検索
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
jb470さんの画像
jb470
群馬県より、所有している中古キャンピングカーについて色々と綴っていきます。 活動は主に週末ですが、群馬は温泉がたくさんあって、行くところに事欠きません。
プロフィール

2020年04月05日

キャンピングカー車内でお花見宴会inキラッとかんら城下町小幡


2020年4月4日(土)


この週末、群馬県でも連日新型コロナウィルス感染者の発表が相次いでいます。

3日(金)の朝、出勤前に甘楽町小幡の桜が見頃を迎えた話題を妻と息子にいたしました。
しかし5日(日)に予定されていた「武者行列」も中止になったことを甘楽町ホームページで知り、とても残念に思います。

何気なく「キャンピングカーでお花見に行って、車内でお花見宴会でもするか?」と言ってみたところ、めずらしく二人とも乗り気に


休校で息子も家にこもりがちなうえ、学校再開が来月7日に延びたこともあってストレスが溜まってるのでしょう。
不要不急な外出について自粛要請が出ている中、状況によってはキャンピングカーから出ずに花見とする事も考慮し、感染拡大には十分注意したうえでJB-470で訪れた次第です。



DSC_0457.JPG


先ずは小幡八幡神社へ。

私は何度か訪れているけど、妻と息子は今回が初めてです。

DSC_0458.JPG


甘楽町指定文化財である天井画公開の案内板。
私もこれはまだ見たことがなかったですね。

DSC_0459.JPG

小幡八幡宮拝殿の天井画は、日曜日に公開中とありましたが、何とか横から拝見させて頂くことが出来ました。

DSC_0461.JPG

拝殿にて家族揃っての参拝。
もちろん新型コロナウィルスの感染縮小と、医療崩壊が現実とならぬよう祈念いたしました。

DSC_0463.JPG


八幡山公園の丘から見る甘楽町から富岡、妙義方面の景色。

世界中が新型コロナウィルスの脅威にさらされている中、景色だけを見れば、毎年変わらずの美しく平和な春の甘楽町。

DSC_0466.JPG


鳥居前の通り沿いに桜の木のトンネルです。

DSC_0472.JPG


春の日差しにキラキラと輝く清冽な雄川堰の流れ。

DSC_0477.JPG

メインの見どころとなる県道197号下高尾小幡線沿いの桜並木。
満開の桜に目を奪われてしまいます。

DSC_0478.JPG


第36回城下町小幡さくら祭りが中止となり、本当に残念でなりませんけど、来年には必ずこの素晴らしい景観の中で開催されることを切に願います・・・本当に甘楽町が一番キラッと輝く季節ですから。


DSC_0479.JPG


甘楽総合公園に移動して、お花見宴会となりました。

DSC_0480.JPG


途中で調達してきたお惣菜やら握り寿司で、家族水入らずの宴会です。

妻とキャンピングカーで一緒に出掛けるのは2年8ヶ月ぶり・・・


DSC_0482.JPG

いつもの一人だけのキャンピングカーでは、ダイネットテーブルにこんなデザートが乗ることはありません。
当然私の分はありません

DSC_0484.JPG


お花見宴会と称し出掛けて来ましたが、久し振りに家族揃って楽しい時間を過ごす事ができました。
息子も本来なら部活動で一緒に出掛けたりが難しい年頃だけど、新型コロナウィルスの影響で何とも複雑な心境ではあります。

短い時間でしたがお花見宴会も終わり、後は夕方までそれぞれがダイネットで寛ぐつもりでいましたが、しかし例年に比べたら花見客も圧倒的に少なく、公園内も散策させてもらうことにしました。

DSC_0486.JPG

雄川沿いの桜並木も見事です。

もちろんマスク着用の、他の人たちとは一定の距離を保って歩きます。

DSC_0488.JPG


桜の花に近づいてみれば、何とも愛おしく感じます。

その反面、自宅で外出自粛をされている方には申し訳なく思ってしまいます。


DSC_0489.JPG


雄川の河原では、少ないけれど水切り遊びをする子供や家族連れの姿がありました。

一日も早くこの平和な光景が当たり前となるように願わずにはいられません。


DSC_0490.JPG


桜の木の下にご年配の夫婦が居て、奥さんが「この景色は毎日見ても飽きない」と旦那さんに向かって言ってました。

同感です。
こうして満開の桜を見に家族で訪れることが出来て幸せです。
満足させて頂きました。


DSC_0491.JPG


帰り道、JAファーマーズ富岡に寄ってお買い物。
駐車場には県外都市部ナンバーの車もチラホラと。

こちらは地元産の農産物以外に、お土産にもなる地域特産品が売ってますからね。

DSC_0495.JPG


レジを終えて、壁に貼ってあったこちらに見入ってしまいました。
21品目中で11品目くらいは常食しておりました。
免疫力アップ万歳

DSC_0494.JPG


そしてお楽しみは甘楽町の地酒、聖徳銘醸(株)鳳凰聖徳。
特別本醸造の家で晩酌向け。

満開の桜を思い浮かべては、チビリちびりと一杯やらせて頂きます。


DSC_0496.JPG


写真の撮り方は下手ですが、桜の花で少しでもご覧いただいた方のストレスが緩和されたら幸いです。

もちろん私も感染源とならぬよう、日々注意しながら家族とも協力し合い、この新型コロナウィルスに打ち勝って行きたいと思います。


本日もご覧頂き有難うございます。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

posted by jb470 at 12:48| 楽しむ週末

同じJB-470に乗るおやじさん、コメントありがとうございます


先日コメント欄に、同じJB-470に乗られているおやじさんからコメントを頂いておりました。
どうも有難うございます。

現在も新規記事のコメント欄は閉鎖中につきご不便を掛けます。
相変わらず中古がキーワードになるのか、ブランド品の不正コピー売込みと、激安ブランド品(偽物?)の売込み迷惑コメントがいまだ続いております。


