2018年01月21日

太平洋司令官が仕組んだ





今週、ウラニウム・ワンに関与する泥棒の一人が公開起訴され、ダニエル・ファインスタインが法律を破り、ハワイが、大きな赤いカプセル(真実を受け入れる薬)とQ、ジュリアンアサンジとトランプがチェスゲームを続けることによって、偽旗を経験するなど、深層国家の腐敗が明らかとなり、そしてチェックメイト!

byエイプリル・ラジューン



今週は、ウラニウム・ワン武勇伝に公開起訴、ダイアン・ファインスタインが暴力犯罪を犯し、友人が纏めて逮捕されたので調査を受け入れたと言う嘘のトランプ関係書類についての証言が明らかにされ、下院議長ポール・ライアンとジョン・マケインは裏切り者であることを我々は知っており、ハワイの緊急警報システムは離脱していたこと、アサンジは全てのチェックメイト掲示と共にチェス盤を掲示し、Q告発から逃げる人々に関する軍事作戦に艦よした空港に関する我々の報告を確認し、また11月にさかのぼったラスベガス襲撃とスティーブパドックの銃撃戦への関与に関する我々の報告を確認した。


ここから始めてみましょう、これらのことを我々が理解しているかどうか、起こっていることの意味を考えましょう。


まず金曜日に、司法省は、ウラニウム・ワンに直接関与したロシアの当局者を買収する計画におけるから彼の役割の為にメリーランドに拠点を置くウラニウム輸送会社社長になった元国防総省諜報アナリストマーク・ランバートに対する11件の告発状を公開した。



この告発は、ロシアの原子力会社が米国内に資産を持つカナダのウラニウム鉱山会社を買収することを認めたオバマ政権とヒラリークリントンによる承認の調査の一部である。


この契約の結果、オバマ政権はイラン経由で海外へ、最終的には北朝鮮へウラニウムを流すことができた。これらの重要な実行者は彼らの起訴を非公開にしたので、我々は、政府の腐敗と民主党が否定し続ける袖の下の取引の見直しを始めるつもりである。一方、露骨な報酬の隠蔽の為に、Traitor44が非米国通貨で17億ドルをその時に人質を使った彼らの奉仕に対してイランに送った。主流メディアと政府はイランへの返済として話を変えた。ペテン師は裏金を得ている−驚くべきこと!



アサンジ、Qとチェス盤に行く前に、2017年11月28日に戻って、あなたに繰り返し言っておきたいことがある。我々は米国内のISISの手に武器を与えるためにサウジとの間で商売を行っていた深層国家の為の銃密売人として、秘密行動をしていたと思われるスティーブン・パドックについて報告した。我々はまた、パドックはまさにお人好しで、彼がこの取引において死ぬと言うことを知らなかっただろうと言いました。彼はコンサートで無実の人々の大量殺人があり、自分が非難される人になることはおそらく知らなかったであろう。このすべては、サウジアラビアで起こっていることと、サウジとTraitor44の深層国家との間の銃取引を暴露することを隠ぺいすることであった。


二日前に出た見出しを見てください。少し遅れてるかな?

カルフォルニアの民主党と彼らの露骨な犯罪行為の継続において−そう私は知っている−上院議員ダイアナ・ファインスタインは法律を破り、マケインが我々がそうであったことを知っている裏切り者として暴露されているトランプ関連文書と、マケインが彼の関与で話した嘘についての調査に妥協することを決定した。マケインが融合GPSとの接触を始めて、それらを使って民主党が関与していたことを知っている元英国スパイのクリストファー・スティールと共にこの偽の文書を作成したことは明らかだ。これは、マケインが民主党と協力して、国民に対抗し、そしてあなたに利益をもたらす政策や人を倒すために新たな腐敗した道を創り出す、新たな時である。


現時点では、ファインスタインとマケインは反自分たちの犯罪に関する文書を持っており、犯罪を実行した他の人間として取り扱うべきである。ファインスタインに対して何か措置が取られたかどうかを確認することは興味深いでしょう。特に、この調査を妥協する役割に対して直ちに起訴されるべきである。彼女はまたグアンタナモ湾の閉鎖を要求している。そこに拘禁されている人たちは彼女の友人グループであるように思える。



下院議長ポール・ライアンは、名前だけの共和党員の役割を行い、大統領トランプと同じ船に乗っているふりをしているので、アメリカ国民に対する裏切り者である。ライアンは今週、人種主義の叫び声に逆らって、むしろ、から彼が順守すべきはいくつかの道徳であるかのように、報道陣に声明を出すことで、大統領を軽蔑し続けている。正に今週、トランプのレトリックについて尋ねられた時、彼は「それは役に立たない」と言った。ライアンはマケインのような民主党員なので、民主党に立ち向かうことを何度も拒否した。



私たちは、大統領選挙運動中に彼がどのように行動したかを見ました。彼はトランプ大統領と公衆に見られることを拒否し、彼と舞台に立たないように登壇を取り消すまで行った。これは本当のライアンです、間違いないでください。

すぐに、非常警報システムでハワイのこの件について話しましょう

不幸なことに、間違いなく目覚めたハワイの人は、違法移民はアメリカ国民異常に保護されており、武器システムは飴玉を手渡している何らかの陰謀の世界にいると考えている。



ヒックマン空軍基地の融合アナリストによると、この警告は間違いではなかった。実際、彼はそれが命令であったと言い、太平洋艦隊指揮官によって与えられたことがわかった。私は下の地域で見ることができるビデオへのリンクを残します。



当初、訓練が行われるという情報があったが、一連のミサイルが太平洋で発射された後、ホワイトハウスに北朝鮮攻撃の承認を求め、これらのミサイルと警告システムを最終的な圧力として使用することが必要と判断された。しかし、ホワイトハウスは拒否し、計画全体を押しつぶした

しかし、我々はこの事件を機にいくつかを学んだ。私たちの情報によると、1984年のサラエボでの攻撃と同様に、今年は韓国のオリンピック中にテロリストによる攻撃が起きると予想されている。攻撃が起こると、それは北朝鮮が責められるでしょう。



昨日ハワイで起こった事件のために、米国が北朝鮮を攻撃した場合、リベラルと保守派の両方が船に乗り込んでくるだろう。 これが、Defcon1警告システムによる扇動が行われた理由です。


それは、米国の人々に目を覚まさせ、世界の状況の深刻さを理解し、米国を物理的に攻撃するために北朝鮮を彼らの手段として使うための深層国家の計画を促進するために、送られた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トランプの北朝鮮挑発作戦によって、のせられて動き出した。これを機に一気に攻め込むでしょう。
太平洋司令官ハリーハリスは悪党に魂を売った裏切り者である。母親は日本人、横須賀の生まれです。
あーあ、情けない!


