広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

ヤマハ音楽教室「音のおもちゃばこ」

ヤマハ音楽教室の1歳向け「音のおもちゃばこ」の体験レッスンに行ってきました。

リトミックと同列位に思って、参加したのですが、リトミックとは別ものでした。
ジャモカが求めている音楽教育そのものでした!。

ヤマハとリトミック教室、幼児教室数か所しか知らないけれど、通ってもないけれど、さすが音楽の専門だなぁと思いました。
幼児教室やリトミックは正直に言えば、お母さんがお家でやれる範囲。なにもプロの手を借りたり、毎週同じ時間に無理していかなくてもなぁと思ったけれど、ヤマハのはプロのなせる技かなぁ。

先生のちょっとした歌も美味くて鳥肌がたっちゃう。
楽器も赤ちゃんでも使いやすいようにつくられているとか。そして、鉄琴ににた楽器(似て非なるものらしい)の音色がキレイだったり。
あん○んまんの鉄琴とは偉い違い。。。

4歳からのピアノ(エレクトーンを使った集団レッスン)に向けて、1歳からそれに近づけるプログラムをやっているとか。

月謝がなぁ。。。
月に2回で5000円位。う〜ん。ちょっとなぁ。
3歳からでもいいような。

おそらくまだ通わないと思いますが、良かったです。
体験レッスン、やっぱり行ってみるものですね。

英語教材選び

英語の教材選び

家庭保育園の第一〜第三教室をやっているジャモカですが、英語、多言語のCDは若干あるものの、英語を学ぶツールは含まれていないので、何かいいのはないかなぁ?とじっくり検討しているところです。

ベネッセのWorldwide Kide English
以前資料請求した所、入っていたサンプルの絵本(薄い紙で出来た5センチ程度の大きさのもの)がとても気に入って、毎日何度も読んだ程。
ただでさえお気に入りだったのが、Worldwide Kide Englishをやっている知人宅でキャラクターの人形やDVDを見せて貰って更に拍車がかかり、毎日のように「Mimi」「Mani」とキャラクターの名前を口にするように。

そして、請求した資料に入っていた、紙で出来た「Mimi」の人形?を出した所大喜び。
そんなに喜ぶのなら・・・・。


と入会せずに「Mimi」の手踊り人形を夜なべして作ったジャモカなのでした.
だって、18万位・・・う〜んすぐには決められない。
でも子どもを夢中にさせる力はあるのかも。

「Dear Zoo]
Worldwide Kide Englishでも使われている絵本で、市販でも手に入ります。
仕掛け絵本的になっていてちぃちゃんも大好きです。ボートブックというのがありがたい。

DEAR ZOO:A LIFT-THE-FLAP BOOK(BB)[洋書]

DEAR ZOO:A LIFT-THE-FLAP BOOK(BB)[洋書]
価格:690円(税込、送料別)



http://www.benesse.co.jp/wk/index.html

論語


生後7カ月の時に購入したこども論語塾という本、購入してからほぼ毎日3つの論語を読み聞かせています。


ちぃちゃん自身の反応は殆どありませんが、あっという間に読み終わるので、放浪の旅に出ることなく聞いてくれています。
論語はまだこの本1冊だけしか購入していないので、ジャモカ自身がちょっと読みあきてきました(汗)。

でも、初めて論語をを読むジャモカには最適な本だったなぁ、買って良かったなぁと満足してます。続編の2,3も早く購入したい位です。


明日届く家庭保育園の教材にも論語CDが入っているようなので、とっても楽しみです。

ただ、こちらの「こども論語塾」では

孔子が言ったことは「のたまわく」となっていますが、家庭保育園では「いわく」となっているようです。
ちぃちゃんが混乱しませんように。

ちぃちゃん本棚(絵本のまとめ1)

「いないいないばあ」(家庭保育園推薦図書)

「いないいないばあ」!とページをめくると、くまさんやきつねさんが「ばあ」。
声をあげて笑って喜びます。
「いないいないばあ」といえば、やっぱりコレでしょうね。
出産祝いにも良さそうな1冊です。




