広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

出産レポ2

陣痛が来る度に深呼吸、これが何がどおして難しい。呼吸を止めたくなっちゃうというか、うーとなっちゃうんです。

助産士さんと夫に片手ずつ手を握って貰うと、とっても安心でき、特に助産士さんの声かけには励まされました。
ずっと「上手だよ、出来るよー」って。

夫も酸素マスクの位置を調節してくれたり、ずっと深呼吸を誘導してくれたり、腰を擦ってくれたり。
よく、旦那さんの介抱に不満になり当る、暴言吐くみたいな記事を読んだり聞いたりしていたので、自分もそうなるかも?なんて思ったりしましたが、とんでもない!

本当に有り難く「ありがとう」って感じでした。
夫の深呼吸の誘導がなかったら、頑張れなかったと思います。

分娩室に朝日が差し込むようになると、この苦痛といつまで向き合わなくちゃいけないの?と弱音を吐きたくなってきます。

◇時々ドクターが子宮口の開き具合を見に来てくれます。
が、これが痛い!

こんなに痛いなんて他の人のブログにもレポにも書いてなかったぞー!。
先生!なにしとるんじゃい!やめてぇ〜って感じ。

赤ちゃんの首にへその緒が巻き付いていたので、早く産まないと危険だったからなんでしょう。
何とか下から産ませてくれようと、早く子宮口が全開になるように陣痛がくると同時にドクターが手で子宮口を広げるんです。これ本当に痛かった。

◇早く子宮口を開かせようと態勢を変えたり、重力で赤ちゃんが下がるように上半身を起したり、を陣痛の合間にして下さるのですが、態勢を変えると余分に痛みが増すんです、これもキツかったぁ。


◇何とか夫やスタッフの皆様のお陰で赤ちゃんの心拍などが基準値を保て自然分娩にGOサイン。

◇だんだん陣痛がくるといきみたい衝動に駆られるようになってきます、これを我慢して深呼吸するのが大変。
これがいきみ逃しかぁとどこかに冷静な自分がいたりして。

◇子宮口8cm
いきみと共にウンチがでそー!な感覚。
肛門から何か出そうで、助産士さんによるとこれが「赤ちゃん」だとのこと。

「いきんじゃ駄目」と言われつつ、一度の陣痛で一度はいきむ私(汗)
ウンチなのか赤ちゃんなのかが肛門辺りで出たり入ったりする感覚。
普通はわからない感覚だそうで、「よくわかったね、良い経験したねー」と言われました。

ここから全開になるまでも長く感じました。
時系列で追ってみると病院到着の4時から8時までの4時間なんですが、本人は前日18時位から痛みと闘ってるんですから長くも感じます。

◇そして遂に子宮口全開
やっと産める!いきめるぅ〜!

と喜んだのも束の間。

また先程のドクターが!会陰をグイグイ広げる広げる、「痛〜い」って叫んでしまいました。

やはりここでも時間との戦い(赤ちゃんに酸素が行かなくなるので)の為、ジャモカの毎日の会陰マッサージのかいなく、速攻で切ることに。

麻酔してからすぐに切るんだもの、切ったのハッキリわかりました(汗)でも陣痛の痛みがあるので声に出すほどの痛みではなかったです。

そして陣痛の波に合わせていきむこと数回、ちぃちゃんが無事生まれて来てくれました。

「下みて!出てくるよ」と言われても分娩のポーズ自体が厳しくてあまり良くは見られませんでしたが、肩から下がスルリと出てドクターがキャッチしてくれた様だけは目に焼きついています。

その後、私は無事生まれてきてくれたこと、不妊治療が終ったこと、念願の我が子にやっと会えたこと沢山の思いが交差して号泣してしまいました。

一睡もせず、ずっと付き添い励ましてくれた夫と二人で出産したように思います。
辛かったけど、目を細めて我が子を見る夫の姿が見られて感無量です。

ちぃちゃんも小さくてとっても可愛い。
今とても幸せです。


ひとまず出産レポ終ります。

出産レポ1

昨日の出産報告には早くもコメントを頂きありがとうございますo(^o^)o。
内容までは見られない環境の為、退院後ゆっくり読ませて頂きたいと思います。

◇◇出産レポ1◇◇

予定日より4日早い39週2日 2009年8月12日午前8時38分 に元気な男の子を出産しました。

時系列でおっていきます。読み苦しい点も多々あるかと思いますがご勘弁を!

