広告

posted by fanblog

2019年06月20日

ASPセラピー(ASP耳鍼療法)の施術動画【抜き方編】

鍼を刺したら抜く!鍼手技の基本です。
簡単な手順ですが動画でポイントを確認してください。



ASPセラピー(ASP耳鍼療法・Battlefield Acupuncture)施術後、1週間経過した患者様の抜鍼処置です。
ASP鍼は数日(a few days)経過するとピンセットで簡単に引き抜くことが出来るようになります。
若い人ほど早く抜きやすくなる傾向であり、年をお召しになられた患者様が抜鍼処置に来院するのが早すぎると引き抜けず、無理に引き抜くと出血する恐れもあります。また、あまり長い間放置すると自然に抜けてしまいますので、患者様の年齢を考慮して来院日を指示するようしてください。
抜鍼後には必ず消毒をして下さい。
ASP鍼は効果も大きい代わりに侵襲も大きいですから、安易にすると感染の可能性がありますので施術者は十分に注意して施術して下さい。

(C)日本ASPセラピー普及協会 Japan ASP Therapy Association

当協会では正規の手続きにより薬監証明を所得してASP鍼を輸入する方法を、外部の業者に委託してサポートする体制を整えております。
また、個人輸入マニュアルも販売しておりますので正式にASP鍼を取り扱いたいという先生は当協会までご相談ください。
当協会は患者様の安心安全と、ご自身の国家資格はり師免許を守りたい先生のお力になります。

日本ASPセラピー普及協会
Japan ASP Therapy Association
会長:襖田和敏(医学博士)
事務局長:上市茂生
事務局:大阪府大阪市阿倍野区王子町1丁目4番11号2階 大有堂鍼灸接骨院内
事務局メール: japan.asp.t.a@gmail.com

このブログの広告収益は、ASPセラピーの正しい普及活動に使わせていただきます。
協会の運営に皆様のご協力をよろしくお願いいたします。


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8907181
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日本ASPセラピー普及協会 会長 襖田和敏さんの画像
日本ASPセラピー普及協会 会長 襖田和敏
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。