広告

posted by fanblog

2014年12月20日

原油価格下落

Japan Business Pressの記事タイトルで、多くのトレーダーにとって、数年前のトラウマがフラッシュバックしそうなのがありましたので読み込んでしまいました。紹介しましょう。
記事リンク(JBPRESS、世界平和研究所主任研究員、藤和彦さんの記事)→原油価格下落が世界金融危機の引き金に?次の主役はジャンク債囁かれる米国経済「大爆発」の危険性

このところの原油価格の下落や、これに伴う資源国、新興国、途上国通貨下落、特にルーブル安が破壊的で、逆オイルショックとも呼ばれて世界経済に対する強烈なリスク要因となっている点は騒がれていますので管理人も頭には入っておりましたが、だからこの先どーなるのヨ!っていうところが洞察できる手応えがなくてトレードが消極的なんですよネ、最近。ここんとこボラあがってるんでうまく乗っかって立ち回れるといーんですが、管理人のスタイルはいくつかの先行きパターンをイメージして投資、イメージ通りならポジションキープ、或いは追加投資。当初のシナリオイメージが判断ミスだったと分かった時点でポジション外すか途転する、といった感じで、先ず初めにシナリオイメージありきなんですよ。

リーマンショック時は、それが起こる1年くらい前にグルーグマン教授のリポート読んでてイメージは割としっかり出来ていましたので、「とうとう来たな」という感じで直前まで乗っかっていた円キャリートレードを途転して割と余裕のある対応が出来ました。50銭単位で動くロンドン市場が開く前のマージンコール処理時間帯に、それを横目で見ながらこの後数時間後には破綻することになるリーマンブラザーズのwebサイトをチェックして、この期に及んで未だ求人募集しているページがあるのを発見したのを覚えているくらいです。サブプライムローン危機については、「これはいつか破綻するだろうし、マグニチュードは相当大きいであろう」というのは比較的イメージしやすかったと思っています。あの状態で持続するとは思えませんでしたから…。

ところが、今回の原油価格の下落ですが、その要因が商品相場なのだから需給バランスの崩れだけだ、とするものから、サウジアラビア-米国を中心とした水面下での連携によるロシアへの経済攻撃とするものまで説が様々なんですよね。読めてますか皆さん?管理人は主だった説は一応目を通してみましたが、「んーーーっ?」って感じで話が複雑過ぎて読み切れない感覚です。各要素がカオス的に絡まっているのかもしれませんが、WTI価格で僅か数か月の間に1バレル100ドル程度から55ドルっていう暴落率はただ事でないのは確かです。

そういうわけで、紹介記事は前回のサブプライムローンとの類似性を指摘した内容で纏まっているもので、管理人的には割と理解し易い内容でありました。

態様としての類似点を超簡単に纏めると…

@本来ハイリスクハイリターンとして認識されていたはずのジャンク債が、直近のデフォルト率の低下から運用先に困った投資家が徐々に流れ込み、高をくくり出し始めているところ(サブプライムローンの時とおんなじ)。

Aリスク拡散分散装置としてCBOが開発され市場が急拡大しているところ(CDS、あーもーやめて!その用語。トラウマで今夜うなされるんで、っていう方も多いはず)

となります。

サブプライムローン危機時と比較して救われるのは、紹介記事にもあるようにエネルギー企業のジャンク債市場の規模が約3,000億ドルと、単純比較するとサブプライム住宅ローン債権の23%程度である点。逆に、懸念されるのは、原油価格の破壊的下落が起きると、リーマンショック時のように世界的信用収縮から中東地域の地政学的リスクが高まるといったものよりももっと直接的な形で影響が出るのではないか?といったところでしょうか?ロシアの立ち位置の関係もありますし。それに、そうした地政学的リスクは原油価格の高騰に繋がりやすかったというのがここ数年のパターンで、現にリーマンショック時に原油価格も急落はしていますが、強気の需給見通しが背景にあったため、いち早く原油価格は安定しました。しかし、今回は商品相場の最も重要な要素である需給見通しが弱気なのですから、早急に価格安定するとは考えにくくなっています。原油価格の低迷は他の商品相場にも影響しやすく、これらは、リーマンショック時からの世界経済再生へのけん引役を担った新興国が今度はその役目を果たせないのではないのか?というイメージが湧きます。今度は誰が引っ張ってくれるの?と…。

以上、原油価格下落についてでした。注意しましょう。


(追記)ルーブル下落とロシア経済の不安定化

本文中述べたように、管理人の場合、サブプライムローン危機、リーマンショック時のトラウマというのは無いんですが、ロシア経済の危機っていうと古傷が疼くような感覚があります。嫌な感じするんですよ、感覚的に…。

などと思い、ふと日経平均の長期チャート見てるんですが、ソ連邦崩壊前後のところ眺めてると懐かしいです。この頃は管理人、商品先物の綿糸とか小麦とかで相当ヤラれていた記憶が微かにあります。あまりにダメージの強すぎる悪い記憶は身体の防衛本能で勝手に記憶から消去しようとするといいますが、そんな感じでうろ覚えですが…。おっと、そういうことなら、身体に勝手に反応させずに直視してしっかり分析した上で次に生かすべきですね。

1989/11/09ベルリンの壁崩壊〜1989/12/03マルタ会議(冷静終結宣言)〜1989/12/29日経平均史上最高高値38,957円〜バブル崩壊〜1991/12/25ゴルバチョフ辞任(ソ連解体)

んー、なんかちょっとづつ思い出してきましたよ。

過去のトラウマで精神患っている患者に、そのトラウマ体験を正確に思い起こさせて治療する感じですね。そのリハビリ治療方法の場合、トラウマから立ち直らせるために、確か同じ境遇の患者仲間達にロープで支えてもらって高いところに上がるみたいなことして他者から支えてもらっているんだ自分は、的な社会への信頼醸成を疑似的に体験させる手法が鍵だったように記憶していますが(何かのTV番組で観た)、今回の場合の管理人のロープ支えてくれる人は一体誰なのかな?やっぱり、総合自分研究所っていってるくらいだから自分か…?







たまには、長期チャート見て、現在の経済状況を俯瞰的に眺めるのもいいと思いますよ。

ということで、最後に日経平均超長期チャートのリンク貼っておきます。 ご参考までに…。
日経平均株価 超長期月足チャート 949年5月算出開始から現在まで

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3093234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
総自研管理人さんの画像
総自研管理人
ブログ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。