以下はおやじさんからのコメント
================================================

こんにちは。同じJB470に乗り始めて1年半のおやじです。

家族では少し利用しましたが、ほぼ一人で毎月1〜2回出かけております。
家族では狭いですが、一人なら丁度良い大きさだと思います。
住まいは千葉県ですが、昨年の夏は群馬にも何度かお邪魔しました。野反湖には2回行きました。昨日、偶然このブログを見つけまして、少しずつ読んでいます。
コメント欄を閉鎖中という事で、古い記事にコメントしてみました。
読んでいただけている? 分かりませんが、これからも読まさせていただきますのでよろしく。

================================================

有難うございます。

ライトキャブコンのJB-470ですが、一人での使用は大きさ的にも使い勝手も丁度良いですよね。
もうすっかり私だけの走る別荘です(笑)

私はこの4月で中古JB-470(1997年式)に乗り始めて10年目に突入いたしました。
先月も国道17号三国峠を越えましたが、そこそこエンジンの調子も良く、労わってあげればまだ乗り続けられそうです。

おやじさんもJB-470と共に、楽しいキャンピングカーライフをお送りください。
今後ともよろしくお願いいたします


IMG_1805.JPG
(2019年5月GW 新潟県にて菜の花畑とJB-470)


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

2020年04月03日

雨降る中での弥彦神社参拝と、超時短メニューのサッポロ一番塩ラーメン溶き玉子入り


2020年3月22日(日)の出来事です。

道の駅国上での朝です。
目が覚めてから間もなく天から雨が落ちてきました。


DSC_0405.JPG


そろそろ当ブログへアクセス頂く方もうんざりの朝食納豆シリーズですみません

ご当地スーパーでつい目に留まり買ってしまった「雪口越後の味 山ノ下なっとう」です。

第23回全国納豆鑑評会 特別賞受賞の(株)山ノ下納豆製造所さんです。


DSC_0407.JPG


特別賞受賞はもとより、魅かれてしまったのはこのパッケージにある新潟市のシンボル「万代橋」。

今回訪れることはなかったのですが、思わず夜の万代橋の光景を思い出して、味もさることながら旅情をくすぐるデザインだと思ってしまいました。

ご当地商品って旅心を盛り上げてくれますよね



DSC_0408.JPG


いつもの朝食を食べ終えた頃には、雨脚もだいぶ強まり、結構な降り方になっていました。

従弟の家まではもうそんなに離れていなく、せっかくここまで来たのだからと弥彦神社へ参拝して行くことにしました。


DSC_0412.JPG


午前中で時間も少し早めなせいか、生憎の雨模様だからか、人影もまばらな弥彦神社です。

DSC_0413.JPG


何度も訪れたことはありますが、しばらく振りにやって参りました新潟県屈指のパワースポット。


DSC_0414.JPG

以前の光景と違うのは、新型コロナウィルスのため、手水舎に設置された手指消毒用アルコール。
おやひこさまにも例外なく新型肺炎の影響が出ているのを感じずにはいられませんでした。

DSC_0416.JPG


土砂降りの雨とは言え、まだ時間も早いとは言え、こんなにもの静かな弥彦神社は初めてです。

DSC_0417.JPG


随神門まで来た時には雨脚もかなり強くなりました。

DSC_0418.JPG


参拝客の姿もちらほらと見られますけど、静かな中での弥彦神社参拝となりました。

もちろん新型コロナウィルス騒動が、一日も早く事態収束することをお祈り申し上げました。


DSC_0419.JPG


万葉の道にも人影無く、送迎用バスに乗り込むお客さんもいなそうでした。

DSC_0420.JPG


ひっそりと静まり返ったお土産やのある通りに、雨の音だけが途切れなく響いておりました。

DSC_0421.JPG


キャンピングカーJB-470を手に入れた翌年のGWだったか、家族で来てソフトクリームを食べたお土産やさん。

DSC_0422.JPG


開運あんころもちをお土産に買いました。

DSC_0423.JPG


弥彦神社参拝を終え、無事に従弟にも約5年振りに再会することができました。

しかし・・・・・お互い歳を取ったもんだねぇ

この春に大学進学する長男にも激励のあいさつが出来、お祝いを直接渡す事が出来ました。

また近いうちに再会することを願い、従弟のもとを出発して再び下道をただ黙々と自宅へと向かったのでした。

来た時と同じ道をたどり、六日町を過ぎた頃にちょっと小腹も空いたので、遅めのお昼ご飯にいたしました。

とは言っても、特にこれと言った準備もしておらず、眠気覚ましにガムとコーヒーを買い求めたコンビニで、思わず手に取ったのは「サッポロ一番 塩ラーメン」

手持ちの具材を使い、安かろう早かろう旨かろうで作ってみました。

DSC_0426.JPG

鍋が沸騰したら麺を入れ、乾燥ワカメを投入して間もなく溶き玉子を入れたら、すぐにかき混ぜず少し待ちます。
玉子がフワッとしたら出来上がり。
麺が柔らかくなりやすいので、手際よく調理しないとノビノビ麺になってしまうからご注意を。