「いないいないばああそび」
自分でページをめくる楽しみもあるので、ちぃちゃんはこちらもも好きです。
「小鳥、いぬ、ねこ、怪獣」というキャラクターがでてくるのですが、小鳥は可愛らしく、怪獣さんはガサツに大きく、などジャモカがキャラを設定し読んだり、絵本が無い時(例えばオムツがえの時や、お買い物中)でも、暗唱しながら怪獣さんになりきって「ドスンドスン」と歩いたりごっこ遊びもどき?をするとハッとした顔をして、集中して楽しんでくれます。

ストーリーが簡単なので、何度か読んでいると頭にはいっちゃいます。




「Brown Bear Brown Bear・・・」
洋書ですが、簡単な英語の繰り返しなので英語が苦手なジャモカでも読めます。
キラキラ星♪にのせて歌うことが出来ます。
you tubeで動画&本場発音でみることもできます。
おススメはこちら。ちょっとキラキラ星とは違うけれど。



「じどうはんばいきでガチャン」
ボタンを押すと、「ピッ ガチャガチャ」と自動販売機からジュースやハンバーガーが出てくる音がします。
ボタンがだと認識しやすいことと、ちょっと触ると音が出るので、指の力がないうちから押せる所が良いなぁと思います。

1歳前位から、毎日のように遊んでいます。





「がたんごとんがたんごとん」(家庭保育園推薦図書)
月齢が低い内は、正直、どこが良いのかなぁこの本?、というくらいにしか思っていなかったのですが、繰り返しとバナナやコップなどの身近なものが電車に乗るのが楽しいのかもしれません。

1歳前にはがたんごとんブームでした。(1歳を2週間近くすぎた今は下火です。)
これも暗唱に最適です。




「くっついた」
色がはっきりとして、絵も大きくキレイなので、月齢の低いうちから喰いつきの良い絵本です。
「おかあさんとわたしがくっついた」
の所で、声をあげて笑います。




「おおきなかぶ」(家庭保育園推薦図書)

絵本自体には興味がありませんが、ちぃちゃんを「かぶ」にみたてて、
「うんとこしょ どっこいしょ」と足を引っ張ると大喜びです。

この遊びをした後に絵本を読むと多少みてはくれますが、まだちょっと長文のようで、途中で放浪の旅にでてしまいます(汗)。



はらぺこあおむし(家庭保育園推薦図書)
最初はほとんど興味をしめさなかったのですが、はらぺこあおむしをフエルトに針金を入れてつくり、絵本をよみながら引っ張らせるようにしたら、見事!喜んでみてくれるようになりました。
「ひっぱりたい時期」に最適です。

ちなみにボートブック版がおススメです。普通の絵本ですと、ひっぱったりしていると破れてしまうので・・・。

ボードブック はらぺ...

ボードブック はらぺ...

価格:945円(税込、送料別)



-------------現在興味がない絵本-----------

ノンタンのもぐもぐもぐ
ノンナンの誕生日
ねないこだれだ(家庭保育園推薦図書)
いいおかお(家庭保育園推薦図書)
どうすればいいのかな?(家庭保育園推薦図書)→くまくん絵本シリーズ全般にまだ興味がありません。
ももたろう(家庭保育園推薦図書)
いっすんぼうし(家庭保育園推薦図書)




<おまけ>

★ベネッセのしまじろう

我が家はしまじろうをやっていないのですが、お下がりで頂いた付録?と思われる絵本はちぃちゃんの心を掴んでいます。

しまじろうは、月々1800円位というお手頃価格で、子どものツボを抑える教材・・・さすがだなぁと感心しちゃいます。
お下がりなので、その月齢になる前から読んでいたのですが、その時は???でもぴったりの月齢になって読んでみると、相当声をあげて喜びます。
(注う:けっしてまわし者ではございません。)



きつねのおきゃくさま
ジャモカが涙した絵本です。家庭保育園推薦図書でもあります。

英語サークル

今日は英語サークルの日でした。

これは習い事というより、遊びの延長に近いもので、英語でうたったり、歩いたり、今日は釣りゲームなんていうのもありました。
もちろん、まだちぃちゃんに釣り遊びはできませんが、2歳くらいの子たちは楽しめていて1年の成長ってスゴイなぁなんて。

