広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年05月02日

黒壁スクエアでガラス吹き体験

行ってきましたァ、黒壁のガラス吹き体験教室。

おもしろかったっすよ〜。ガラス吹きは初体験なんですが、ガラスが柔らかくなっている状態から徐々に固くなってくる感じが手に伝わってくるのでなんともいえません。難しそうな工程は先生が助けてくれるのでなんとかなりましたが、反対側に竿くっつけてから一回切り落とすんですネ。知りませんでした。その辺のややこしそうな作業は先生が全部してくれましたので、おそらくここいらあたりの工程が素人には無理って感じなのでしょうか?体験中級コースっていうのをつくってもらって今度やらせて欲しいな…。

あと、濡れた新聞紙で形を整えるんですが「エー!新聞紙ーッ!」って感じでちょっと怖かったですが、ほんのり温かい程度でした。あと、ジャックっていう中世の拷問道具みたいな感じのを使って成形するんですが、これはなんとなくいコツ分かりましたよ。でも、おそらくちょうど成形しやすい温度状態にするのが難しいと思いますが、それは先生任せでした。ちなみに窯の温度は1200°とのことで、800°程度まで落ちると固くなるのでしょう。この温度と時間との闘いといった感じで中華料理的な手際の良さがスキルとして要請される感じです。



成形し終わると、この時点で作品の底に付いている竿を外して(ちょっとキズ入れてコンッって感じで衝撃を与える)、その際に作品底面に竿を外した凸凹痕が残るのですが、こいつをガスバーナーで炙ってならします。あとは徐々に冷ますための窯に入れて時間をかけて冷却するとのことで、作品は宅急便で後日送ってくれました(2日後に届きました)。このあたりの後処理は全部お任せでやってくれます、っていうかおそらく素人では無理かと…。

また、作品の希望は初めにヒアリングがあり、混ぜる色やドットにするかマーブル模様にするか、グラスか皿か、大きさは?等数種類の中から選べます。料金は4,000円+宅配料でした。

それではその模様を…(サムネイルの羽子板みたいな道具は底を平らにするための成形用の道具です。)。


総合自分研究所からすると5分弱と少し長めの動画になってしまいました。すいません。結構工程があるんですよ、皿1枚作るのにこれが…。
それから、GWだったこともあり、定点カメラの構図内に人様の影が結構入るので、この肖像権対策のために色々エフェクトかけて観難くなってしまっているかもしれません。これもすいません。こういうときはいつもNewBlueのCartoonrでアニメにしちゃってたんですが、何故かしら今回編集しようとするとNewBlueのロゴが入るんですよね。無料配布でダウンロードしたんですがサービス終了っていうことですか?困ったなァ、次回からこういうとき…。









心配していた母親のステンドガラス体験教室は何とかスタッフのお助けで完成までこぎつけましたが、こっちの作業の方がタフな感じでしたネ。2時間かかりました。待ってる間暇を持て余した管理人はステンドガラス体験教室のお向かいさんの「かわ重」っていうガラス製品のお店でこんなのを買いました。
20150429_kro_01.JPG
くゎわいぃ〜。バラを抱いた天使。
これを母の日のプレゼントっていうことにして愛用の電動アシスト自転車の鍵入れにしてもらいましょう。こんな感じで。
20150429_kro_02.JPG
玄関にセットすることになるから毎日見れるはずです。くゎわいぃ〜。

あと買い物といえば黒壁ガラス館でグラス6個買ったくらい(1個600円、緑色好きなの…)。
20150429_kro_03.JPG
ちなみに、母親の作成したステンドガラスはこいつ⇓。
20150429_kro_04.JPG
ステンドガラス体験教室は作るアイテムの大きさとかで値段が微妙に違うようでした。これは3,700円の写真たてです。立体的なのは難易度高いとのことでした。見てたけど細かくて根気のいりそうな作業でした。

といことで一日がかりで持って帰ってきたものはというと、
20150429_kro_05.JPG
こんな感じです。

そして後日送られてきた管理人の作品がこいつです。
20150429_kro_06.JPG
ん〜、微妙な配色センスですが一応テーブルに置いてもガタツキはしません。















(追記)黒壁が経営危機?