DSC_0431.JPG

お好みで刻んだ長ネギを入れたら完成。
私の場合、ネギはたっぷり入れる派です。

DSC_0432.JPG

袋麺だけだとちょっと寂しいけど、手持ちの具材を入れるだけで、少しだけ見栄えのする安く早く旨いキャンピングカー食となりますね

栄養面でも卵は完全栄養食、ワカメは水溶性食物繊維と塩分を排出してくれるカリウムが入っているからスープを多少飲んでも安心材料になりますでしょうか。
長ネギはアリシンの殺菌作用や血液サラサラ、抗酸化作用や疲労回復が期待できるので車の運転で疲れた時も効果的でしょうか。



DSC_0433.JPG

行儀悪いけど鍋のまま食せば洗い物も少なく済みます。

走行距離が多い移動では、こんなお手軽メニューが時間節約に役立ちますね。

DSC_0434.JPG

群馬に近づいてくるほど雨脚は弱まり、どうやら三国トンネルを通過すれば雨は上がっている模様です。

温泉でも寄って行こうかと宿場の湯の駐車場に乗り入れたものの、帰りが遅くなりそうで今回は断念しました・・・。

DSC_0435.JPG


無事に三国トンネルを抜け、峠を越えて群馬に入れば西日が眩しい。

DSC_0437.JPG


ここまで来れば気持ちの上でも余裕を持てて、自宅までの道のりをノンビリ走って帰ることが出来ます。

新型コロナウィルス騒ぎや生憎の雨模様もありましたけど、従弟に合う主目的も果たせたし、たまにはひたすらキャンピングカーで走り続ける?のも面白いかなと思いました。

DSC_0439.JPG

旅とは言えないかも知れないけど、自分流の車中泊で過ごす休日はやっぱり面白くて癖になってしまいます



本日もご覧いただき有難うございます

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
posted by jb470 at 00:30| 楽しむ週末

2020年03月31日

ご当地スーパーと車中泊の組合わせで、食品ロス削減に貢献できるか?!


まだ3月21日(土)の続きです・・・。

道の駅ちぢみの里おぢやでのんびりし過ぎて、もうすっかり暗くなってしまいました。

JB-470の暗いヘッドライトを頼りに走るのですが、新潟県の高規格道路はまるで高速道路のようで車の流れが速いです。
何としてもご当地スーパーで買い物をと思っているけど、看板を目にするもののついつい通過してしまいます。

そんな焦りの中、どうにか辿り着いたのは、スーパーマルイ長岡新組店さんでした。
看板には9:00〜24:00と遅くまで営業していて、行き当たりばったりで買い物が遅くなった時はとても有難いです。

DSC_0400.JPG


駐車場内には酒広場なる店舗兼売り場もあり、時間に余裕があれば覗いてみたかったんでけど・・・・。
流石コメどころ新潟は、地酒の看板を掲げた店舗を良く見かけますね。
ホームセンターなんかも看板に地酒と入ってたりして。

DSC_0401.JPG


一通り店内を見てまわり、必要と思しき物を買い求め、レジを済ませたのが19時半。
それで買ったものを改めて見れば、値引きシールだらけじゃありませんか

特に大根は要らなかったかも・・・ぬか漬け用ですから

今日の目的地まで更にこれから1時間程度走らなくてはならないのもあり、今夜はなるべく調理の手間をかけないお刺身などを買い求めてました。

私が車載しているエンゲル冷蔵庫は14Lの大きさしかないので、大抵はその日のうちに消費する食材をご当地スーパーで買い求める事になります。

どうせその日のうち、期限内に消費できるのが間違いないなら、車中泊には率先して調達するよう心掛けてます(単に金が無いのが本音デスが・・・普段の買い物もそうだし・・・・)
時に値引きシールでその日のメニューが決まってしまうのもいと悲し

車中泊することで食品ロス削減に貢献出来ているのかもなんて考えてしまうのは、どれだけ俺はプラス思考なんだと思ってしまいますねぇ。


DSC_0402.JPG


今夜の宿泊地には20時半過ぎ無事に到着。

既に先着の皆さんに迷惑にならぬよう、JB-470を停泊させるポジションを確保して、そそくさと晩酌の準備に取り掛かります。

木綿豆腐だけは半分に切り、残りを冷蔵庫にしまって、それ以外のお刺身(盛り合せとアジの叩き)と、リーフサラダは上蓋を取って並べただけ。
自分としては結構な距離??を走ったので、疲労感から自炊する根性は残っていなかった為重宝しました。

それでも辛口長者盛を味わうに、まぁまぁ見劣りしない晩酌のつまみになったかと思います。
先ずは常温で頂くひと口目に、ほど良い疲労感がじわんと熔けていくような感覚です。
この感覚が後日、つい次の車中泊へ行きたい衝動へと駆り立てるんですよね。