サークルの中では2歳の子が多く、1歳になったばかりのちぃちゃんには刺激がいっぱい。

児童ホームなどで沢山の子どもの中でそれぞれに遊ぶのではなく、同じことに向かって遊ぶ、これは初めての子で保育園にも行く予定無しのちぃちゃんにはとても刺激になることのように思います。

今日は活発な2歳の子が多かったのと、朝寝がたりなかったのもあって、ちょっとママにしがみついてはチョロチョロしてる感じでしたが、他の子がやっていることをママにしがみつきながらじっと見てる。

親ばかジャモカ的にはこれが大事なことで、まだ出来なくても見ててくれるだけでいいのです。

そうそう、今日は2度ほど泣きました(笑)。

2歳の子に交じって、高さ15センチくらいの床の間に登ってはみたものの、2歳の子たちはなんてことなく降りて行くのにちぃちゃんは同じように降りられず、

「ママも遠くにいるし・・・困った」
みたいな感じで、だんだん表情が曇って来て、お座りしたまま

「ひぇ〜ん」と・・・。

このくらいの段差なら、お庭ではお尻をついたり、ハイハイのポーズで自分で降りられていたのに、お友達と同じようにおりたかったのか、それともハイハイで降りることをわすれていたのか、急に不安になったのか、今日は2度も泣いちゃって。
可愛い(うふっ)。

------------------------
「いないいないばあ」
ねんねの頃からちぃちゃんが大好きな絵本。
最近では声を出して喜んで見ています。 家庭保育園「すくすく館」にも入っています。

今日は絵本ブーム


これまでも、絵本は読んであげていたものの、ちぃちゃんの手の届く場所には敢えて絵本をおいていませんでした。
なぜなら、「なめる、かじる、投げる、ぐちゃぐちゃにする」のが目に見えていたから。。。。

しか〜し、「家庭保育園」の冊子を見ると投稿写真にねんねの赤ちゃんが絵本を自分で読んでいる姿や、
ママに「絵本を読んで!」とせがむという投稿が。

もしやちぃちゃんも手に届くような所にあれば、そうするのかも!?と思い即実行。

ちぃちゃんがいつも荒らす(汗)本棚に絵本を並べてみました。


すると早速絵本を取り出して、ページを開こうとしているではありませんか!

絵本を自由に触れるのが珍しいとか、新しい玩具が登場したみたいな感覚なのかもしれませんが、興味はとっても持ってくれているようです。


絵本を取り出すまでは良かったものの、自分ではページがうまくめくれない様子で、そのうち癇癪というのか「バンバン!!」と絵本を床に打って怒っちゃったり。

本棚から取り出しては「読んで」と言いたげに
「マー」「マー」と訴えてみたり。


読んであげるとニッコニコ。

ごあいさつあそび
では、怪獣さんのごあいさつで手をバタつかせて声をあげて笑って喜んで。

今日は一体何冊の本を読んだでしょう。繰り返し繰り返し
ごあいさつあそび」やミキハウスの音の出る絵本「ゆかいにほほほ」は10回位、それ以上読んだような。

これは暫く様子をみないとなんとも言えないけれど、今日のところはずっと読み聞かせをしてきた成果だと思うことにします。えへん。


そうそう、「ぐりとぐら」という絵本も読んでみました。

興味がないのか、ちぃちゃんはお部屋を放浪。でもジャモカ自身が内容を知りたくて構わず読んでいると、後ろに大きな人影が。。。

そう、パパです。

子どもじゃなくって、パパが聞き入っているのでした(笑)。
絵本の魅力は世代を問わずですね。

後で聞いてみると、卵をどうやって料理するのか知りたくて見ていたそうです。
ぐりとぐら

ぐりとぐら

価格:840円(税込、送料別)




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

家庭保育園

まだ悩みまくっているちぃちゃんの教育問題。


先日の「七田の通信教育」の記事に家庭保育園は?とコメントを頂き、その時は高いし無理無理と思っていたのですが、どうにも気になり、またケンサク魔になっています(汗 )。


妊娠中に資料請求して、検索もして、家庭保育園が良さそう!と思ったものの、金額がネックになっていたのです。

まぁそれに初めての育児。
生まれてみないことには、イマイチピンとこなかった、というのもあったかもしれません。


資料を読むと、名指しはしていないものの、七田式を避難するようなことが!!

