広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

ご挨拶&自己紹介その2

数あるブログの中から三十路兼業主婦日記へようこそ。ご訪問ありがとうございます。

直さなくてはなぁ・・・なんとかしなくてはなぁと思いつつ現状維持のまま数か月がたってしましました。
何をか?と申しますと、タイトルです。

「兼業主婦」ではなくなってしまったので・・・。そのうち三十路でもなくなる日がきますが・・・(笑)。
このブログは、不妊で悩んでいた時に治療の経過やその時思ったことを備忘録として残したり、同じように悩んでいる人の目にとまればいいかなと始めたものでした。
ですので、無事出産したらタイトルを変えて・・・等々考えてはいるのですが、まだはっきり決めておりません。

<プロフィール>
1997年3月 23歳で結婚 夫27歳
2004年    木場公園クリニック  で夫婦ともに検査 精子の状態が悪いと指摘されるが女性側のあまりの検査の多さに通い切れず、2か月程度でギブアップ。
2006年    楠原レディースクリニック  で人工受精5回     すべて撃沈。
2008年5月 木場公園クリニック  で人工受精1回 体外受精1回 すべて撃沈。 
         撃沈後から  まんたに鍼灸院に通う。

2008年10月  新橋夢クリニック で治療開始
2008年12月  新橋夢クリニック 1回目の体外受精で妊娠。

2009年8月16日 出産予定 

※思い出しながら書いたのでアバウトです。↑

現在 専業主婦です。


また、このブログを立ち上げた当初に書いた自己紹介文を今読むと、自分たちの現実を受け入れていない文章にちょっと自分自身驚いています。
あの頃、自然妊娠は難しい、人工受精も厳しい数値と言われていたことを自分の中で打ち消してしまっていたようです。
自分の中では二人ともどこにも異常はないのに、赤ちゃんが出来ない、原因不明不妊なんだと思い込んでいたようです。


今思うと木場公園クリニックの先生から「夫の精子の状態が悪い」と聞かされた時はすごいショックで、この人と一緒にいても子供は持てないってことなのか?と必死でネットや本を読み漁り凄い衝撃を受けたことがありました。

それなのに、なぜ原因不明不妊だなんて思いこんだか?


夫の言い分としては、その前の日飲みすぎて体調が悪かったとか、また別の日の検査ではうまく容器に入れられずこぼしてしまったから量が少なかったとか・・・。

お恥ずかしながら夫のことが大好きで尊敬してまして(恥)、夫に言われると比較的なんでも信じてしまうんです。

そんな言い訳を何度も聞いているうちにそうだよ、こんなに健康なのにそんなわけない、体調が悪かったに違いない。と思いこむようになったのかもしれません。

最近2004年の検査結果を見ても惨憺たる結果でした。
精子の数が通常の1/10以下、その殆どが奇形、高速運動精子なんてほとんどいないような状態です。
これでは自然に妊娠できないのも今の私は客観的に受け止められました。


マカを飲んでみたりしても精子の状態が良くなることは、我が家の場合ありませんでした。。。。

木場公園クリニックでも、楠原レディースクリニックでも、新橋夢クリニックでもこう言った場合、治療方は無い、薬も無いと・・・体外受精を勧められました。

はじめから受け入れ、体外受精していればこんなに長い間苦しまなくても済んだのかもしれませんね。
当時の私たちには体外受精というものが遥か遠い存在だったのです。

2008年木場公園クリニックで治療を再開し、そのホルモンシートの原因の欄に「男性不妊」と書いてあったこと、夢クリの院長にはっきりと指摘されたことで、原因不明不妊じゃないんだと目が覚めたといいますか、思い出したといいますか。。。

でもまぁ、今お腹にいるこの子が生まれてきてくれればもうこれまでのことなんて・・・。

長々お付き合いありがとうございました。

また妊娠経過、出産のご報告等していきたいと思います。


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

自己紹介

自己紹介

はじめまして。数あるブログの中からこのブログを見つけてくださって、
何かのご縁ですね太陽。読んでくださってありがとうございます。

23歳で結婚して今年で11年目。
27歳の時友人夫妻に赤ちゃんが出来て「私達もそろそろ赤ちゃん欲しいね」
なんて話してから2年たっても出来なかったので、「とりあえず検査だけでもしてみよっか。」そんな軽い気持ちで初めて木場公園クリニックに行ったのでした。

まったく無知だった私は通う頻度の多さにびっくり。
身体的にどこが悪いということもなく、しいていうなら、夫の精子の状態があまり良くない位で問題にならない程度だったこともあり、それならもう少し自然にしてみようと通院はしませんでした。

それから更に2年後、やっぱり赤ちゃんは出来ませんでした。
通勤途中にある、銀座の楠原レディースクリニックに通うことにしました。
やはりここでも異常は「なし」なのです。人工授精を4回しましたが結果はでませんでした。


人工授精すれば赤ちゃんは出来ると思ってたましたし、悪いところなんて無い訳で、赤ちゃんが出来ないなんてみじんも思ってもいなかったので、この歳になるまでそんなにあせっていなかったのです。

ところがところが、どうも我が家は早発閉経の家系らしいということがわかったから。
排卵が無くなる!これは恐怖でした。初めて泣きたいほど焦ったのでした落ち込み

楠原先生の所で体外受精しようか本当に迷ったのですが、私には時間がなさそうなので、「お値段は高めでも、ここで駄目なら諦められる」と感じた木場公園クリニックに戻ることにしたのです。

木場公園クリニックでも一度人工授精をしましたが、この時は夫の精子君が相当悪い結果で、顕微授精にステップアップしたのです。


まさか自分が顕微授精をするなんて思いもしませんでした。
そんな日々をを書いていこうと思います。

今日で胚移植6日目です。どうかどうか赤ちゃんをさずかりますように。
同じように苦しんでいる皆様にも元気な赤ちゃんがさずかりますように。星
   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。