広告

posted by fanblog

2014年11月09日

デスクワーク用フットレスト完成

前回の記事の続きです。完成しました。


ジャーン!!!

footrest_25.JPG

USBフットスイッチも取り付けました。

赤い悪魔みたいなのは、スケートボードのウィールメーカーのトレードマークです。そう、スケートボードのデッキパッドを貼っております。20°の傾斜がありますが、この強力滑り止め(MOB製)のおかげで、足になんにも力いれなくてもスタンスずれないので楽です。ちゃんと機能しております。








footrest_26.JPG
購入したままの状態だと、ペダル位置が高いとか色々文句言っておりましたが(10/13の記事参照→こちら)、埋め込んだおかげでペダルまでの高さが34mm→6mmになり、ペダル踏込時の下死点でフットレスト踏み面とツライチとなり、足を軽く乗せたまま待機しても疲れないので操作性は生まれ変わっております。












こんなの作る人はいないのでしょうが、一応作成手順を以下に(前回記事の続きとなります)。

footrest_23.JPG





前回記事でも紹介したトリマーが大活躍となりました。今回は単純に掘り込むんじゃなくて、スライド式に着脱可能とするため、左写真のような異形ビットを使用し、USBフットスイッチのサイドの凹凸形状を利用してスライドできるようにしております(こういう作業がトリマーないと結構大変)。






footrest_22.JPG


少し手こずったのが、USBフットスイッチの底面の台座とかネジの頭とかのでっぱり。こいつらをスライド時に干渉しないように逃がす工作が難儀しました。溝の中に溝を掘る感じなのですが、トリマーが入らないためグラインダーやノミでのやっつけ仕事になりました。まぁ、見えないところですし、干渉さえしなければいいんで。









footrest_24.JPG



そして、無事収まり、デッキパッドを貼って完成となります。











※スケートボード用なので、幅が足りず継目がありますが、図柄も合わせております(変なところで芸が細かい)。



(追記)制作費用まとめ

今回の製作費用です。

@USBフットスイッチ⇓(Amazonで購入)¥2,415(税込)

サイズ USBダブルフットスイッチ2 静音タイプフットスイッチ USB-2FS-2

新品価格
¥2,412から
(2014/10/11 15:46時点)



A木材端切(近所のホームセンターで購入)¥168(税込だったけ?レシート噴出紛失)
Bシリコン水切りポット(近所の100均で購入)¥432(税込)
CMOBのデッキパッド(ムラサキスポーツで購入)¥1,620(税込)
footrest_costgraph.png
となり、計¥4,635となります。


ちなみに、木材端材のカットした半分はふくらはぎ用ストレッチ台になっております。


※管理人宅は上履きシステムなので靴で踏む想定です。裸足や靴下で使用する場合、MOBのデッキパッド貼る必要ありません(言われなくても誰も貼らないでしょうが)。
また、椅子にキャスターがあると脚で後ろに押す感じになってうまく機能しないと思います。管理人もスティールケースのシンクチェアでナイロンキャスター仕様ですが、床がフローリングということもあって滑り過ぎるため固定タイプに変換しました。腰の調子が良くない方などは、椅子を固定するのも一手かと思います。座ってる際に椅子が微妙に可動するのは結構体軸に負担かかっていると思います。

sanwa_caster_02.JPG



とりあえず、管理人はこのような簡易型キャスターストッパー(リビングの椅子で使ってたのを1セット借用)をセットしましたが、これだとちょっと椅子動かしたいときに辛気臭いんですよね。





そこで、ブログ記事書きながらAmazonで固定脚を探しましたが、シンクチェア用っていうのは見つけられませんでした。サンワサプライの汎用的(ナカバヤシのもあるけどこっちは色がちょっと・・・)なのを見つけましたが、メーカーHPを見るとどうやら60mmキャスターからの交換用らしく、同キャスターから交換した場合に”ほとんど高さが変わりません”的な説明しか発見できませんでした(こういう時は技術資料見たいですよネ)。実測ではシンクチェアのキャスターはφ65mmみたいで、床とエアシリンダー下部とのクリアランスも8mm程度とギリギリですから一抹の不安はあるものの、詳細な技術資料を発見できないため結局「エイヤッ」で発注かけました。
sanwa_caster_01.jpg
以外と選択肢ないんですね、この手の商品。
最悪改造する羽目になるいかもしれません。
sanwa_caster_03.JPG

sanwa_caster_04.JPG
一応、シャフトの各部寸法適合するか確認しておきましょう。
OKでした。
ハマるのはハマるでしょう。問題は高さが5mm程下がるのに対して、エアシリンダー⇔床のクリアランスが8mm
ってとこです。ここは祈りましょう。

発注したのはこいつ ⇓ ⇓ ⇓

SANWA SUPPLY OAチェア用固定脚 SNC-ADJST4

新品価格
¥1,245から
(2014/11/10 13:33時点)



最後に一つ注意点ですが、腰の負担を考慮して固定脚タイプに変更しようと考えた方へ。
総革張りとかのゴージャスな造りで椅子自体の重量が重い場合、キャスタータイプと違って少し位置変えたいときに逆にそれで腰痛めかねませんから、その辺考慮しておきましょう。管理人使用のシンクチェアは脚も樹脂タイプで軽量なのでその辺は問題ありません。アルミ脚とかだとちょっと微妙な重さになるかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2955012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
総自研管理人さんの画像
総自研管理人
ブログ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。