私からみれば、七田も家庭保育園も似ているのに。

どうちがうのでしょうねぇ?

フランチャイズで先生や経営者によって、質が違うというのはわかるけれど・・・ドッツのやり方や絵本の読み方も違うのかしら?

その違いが知りたいし、把握しなければ決められな〜い(汗)

ということで、無料体験を申し込んでしまいました。

家庭保育園の第一教室にある絵本の中には、赤ちゃんに読むには少し長分かなぁ?難しいかなぁというものもあり、それらをどのように聞かせていくのか?ということにとても興味があります。

ちぃちゃんは「消防自動車じぷた」なんてじっとして聞いてないので。
大抵うろうろしちゃいます。
しょうぼうじどうしゃじぷた

しょうぼうじどうしゃじぷた

価格:840円(税込、送料別)



無料体験の後でまた、結果をアップしたいと思います。

ちぃちゃん、お気に入りの絵本→ごあいさつあそび

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

七田の通信教育

今日は、悩みに悩んでいる幼児教育ネタです。


七田式のなんらかの教材を使おう!そこまでは決めたものの


オペレーターにおススメされた

POPキッズの「ピーチキッズ」と

主婦の友社と共同開発したという

七田眞先生のノウハウがぎゅっと詰まった家庭学習システム【 はっぴぃタイム 】



とそれとも最近フラッシュの仕方がわかってきたので、カードを買って頑張ろうか・・・。

七田オフィシャルサイトでドッツカードを購入すると


なかなかのお値段。
くもん式のひらがなカードを同じ枚数買うとこれくらいにはなるのですが。
しか〜し、これだけ投じて出来なかった、使えなかった・・・では勿体ないし、先日の体験レッスンでも

「教材は買ったけれどお家では出来なくて教室に通われている方が結構いらっしゃいますよ」

って先生が言ってたしなぁ。


う〜ん、う〜んと毎日悩んでおります。。。。

どなたかおススメがあれば教えて欲しいくらいです。


七田式でいう所の右脳開発。

まぁ、実際の所、どれほどの効果があるかはわかりませんが、スポンジのようになんでも吸収する今しかないこの時期に、大事な時期だと認識しつつも何もしないというのが、ジャモカの中では許されないことなのです。

早く何かしたいのです。

ちぃちゃんは最近、NHKの「いないいないばあ」のテーマソングが流れると、
「いないいないいないいない ばぁ♪」の所で一緒に
「ばぁっ」と言ったり、

犬を見て「にゃーにゃー」らしき言葉を発したり。
って、ちぃちゃん犬はワンワンだよ!(近所のおばさんにもワンワンだよ!って突っ込まれたりして。)


1歳前なのに、凄いわぁなんて親ばかジャモカです。
こんなことがあったりしたので、生後間もなくの頃から声を発することを仕込んできたかいがあった!(わかりませんが・・・)と思いたくなったりして。

そんなこんなで、やっぱりこちらの働きかけは効果があると信じて、金額的にもやれそうな通信教育で検討しています。

七田 体験レッスン


七田チャイルドアカデミー
ついに?!体験レッスンに行ってまいりました!。

感想は・・・





スゴイ!
先生の質もなかなかです!(えらそうにすみません)。


50分のレッスンの間、40分経過までは全く飽きずに釘づけでした。
さすがに残り10分にさしかかった所で、お腹が空いてきて「まんまぁ〜」とぐずり始めたものの先生がすぐに察して、飽きさせないように工夫しながら残りのレッスンも終了出来ました。