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

2018年01月19日

米内戦が激しくなった

The Failed Nuke Attack on Hawaii Was Not a Hoax – Investigative Journalist Jim Stone Update


事件について完全な分析を行うためにはジム・ストーンに相談するというのは常に賢明な決定である。

彼は1月13日に「ハワイに被害を与えるつもりであったか、なかったか」の大陸弾道弾に関して何回も参加してきた。

b6ec999d93b72c7dab31f3219a300e00.gif


screenshotwwwgooglecom.jpg

ジム、あなたが継続してきたように参加してくれたことに大変感謝されている。

ヒックマンと真珠湾で空襲のサイレンが遠のいたことを思うと夢のように感じる。ハワイの住人には良かった。そう言うことが全てです。

Tシャツは、マウイの読み物「私はハナへの道を生き残った」で気付いた事と同じくらいに即席過ぎると思われる。今となっては大きなジョークですが、脅威に曝された人々にとっては驚くべきことでした。あなたが経験しなければならなかったことには同情しますが、テロリスト危機は防げたようです。


2018年1月16日
更新:新しい証拠!!!  私が繰り返す非常に良い理由がある:イスラエルは今、ドルフィン2級潜水艦が不足しており、違う話を持つ誰もが、それに持ちきりである。

それを読み、イスラエルを哀れんで下さい。破壊されたように嬉しいだろう。


質問:どこの国がアメリカ合衆国へ核弾頭を発射したのか?さか、皆さん、考えて見ましょう。

待て待て、答えは待って!おおおおお、分かった。イスラエルだ

彼らには、生物の後を追う害虫駆除人になっているトランプを倒すためにイスラエルにとって偽旗攻撃や第三次世界大戦が必要であった。
皆さん、頭を上げよう、まもなく窓の外でも暖かくなるかもしれない。

貴方は少なくとも明かりを点けたままにすべきである。私は理由もなしに素晴らしい小さな石油ランプを推奨したりはしない。
ここに理由がある。
太平洋司令部はミサイルを検知した。そのシステムは決してへまをしない。そのことは、彼らはそれを撃ち落したことを意味しており、そして、潜水艦を破壊したことを確認するのに38分要した。そして私が報告したように次のミサイルは発射されていない。

scr935.jpg

私は球技ゲームに出かけている間にこの伝達を聞いたが、誰かが文書化したことは知らなかった。さて、それが文書化された。匿名の水兵からの早期の投稿は正確であった。私は今一度それを読むことを強く推奨します。

このことが起こって以来、主流メディア、他の当局者、そして代替メディの下位グループまでもがそれを暴こうとしている。問題−捕獲は本当です、そしてそれを起こし、離れられるのは地球上でイスラエルのみである。

screen598.jpg

ヒッカム空軍基地、真珠湾と他の基地のサイレンは鳴り出した、そして、それらは連邦警戒システムに中継される。馬鹿者は除かれる。破壊される!!!


ん〜ん、推測させて下さい−彼らは、内部告発者が、彼らは前の日から気付いていたと言った異常を監視していて、システムをロックして、抗ミサイル防衛システムを即座に作動させ、1分以内に、発射されたミサイルを撃ち落し、潜水艦を撃沈して、30分後には全てを済ませた。裏のストーリにとってはどうであったのか?それは明確には確認できませんが、滑稽な警報ボタンによっておろかな馬鹿者を撃ったに違いない。


ハワイ更新

主流メディアの新ニュースは、警察は警報が発せられてから5分後には偽の警報であることは知っていた。私はデタラメと叫ぶ。何故なら、もしそれが真実であれば、EASは地上で全てを明らかにするまでさらに33分も掛かったのはなにをしていたのか?彼らは最初に知っていたのか?警察はEASから全ての情報を入手していたはずである。そうでなければ、誰が彼らに全てを明らかにしたのでしょうか?全ての警官が軍指令官Xへの秘密のラインを持っているわけではない。私はデタラメと叫ぶ、それははるかに大きなものを隠蔽する話である。

chinamissile.jpg

数年前、カルフォルニア沖でミサイルが発射が確認され、それに続いて洗浄され白く洗われたことを覚えていますか?それは中国海軍のジン級ミサイル原子力潜水艦によって発射され、国防総省によって洗い流され、スノープによって暴露された。しかし、それがなんであるかは分からなかったので、誰も、直感の閻魔大王ですら国防総省を信じなかった。カルフォルニアで起こったことは、続くメディアの白洗濯によって実際にミサイルが発射され、ハワイ沖で撃墜されたと言うことはそこでは強固な岩盤の先例である。メディアの言っていることは信じるべきではない。彼らは全くの裏切り者です。


更新::私たちの報告が正しいと確信している。

「自信を持て」は実際に証明できない時にできる最良なことである。しかし、インターネットのバックチャンネルは腐った犬のウジ虫のような物語にの大量に収集されたもので満ちている。その収集されたものは、「私はどの国が潜水艦を持っているかは知れません、パラグアイ?」のようなばかげたことを言っている。絶対的にばかげている。