この後はお薦めのぬる燗も楽しみましたが、まぁ幸せを感じたまま、ついつい写真撮り忘れました。。。

DSC_0403.JPG

音量のボリュームを小さめに、ひとりBSNラジオ放送を聴きながら新潟の夜は更けて行きます。

酒のつまみも殆ど無くなり、そろそろお開きと思ったものの、ふと前日自宅でこしらえた玉こんにゃくの残りものをタッパーに入れて持ってきたのを思い出しました。

自宅での残り物を車中泊に持ち出して消費するのも、これ立派な食品ロス削減に貢献すると言えるのではないでしょうか。
キャンピングカーも車載冷蔵庫もやっぱり便利だなぁ。

もうちょっとだけ飲ませてください・・・とばかりに、フライパンで軽く炒って熱を通し、辛子をつけて食せばまた酒がすすんでしまいます。
自分の適量を超えないよう、飲み過ぎ注意の夜でした。


DSC_0404.JPG

何と申しましょうか、お独り車中泊が回数を増すごとに、こんな晩酌を求めている自分に少し困惑することがあります。
自分と対峙して飲んでいるような錯覚、それほど独りの車中泊は、色々と考える時間を与えてくれ、自分自身と向き合えるチャンスなのかも知れません。
最後は食品ロス削減から話が逸脱してしまいました


本日もご覧頂き有難うございます

それから志村けんさんのご冥福をお祈りすると共に、一刻も早くこの地球上から新型コロナウィルスが消えて無くなる事を心から願います!!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

2020年03月29日

道の駅ちぢみの里おぢやで湯ったりのんびりリフレッシュ!?


3月21日(土)の続きです。

お昼をだいぶ過ぎて、途中休憩がてら車内昼食としました。
と言っても、ちょくちょく小休止してるから、なかなか目的地に近づかない

この怪しげなものは何か?ですが・・・。

DSC_0390.JPG


中身はぬか漬けされたゆで卵・・・前日自宅で漬けて、冷蔵庫に保管し24時間経過。


DSC_0391.JPG


ぬかを取り除き、軽く水洗いしていただきます。

DSC_0393.JPG


この日、遅めに食べた昼食。
夕方には温泉に浸りたいので、今のうちに何か食しておこうと思いました。

3ぶつき米に黒ごま塩のおにぎり。
地元群馬の梅干しに、インスタント味噌汁にカットわかめを追加。

朝から車の運転しかしてないので、こんな食事内容でも自分にとって十分なんです。

DSC_0394.JPG


それにしても、ゆで卵のぬか漬けが大好きになってしまいました。

MEC食を少しの間やっていた頃はゆで卵にはマヨネーズでした。
それ以降もほぼ毎日、温泉たまごとゆで卵は欠かさず食べてます。

煮卵やら燻製たまごもありますけど、味と風味ではぬか漬けが自分の好みにピッタリでした。


DSC_0395.JPG


食後にまた少し先へ進み、小出を過ぎたあたりで今夜車中泊する予定地にした道の駅国上の情報を収集してみました。
宿泊地を決めたのは、出発して新潟県に入ってからです・・・日帰り温泉併設の道の駅で一番目的地に近かったので。

念のため温泉に営業確認をしてみようとホームページを開いたら、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、臨時休業再延期でこの日は休館中・・・。

まだ少し時間も早い気がしましたが、予定変更して温泉は道の駅ちぢみの里おぢやで頂くことに。
ちょうど以前から一度行ってみたいと思ってたので結果オーライです。


DSC_0396.JPG


大型車用の駐車スペースは空いてましたが、普通車用はそこそこの駐車台数。
この新型コロナウィルス騒動が無ければ、3連休の中日ですからもっと人が訪れたんでしょうね。

DSC_0397.JPG


湯どころ ちぢみの里 パンフレット掲載させていただきます。
(クリックで拡大します)

この日の男湯は洋風。
入浴施設の中に岩盤浴がある方でした。

ジャグジーや寝湯と一体になった大きめの内風呂。
混雑していないので、洗い場も浴槽もゆったりと間隔を開けて入浴できました。
露天風呂も洋風は展望が利かないものの、青空が見える解放感はやっぱり良いです。