びっくりしたのが、例えば

一度フラッシュで見せた後、
ドッツで「100」と「120」が書かれているカードをみせて、

「100はどっち?」

と聞くと、ちぃちゃん、ちゃんと「100」の方を指すんです。

1回目は、まぐれまぐれ(笑)と思っていたのですが、2回目。3回目とそれぞれ違うカード見せても正解。

ま、それでもまぐれといか、たまたま?と半信半疑ですが、ここは乗っかて喜んでみようかと。。。

先生曰く、赤ちゃんはちゃんとわかっていて、天才なんだそうです。
赤ちゃんが一番天才で、年齢とともに、要らない能力は減り先細っていくんだそうです。(耳が痛い・・・ジャモカなんて必要な能力少なすぎじゃないかしら・・・。)


内容はというと、

★七田といえばのフラッシュカードが殆ど。
色々なテーマ、例えば、道路標識、数字、色、あのつく物、などのフラッシュカードを音楽に合わせて見せてくれます。

★英語フラッシュ
CDを聞きながらですが、かなりの高速です。

★指のトレーニング
積み木を同じ形の穴に落としたり、つまんだり。

★視野の拡大
これは、視野を広げると将来速読など能力につながっていくそうです。

ざっとこんな感じです。

情報量、インプットの多さがスゴイです。
スポンジのようになんでも吸収する赤ちゃん期にインプットすると、年長さんになった頃アウトプットし始めるのだそうです。
そして、脳の回路を作るということなんだそうです。


「本命」と前回書きましたが、確かに本命ではあるけれど、月謝が・・・。
月謝がちょっとお高くて・・・・。

現実的には厳しそうです。残念。

でも体験レッスンだけでもこれは価値ある体験でした。
夏の特別教室だけでも行きたいなぁ。。。。

4回で15000円位だそうです。
1回約 4000円

・・・・・


先生曰く、

「その辺の月々数千円の幼児教室とはインプットの量が違います。月謝は高いですが、それだけの価値はあると自信をもっています。」

ということでした。




ほっぺんくらぶ 2回目

学研 ほっぺんくらぶ 特別教室2回目


お返事できるかな?と、とっても期待して行ったのものの、今回も朝寝が足りなかったのとお腹がすいちゃったのとで終始グズぐぐずで、全くお返事せず。

残念・・・残念。
ま、こんなもんかぁ。家だと声付きでお返事してくれるのに。


英語サークルの方だと先生がもっとハイテンションだし、子どももいっぱいいるし・・・で多少眠くても寝てなんていられないという感じで参加できたりするんだけれど、こちらは「習い事」とでも言うのか、

先生のテンションが低い・・・低すぎる。

それでも歌ったり絵本を読む場面ではちぃちゃんも興味を持って参加したりしたけれど、う〜ん。

さらに、前回気になった
この年齢で、御片付けは必要か?ということをそれとなく先生に質問してみると


ジャモカ 「自宅でも御片付けをさせた方がよいですか?」
先生   「無理にやる必要はないけれど、ナイナイしようねとか言いながらとか、遊びながら一緒にやるとかですかね〜」

それならこちらでも遊びながら片付けさせたらいかがでしょうか???
と思ったりして。

たった4人の生徒しかいないのに、親まかせの先生というように見えるわぁ。
なんて、昔幼稚園、保育園で教員をしていたので、どうしても内容の組み立てとか導入方法とか見ちゃったりして・・・ジャモカ目線はちょっと厳しいのかも知れません。


やっぱりちぃちゃんにはこのお教室は向いていないなと実感、再確認したのでした。
来週は本命、七田チャイルドアカデミーの体験レッスンに行く予定です。また内容などアップしたいと思います。


今日の内容は書きたい気持ちに全くなれないけれど少しだけ。

・ウチワに足形を押し、切ってある画用紙を貼ってパンダにした。のりづけを子どもにさせた。

・大型バスに乗ってます♪に合わせて、輪になって踊る。
・絵本を先生が読み聞かせ、次にママが読む。


・音楽に合わせて鈴を振る


七田式全脳活性法超高速モーツァルト・メソッド

マンスリーCD28枚冊子付【パソコンで映像が見られます。】七田チャイルドアカデミー
    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。