事実:ロシアでもない、米国でもない、記述に適合する潜水艦を持つ唯一の核保有国はイスラエルです。

収集されたつまらないものは一つの方向性イスラエルを示している。
我々は数えきれないほどの愚かにイスラエル収集を見てきた。
「今、我々はナチのにおいがすると叫び、ドイツにもう一つの潜水艦を吐き出させて、においを嗅ぐ」私は収集されたものの性質を見るまでは懐疑的でしたが、私は今では・・・あああ神よ!」


2018年1月14日
昨日のハワイにおける核発射は本当ですか?おそらく。
以下はこれまでの都市伝説ですが、それは真実かもしれないし、確かに納得できるので、認識しておくべきです。もし、潜水艦が破壊されたのであれば、それは圧倒的にイスラエルであった可能性が高い。

私はこの話が本当かどうか知る方法を持っている。イスラエルは2018年は3艦のドルフィン2級潜水艦を持っている。時がたって、彼らが2艦しか見せれないなら、それらの内1艦はスクラップになった。ドルフィン2級潜水艦は空気に頼らない推進力を持っているので、それらは原子力潜水艦に次ぐ良い行動範囲と持久力を与えられている。これらのうち1艦は、海上支援に為にハワイへ送られた可能性がある。
可能性ある潜水艦は、ドルフィン、レヴィアサン、テクマ、タニン、ラハブ、ダカール(まだ任務についていない)であり、最後の3艦は非常に大きな大気に依存しない行動範囲を持っている。人々はイスラエルの会議海軍基地を長期にわたって監視することで行方不明の1艦を確認しなければならない。

もう一度、上記は真実であると確認できていませんが、控えめに言っても興味をそそるものである。イスラエルの潜水艦を見守ってください。

alohanuke.jpg

ここに、この件に関する興味ある記事がある。私は同意します。
私はマウイに住んでいる。おっと、ハワイの弾道ミサイル警報は追加されません。あなたが引き受け得る最大に失敗を想像してみてください。あなたの職場を害したり、一緒に働いている人を傷つけたりするほどの重大な失敗はありません。あなたをすぐに解雇したり、刑務所に入れたりする何か。

あなたの仕事で害になる失敗を何がさせるのか?そんなこと起こり得るのでしょうか?そのような致命的な影響を与えることが簡単で行えるでしょうか?間違ったボタンを押して百万人に人々に警告を発信するような簡単なことに?残念ながらそんな単純な間違いを犯すことは知らない。


次の応答
責任者は、それが行われたときにそこにいたのかと聞かれた。彼はいいえと言い、システムは誰もそこにいる必要がないように設定されていると述べた。いくらかは、彼がボタンを押したと言う話と矛盾していた。

ところで、私はカウアイ島にいるーアロハ!
私のコメント−隠蔽話は実に愚かです。まるで非常警報システムは核兵器攻撃の為に顧客の要望に応えるボタンを持っており、事前に準備されたメッセージを自動的に送り出す。そして、潜水艦核発射についての証言された内部通報者の証言は非常に説得力のあるもので、ばかばかしい「おっと」の話よりはるかに妥当性がある。


おそらくハワイを隠ぺいの可能性のあるNHKミサイル警報
日本の放送局NHKは北朝鮮が日本へミサイルを発射したと言う警報を配信した。おそらくハワイを隠ぺいする目的で、NHKはABCニュースと比較すれば、国家緊急システムの一部ではない。「私も同じく」のシナリオとして間違った警報を出すことは容易にできる。私はそんなの買わない。他の放送局は警報を発信していない、軍事基地ではサイレンは出ていない、人々の携帯には文章は送られていない。この事件は、たぶん、誰かがハワイのボタンを偶然に推しただけだと思わせるための見出し強奪に過ぎなかった。私はそんなの買わない。


---------------------------------------

米国内の内戦がだんだん激しく、目に見えるようになってきたと言うこと。エルサレムをイスラエルの首都宣言によって国際的にイスラエルを叩かせた見事な采配に、ネタニヤフがミサイルで答えたと言うところだろう。これからどんどん内戦が目に見えるようになるだろう。ハザール暴徒のトップを押さえても、ネタニヤフのような実行部隊を何とかしなくては終わりそうもない。この件でトランプ軍事政権もネタニヤフへの直接行動を決心したものと思う。早く日本国内にも展開してほしい。NHKも自衛隊が踏み込んで、差し押さえるくらいのことをしないとだめだと思う。殲滅させるまで。









励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

2018年01月18日

田中真紀子




1.小池劇場
・小池さんとの接点:特別な関係はない。
・都知事選:離党復党で大変な環境であった。ジャンプしたいと思っていたはずである。

・党内処遇:優遇されなかった。

・選挙:そう強いわけではなく、大変だったと思う。
・都知事選:誰も出ないならチャンスと思ったのでしょう。
・企業の内部留保:軽々しく、キャスター感覚で、金があるなら使えば的発想。企業の宝に手を付けようとしたがすぐにひっこめた。



2.女性政治家
・メディアうるさい時に、これ以上バッシングに会いたくない。
 →なにかやましいことでもあるのかな?
・「生涯政治家」DNA全て政治ですから、関心がある。

・選挙の時、政党から話はあった?→もの好きが言ってきた。

・自民党からは?→ありました。

・そういえば、どうして今時、バルト三国に行くの??
・あのおばちゃんも一緒に行ったのね?
・国会を開くべき。通年国会にすべき。
・あるいは、議員歳費は日割り計算にすべき。


3.外務大臣(北方領土等)
・田中総理時の北方領土は4島一括返還であった。

・私が外務大臣になったときは、2島返還の答弁をしろとなった。
・小泉総理の時に外務大臣
・辞めよと言ったのは、山崎拓。
・亀井、橋本、小泉は三人どっこいどっこいだけど、毛色の変わったのが小泉さん
・小泉さん、なにを今頃、廃原発。総理の時に考えていなかったの?