岩盤浴なんてあまり縁がないのもあって、内湯と露天も含め行き来してたら・・・・あっと言う間に2時間近く浴場滞在となりました

chijiminosato.jpg

しかしそんな楽しい入浴中、従業員の方が浴室入り口に何やら掲示物を貼りだしました。

何だろうと見てみれば「長岡市保健所管内において、新型コロナウィルス感染者が確認され、ドライサウナと岩盤浴の利用が当面出来なくなる」との内容

地元らしき年配の方が傍らで「長岡でもついに出たかぁ」とつぶやき、流石にこの時はちょっと緊張が走りました。

注記)現在は3/25より4/1まで臨時休館となっています。詳しくはちぢみの里ホームページでご確認下さい。

売店でちょっとしたお土産を買い求め、道の駅で無料パンフレットや冊子を頂き、JB-470のもとへ戻れば辺りは日も暮れ暗くなってました。


DSC_0398.JPG


売店で買い求めたのは「へぎそば」と、本日の晩酌に小千谷市の新潟銘醸「長者盛 辛口 本醸造」です。

普段自宅の晩酌は焼酎がメインですので、自分で勝手に決めたルールに則り、日本酒解禁とした車中泊での晩酌が、益々楽しみで仕方なくなってますね・・・。

それほど酒量は多く飲めないくせに何でしょうか、「旅に出て、その地方の地酒を飲む」との雰囲気が、よりほろ酔い気分を盛り上げてくれるからなのでしょうか。


DSC_0399.JPG


この後道の駅国上を目指し、更に北上を続けるのですが、途中ご当地スーパーでの買い出しもしなくてはなりません。
何だかのんびりし過ぎました



本日もご覧いただき有難うございます

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by jb470 at 21:48| 楽しむ週末

2020年03月28日

県境三国峠を越えて、中古キャンピングカー新潟へ



2020年3月21日(土)の事です。

前週末に続き、1泊2日の車中泊で出掛けて来ました。

行先は従弟の住む新潟市。

この春に長男が大学へ進学することを年賀状で知り、直接お祝いを渡したいとの思いからでした。

しかし以前から計画していた事とは言え、今日に至っては3連休明けの感染状況を知るたびに、何とも悔やまれぬ気持になってしまいます。
「コロナ慣れ」とは良く言ったものですが、週末の外出自粛報道を見るにつけ、気の引き締まる思いがします。

3連休は風の強く吹き荒れる20日(金)に下準備をしていたのもあり、いつもの自分より少し早めに自宅を出発する事ができました。
エンジン回転数が安定するまで僅かに暖気運転をするのですが、出発前のワクワクした期待感が増していく、この瞬間が何とも好きです。


DSC_0370.JPG

高速道路を使えば無理なく日帰りも可能な距離ですけど、急ぐ予定もないし小遣いも少ない

毎度の三国峠越えとなります。

DSC_0373.JPG


ちょっと眺めの良さそうな場所にJB‐470を停めては写真撮影。
赤沢スキー場の上級者コースが見えましたが、例年に比べやはり降雪が少なかった事を実感しました。

DSC_0375.JPG


道の駅や大掛かりな休憩所ではなくても、水道やトイレを装備している事で、道路脇の小さなパーキングでも気持ちにゆとりのある休憩が取れます。
ふと休憩したくなった時、ちょっとした目に留まる景色に出会った時など・・・・。


DSC_0376.JPG

幼い頃から何度となく通過している三国トンネル。
関越自動車道の関越トンネルに比べたら、すれ違いに恐怖を感じるほど狭く照明も暗いトンネルです。

でもこのトンネルを通過して、新潟県に入る際いつも思い出すのは、まだ幼い自分に向け言った母の言葉。
「三国トンネルを抜けると、いよいよ新潟県よ」
もう40数年も前に聞いた言葉が記憶の奥底から必ず蘇って来ます。

私の母は新潟県下越地方の出身で、その言葉のどこかに生まれ故郷に帰ってきた母の喜びを、幼心に感じ取っていたのかも知れません。

IMG_3534.JPG


トンネルを抜けて無事に新潟県へ。

久しぶりに見る苗場山と一緒にJB-470を写真に納めます。

DSC_0378.JPG

例年に比べたら人出も少ないんでしょうけど、やはり3連休で苗場やかぐらスキー場はそこそこのスキー客で賑わっていた様子です。

DSC_0381.JPG


南魚沼市まで来て、道の駅南魚沼に寄ってみました。
天気予報では下越地方はこの日下り坂の予報でしたが、まだここは青空も見えて気持ち良い春先の陽気の中、隣接する憩い広場の遊具で遊ぶ子供たちの姿がありました。

一斉休校などあった中で、元気に遊ぶ子供たちの姿には、どことなく新型肺炎騒動がこのまま収まってくれるなんて淡い期待をしてしまいます。


DSC_0383.JPG


駐車場の片隅にJB-470を停め、売店などを短時間で見て回り、小休止がてら敷地内を散歩しました。

IMG_1818.JPG


雪の残る八海山。
冬から春にかけて季節が変わる瞬間は、何とも好きな景色のひとつです。

IMG_1819.JPG


昨年GWに寄った魚野川を眺められる場所へ寄ってみたところ、工事車両が入っており進入禁止になってました。
仕方なく通り過ぎた時に偶然見つけた小さな神社。


DSC_0384.JPG


十二神社とありました。
折角だから参拝させて貰うことに。

DSC_0385.JPG


本殿には雪囲いなんでしょうか。
私は今まであまり目にしたことがなく、珍しく感じてしまいました。

DSC_0386.JPG


願うのは家族の事と、やはり今となっては新型コロナウィルス騒動が一刻も早く収まる事。

DSC_0388.JPG


境内の敷地に小さな遊具が設置されており、小学生の兄弟がお母さんと共に遊びにやって来ました。

得体の知れないキャンピングカー乗りの中年オヤジはそそくさと、遊びの邪魔にならぬよう、次なる目的地へと向かったのでした。

DSC_0389.JPG


本日もご覧頂き有難うございます

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
posted by jb470 at 23:56| 楽しむ週末

2020年03月24日

絶滅してしまう日帰り温泉だってあるのです・・・「ぐんまの源泉日帰り入浴パスポート2020年-21年版」


テレビ東京系で放送中の絶メシロードですが、私も毎回欠かさず見ています(録画してですが)

