お寺の休憩所も解放されているので、みなさんお寺で寝袋にくるまって一泊です。はい、私も一泊しました。





初めてこのお祭りのことを聞いた時は、「怪しい・・・」と何年も行くこともなかったのですが、今年は無性に行きたくなり、行ってみると怪しいというより、とても神聖なお祭りだなと思いました。

山の中のお寺での一泊も、なかなかできない体験ですものね。

来年も行きたいなぁ~。





2013年03月29日 Posted by ニコ at 21:59 | ヒーリング | この記事のURL
宮島にいってきましたよん♪
先週、ちょこっと宮島にいってきました。

宮島といえば・・・有名なこれ ↓



船からとったのですが、干潮時期であまり海水がなかったです。

写真でよく見る水の中に立つ鳥居と、水に浮かんでいるような神社の写真が撮りたくて、厳島神社の人にいつごろ海水がいっぱいになりますか?と聞いたのですが、この時期は夕方まで神社のところまで海水がくることはないですねぇ〜。夜にならないとねぇ・・・。と言われました。


知らなかった・・・。

そして印象に残ったのは 鹿!

いや・・・鹿は関西では奈良にたくさんいるんで珍しく思わないんですけど、ここの鹿はなんというか・・・奈良と違ってあちこちでくつろいでるんです。

なーんだか不思議な光景でした。
ということで、あっ!こんなところにも鹿さんが!?をお見せします。


こういうのは、わかるんですよねぇ。奈良にもよくある光景。


これもよくある!子供が大喜びです♪


なんか・・・このあたりから んん?と思い出したんですよね。

そして・・・・。
山に登ってると前からじゃーーーーんとあらわれてびっくり!


疲れて途中で岩の上にすわったら

いやぁーーーー。森の中からこっていみてるしぃ(/∀\*)キャ)

どこにでも出没してくる鹿さんでした笑顔

山から下りても

あらら....水辺でのんびりしてるわ。


宮島って鹿のパラダイスみたいでした拍手

2013年01月24日 Posted by ニコ at 18:11 | ヒーリング | この記事のURL
出雲大社
おっそーーーーい 話題ですが。





昨年の秋に出雲大社にいってきました。
出雲大社といえば、ここでも書きましたが大阪の出雲大社分詞に行ったのはいつだったかなぁ・・・。

と思って探してみると2011年の春だったんですね。
大きなしめなわを見にいったのは・・・。

で、今度は本物だよぉハート

出雲のお国に行ってまいりました。

日帰りで 走る


日帰りっていうとみんな、「え・・・行けるの?」って言うのですが、ツアーでGO!GO!バス

バスで片道4時間。往復8時間。

滞在時間のほうが少ないやんという超特急の旅でしたが・・・目的はロケット


 神在祭



一般に旧暦10月は「神無月」と言いますが、これは全国の神々が、1年に1度、出雲大社に集われて人々の“しあわせ”の御縁を結ぶ会議「神議(かみはかり)」にご出席で出雲に行かれるためお留守になるからです。

全国の神様が来る出雲の国は反対に神様がたくさんこられるとの由来から神在祭が行われるのだそうです。

この神在祭のツアーはあちこちの旅行会社から販売されているのですが、見つけたときに、
「ちょっと、ちょっと神様が集まるそうよ」と、友人をそそのかしてツアーに参加してきました。


いやぁ・・・・すんごい人、人、人でした汗




大鳥居から入って大黒さまに挨拶して、写真も撮ったのですが写真は人がたくさん写ってるのぉ〜。
なるべく上の方を向けてとっていたのでなんだか変な写真ばかり・・・汗

地元の食事処の人の軽いレクチャーがあり、全国の神様の宿舎を拝見。






その後、迷子になりそうになりながら神楽殿に到着して、団体のご祈祷をしてもらいました。
ひろーい神楽殿も人、人、人・・・。私たちはスペースが半分ぐらい埋まったところで入ったので、すぐにご祈祷が始まると思ったら、これが満席になるまで待ってからのご祈祷。