4.進次郎
・メディアは小池さんを持ち上げて、ばしっと落とした。

・次は、新次郎君を落とすんじゃないかと見ている。
・彼はお父様に似ている。
・色々発言してもいいのに、安倍内閣に何も言わないで、選挙の時になると反政府発言をする。終わってから言う。
・自民党内のエネルギを持ち上げるためには、泥かぶって火の中に飛び込まなければならない。



5.安倍一強
・安倍さんがいるから自民党が集まった?→野党がだらしがない。
・平和憲法は守るべき。平和志向の経済大国を目指す。
・右傾化という言葉は、「侵略戦争ではなかったと言う思いをお持ちのようだ」から使った。

・もう一度、外務大臣やる気ある?→明確に答えず。

・安倍夫婦のやり方がおかしい。



6.野党分裂
・前原さん、どこへ行っちゃった?
・前原さんは、インテリ
だが、政治感覚が調子っぱずれ。小池さんごときに騙されるなんて。
・枝野さんは、頭がいいけど、融通が利かない。言葉が強い。
→最近角が取れて、よくぞ立ち上がってくれた。
・なに党でもない、安倍が辞めてくれればいい。
・よく国の実情に精通した人、自民党内でも、枝野さんでもいい。
・ではご自分で集団を作ってと言う気はある?
 →これもごまかして答えない。



・みの:さっきから、小気味よく聞こえる。
・中選挙区に一度戻した方がいい。小選挙区は大失敗。

・兵器を一杯買わされて、安倍さんが三選して・・・・
 →三戦が一番怖い
・個人消費と、企業の設備投資をやってもらわないと景気は良くならない。


・もう一度、政界に帰り咲きという気持ちを持ってほしい。
・特に女性が頑張ってほしい。






頭のいい人ですね。
政界再進出の話は、何度か仕掛けるが、ごまかして答えていない。
やる気あると思う。どういう形で出るのだろうか?
何を待っているのだろうか?

話を深入りさせないようにか、どんどん話を変えているので、話としては今一だったね。TV局の作戦か。


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

2018年01月17日

子供じゃないんだから、、、

わざわざ、バルト3国へ、何しに行ったのよ、と皆さん訝っているが、どうやら目的が見つかった。

日刊ゲンダイより
(2題とも日刊ゲンダイより抜粋転載です)

目的は中国包囲網だそうです。


5786.jpg


習金平が推進する一帯一路の欧州への入口が、今回訪問するバルト3国と東欧3国です。
すでに、中国がこの6カ国と経済的関係を深めています。安倍首相は各首脳と法の支配を含む基本的価値観の確認をし、中国を牽制している。
しかし、各国はほとんど反応していない。中国は大事な国ですから。

地球儀を俯瞰する外交と称して中国包囲網を構築しようとして来たが、まったく実を結んでいない。

一帯一路にも協力姿勢に転じて、今年中の日中関係改善に意欲を示したが、今回の訪問は中国を刺激しているはず。


中国と対立するより取り込んだほうが国益にかなうと各国が思っているのに、支離滅裂な対応になっている。


もともとバルト3国はソ連に併合された過去を持ち、反ロ感情が根強い。
エストニアのラタス首相がウクライナの対ロ制裁に触れ、安倍はG7との連携維持を表明せざるを得なかった。プーチンは面白くないはずだ。

ロシアと中国を刺激して、果たして国益を考えているのか?
地球儀を眺めて遊びに行っているのではないか。


2題目も日刊ゲンダイ「誰が寝た子を起こしたのか」

五輪ボイコットの幼稚な理由
慰安婦問題は「河野談話」は国際的にも評価され、日韓両政府の間で慰安婦問題に対する溝は徐々に埋まりつつあった。


しかし、わざわざ「寝た子」を起こしたのがほかならぬ安倍政権だ
第1次安倍政権は07年3月、従軍慰安婦について〈政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかった〉などと、歴代政権が認めてきた史実を否定する政府答弁書を閣議決定。その後、旧民主党政権の菅内閣が10年8月に韓国植民地支配への反省とおわびを表明する首相談話を閣議決定したが、12年12月に発足した第2次安倍政権が、ガラリと方針転換。


 何のことはない。慰安婦問題の解決に向け、日本の歴代政権が薄皮を剥ぐように積み重ねてきた外交努力をブチ壊し、再び日韓対立を先鋭化させるような愚行を犯してきたのが安倍政権なのだ。

5747.jpg


五輪は平昌が終われば次は2020年夏の東京、そして22年冬の中国・北京と続く。東アジア3カ国で連続して開催される「平和の祭典」の初っぱなの大会で、次の開催国である隣国の首相が開会式を欠席するのは前代未聞。日韓は紛争状態にあるワケでも何でもない。国連人権理事会でも問題視される重大な人権侵害である慰安婦問題をめぐる合意文書で、当事者の韓国政府が見直し方針を公表しただけだ。それを理由に五輪の開会式欠席なんて、いくら何でも常軌を逸しているとしか言いようがないだろう。


国際感覚のない、国の代表である。キッシンジャー曰く「バランスの破壊者とする危険分子」である。子供じゃないのだから、もう少し大人の対応を取っていただきたい。国民としては、恥ずかしい。





励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

2018年01月16日

フルフォードレポート(1/15)

米国株式会社政府に対するかすかに見えてきた最終対決として血統家族とイルミナティの間に緊張が高まっている

石油ドル体制の米国株式会社政府はまだ手当てがついていない1月31日の支払期限が迫っている一方で、1月18日の金担保の元建て石油取引に直面しているので、世界的緊張は目に見えるように増加している。

この極度の緊張の一つの兆候が、徒党の潜水艦はハワイの攻撃を止められ、潜水艦は沈められた先週、やってきたと、国防総省情報筋は言う。世界中のメディは、ハワイの住民は携帯電話に次のような警告を受け取ったと、報道している。「ハワイを目がける弾道ミサイルの危険がある。直ちにシェルターを見つけよ、これは訓練ではない」しかし、これはのちに誤警報であったと報道された。それは違う−それは北朝鮮の所為にする徒党による企みであった。そして彼らが長く待ち望んだ第三次世界大戦のきっかけであったと、CIA情報筋は言う。