車中泊をする主人公についつい感情移入してしまうところもあって、視聴していて面白いですね。

でも車中泊に関わるもので、絶滅してしまうかも知れないのは絶品メシだけとは限らず・・・・・日帰り温泉もその一つだと思うんですね


いきなり話は変わって2月になってすぐ、群馬県は上毛新聞社が発刊する「ぐんまの源泉日帰り入浴パスポート2020年−21年版」を入手いたしました。

税別定価800円なり。

DSC_0281.JPG


お目当てはやっぱり100円引き日帰り入浴クーポン

20枚で計2,000円分が付いています。

税込の書籍代を引いても、クーポンを全て使えば1,120円分お得です。
クーポンの期限は2021年の12月末ですから、実質まだ2年近くは使える訳ですね。

たかが100円(施設によっては2枚使えて200円)の割引とは言え、低金利のこのご時世、数百円〜千数百円の入浴料から100円または200円を割引してくれるなんて有難いです。
また以前にも記事にしましたが、この割引チケットを持っていることが、出掛けることへの動機付けになっているんですね。

JAF会員でもありますので、そちらはそちらで会員限定割引があり、施設によって使い分けなんかもしています。
それから温泉博士の温泉手形も過去利用していましたが、最近はたまたまなのか、群馬の手形利用施設が減ってしまっている気がして少し残念(おとなこども手形除く)。


DSC_0282.JPG



左隣に写っている白い表紙のものは、同じくぐんま源泉日帰り入浴パスポート2018−19年版です。
期限を待たずして20枚のクーポン券は全て使い切りました。

しかし残念なことに、2年前に発刊された前号に掲載されていた中から4つの温泉施設が廃業もしくは休館となってしまいました


「草津温泉」草津温泉館  → すでに取り壊し済み

「六合赤岩温泉」長英の隠れ湯 → こじんまりした共同浴場になって、施設は現在RVパークになったとか

「四万温泉」町営四万こしきの湯 → 観光案内所

「西下仁田温泉」荒船の湯 → 今年の正月に前を通過したときは寂しげでした




DSC_0283.JPG

草津温泉館が閉館となる一ヶ月前に訪れた際、受付の女性スタッフさんからその事実を聞かされました。

「ホントですか?勿体ない・・・・」と言う私に向かい、「建物も老朽化してるしねぇ、仕方ないんですよ」と。

洗面器は黄色のケロリン。
遠赤外線セラミックプレートを採用した低温サウナ。
休憩所にはコタツが数台と本棚には昭和から平成にかけて人気を博した漫画本がズラリとあり自由に読めました。
私は釣りキチ三平とバリバリ伝説を読むのが好きでした・・・・。

温泉自体は隣接する草津ハイランドホテルで楽しめるでしょうけど、あの雰囲気は二度と味わうことができません。

そんなことを思い出したら・・・・・・絶風呂(温泉)フォーエバーなんですよ

廃業してしまっても、他に同じ源泉の入浴施設があれば、お湯自体は楽しめますが、やっぱりその施設ごとに浴槽の造りも違うし、露天風呂や窓から見える外の景色も違います。
持ち合わせた雰囲気や接客サービスはそこ独自のものではないかと。

私も地元ながら、この群馬県でまだ訪れたことのない日帰り温泉施設がたくさん在ります。
いつか行けるだろうなんて思っていると、いつの間にか廃業してしまっていたなんて・・・・そんな後悔はしたくないので、間を見ては訪れてみたい気持ちです。
でも気に入った日帰り温泉は、何度も訪れてしまうので、週末の休日だけではとても足りなさそう

それと温泉入浴料だけでは経営も厳しかったりする施設もあるでしょう。
お独りで訪れる私も時折ですが、売店で何か目ぼしい野菜や土産などあれば、少ない小遣いからやりくりして細やかな貢献が出来ればと思ってます。

車中泊と日帰り温泉の相性ってとても良いですよね。
ですからこれから先も、絶風呂(温泉)フォーエバーですね


本日もご覧いただき有難うございます

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村



にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
posted by jb470 at 23:29| 群馬の日帰り温泉

2020年03月22日

山間の静かな道の駅六合と応徳温泉の黒い湯花


3月15日(日)の続きです。


停泊地を離れ、道の駅六合へとやって参りました。

目的は久し振りになる応徳温泉ふれあい館への温泉入湯。

一先ず駐車場にJB-470を停め、オープン時間までまだしばらくあるので近くを散策する事に。

RVパークには、チェックアウト時間前ではありますが、キャンピングカーの姿は見当たりません。
この新型コロナウィルス騒ぎの中、利用されたキャンピングカーオーナーの方がいたのでしょうか。

私は2017年の年末に一度利用させて頂いた事があります。


DSC_0349.JPG


無料の足湯も4月いっぱいまでお休みでお湯も抜かれていました。
当然人影もなく。


DSC_0350.JPG



一昨年の5月GW以来、久々に訪れたくつろぎの湯。


DSC_0351.JPG


宿 花まめの駐車場も宿泊者らしき人の車が見当たらなかったような気がします。
日陰になる中庭には薄っすらと雪が残っていました。


DSC_0353.JPG




気持ちの良い青空と、遠くに見える雪を被った浅間山が見えます。
清々しい気分です。

DSC_0354.JPG


道の駅六合の施設案内看板。
公衆トイレは道路に面した上の方の駐車場でないと、傾斜を登って結構歩くことになります。


DSC_0355.JPG


日帰り温泉が併設された温泉は車中泊に人気がありますが、この看板もその効果を期待しての事でしょうか。

DSC_0356.JPG


そろそろオープン時間が迫って来ましたので「そろそろお湯を頂にいきますか」ってな感じで行動開始です。
RVパーク利用時に無料入浴券を3枚頂いたのですが、まだ2枚残ってたので利用させて頂きました。
無料入浴券には期限がないので、RVパークを利用されたならぜひまた訪れて頂きたいものです。


