広告

posted by fanblog

2015年02月26日

VEGAS PRO 12 で動画編集テスト

ごぶさたしておりました〜〜。

急遽、柄にもなく簿記2級試験を受ける事になりまして、そっちの準備でイッパイイッパイでした。すいません。

…といいながら、その間、滑るのはちゃっかり滑っておりまして、この前の日曜に試験が終わってやっとこさ解放されましたので、今シーズン前半撮り貯めた絵を素材にして、去年末のソースネクストさんの特価セールで買ったVEGAS PROで初めてまともに編集してみました。 
    ⇓     ⇓     ⇓     ⇓     ⇓


どうですか?出だしの派手目の演出は毎度お馴染みのNHKクリエイティブライブラリーさんの映像素材から拝借したものをクロマキーヤーでバック貫いて重ね合せてます。クロマキーヤー機能はMovieStudioPlutinum12でも使えるんで別にVEGASだからどうのってわけじゃないんですが、最近覚えた編集テクでマイブームになっております。で、気が付いたんですが、屋外撮影の場合、雲一つない天候の場合、空の色に合わせて貫けるんですよね。おもしろいですよコレ。TV局とかでよくやる緑とか青のカーテンをバックにして撮影するアレです。クロマキー合成。スキー場のレールの後ろにクロマキーカーテン敷かせてとは頼めないんで、天気の良い日狙ってビデオ担いでスキー場に行きましょう。

ところで、動画の後半1:12辺りから不自然にチカチカしてますがお許しを。これは狙った演出ではありません。コマ飛びしているようです。これがなんでなのかイマイチわかんないんですよ。実はもうちょっと凝った編集だったんですが、何回レンダリングしても途中でPCフリーズするもので、少し簡単にしてやっとこさレンダリング完了できたのが今回のアップ動画です。VEGASだからなのかなぁ?PCの問題?だったら買い換えろってか?
とにかく調べてみます。

(※レンダリング時のコマとびの件、一応改善されました。問題が起きているイベントだけに絞って部分的にレンダリングしてみても問題なかったりして???でしたが、結局のところGPUのドライバーを最新バージョンに更新したところ正常にレンダリングしました。ついでに色々弄ったので改善要因がコレとは限りませんが、VEGASに限らず動画編集ソフトはCPUの負荷が高くなるため、GPUの機能をフル活用することを前提にしたソフト設計のものが多いと聞きますので、調子良くないときはGPUの具合も確認しましょう。)

さて、肝心なボードの技の方はあんまり進化しておりません。動画でも毎度お馴染みの技しか撮れておりません(T_T)。救いなのはアップ動画中、2本目の技が、体感イメージ的にはバックサイドハードウェイ270→270アウトだったとこです。マトリックス風に演出してるヤツです。とはいってもやってる本人のイメージの話で、角度はかなり浅めで、190オン80ドライブ200アウトといった感じですが…。でもフロントサイドハードウェイ270よりこっちの方が出来そうな感じしますネ。完全ノーリーだからなのかなァ。ただし、引っかけると板のダメージ(身体のダメージはプロテクターで守りましょう)が悲惨なのでお財布と相談しながらトライしなければならないのが素人の悲しいところ。何を隠そうこのシーンの撮影後に、『いける!!』と思って回し気味にトライして見事に引っかけ、その一撃でメイン板は現在入院中です(主サイトでDIY修理を紹介しておりますがそれも不可能な程度に(T_T))。
ところで今シーズンは高速代節約するために屋外通ってるといってましたが、ジブ技限定だとやっぱり屋内の方が効率良いですね。今通っているところではサイドインのダウンレールは撤去されてしまい、しかたないんで最近はボックスで練習しています。ボックス苦手なんですよね。横当てが甘くなってどうしても上にどっかり乗ろうとする気持ちが作用して直ぐ脇に落ちるんですよ。何年か前ですが、白馬さのさかにレールゲレンデみたいなのがあって短いリフトの真下に5個くらいサイドインのダウンレール並ぶような構成で営業してましたけど、そういうところだったら練習効率は良いと思いますよ。1個整備してても残り4個擦ればいいわけですから。しかもリフトの真下に並んでるんで、誰かがエッジ引っかけてヤバくなってないかある程度自分の目でリスク管理できるんで安心して入れますよね、こういう構成だと。でもそういう感じのスキー場ってあんまり見かけないですよね。ウケないのかなぁ?そういうの?

