広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年05月07日

PLATINUM LIGHT8のレビュー!軽くてスピードも出せる折りたたみ自転車はプラチナライト8で決まり

jitensya1905071.JPG


PLATINUM LIGHT8。

メタリックなデザインがかっこいいですねえ。


PLATINUM LIGHT8というと、軽いというイメージばかり先行しがち。

実際に乗ってみると、結構スピードが出ますよ。


まず変速は7段階。

そしてクランクは52T×11-28Tなので、見た目以上の高速走行ができます。


単に軽いだけの折りたたみ自転車ではない。

乗ってみて初めて実感できる良い自転車です。

【詳細はこちらから】




2018年10月03日

Dahon tern Link A7の口コミ!速くて乗りやすい折りたたみ自転車

jitensya1810031.jpg


Dahon tern Link A7。

Link B7の後継モデルとして登場した、かっこいい自転車です。


Dahon tern Link A7の特徴はスピード感。

折りたたみ自転車なのに、ママチャリ以上に軽くて速く走れるのが嬉しいポイント。


まず7段変速。

そして軽量アルミフレームのおかげで、車体重量は12kg台。


ママチャリの半分近い重さしかないので乗り比べると一発で分かる軽さ。


ただし、手で持って持ち運ぶなら10kg以下の折りたたみ自転車のほうが便利かもしれません。


Dahon tern Link A7は折りたたみ自転車だけど、しっかりしてます。

体重90kgの男性が乗っても平気でした。










2018年06月29日

ULTRA LIGHT7 TRIPLE(ウルトラライト7トリプル)の口コミ!サドルはちょっと固めかも

jitensya180629.jpg


メチャクチャ軽いと評判のULTRA LIGHT7 TRIPLE(ウルトラライト7トリプル)。

見た目もかっこいい!


ULTRA LIGHT7にはシングルスピードもありますが、乗り回すなら3段階変速のほうが便利だと思います。


造りは意外としっかりした感じ。


小さい自転車にありがちなガタガタする感じがない。

ハンドルの軽さにさえ慣れれば、スムーズに走れます。


ただし、30kmぐらいの長い距離を走るならサドルが痛いかもしれません。

別のサドルに替えるか、サドルクッションカバーを装着したほうが快適に走れます。


ウワサどおり軽いので、輪行したくなる自転車。


この前はこれを持って京都まで電車で行き、京都市内ではサイクリングを楽しみました。

渋滞が多い京都でもスムーズに移動できてストレスフリーでした。




2018年01月11日

dahon speed falcoをレビュー!軽くて速い折りたたみ自転車

jitensya180111.jpg


Speed Falco(スピードファルコ)という折りたたみ自転車。

デザインがかっこいいですよねえ。


DAHONらしい、ムダがないスタイリッシュな雰囲気が好きです。


Speed Falcoは、8段階変速でスピードが出るので気分が良いですね。

クロモリフレームのおかげで、多少雑に扱っても大丈夫です。


カーボンやアルミフレームでは、凹みは即アウト!になりがちです。
凹み=部分割れを意味するので。

クロモリフレームは、わりと柔軟なので多少の凹みは大丈夫。
ある程度アバウトに扱えるのは嬉しいポイントです。


特に折りたたみ自転車のように、たたんで保管する場合はこの特徴が効果を発揮します。

持ち運び中に玄関のドアにぶつけちゃっても、ドキドキせずに済みます(笑)


クロモリフレームは乗り心地がマイルド。

慣れてくると自分にピッタリ合う感覚が増してきて、愛着が湧いてきますよ。


>>詳細はこちらから








2017年07月05日

ハコベロの口コミ【スーツケースに入れて運べる折りたたみ自転車】

jitensya170705.jpg


DOPPELGANGERからスーツケースに入れて運べるHaKoVelo(ハコベロ)が発売されました。
収納と持ち運びに重点を置いたミニベロ(折りたたみ自転車)ですね。