DSC_0357.JPG

玄関のガラス面に猿出没注意の張り紙が。
到着する少し手前の橋の欄干に、2匹の猿を目撃しておりましたので納得

DSC_0358.JPG


野反湖キャンプ場の宣伝ポスター。
私も20年以上前、ニジマス狙いで釣りに来た際、利用させて頂いた事があります。
野反湖フィッシングパークと言う呼び名は初耳です。

DSC_0359.JPG

黒い湯花についての効能。
この日も微かな硫黄臭がするお湯の中で、ゆらゆらと舞っておりました。

DSC_0360.JPG


地域住民の保養も兼ねた建物でもあり、どこかレトロな感じが漂っています。
他に人影はないようでひっそりとしていました。


DSC_0361.JPG


ぽつんと寂しげな卓球台。

結局1時間ほど温泉を貸切で堪能させて頂きました。

洗い場は5つ、それほど大きくない内湯があるだけですが、それでも貸切とは何とも贅沢な気分でした。

DSC_0362.JPG

温泉を出て帰り際に年配のご夫婦が来館されました。
タイミング良く貸切状態となった事でしょう。

温泉は無料券で利用させて貰ったので、道の駅の売店で何か買わないと申し訳ない気持ちになって、扉を開けようとしたらカギが掛かっています。
ガラス越しに中を覗けば、天井の室内照明が全て消えていて、店員さんらしき人影も見当りませんでした。
臨時休業の案内も貼ってないのに・・・・・お客さんも少ないので店も開けないって事なんでしょうか・・・。
軽食処も同じく人影すらありませんでした。

DSC_0364.JPG


場所を移動して少し広めの駐車場で休憩させて貰いました。

ポツポツと訪れる観光客の車は大体が県内ナンバーばかり。

まだ新緑には早すぎるのか、それとも自粛ムードのせいなのか。


DSC_0367.JPG


お昼を過ぎ、小腹も空いてきたので、また温蕎麦を作ってみました。
椎茸とネギで新型コロナウィルスに抗っているつもりです

DSC_0368.JPG


何となく寂しさに似た印象を受けたものの、応徳温泉のお湯は草津の仕上げ湯と言われるだけあって、今回も心地良かったです。
新緑がまぶしい季節には、きっと賑わいも戻ってくる事でしょう。


本日もご覧頂き有難うございます

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
posted by jb470 at 23:23| 楽しむ週末

2020年03月20日

キャンピングカーの朝食で血糖値について考える


2020年3月15日(日)のことです。


朝は冷え込んだようで、濡れた駐車場は凍っておりました。
でも前日とは打って変わり、今日はこの青空ですから良い天気になりました。


DSC_0341.JPG


寝起きの熱めなコーヒーを飲み終え、朝食の準備に取り掛かります。
今朝は地元群馬の「下仁田納豆」をいただきます。

買い物したスーパーの納豆売り場では、新型コロナウィルス関連で「どんな組み合わせでも、お一人様2パックまで」と張り紙がしてありました

DSC_0342.JPG


毎度代わり映えしない我が朝食ですが、最近地元でつくられた梅干しが仲間に加わりました。
ぬか漬けは・・・前日漬けるのをすっかり忘れ寝入ってしまいましたが・・・。


DSC_0345.JPG


一応自分なりに色々と勉強してたどり着いた、キャンピングカー車中泊でもそこそこ手間要らずで採れる朝食メニューで、ある程度は血糖値上昇を抑えられていると思ってます。

私の空腹時血糖値は適正範囲内ですが、糖質制限を始めた際に学んだ急激な血糖値の乱高下(グルコーススパイク)に注意を払うようになりました。
血糖値の急激な上昇で過剰分泌されたインスリンにより、健康上におこる様々な問題があるのを知りました。
食後2時間血糖の数値についての重要性も、糖質制限を勉強して初めて知ったというお粗末ぶり。

身の回りにいる血糖値が高めの方の不調の様子や、糖尿病療養中の方のブログを拝見するに、もはや国民病か?と言われるU型糖尿病が進行した際の大変さを想像すると、それを教訓とさせて頂かなければならないと思っています。

朝に納豆を食べることメリットは、科学的根拠のあるセカンドミール効果につてい調べて頂けると幸いです。

キャンピングカーオーナーは統計からも中高年の方が多いので、体型的な変化より、少しでも長く健康にキャンピングカーライフを楽しむためどのような食を選ぶかが大切だと思います。
粗食が良いとかでもなく、食養と言われる無添加無農薬が良いと言うのでもなく、現代の食生活って難しいんだなとつくづく感じますね。

それでも自分の人生、好きなものを好きなだけ飲み食いして何が悪いと言う人には無用な話ではありますが・・・・・。


2018年度の医療費は42兆6千億円で2年連続で過去最高を更新・・・・高齢化が主な要因なんでしょうけど、この先どうなるのでしょか。
たとえ高齢でも健康が維持できていれば、必要以上に医療費が掛からないわけです。
食が全てではありませんが、やっぱり身体って食べ物から正しく摂取した栄養で維持できているんですよね。