その攻撃に地震と火山活動の増加が続き、それはチリ、ペルー、パプア・ニューギニアあるいは水中の潜水艦基地の攻撃になり得る可能性があると、国防総省情報筋は言う。米国防情報局のポール・レインは以前この著者に多くの水中吉が存在すると言っていた。これらの基地は全面攻撃を受けているようである。

北アメリアの王室総理大臣である閣下殿下アーネスト・ロスチャイルドと主張sル人がこの著者に接触してきて、米国連邦/アメリカ合衆国はUSNAの下になると主張した。彼は銀河が彼の主張を実行するために今到着したと述べた。彼は彼の主張を裏付ける多くの文書を提供した。それはその提供された所在地はワシントンDC内の仮想オフィスに過ぎないと言うコメント以上のものはない以下にリンクされる。

https://www.slideshare.net/ICJ-ICC/2017-usna-divinagracia-treaty
https://www.slideshare.net/ICJ-ICC/royal-pcijicjicc-notice

https://www.slideshare.net/ICJ-ICC/decision-of-the-royal-icjicc-court
https://www.slideshare.net/ICJ-ICC/royal-pcijicjicc-noticehttp://avalon.law.yale.edu/18th_century/fr-1782.asp

いずれにしても、銀河系と水中基地は別として、目に見えて、ここそして今の地政学的領域に多くのことが起こっている。先週、これは特にドナルド・トランプを代表とする米軍事政権と世界の多くの国との間の緊張の中で明らかになった。

国防総省筋は、「徒党の兵士MS−13(サルバドール・ギャング)に対する戦争は、トランプが米国の北東部でMS−13のリーダーを逮捕し、20マン人のサルバドール人の一時保護を中止し、6万人のホンジュラスにも同じことをする可能デイがあるので、激化挿げ紀あkしていると言っている。

さらに、「トランプは司法省が全てんオバマ政権を逮捕するための援助として、オバマ大統領図書館からすべての機密犯罪文書を押収した」と、その情報筋は続ける。

サウジアラビアと米国の掃討の後、欧州の掃討がグローバリスト(元EU委員長、ゴールドマンサックスのピーター・サザーランド会長)の死によって始まると、彼らは続ける。

同筋はまた、「トランプはダボスに勝利するためにロンドンを狙っている」と言っている。

しかし、その勝利も時期尚早であることは明らかである。アジアのCIAと情報筋と米国のロスチャイルド家の情報筋は、3月について次のように述べている。

「偉大な金融緩和の始まりです」

CIAは次のようににい説明した。「ダウ・ジョーンズ社は3月中旬までに3万人に達する。これは国民の液状化しタ資産を全て排水するのに必要な数です。事件が起こり、栓が抜かれ、そして崩壊が始まる。これは世界的な津波に繋がる波紋になるだろう。これが彼らの現在の計画である。「3月のどこかで栓が抜かれたときにやってくることは、ロシア、中国、インドとインドネシアが関与する金担保通貨が一緒になって稼働する」と、その情報源は付け加えた。

CIA情報筋は、トランプ政権のクリントン財団の調査は、非常に多くの政府がそこへ寄付をしているので、世界的に非常に厄介な問題となるだろうと指摘もした。

https://sputniknews.com/analysis/201801111060682477-clinton-foundation-foreign-governments/

ハイチの地震と津波の時に、我々は米国防衛諜報庁から、
クリントン財団が特にハイチに関して大量の横領の罪を犯していることは間違いがない。徒党の潜水艦によって改定に埋められた核兵器によって引き起こされたと、伝えられた。財団に関するFBIの目下の調査は究極的にはこの事実に至り、そしてそこから2011年3月11日の福島の同様な攻撃に繋がってゆく。

しかし、これらすべてがいかに複雑であるかを示すために、徹底的な文書証拠は、福島からの軌跡はP2フリーメーソンロッジとトランプのビクトリーランをとることになるダボスのその人たちに繋がってゆく。

また、我々の国防総省情報筋は以下のような声明を送ってきたので、それをそのまま読者の伝える。「ニューヨーク、ロスアンジェルス、サンフランシスコ、シカゴと英国、フランス、ドイツ、スェーデンと黒人とイスラム人によって劣悪化され、犯罪とテロの為にイスラエルに引き渡された白人国のような聖域都市はに対して、「劣悪な場所」という言葉が使われるであろう。

さらに、その情報源は、「トランプは、私生児のハリーと反黒人のメガン・マークルの結婚式で白人種を大量虐殺するために黒人と白人を混合しようと助長したかどで、女王と根性の腐った王族を非難するかもしれない、そして一方でジェフ・ロリッタ島へ行っていたアンドリューはEU小児性愛者リストのトップになるかもしれない」と付け加えた。

この声明は多くの欧州人と欧州系アメリカ人の間で、広まった見解であることは疑いの余地がない。人種、民族性、犯罪、社会的成果などの結びつきについての真の議論を妨げてきた過度の政治的正義の結果、このような見方は背景にうごめいている。例えば、アフリカ系アメリカ人が占める特定の地域では、ヨーロッパ系アメリカ人が住んでいる地域よりも犯罪率がはるかに高いという事実です。これが真実ではないふりをしたり、あるいは歴史的な不公平にそれを責めることは、問題を解決するつもりがないと言うことである。

同時に、トランプをアフリカの「シットレ国」に言及するための人種差別主義者であると盲目的に(一部によれば)攻撃することは、アフリカ諸国が他の世界に比べ圧倒的に貧しく、発展していないという事実を無視している。

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_African_countries_by_GDP_(PPP)_per_capita

さらに、私のアフリカ系アメリカ人とアフリカ系アメリカ人の友人たちは、ヨーロッパ諸国でこれまで経験してきたように、アジアにはそれほど多くの人種差別主義があると報告しているので、この問題を「白人優位主義」と呼ぶのは過度に単純化しすぎである。

