広告

posted by fanblog

ママの体調が悪い時

自分の体調が悪い時の育児は最悪です。

気持ちが悪い上に、時々お腹に差し込むような痛み・・・ちょっと横にならせて〜とソファーに寝転ぶと、

「ママあそぼ」
とでも言いたげに、ちぃちゃんがジャモカの手を引いてどこかへ連れて行こうとして全然横になれず・・・。

じゃあ、静かに遊んでおくれよ〜と思っても、こういう時に限って、本棚から本を全部ひっぱりだしたり、引き出しのものを出したり、階段の上り下りがしたいといいだしたり。

「ママ具合悪いんだから、散らかさないでよ〜」

と言っても、やめるはずはずもなく、食事となると、おかずのお皿を「ジャー」と言いながらひっくり返し(汗)、ひっくり返したおかずを今度は床に「ポイッ」「ポイッ」となげてみたり。
おにぎりは手のひらで「パンパン」と潰す。

さらに、「アンパンマン」「パンパン」とアンパンマンのパンが食べたいと要求。

おーい、ママが作ったご飯じゃだめなんか〜い!!

あーストレス溜まるわぁ。

ママがいつもと違うし、ちっとも遊んでくれないからちぃちゃんも不満がたまっていたのかしら。

体調が良い時は、歌や音で誘導したり、体力にも気持ちにも余裕があるから多少のことは目をつぶれるけれど、体調が悪い時はすぐに堪忍袋が切れそうになっちゃう。

夕方からはテレビに子守りをお願いしちゃいました。
テレビは出来るだけみせたくないと思っても、こういう時は「一時保育に預けた」位の気持ちでテレビとDVDに頼むのも手かなぁと。

だって、自分がストレスたまっていたり、具合が悪いと子どもにもいい影響はないものね。

本当に子育てって、自分育てだなぁと文脈とはつながりませんけれど、そう思ったジャモカでした。
【このカテゴリーの最新記事】

この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。