ただし、ジブ技以外の体力面では屋外ならではの斜度と滑走距離で少々鍛えられましたヨ。クレアチンローディングしっ放しで滑走後プロテイン飲んでジムでストレッチというルーティン繰り返して老体に鞭を打ち続ける日々です。でもやっぱりキッカーの落差衝撃が一番堪えますね、歳には。










(追記)サプリメントとビーガン


本文中、クレアチンとプロテイン使っているといっておりますが、以前の記事でも紹介しましたように、管理人は現在ビーガンへの移行中なので、コレ系の商品選択する際にいちいち確認とらなければならないのが少々面倒臭いです。

クレアチンはZAVASのを使用しておりますが、明治製菓さんに直接メールで確認しております。動物由来成分は使用しておりません。これはセーフです。

ザバス クレアチン 250g

新品価格
¥3,118から
(2015/2/27 17:46時点)




問題はプロテインで、現時点では、前に買ったDNSの3kgお徳用パックの残りを使用していますが、これはホエイプロテインなので確認とるまでもなくアウトでしょう。
ということで、既に持っているモノはしょうがありませんので、こいつを使い切ったら次回からはビーガン仕様のオーガニックプロテインに変更しようかと考えております。そこで下調べしたのですが、どうも直接輸入する感じになるかもしれません。正直、面倒臭いんで日本でもビーガンが流行ってくれることを祈っております。店頭で普通にビーガン協会認定マーク商品が並んでるとこんな苦労いりませんから…。

ちなみに、滑走後プロテイン入れると翌日の回復が早い気がします。筋肉の改修工事がスムーズに進んでいるような感覚です。クレアチンは、筋トレマニアの方でないと知らない方も多いのでしょうが、これを使うと明らかにパフォーマンスが向上します。水分がやたらと欲しくなるのと、トイレもしょっちゅう行く羽目になる(新陳代謝が良くなってるから?)のが難点ですが、効果を明確に実感できるサプリメントとしてはNo1です。通常、ローディング期間というのがあって、初めの1週間ほどは通常の摂取量よりかなり多めに摂取するという結構面倒臭い儀式が必要とされているんですが、管理人の場合割とルーズでよく飲み忘れたりしていますが、それでもちゃんと効いております。

そしてまた新たに効果があるのを見つけましたので紹介しましょう。
MT DMAE ボディークリエイト・ジェルです。
扱っておられるのはメタトロン化粧品さんです(メーカーHP商品紹介ページは→こちら)。

AMAZONで調べましたが現在売り切れ入荷待ちとなっておりました。知る人ぞ知る人気商品のようです。管理人は通ってるジムが経営しているエステティックサロンのお姉さんに勧められて購入しました。本来、ヒップアップなどの目的で美容のために使用するのだそうですが、このジェルを塗って運動すると乳酸が溜まりにくいことからマラソンする方とかに流行っているとのことで1回試してみました。

で、結果はというと…、確かに疲れにくいです。ジメチルエタノールアミンという青魚に多く含まれている成分(私たちの脳内にもあるとのこと)が効いているとの説明ですが、詳しい理屈は良くわかりません。しわ・たるみを防ぐだけでなく、筋肉中まで浸透してそうした効果を引き出すとのことです。250mlで1万円くらいしますのでお高い感じはしますが、1回当たりの使用量が少ないんでクレアチンと変わんない程度のランニングコストかなと大雑把に見積もって導入しようとしているところです。で、これもうっかりビーガン移行中の事を忘れておりまして、今メーカーに確認とりました。動物由来成分は含まれていないとのことで、これはセーフです。



もうなんでも使っていきますヨー!って感じですね。

でも、おっさんがエステ製品を使う事になるとは…。

ついでなんでほうれい線にも試してみますか…。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3343112
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
総自研管理人さんの画像
総自研管理人
ブログ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。