アジアと西洋諸国がより包括的な世界を交渉するにつれて、アフリカの問題は正直に調べる必要があります。おそらく、アフリカ人が資源の適正価格を支払われれば、サウジアラビア人のように非常に急速な開発と近代化を経験するだろう。

いずれにしても、この議論をより建設的に再開するために、トマトの例を使用したいと思います。ミニトマトと巨大なトマトとオレンジ色のトマトがありますので、明らかに遺伝的な違いがあります。同時に、遺伝的に同一の2つのトマトをとり、日光、肥料などの理想的な条件で作物を作った場合、数百のトマトが生った巨大な植物が得られます。同じ種をとり、それを非常に貧しい状態に置くと、たった一つしか生らない発育を阻害された植物が得られます。だから私の見解では、人々が遺伝子や人種差別について議論する前に、地球上の各人間が可能な限り最大限に繁栄できる環境があることを確認する必要があります。

過去のイングランドでは、様々な父親から多くの子供を産んだ売春婦がいました。これらの「私生児」は貧しい状況で成長し、犯罪者や娼婦の自己永続的な基盤の一部となる。英国では、この最下層階級は、例えば教護院、売春などの禁止等の多くの処置によって廃止されました。おそらく、ドナルド・トランプは人種差別の告訴を避けるために、勤勉な中流階級のアフリカ系アメリカ人に、同様の方法で、現在米国で不相応な量の犯罪の原因となる類似したスラム街最下層階級(祖先で遺伝的に70%以上ヨーロッパ人である多く)に対処するよう、頼むことができました。

我々は事前のたわごとで、厄介な問題の蓋を開けたと認識しているが、時には議論の余地のあるものに蓋をしても解決には至らず、この種の議論はあまりにも長く抑止されてきた。

いずれにせよ、地政学的状況に戻って、米軍事政権が英国、フランス、ドイツ、スウェーデンを敵と呼んでいることがわかります。それは、彼らがまだ持っている友人ことを疑わせることになる。

答えは、米国の最も近い友人であり隣人のカナダによって提供されるかもしれません。カナダ政府は今週、バンクーバーの20カ国以上の国々との会議を「北朝鮮を議論する」と呼びかけた。これには、英国、米国、フランス、ドイツ、インド、タイ、韓国、日本など北朝鮮と戦った国々韓国、中国、ロシアが含まれる。北朝鮮はただの表の話だ。集まっている国々は、実際には中国と、彼らの差し迫った計画である、米ドル、ユーロ、日本円の代わりに金に裏打ちされた通貨について話している。

カナダは、米国とは異なり、世界各地の人々、あらゆる種類の民族的、文化的、人種的背景をうまく生き生きと調和させて成功しています。今週のバンクーバーでの実際の議論は、破産しそうな企業の米国政府を誰がどのように代理するのか、そして中国とその同盟国との交渉スタンスがどうなるのだろうかとなるであろう。




励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村









2018年01月15日

フルフォードさんからの緊急アラート

昨日、徒党はハワイを核攻撃しようとしたのか?
ベンジャミン・フルフォードによるホワイトドラゴン編集者への手紙
ジンバブエドル品は詐欺です。私の情報源が私に語ったことは、スイスと英国同様インド、ロシア、中国、インドネシアは少なくとも新しい金塊担保新通貨を支持しているである。何兆ドルもの金が魔術のように紙の中から出てくることはない。
私はハワイのことは直接知っている訳ではないが、しかし、北朝鮮がハワイを攻撃したように見せる止められたイスラエルの企みは意味をなす。

2018年1月15日
こんにちはベン、これが本当の説明になるかどうかは分からないが、私はそれを送ろうと思った。それは、多くの人に何が起こっているかを考えさせる。RVはジンバブエ・ドル、そして他の通貨とペッチリ債で始まる準備ができている。私はもっと知っているが、何かを危険にさらしたくないので、言うことができません。
徒党は昨日ハワイを核攻撃しようと企みましたか?RVは政府のミサイル警告は本当であったと言っている。
ハワイ中の人々は飛来する差し迫ったミサイル攻撃に対する政府の警報を受け取った。
(BF)

情報源−RVインテリジェンスアラート−2018年1月13日
昨日、1月12日、ハワイの沖合で異常を検知したので、RVの発信を中止した。
本日、1月13日、徒党はハワイ諸島を攻撃して、それを北朝鮮の所為にしようとした。
(情報源は、帆ハワイの本日の警報は隠蔽の話であったことを確認している。攻撃は真実であった。メディアは「北朝鮮がハワイを攻撃した」物語を事前に準備していた。攻撃が失敗したとき、徒党はパニックになった。隠蔽の話は直ちに作られ、攻撃は誤警報として処理された。緊急放送システムは嘘をつかない。案違ってボタンを押すことはあり得ない。これは、戦争を作ることによって移行プロセスを狂わせるもう一つの秘密グループ試みでした。)
ミサミサイル発射はハワイ沖の太平洋で検知された。
昨日1月12日に検知されたと同じ異常地点からの発射。
ミサイルは直ちに傍受され、破壊された。
異常点は核ステルス潜水艦であることが判明した。
核ステルス潜水艦は、攻撃の企みの直後に特定され、破壊された。
惑星探査では2日前の11日には検出できていない。
同盟は、太平洋のどこかに位置する深い地下軍事基地の一つから来た潜水艦であると思っている。
同盟は今、いわゆる深い地下軍事基地を積極的に探している。
the RV/GCR/GESARAに関するすべての法的文書は署名され封印されている。
中国の長老たちは、状況が解決するまでRVの許可を保留している。
同盟は、状況は数日以内の解決されるものと思っている。
一方、共和国は米国における繁栄基金の派分配の準備を進めている。

-------------------------------------------------------------
状況がよくわかりませんが、徒党がハワイを攻撃しようとしてミサイルを発射したが、撃ち落されたと言っている。ハワイの警報は誤情報ではなく、本当であった。
とりあえず、速報です。
 

