広告

posted by fanblog

37週 妊婦健診

臨月2回目の検診でした。

本日の検診メニュー
1.検尿
2.超音波
3.内診

☆前回の膣の雑菌?感染検査
☆検尿
☆浮腫
☆血圧
☆体重
すべて異常なし。今のところ1度も検査に引っ掛かかることなくパーフェクト星です。


子宮底長は妊娠32週のころの長さになっていまいした。赤ちゃんが下がったということかな?

先生に聞くと、「赤ちゃんの顔が超音波でぼやけてしか見えなくなっているので、下がっているかもしれませんね、ただ下から見ないと正確にはわからないんですよ。」ということでした。

推定体重     2744gBPD(児頭大横径)  92.4mm
AC(躯幹周囲長)  307mm
FL(大腿骨長)    67.2mm


どれも週数相当のようです。

内診の結果は、「柔らかくはなってきているけど、あと2週間は持つね」と言われました。
もう2700g超えてる・・・今生まれてくれたら調度良い大きさなのにぃ〜困った

自分では、お腹のちーちゃんが下がってきているように感じていましたし、昨晩「前駆陣痛?」であろう腹痛もあったし、予定日より早く生まれたりして(ウキウキ)ドキドキ大なんて思っていたのですが、まだのようです。
(昨晩の腹痛は、夜中下腹部の痛みで目が覚めて、10分位痛みが続き、5分位おさまり、また10分位痛くなった後、おさまりました)

「来週もこの調子なら刺激しましょう」ということでした。

昨晩の腹痛について先生に聞くと、「動き回った日の夜中とか起こりやすいんだよね。前駆陣痛ですから問題ありませんよ」ということでした。

そうなんです、先生のおっしゃる通り、動き回ってました。
昨日は暑い中、新橋→銀座→銀座マリオン→築地→有楽町と歩き回っていたのでした。ははは。

なんか臨月に入ってからの方が赤ちゃんが下がったせいか、お腹の張りを気にしなくてよくなったせいか、元気に歩けるんです。さすがに歩く速度は遅いですが。



さて、昨日も夫の親戚に「てっきり実家に戻って出産するのかと思ってた。東京だと頼れる人もいないのに大丈夫なの?」と、とても心配されてしまいました。ありがたいことです。

確かに、お産は何があるかわかりませんもんね。
無事に産まれてきてくれると思ってはいても、急に帝王切開になることだってあるし、考えたくはないけれど赤ちゃんに何か起こることだって考えられる。
自分の身に何かあることだって考えられるんですよね。

私の友人は、出産の時に救急車の中で大量出血し、赤ちゃんを残してそのまま亡くなってしまいました。

そう考えると命がけの大仕事なんですよね。

それなのに夫に、「あなたの親戚の人に心配されたよー」と話すと、
「何がそんなに心配なの?」ですって。

そういうことまでは気が回ってないんでしょうね。

なんて、そういう私も自分を過信していて、夫は今とても仕事が忙しいので、生まれる直前まで一人で頑張ってみようかなぁとか思ったりしてました。
でも何かあってからでは遅いし、出来ることなら陣痛が始まった時から付き添って貰おう、やっぱり。

今夜帰ってきたら、ちょっとお話しようと思います笑顔


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。