市販のスーツケースと同じサイズなので、スーツケース用のコインロッカーに入るのが嬉しいポイント。
電車で地方に行った時に、駅にケースを預けて乗り回すのも便利そう。


普通の折りたたみ自転車なら輪行袋が必要ですが、ハコベロは最初から専用のスーツケースがついてるのでお得感がありますね。


折りたたみはワンタッチ式で工具不要。
いつでも乗りたいときに乗れます。


自転車本体は14インチ。
車体重量は約8.5kg。


ギアチェンジなしですが、ギア比がちょうどいい感じ。
ママチャリと変わらないぐらいの感覚でスピードを出せます。

車体が軽いので、予想以上に楽に乗れます。


車に積んでおいて、外出先でちょい乗りする。
そんな利用方法なら十分だと思います。


例えばキャンプとか。
子どもの野球の応援に行った時のちょっとした移動手段用に使うとか…


乗りたい場面は多そうです。

【詳細はこちらから】








2017年02月15日

可愛い折りたたみ自転車LiLi(リリィ)【前カゴ付きで乗りやすい】

jitensya170215.jpg


折りたたみ自転車って、なぜか可愛いのが少ないですよね。

そんな中で、とびきり可愛いのがありました。


LiLi(リリィ)という折りたたみ自転車。

名前もかわいいですね。


前カゴ、6段階変速もついてるので乗り心地は普通のママチャリと似たような感じです。


スピードも、ギアチェンジで調整すれば普通のママチャリ程度には出ます。


スピードより見た目と使い心地重視。

そんな人なら、きっと気にいると思いますよ。

【詳細はこちらから】









2016年09月20日

スカートが汚れない折りたたみ自転車【cyma compact】

jitensya160920.jpg


駐輪場がなくても乗れる折りたたみ自転車、

使ってみると便利ですよね。


最近ではママチャリ代わりに

通勤で使っている人も増えてきました。


まだまだ女性向けデザインの

かわいい折りたたみ自転車は少ないですが、

cyma compactはかわいいです。


2016年モデルになってから、

色のラインナップが増えて

オシャレ度がアップしました。


ピンク色やアイボリー色もかわいいですよ。


cyma compactの特徴は、

スカートが汚れない工夫がしてあるところです。


チェーンカバーがついてない折りたたみ自転車が多いので、

この点はとても嬉しいです。


折りたためばかなり小さくなるので

更衣ロッカー室で保管したり、

事務机の横や足元に置いても大丈夫ですよ。


【詳細はこちらから】










2016年06月10日

折りたたみ自転車 LiLi(リリィ)の口コミ【かわいい前カゴ付き】<激安通販>

jitensya16610.jpg


珍しくかわいいデザインが特徴の折りたたみ自転車、LiLi(リリィ)。


籐風の前カゴと、

白と茶色のカラーリングが優しい雰囲気でいい感じです。


乗り心地はというと、

ペダルがかなり軽く感じます。


6段階変速なのですが、

一番重くした状態で普通のママチャリぐらいの感覚でしょうか。


車体は小さいですがハンドルの形がセミアップなので、

楽な姿勢で乗ることができます。


通勤で乗る人なら、

折りたたんで職場のデスクの横に置いても邪魔になりません。


【詳細はこちらから】







2016年04月13日

体重100kgでも乗れる折りたたみ自転車【DAHON Mu SP9】<セール中>

jitensya160413.jpg


DAHON Mu SP9、かっこいいデザインですよねえ。


体重が100kg前後になってくると、

折りたたみ自転車に乗るのが不安になってきますよね。


安物だと、すぐに壊れますから…


このDAHON Mu SP9は、

DAHONの折りたたみ自転車の中でも

頑丈さはトップクラス。


しかもサドルがお尻に優しい形をしてるので、

体重が重い人にはちょうどいい折りたたみ自転車です。


【詳細はこちらから】









2016年04月09日

折りたたみ自転車rendez-vous(ランデヴー)の口コミ【BEATとの違いを比較してみた】<セール中>

jitensya160409.jpg


折りたたみ自転車のrendez-vous(ランデヴー)、

前カゴ・泥除け付きの実用性重視の機能ですね。


似たような自転車でBEATというものがあります。

違いを比べてみました。


まずブレーキが違いますね。

rendez-vous(ランデヴー)はドラムブレーキ、

BEATはローラーブレーキを採用しています。


ドラムブレーキは自転車をギュッと止める力が強いブレーキ。

カバーで覆われているので

雨や泥に強いブレーキです。


ただし重くなりやすいので、

使っている自転車はあまり多くありません。


ただ、rendez-vous(ランデヴー)とBEATの重さは同じですので、

rendez-vous(ランデヴー)に乗っても重いわけではありません。



BEATのローラーブレーキはちょっと良いママチャリによく使われます。

静かで長寿命、こちらも雨に強いです。


rendez-vous(ランデヴー)とBEATのもう1つの違いは、

サドル下やハンドルの塗装です。


rendez-vous(ランデヴー)は全部に塗装されていて、

サビ止めに役に立ちます。


BEATはその部分の塗装はないです。


折りたたみ自転車なので

室内で保管する人が多いと思いますが、

外で保管する予定があるならrendez-vous(ランデヴー)のほうが

錆びにくいです。

【詳細はこちらから】




カテゴリ
最新記事
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。