2017年05月29日

羊飼いである主

わたしの羊はわたしの声を
聞き分けます。またわたしは
彼らを知っています。
そして彼らはわたしに
ついて来ます。
わたしは彼らに永遠のいのちを
与えます。彼らは決して
滅びることがなく、また、
だれもわたしの手から
彼らを奪い去るようなことは
ありません。
(ヨハネの福音書 10:27-28)

IMG_0499.JPG
コピーライトマークJoy All Rights Reserved


昨日の礼拝は、東北で開拓伝道を
なさっている宣教師のメッセージ
でした。

ちょうど英語の学びと同じ、
主の十字架と復活のところ
からのメッセージでした。

羊飼いである主イエスは、

1)私たちをよくご存知である
2)私たちのために命を捨てて
くださった
3)私たちのためによみがえって
くださった
4)私たちを救うため探しておられる

創造と救いのご計画のために、
十字架を受け、よみがえって
くださったのです。

人を癒やしてきたイエス様ですから
十字架からさっさと降りて
傷を癒やし、天の父のところへ
帰ることもできたはずですが、
そうなさらなかった。

それはいけにえの羊として
私たちに命を与え、羊飼いとして
私たちを養うためであったと
学びました。

たった一匹の羊も取り残さず
探しに来てくださるイエス様。

主を礼拝し、感謝し、賛美して
今週も過ごしたいです。



コピーライトマーク写真、文章の無断転載はご遠慮ください♪



2017年05月28日

感謝、賛美、悔い改め

謙遜と、主を恐れることの報いは、
富と誉れといのちである。
(箴言 22:4)

IMG_0494.JPG
コピーライトマークJoy All Rights Reserved


サタンの策略に乗りやすい私ですが、
最近自分の中でリバイバルがあり、
みことばを中心にした生活を
心がけています。

生活自体は変わりないのですが、
物事の捉え方が全然違います。

ポイントは、「感謝、賛美、
悔い改め」です。

すぐ元に戻らないように、
他の人のところへ水を
汲みに行かなくてもいい
ように、ずっと神様のうちに
いたいと心から願います。



コピーライトマーク写真、文章の無断転載はご遠慮ください♪



2017年05月27日

甘いみことば

命令はともしびであり、
おしえは光であり、
訓戒のための叱責は
いのちの道であるからだ。
(箴言 6:23)

IMG_1011.JPG
コピーライトマークJoy All Rights Reserved


最近、みことばって本当に蜜のように
甘いんだ…!と実感することが
多いです。

主のみことばには力があります。

朝は特に忙しくてなかなか
ゆっくりみことばに親しむことの
できない状況ではありますが、
心にみことばを刻んで、いつも
みことばと共に生きる者で
ありたいと願います。



コピーライトマーク写真、文章の無断転載はご遠慮ください♪



2017年05月26日

神様からいただいた仕事

そうしてアブラハムは、その場所を、
アドナイ・イルエと名づけた。
今日でも、「主の山の上には備えがある」
と言い伝えられている。
(創世記 22:14)

IMG_0436.JPG
コピーライトマークJoy All Rights Reserved


夏は宣教師がみんな帰国し、
大学もお休みで困っていたら、
急にいくつか新しい個人クラスの
可能性が出てきました。

実際どうなるかわかりませんが、
とにかく少しでも仕事が増えるのは
感謝です。

お祈りくださった方がいて、
主が働いてくださったのでは
ないかと思います。

神様からいただいた仕事として、
大切にしたいと思います。



コピーライトマーク写真、文章の無断転載はご遠慮ください♪



2017年05月25日

失敗つづき

「願わくは主がみ顔をあなたに向け、
あなたに平安を賜わるように」
(‭‭民数記‬ ‭6:26‬)

IMG_0447.JPG
コピーライトマークJoy All Rights Reserved


また怒涛の3日間が終わりました。
夜の仕事もあるので、正確には
まだ終わっていないのですが。

昨日も今日も目の前に置いて
あったのに、宿題を配るのを
忘れてしまいました。

自分だけのクラスの方は
まだいいですが、他の先生と
足並みを揃えているクラスは
人に迷惑がかかるので、
本当に困ってしまいました。

何よりも疲れがたまっていることが
問題なのですよね。

疲れを取ってから、落ち着いて
仕事に臨みたいと思いますが、
なかなかそうもいきません。

失敗も何とか取り戻せるように、
疲れが取り除けるように、
祈りながら神様に全て
委ねます…。



コピーライトマーク写真、文章の無断転載はご遠慮ください♪



2017年05月23日

イエス様との結婚指輪

わたしは主によって大いに楽しみ、
わたしのたましいも、わたしの神によって喜ぶ。
主がわたしに、救いの衣を着せ、
正義の外套をまとわせ、
花婿のように栄冠をかぶらせ、
花嫁のように宝玉で飾ってくださるからだ。
(イザヤ61:10)