励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

2018年01月13日

春に向けて、具体的な動きが

ロイター


米、平昌五輪にペンス副大統領派遣 日本も訪問

rhence.jpg
[ワシントン 10日 ロイター] - 米ホワイトハウスの高官は10日、来月韓国で開催される平昌冬季五輪に、ペンス副大統領とカレン夫人を米国代表団長として派遣すると明らかにした。

ペンス副大統領は、日本と米アラスカ州も歴訪する予定で、アラスカでは大陸間弾道ミサイル(ICBM)に対するミサイル防衛システムの点検を行う。また、日韓の指導者らには、米国が地域の安定に取り組んでいることを再確認する。

平昌冬季五輪は2月9日に開幕する。


この話は。
韓国平昌オリンピック(2月9日に韓国の平昌で開幕し2月25日までの17日間)開会式に米ペンス副大統領とイヴァンカ大統領補佐官(トランプ大統領の長女)、北朝鮮最高人民会議常任委員会の金永南委員長(国会議長に相当)と金正恩党委員長の実妹・金与正朝鮮労働党政治局員候補(中央委員会委員、同
党中央委員会宣伝扇動部副部長)が開催式に参列し、「4者会談」を行うことが決まっていたけことが、急遽変更になった。


イバンカ→ヘンス副大統領夫人に代わった。何故?


日本では天皇陛下と安倍首相に会うと言われている。
天皇陛下には、上着のボタンを留めずに、天皇皇后両陛下に謁見したことについて「トランプ大統領が大変な無礼をして申し訳ございませんでした」と謝罪させることである。これによって新大統領を紹介することにあるらしい。

0171106at10_p.jpg


朝鮮半島問題は、米中露で対応してゆく。戦争を煽る安倍は邪魔者である。

安倍には、再度辞任を要求するといわれている。


米ホワイトハウスは9日、トランプ大統領が23〜26日にスイスで開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席すると発表した。現職の米大統領の出席は異例で、2000年のクリントン氏以来となる。これがトランプ大統領、最後の海外旅行となるという噂もある。


さて、しつこい安倍がこんなことで降りるかどうか?
実力行使しかないのではないかと思っている。


米軍事政権がトランプを蹴る理由がよく分からないが。単に名実共に軍事政権にすることか?

トランプも黒い噂が一杯あるが、守りきれないのか?不明です。


ともかく、安倍を辞任させて欲しい。




本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
安倍晋三首相は、「四面楚歌」、すでに「辞意を固めている」といい、今回の外遊が「在任最後の外国訪問」となりそうだ

◆〔特別情報1〕
 「地球儀を俯瞰する商い外交」安倍晋三首相は1月12日から17日の日程で、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国、ブルガリア、セルビア、ルーマニアの南東欧3か国、合計6か国を、日本の首相として初めて訪問するため、12日午前11時5分、政府専用機で最初の訪問国エストニアに向けて出発した。訪問国では、北朝鮮への「経済制裁強化」を訴え、協力を要請する。しかし、現在の国際政治は、「新機軸」を標榜している米キッシンジャー博士、トランプ大統領、ロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席の4人チーム」が、そのうえに今上天皇陛下と小沢一郎代表を担ぐ形で進められている。北朝鮮との対話路線に舵を切っている米トランプ大統領にしつこく電話をかけても出てもらえず、韓国の文在寅大統領には、慰安婦問題の日韓合意を反故にされて、平昌オリンピック開催式への欠席を決めざるを得なくなっていて、事実上「四面楚歌」状態のため、安倍晋三首相は、すでに「辞意を固めている」と言われている。このため、今回のバルト3国・南東欧3か国、合計6か国歴訪が、「在任最後の外国訪問」となりそうである。

励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

2018年01月12日

期待 春の予感

<南北自立外交に脱帽>

 2018年1月9日の南北朝鮮の対話再開へ向けた合意は、事前に、双方で用意周到に練られた内容であろう。軍事衝突の可能性は低くなった。快挙・快挙である。ワシントンと東京は、壮大なスキャンダルにまみれていて、口先だけで「圧力」を連発していた場面で、朝鮮民族の知恵が進行し、見事にそれを内外に公表したものだとみたい。平昌五輪は、単なるスポーツの祭典に終わらなかった。五輪対応は、かなり細かく約束している。してやったりのソウルと平壌の様子を見てとれる。北京とモスクワの水面下の努力が、見事に開花したという印象も受ける。

<韓国の自立外交に脱帽>

 南北双方にいばらの道が待ち構えているが、時間をかけても、なんとしても解決する責任が、双方の政府と国民にある。とはいえ、ワシントンの制約の下での韓国の自立外交に対して、心から敬意を表したい。

 ワシントンに盲従する安倍内閣と、同内閣に盲従する信濃町という、日本の政情を踏まえると、今回の合意は、まだ早計かもしれないが、実にうらやましい。脱帽である。

<日本の影の政権の任務>

 日本と韓国との間の戦後処理は、既に終わっているが、北朝鮮とはまだである。いまこそ、遅れ過ぎた日朝の関係正常化を急ぐべきだ。その点で、準備を、安倍内閣では無理なので、次期影の内閣は開始する必要がある。

 間違いなく、拉致問題の全面解決を約束するだろう。

 悲劇の拉致被害者の運命は、安倍内閣の政治利用の中で、翻弄されてきただけである。その点でも、極右内閣の政治責任は重い。

<東アジア経済共同体で平和と繁栄>

 マレイシアのマハテールが打ち上げた、東アジア経済共同体構想を開花させる時期の到来である。鳩山由紀夫や福田康夫らも、これに熱心と伝えられている。

 助走を始めた北京構想「一帯一路」と連携させると、平和と繁栄の21世紀へと転換可能である。世界から戦争を放棄させることができる。武器弾薬を放棄させる本当の平和社会の実現が、夢でなくなるかもしれない。