2015年04月26日

GWにガラス工房で職人気分作戦(その1、っていうか予告編)

タイムリー感だけでとって作ったような新カテゴリータイトルですがお許しを…。

さて、皆様はGWどんな予定されておられますか?管理人は屋内スキー場の合間に(筋肉ズタボロで回復に3日くらいかかる)家族サービスで滋賀県長浜市の「黒壁スクエア」に行く計画にしました。1988年の第2期第3セクター設立ブーム時に”ガラス文化の普及と街おこしの融合”的テーマで設立された長浜市の第三セクターです。

数年前にも一回訪れた事があるんですが、その時、ガラス加工の体験教室の順番待ちしていた待機中の子供が凄く良い顔していたのが記憶に残っており自分も一回溶けたガラスを”プーっ!”って膨らましてみたいなァと思っておりました。その子のテンションの上がり方は子供っぽい、-----------------例えると高周波っぽい感じじゃなくって、「何かを成し遂げよう」っていう意思の強い重低音っぽいテンションの上がり方(よけい解りにくいか?)---------------感じじゃなかったもんですから、コレ系のアトラクションも面白いかナと思い早速今回「吹きガラス体験教室」を予約してみました。結構期待しております。ちなみに、管理人の母親もなんかやりたいっていうのでこっちは「ステンドガラス体験教室」っていうのを予約しました。ちなみに、ステンドガラス体験教室の方はかなり細かい作業があるようで「2時間くらいみといてネ」って電話口の担当者に言われたので、これから予約入れようっていう方は注意!2時間となると根気の無いお子様は挫折するかもしれません(ウチの母親80オーバーだけど大丈夫かなァ?)。また、体験教室は他にも色々あるみたいです(参考までに☛黒壁体験教室紹介ページ)。
本日予約しましたが、当初GWで予約とれるか心配しておりましたが結構空いておりましたヨ。


そういえば、黒壁の収益が減ってどうのこうの的なニュースが以前出ていたような気がして調べてみましたが、なんか代表取締役の解任絡みで色々と内紛的なものがあるようですネ(京都新聞2015/03/03記事「三セク「黒壁」社長を解任 滋賀・長浜、再建担うも損失累積」)。
フ〜〜ン、色々あるんだァ。でも、確か黒壁って同時期にブームで乱立された第3セクターの中でも成功例として取り上げられる事が多かったような気がするんだけどなァ、と思い暇人な管理人は黒壁HPに載ってた来街者数と年商の推移データを基に来街者一人あたりの消費単価となんとなく日経平均データを合わせてグラフにしてみました。
kurokabe_01.gif
検索でヒットした資料によれば1998年までは黒壁自体の拡大期でグラフ中のこの期間のデータについても、当初のテーマ館が少なかった時の客単価の高さは特殊要因として観た方が良い感じします(なんとなくいっしょに入れた日経平均のバブル崩壊時の暴落急角度と相関あるような感じになってしまってますが…)。慌てて作ったんですいません、ミスしてますネ。来街者数の単位は左縦軸の目盛で1000人単位になります。なので、近年の来街者数は200万人前後となります。ちなみにUSJが2013年度に1000万人超えたって騒いでましたからUSJの1/5か1/6っていう規模の来訪者数ですか…。立地条件からすれば結構頑張っているような気もしますが、それでも黒字化できないっていうんですから人集めるだけじゃなくって感動を与えなきゃだめって感じなんですかねェ。

余計なお世話で自分の遊びに行く行楽地の経営分析までしましたが、次回はその”ガラスをブーッ”って膨らます模様を動画で紹介する予定なのでお楽しみに…。ついでに、余計なお世話ついでに経営危機に瀕しているという黒壁に何が足りないのか?についても目を凝らして観察してきましょう。

ファン
検索
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
総自研管理人さんの画像
総自研管理人
ブログ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。