納豆には小ねぎのほかに温泉卵の白身を適量入れて混ぜ合わせてます。

たれを入れる前にしっかりかき混ぜて、たっぷりネバネバにするんですが、白身のおかげでフワッとした口当たりになるんですっかりハマってます。


DSC_0346.JPG

余談ですが、このところ車中泊ではトランジスタラジオを聴いてます。
スマホでアプリを使ってラジオ放送は聞けるけど、なんだかやっぱりラジオの方がしっくり来るんですね。

バイクツーリングに持っていくため手に入れた30年も前のラジオ。
壊れかけずまだまだ使えてます。

ドラマ「絶メシロード」のシーンでも、受信状況が悪くなった時、主人公がトランジスタラジオやアンテナの向きを変え四苦八苦している姿が自分に重なり笑えました

DSC_0347.JPG


食後はのんびりと生姜紅茶。
もう半年以上続けてますが、飲み終えた後はとっても身体がポカポカします。

根生姜を買ってきたのに、手抜きをしてチューブ入りで代用してしまいました。

DSC_0348.JPG


新型コロナウィルスの感染拡大を阻止するため、手洗いや手指消毒、マスク着用や咳エチケット、感染リスクの高い場所へ出かけないようにするもの大切ですが、自己免疫作用の活性が図れるような休息や食生活にも留意していきたいです。



本日もご覧頂き有難うございます

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

2020年03月19日

キャンピングカーで学ぶ日本酒の味と低糖質なポン酢のしゃぶしゃぶ


3月14日(土)のまたまた続きです

川原湯温泉で身体に浸透した温泉成分の心地よさが消えないうちに、本日の停泊地である道の駅に到着しました。
日没後、冷たい雨の余韻がまだ残る駐車場の片隅です。

DSC_0329.JPG


新型コロナウイルスの影響に関係なく、ここ何年か決まって始まるキャンピングカーおひとり居酒屋の開店時間となりました

この日は道中で入手した、高崎市倉淵町にある酒蔵、牧野酒造さんの大盃にいたしました。
数々の受賞歴もあって、嗜んでみたい銘柄に目移りしながら選んだのは、やっぱり私みたいな庶民のお財布に優しい醸造酒です。
まだまだ私のようなど素人には、身の丈にあう日本酒から学んでいくのが最善かと。


DSC_0331.JPG

先ずは常温のままで。

つまみはあっさりと自家製(自分製?)のぬか漬けです。
手前の大根は写真が白飛びして良く写ってませんね・・・・。

うす塩仕立てのぬか漬けをほんのひと口かじりながら、少量の酒を口に含むと鼻腔にそれぞれの醸した香りを感じて一瞬幸せな気分に。

DSC_0332.JPG


一杯を終えておもむろに持ち出したのはダイソーで手に入れた料理用温度計。
パッケージの写真にある天ぷらをするためではなく・・・・。


DSC_0333.JPG


何をするのかと言えば、ご覧のとおり熱燗です(笑)

ここ最近何冊かの日本酒に関する書籍を見て勉強しながら、燗酒の温度変化による味わいを試してみたくなりました。

でも今思えばこの湯煎の仕方も、本来は徳利の肩まで湯に浸けなくてはならなかったと反省。


DSC_0334.JPG


50度ほどに達した大盃を鍋から引き揚げて、手っ取り早くマグロのブツで味わってみます。

稀に脂ののった切り身を口にした後で含む日本酒は、やはり米から出来ているせいで相性良く感じます。

DSC_0335.JPG


そして次にあてがうのは、糖質オフのポン酢で味わう「なんちゃってしゃぶしゃぶ」

昨年暮れに売り切れて入手不可だったのですが、最近になってようやく手に入れることが出来ました。

DSC_0336.JPG

なんちゃってしゃぶしゃぶになってしまったのは、豚しゃぶと決めてたんですけど、望んでいたような豚しゃぶしゃぶ肉が売り場になく、薄切り豚ロース肉を調達してしまったから

DSC_0337.JPG

豚しゃぶしゃぶでなく、豚ロース肉の水炊きになってしまいました。

しかしこの頃はほんのり酔いも廻り始め、まぁ細かい事はどうでも良くなっておりました。

DSC_0338.JPG


それで糖質オフのポン酢ですが、なかなか美味しいというのが私の感想です。
人工甘味料については人それぞれかと思いますが、この日に感じたのはちゃんとポン酢だったと言う事です。

低糖質なポン酢を求め、自分で作ってみたりしても上手く行かなかった事もあり、今後はこれでポン酢を使ったレシピに幅が持てそうです。

DSC_0339.JPG


緩やかに温度を下げる燗酒の味わいがわかったような、わからなかったような晩酌でしたが、やはり冬に戻ったような一日の終わりには打って付けでした。

ほろ酔い気分に浸りながら、新型コロナウィルス騒動が始まってから、この日までの身の回りの出来事を思い出していました。
自粛ムードの中で特に観光業界や飲食業、小売り業などは当面の間大変なことだと肌身で感じました。

得体の知れない不安感が、いつ払拭されるかとの思いはありますが、諦めず決して負けないよう頑張れたら良いなと思いながら、この騒動が一日も早く終わってくれる事を願いました。



本日もご覧頂き有難うございます

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
posted by jb470 at 00:32| 楽しむ週末