 若者に希望が生まれる東アジアである。

<ワシントンの戦略家は軌道修正>

 世界を緊張させることで、自国の武器弾薬を、人殺しに使わせる「死の商人」ビジネスそのものであるワシントンは、真っ当な民主主義国として軌道修正するしかないだろう。

 これが世界世論である。ワシントンが変われば、国際テロも無くなってゆく。テロリストはワシントンが育んでいるといえるのだから、それは悪しき権力の悪徳として葬り去らねばならない。
 断じて、半島問題にこれ以上関与すべきではない。日米中ロの4か国は、半島の自立外交を暖かく見守る必要がある。和平に向けた努力を全面支援するのである。いま地球が一番警戒しなければならないのは、ワシントンの悪しき戦略家と彼らを雇っている産軍複合体、影の巨大財閥である。
 21世紀人類の将来は、半島問題の処理にかかっているとの認識と、それへの適切な対応が問われている。

2018年1月10日記(政治評論家・日本記者クラブ会)


韓国の自立外交ではないと思います。

これもトランプ政権の成果です。表では世間を(ハザールマフィアを)翻弄させながら、本音を見せずに着々とことを進めている。馬鹿な安倍は翻弄されて、高い兵器を買わされた。

慰安婦問題のあの強気な韓国を見よ。自信満々である。

安倍は加計他もろもろの問題で、はたまた外国逃避旅行である。そのまま帰ってこないでほしい。

まぁ、もっとも、北朝鮮もそうは簡単にことは運ばないと思う。巣食ってバックにいたハザールマフィアをどう処置するのだろうか。そのまま温存するのであろうか?まだまだ一つも二つも山があると思う。

米国が最近打ち上げたZumaは電磁パルス衛星だと言われる。北朝鮮のハザールマフィア殲滅用なのか?そこまで話はついているのか?

さて、今後の展開は?日本は置き去りですね、残念ながら。

平壌と横田基地の直行便(有名な話)
images.png







励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

2018年01月11日

詐欺師トランプにやられた安倍あほ

朝鮮日報

南北高官旧会談で採択した共同報道文全文


1.南と北は南側地域で開催される平昌冬季五輪・パラリンピックが成功裏に進められ、民族の地位を高める契機となるよう積極的に協力することにした。

 これと関連し北側は平昌冬季五輪に高官級代表団と民族オリンピック委員会代表団、選手団、応援団、芸術団、観戦団、テコンドー演武団、記者団を派遣し、南側は必要な便宜を保障することにした。

 双方は北側の事前の現地調査に向けた先発隊派遣や北側の平昌五輪参加と関連した実務会談を開催することにした。日程は今後、文書交換の形式で協議することにした。

 2.南と北は軍事的緊張状態を緩和して朝鮮半島の平和的環境をつくり、民族の和解と団結を図るため共同で努力することにした。

 南と北は現在の軍事的緊張状態を解消すべきとの見解で一致し、これの解決に向け軍事当局会談を開催することにした。

 南と北は多様な分野で接触と往来、交流と協力を活性化し、民族的和解と団結を図ることにした。

 3.南と北は南北宣言などを尊重し、南北関係を巡る全ての問題についてわが民族が朝鮮半島問題の当事者として対話と交渉を通じて解決していくことにした。

 このため双方は南北関係改善に向けた南北高官級会談とともに各分野の会談も開催することにした。

 

2018010901002250.jpg

9日、板門店での会談後、握手する韓国の趙明均統一相(左)と北朝鮮の李善権・祖国平和統一委員会委員長(韓国取材団・共同)


白地に青色で朝鮮半島が象られている南北統一旗を使うらしい。

bbaac0753986d1554bb336fc456076b1.jpg


米国は、平和友好条約を結ぶ。そのときに、国連の了解を得て、核保有国として認めてもらうらしい。


日本にいる拉致被害者の家族と呼ばれている人たちを招待する。そのうえ、各家族によく話し合ってもらい、どうするかを決める。


米国とはノルゥエーのオスロで昨年来、協議してきたので異論はない物と思われる。


北朝鮮の危険性を盛んに煽ってまでして、「憲法改正」を行おうとしてきた安倍晋三首相の「大きな誤算」であった。トランプ大統領に「4年間に40兆円」もの巨額の兵器を買わされて、まんまと騙された。


この外交音痴を何とかしなくてはならない。天皇陛下のほうがよほど外交官である。

これにより北朝鮮にいる米戦争屋も出てゆかざるを得なくなり、最後の砦を失う。それにつれて

安倍以下、日本の奴隷達も一掃されることを期待する。最後の手切れ金として我慢しましょう。



励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

2018年01月10日

うるさいので、つい。。。。

池坊保子の出生

1942年4月18日、旧羽林家の梅溪家に属する子爵として貴族院議員に選出されていた梅溪通虎の三女として、東京府(のちの東京都)に生まれる。母・夏子が香淳皇后の従妹であるため、久邇宮朝彦親王は曽祖父、久邇宮邦彦王は大叔父に当たる。今上天皇とその姉・池田厚子は再従兄姉にあたり、厚子の夫で池田動物園元園長の池田隆政も再従兄にあたる。


再従兄弟って他人ということじゃないの?


最初に池坊議長が弁護士を引き連れて登場 怒るたけし!



池坊議長の疑惑

「池坊なにさまよ」(角界の声)


これ結構まとも

「協会側に弱みがある」


自民党石破さんまで登場

「評議会は世間と相当ずれている。もっと声を聞いたらどうか」

「礼を失した程度で理事解任は不公平である。横綱が暴力事件を起こして起訴されたら、理事長は引責辞任ではないか」


まぁ、白鳳の真犯人、引退、八角と議長の引責辞任しないと収まらないね。 この騒動を機に、公益法人を返上するか、取り上げるかしてプロレス化して勝手にやって欲しい。




励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

小沢一郎の権力論 (新書646) [ 小塚かおる ]

価格:820円
(2017/12/14 05:10時点)
感想(0件)

検索
ファン
タグクラウド
最新コメント
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
sugun2774さんの画像
sugun2774
プロフィール