◇出産前日8月11日午後3時

◇レバー状の赤茶色のオリモノ有り

◇39週妊婦健診を受診。
推定体重2500g、
子宮口は2cm程度の開きで、生まれるのは予定日(4日後)位になるでしょう。
前日からの茶色いオリモノはお印の一種ということ。

内診が効いたのか、帰り道から腹痛スタート。

今までの前駆陣痛より痛いものの、それでも頑張れば歩いて帰れる感じ。歩いて帰ることをちょいと後悔しましたが。

スーパーで買い物をしてバスで帰宅。

◇19:00
前日のテレビ番組の影響で「餃子」が食べたくなり、にら、キャベツを刻み作るものの

◇19:30
餡を作る最中にも腹痛が3〜10分の不規則で短い間隔でやってきて、立っていられずそこで断念。
痛みが続くのは10〜20秒程度。

◇20:00
温めたら楽になるかと入浴。
一時、楽にはなるものの洗髪などが辛い。


もう横になるしかない!と夕飯を食べずに横になる。

今までで最強の痛みで横になってもうずくまっても辛い。

それでも間隔を測ると平均10分間隔、でもバラツキがある。
◇薄いピンクのおりものが増える。

前駆陣痛なのか陣痛なのかわからず、痛みの合間にネットで調べまくる(笑)

◇21:30
帰宅した夫に作りかけの餃子を完成させてもらい22:30二人で夕飯。

が・・・痛みが酷くなり

◇夜中1時
病院に電話で相談。
この時、基本5〜6分間隔でバラツキあり。

◇透明でピンクがかったどろっとしたおりもの有り。(これがマザーズクラスで聞いたお印か!と一人納得)

陣痛って○分間隔で規則的にくるなどと聞いていたので、自分のケースは違うのかなぁ?
「来た来た」なんて言って違ったとか狼少年みたいになりたくないし・・・。

病院に電話するのも勇気がいりました\(◎o◎)/。

助産士さんに聞いてみると人それぞれで多少不規則な人もいるとのこと。
内診の後だし、夜中だし、我が家は病院までちょいと遠いので1時間様子を見ることに。

◇午前2:30

間隔が10分になったりと少し間延びしたため、病院に相談し朝まで様子を見ることに。

◇午前 2時45分

「じゃあ寝てみようか?」と寝る支度を整え、床に着くと激痛が!、体勢を変えようとうずくまると「ぼん」っという音がして「ジャー」と何かが出る。
もしやこれは?破水?
と匂いを嗅いでみるが、生臭くない。
無味無臭。

その後すぐに流れは止まり破水なのか判断に苦しむ(ΘoΘ;)。
◇陣痛の間隔は6分程度、痛い時間が30秒〜1分と長くなる。

◇午前3時
結局、悩みつつも破水となると感染症などの心配もあるし、寝ていられる痛みでもないので、また病院に電話し(しつこい?! )夫の運転する車で向かう。
帰されても良いから見てもらはないと不安な位、かなりの腹痛。

電話では助産士さんも破水ではないのでは?という感じ。

マンションの部屋から車に向かう途中にも陣痛がやってきて、歩けなくなる。
一人でタクシーでは行けなかったなぁ。
車の中で絶叫してたし。

◇午前3:30
・病院到着
・餃子を食べたことを大後悔(ToT)スタッフの皆様ごめんなさい。


助産士さんに分娩室で内診してもらうと、羊水がまたジャーと流れリトマス紙?の結果からも
「これは破水してるね」と即入院決定。

◇ドクターや助産士さんに驚かれる位、子宮口はかなりの柔らかさだそう。但し開きは2〜3cm。
◇分娩室でNST開始

結果、私が陣痛で「うー」と苦しむと赤ちゃんの心拍が弱くななり、「へその緒が首を2周してる可能性有り」との診断。

お産の進み具合で、帝王切開になるかもとのこと。

◇ここからは時間の経過は覚えてないのです。

◇助産士さんと夫のリードで陣痛がくるたびに「ふー、はーっ」と大きく深呼吸。
私が深く呼吸しないと赤ちゃんに酸素がいかず心拍も弱くなってしまうので責任重大!
酸素マスクも装着される。

◇喉が渇くが、手術の可能性もあるのでと、水分摂取不可(>_<)。
結局、あれだけ絶叫して、ウガイ1回のみで朝9時まで頑張りました。

出産レポ2へ続く
   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。