広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

今日のおやつ

【チョコクリーム入り蒸しパン】
またまた食い気に勝てず作ってしまいました(ΘoΘ;)
これ以上体重を増やさないように、お菓子を買わないようにしているのですが、無いとなると作ってしまうほど食いしん坊です(笑)。

《覚書》
1.家にずーっとあったカカオの含有量が高くて食べにくいチョコレートを生クリームで溶かし砂糖を適量入れ食べやすい甘さにします。
冷蔵庫でちょっと固めておきます。
2.分量通りにといたホットケーキミックスを型の半分位まで入れ、1のチョコレートクリームをスプーン1杯入れその上にまたホットケーキミックスを入れる。
3.深さが多少ある鍋で蒸します。竹串をさして何もつかなければ完成です。

安産祈願

水天宮でお参り
昨日1ヵ月以上も遅れて落ち込みやっと安産祈願に行ってきました。
お腹の赤ちゃんに申し訳ないなぁと思いながらも、諸事情がありまして忙しくてなかなか行けずやっと行ってきました。

車で14時頃人形町にある「水天宮」に到着。
駐車場はあいにく満車で5台待ちでしたが、10分位待ってはいることが出来ました。安産祈願の方だけでなく、お礼参りの方も多く、生まれたての赤ちゃん(と思われる)があちこちにいてとっても可愛いらしかったです。
(ちょっとうらやましくなったジャモカでした。)

まず受付で「特別祈祷」¥3000をお願いして「お守り」¥1500を購入し、祈祷の時間が来るまでその辺をぷらぷらしながら待ちました。
水天宮の近くにおいしそうな和菓子やさんがあり、味覚と思い出が直結するジャモカは、「どら焼き」」を購入してしました(汗)・・・普通の味でした(笑)

14:45分からの最終回でしたので、「土日は妊婦本人だけの昇殿」の所、人数が少なかったお陰で「ご家族様もどうぞ」ということで旦那さまも昇殿することができました。せっかく一緒に来たわけですし、祈祷してもらう所を夫にも見せたかったので、ホント良かったです笑顔

祈祷自体は10分位なんですが、これまで厄払いなんかも一切したことがないジャモカにはとても新鮮でなんか厳かな雰囲気にとても感激したのでした。
ちびちゃん(胎児名です)が元気で生まれてきてくれますようにと何度もお願いしちゃいました。

昇殿する際にお札も頂いたので、神棚のない我が家ではリビングの壁に両面テープでお札を張り、棚の上に「お塩」と「お水」をお供えして毎日手を合わせることにしました。

これでやっとひと安心です。ほっ。
まだ腹帯買ってませんが・・・。初公開!↓ジャモカです。ちょっとデブに見えるのはお腹が大きいから?それともやっぱり太った落ち込み

6か月検診  息子?娘?

今回は性別がわかるのかなぁと期待大で病院へ。

男の先生。物静かな先生なのか、正直先生が話していることはほとんど聞き取れず、
チビチャんの様子が前回の女医さんのようにはわかりませんでした落ち込み
1ヵ月、待ちに待った検診だったのに残念でした。

チビチャんはだいぶ大きくなっているようで、モニターに全体が映らなくなっているせいか
どこがどうなのかさっぱりわかりませんでした落ち込み
頂いた超音波写真も同様でした。

先生が、心臓のあたりを念入りに診ていたのが、すごく気になったのですが、何でじっくり
見ていたのかの説明もなく・・・。

最後に性別とチビチャんが元気にしているのか聞いて帰ろうと質問してみました。
ジャモカ:「順調ですか?」
先  生:「大きさも週数相当ですよ。ジャモカさん、ご飯おいしく食べれてますか?」
も、もしや、体重が3キロも増えていることのご指摘かしら?と思ったらまさにその通りで
ジャモカ:「食欲もありますし、おいしく食べてます。さっき久し振りに測ったら体重が増えていて自分でもびっくりしました困った
先生:   「出産までにトータル10キロ位の増加に抑えるように体重管理してくださいね。」 
ジャモカ:「はい、ところで性別はもうわかるんですか?」

先  生:「う〜ん。7か月の検診位にならないと、はっきりとは言えないけど、どうも男の子たいですよ」
ジャモカ:「え〜!!ラブ」ニンマリ


そっかぁ。息子かぁ(≧▽≦)。
夫が女の子が欲しいと強く希望していて、まだ女の子の名前しか考えていませんでした。
ダーリンごめんね〜、と思う反面、「やっぱり私は夫にそっくりな男の子を産むんだぁ」なんて勝手に想像してニンマリでした。
どうりで、5か月に入ってすぐに胎動感じるわけですね。(関係ないかも?ですが)職場の先輩ママさん達にも、「良く動くんです」
って話すと、「男の子かもよぉ」なんて言われていましたが、どうやらその通りみたいです。

旦那様のお家には跡取りとなる男の子がいないので、長男の嫁であるジャモカが男の子を産んだら義理の両親はさぞかし喜んで下さるだろうなぁ。

この報告を夫にすると、「そんな気がしてたんだぁ。」とちょっとがっかりしながらも「跡取り」
が出来ることは自分の両親が喜ぶだろうと、まぁ喜んでくれました。
「名前考えなくちゃね〜。ぬか喜びさせたら可哀そうだから両親にはまだ内緒にしてね」
だそうです。

退職記念

退職の記念?に珍しい花束?を頂きました。
エストネーションに入っているニコライバーグマンというお花屋さんのようです。
こんなおしゃれなプレゼントを頂いてとっても嬉しいジャモカでした。
偶然にも同じ日に契約のお祝いにと花束を頂きました。お花はいくつ頂いても嬉しいものですね。
   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。