一番前で座ってらしたかたはどれぐらい待たれたんだろう・・・。

ご祈祷が始まったら、神主さんが個人の名前と、ツアーの名前を読み上げてくださったんだけれど、これまたすごい数。阪○とか、J○Bとか、近ツ○とかねぇ、どんだけ来てるの!?ってぐらいの名前が読み上げられました。すごかったぁ。

こんなにたくさんの人の願いを聞き入れる神様も大変だなぁ・・・と思いました笑顔

ご祈祷のあと、一時間弱ほど自由散策があったんだけれど、お参りするのにも長い長い列にならばねばならず・・・・バタバタしてまたバスに揺られて帰ってきました。

でも、神様の集まるお祭りは楽しかった。

行きのバスの中からは小雨が降ったり曇ったりという天気が見えていたのが、出雲大社にいる間はすっかりと青空で、歓迎してくれているようでした。

これ ↓ は青空の中の出雲大社の大きな日の丸。




写真で見るといまいちだけどね大きな日の丸です。
なんで撮ったかって?某国営テレビの最後の日の丸の影像は出雲大社のものらしいと聞いたのでね国旗

日帰りでも十分たのしめるけど、今度は宿をとってゆっくり散策したいなぁ。













2013年01月06日 Posted by ニコ at 20:50 | 日常 | この記事のURL
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます




ちゃんと更新をしていなくてすみません。

ちょくちょく見にきてくださっている優しいみなさま・・・

あけましておめでとうございます オソイケド・・・


今年もがんばるぞーーー!


本年もよろしくお願いします。すいません

2012年10月28日 Posted by ニコ at 23:54 | ヒーリング | この記事のURL
三徳山
ちょっと前になりますが9月の末に鳥取県に行ってきました。





以前、高速でもらえるパンフレットで見つけた印象的な写真。
見たのは崖っぷちの場所に立つお堂の写真。
なんとなく中国地方にあることだけ覚えていたのですが、どこだったのかすっかり忘れていた場所。それが三徳山の投げ入れ堂でした。

今回、思い出しちゃってうまくいけるようになっちゃったんですよね。

行くにあたって、普通のハイキングシューズで行くつもりだったのですが、気軽に「三徳山にいくの」と話をすると「大丈夫???」という反応。

こっちが何が大丈夫なのよ?と思っていると、どうやらNHKで放送があったそうで、山伏の登る山で危険なんだと・・・。

山伏が登るとは知っていたけれど、ひぇーそんなに危険だとは知らなかった汗

ってことでブログで書かれている方がいないか検索したら、「当日は滑落されたかたがいて、ヘリコプターが出動するなどの大騒ぎになり上まで登れませんでした」という記述が・・・困った汗

ハイキングシューズはトレッキングシューズに変更。
リュック背負って登ってきました。

ここです笑顔

国宝 三徳山 投げ入れ堂

この場所も斜めになりながらの写真撮影で危険きわまりない場所。
写真を撮りながらローカルの人に「あ、この間そこから落ちてお亡くなりになったので気をつけてね山と軽く一言・・・。

ふと見るとあちこちに「ここで滑落」の標識がたくさん。こわっ〓
この場所に来るのにも、ゆーっくり登って約1時間半ぐらいかかったでしょうか。カズラ坂という木の根をつかんで身体を持ち上げる壁のような傾斜をぐんぐん登ってたどり着いた場所がこの場所です。





でも、岩の奥に見えた瞬間、感動しましたね。
なんだろう・・・。写真で見ているのに「あぁ・・・すごいな」と本物を見て感動ハート

三徳山は706年に役行者が3枚のはすの花びらを散らし、「佛教に円のあるところに落ちるように」と祈ったところその一枚が三徳山に落ち、この地を修験道の行場としてひらいたのが始まりだそうです。

どうやってこの場所にこのお堂を建てたのかは不明らしい。
年代測定したら平安時代だったそうですが、本当に不思議です。

いや、登るのに木の柱なんて持ってあがれるような場所じゃないですから・・・。

感動したけれど、もう一度登りたいかって言われると、「うーーーん微妙」。
だってとっても怖かったんですから。

でも、一度は行かれることをお勧めします。
感動しますよOK






>> 次へ