IMG_0753.JPG
IMG_0987.JPG
IMG_0989.JPG
IMG_0977.JPG

コピーライトマークJoy All Rights Reserved


例の宣教師のお嬢さんの折り紙は
さらに熟達し、家中折り紙作品で
溢れるようになりました。

私にもお土産を置いていって
くれるので、我が家も折り紙で
溢れています。

指輪を作ってくれたのですが、
左手の薬指にしか入らず、
イエス様との結婚指輪、と
いうことにしました。

主の花嫁である自分の身分を
改めて思い出させていただきました。



コピーライトマーク写真、文章の無断転載はご遠慮ください♪



2017年05月22日

光の中を歩む人生

神は光であって、神のうちには
暗いところが少しもない。これが、
私たちがキリストから聞いて、
あなたがたに伝える知らせです。
もし私たちが、神と交わりがあると
言っていながら、しかもやみの中を
歩んでいるなら、私たちは偽りを
言っているのであって、
真理を行ってはいません。
(ヨハネの手紙第一 1:5-6)

IMG_0448.JPG
コピーライトマークJoy All Rights Reserved


昨日のメッセージは、最近教会に
来られるようになった引退された
牧師先生でした。

信仰歴61年という大先輩の言葉に
重みを感じ、信仰の真髄を見た
気がしました。

クリスチャンでありながら
暗やみを歩くということは
あり得ない。なぜなら、神様は
光だから。

どんな暗やみにも一筋の光が
入れば、そこはもう暗やみでは
なくなる。

時々サタンに導かれて
暗やみの中を歩んでしまう
私には耳の痛い話では
ありましたが、同時に
希望を持たせてくれる
メッセージでした。

光である方と常に共に歩んで、
暗やみの中を歩かないように、
喜びがあふれる人生を歩める
ようにしていきたいです。



コピーライトマーク写真、文章の無断転載はご遠慮ください♪



2017年05月21日

Church-goer

神にあって、私はみことばを、ほめたたえます。
私は神に信頼し、何も恐れません。
肉なる者が、私に何をなしえましょう。
(詩篇 56:4)

IMG_0067.JPG
コピーライトマークJoy All Rights Reserved


英語のメッセージを聞いていると、
時々"ただのchurch-goerになるな"
ということが言われます。

「教会に行くだけの人になるな」
という意味です。

教会へ行くことはもちろん
大切なことですが、ただ行く
だけで満足してはいけない、
ということなのでしょう。

聖書には、「主イエスを信じれば
救われる」と書いてあります。
ただ、「教会に行けば救われる」とは
書いてないのです。あくまでも
「信じれば」です。

信じていなければ行く気には
ならないかもしれないので
この2つは密接な関係がある
わけですが、やはり「毎週教会に
行っているから救われる」では
決してないのです。

行くことだけで満足せず、
主を礼拝する1日を過ごしたいと
思います。



コピーライトマーク写真、文章の無断転載はご遠慮ください♪



2017年05月20日

十字架と復活

この事が起こったのは、
「彼の骨は一つも砕かれない」
という聖書のことばが
成就するためであった。
また聖書の別のところには、
「彼らは自分たちが突き刺した方を
見る」と言われているからである。
(ヨハネの福音書 19:36-37)

IMG_0441.JPG
コピーライトマークJoy All Rights Reserved


英語の学びはあと2回となり、
いよいよ十字架と復活の学びに
入りました。

イエス様が魂を父に渡した瞬間、
手を大きく広げたほどの厚みのある
天幕が、雷に打たれて上から
真っ二つに破れたこと。

旧約聖書で預言された通り、
子羊として捧げられたイエス様の
骨は砕かれず、天の父の望まれる
形で「いけにえ」となったこと。

そのいけにえは私たちの罪のためで
あり、そのおかげで私たちは
義とされ、罪のないものと
されたこと。

神様の愛の高さ、深さに
改めて感動しました。

そこまでして私たちを愛して
くださった神様に感謝を
捧げます。



コピーライトマーク写真、文章の無断転載はご遠慮ください♪



2017年05月19日

常に祈りながら

そして、あなたがたはキリストの
ものであり、キリストは神のものです。
(コリント人への手紙第一 3:23)

IMG_0073.JPG
コピーライトマークJoy All Rights Reserved


あっという間に1週間経ってしまいました。
本当に余裕がなくて、週3日勤務とは
いえ、5つのクラス全てが新しいので
準備が半端なく大変です。

その後のレポートの採点も何十人分
なので、常に仕事を持ち歩いて
常に追いかけられている状態です。

そんな時でも、いえ、そんな時だから
こそ、神様から離れないでいる
必要があります。

常に祈りながら進んでいきたいです。




コピーライトマーク写真、文章の無断転載はご遠慮ください♪



ファン
検索
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
卒業式 by Joy (03/27)
卒業式 by あすなろ (03/26)
生きることはキリスト by Joy (02/27)
生きることはキリスト by あすなろ (02/26)
やっと終わった〜〜〜〜!!! by Joy (02/10)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール