2017年11月28日

透明の世代編 スタート

前にも書いたようにこの時期になるとこの地域ではチーム編成が替わってくる。

息子は「やっと俺がキャプテンやな」と張り切っていたが、はっきり言うと息子の世代は歴代とくらべても間違いなく一番弱いと思う。

まず、息子の学年はたった4人しかいない。
少年サッカーでは1学年の差はそのまま力の差になるので、同じ学年で8人揃えばそれだけで強い。
それが半分しかいないのである。

さらに、その他の子はかなりレベルが低い。
正直なところ、この子達はサッカーがやりたくて来ているというより託児で預けられている感覚なので、サッカーがうまくなりたいという気持ちもあまりない。
我が息子が1年生から上級生に混じって試合に出続けているのとは対象的に、この子達は今年ですらあまり試合に出ていない。

そんななので、当然チームのトップであるベテランコーチにも全く期待されていない。
ベテランコーチは常々「あの年代はいいな」「あの年代は難しそうだな」などと良くも悪くも各年代について触れることがあるが、いままで我が息子の世代について良いも悪いも言ったことがない。
練習をしていても、この世代の練習を見に来たことは一度もない。この下の世代の練習を見に来たことはあったのにだ。


要するに「透明の世代」なのである。


さらに、担当は引き続き無能コーチ、いや失礼、新米コーチなので、なんというか、ハッピーエンドになるはずがない、という感じ。
この前ちょこっと練習試合をやっていたが、「うん、これはダメだな」という匂いがプンプンした。
初めてそのポジションをやる子に動き方が悪いと怒鳴りつけたあげく数分で交代とか、どうやって上手くなるんですかね?
我が息子も相変わらず言いがかりレベルの指摘をされてベンチに引っ込められたりして、なんだかなぁという感じだった。


結構頑張ってると思うんだけどなー、我が息子。
どうにもサッカーには運がない。
サッカー以外のことは割と順調なのに・・・。


これはきっとサッカーの神様からの試練なのかもしれませんな!


はぁ・・・。



ストレスの溜まる日々は続く


ブログ村に参加しております。
もっとストレスを貯めろ!とおもう方は是非クリックを。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

Oh!透明人間1~最新巻(ジャンプコミックスデラックス) [マーケットプレイス コミックセット]

中古価格
¥4,199から
(2017/11/28 18:15時点)



2017年11月20日

魏に張遼あらば、呉に甘寧あり

先週末にあった地域の大会。

この前のこともあったしあんまり試合を見にくのも気乗りしねーなぁと思っていたが、会場につくと去年まで我が息子を指導してくれていたコーチがきていた。
今年ずっと指導したいた新任コーチの姿は見当たらないので、どうやら今回は前のコーチが指導してくれるようだ。どっちにしろまた我が息子の迎えには来なくちゃならないし、ということでなんだかんだ言いながら観戦することにした。

で、試合。

予選リーグではよりによってというか、割と強豪寄りのチームばかりのグループになってしまった。
これは最下位かな・・・とおもっていたが、1勝2分という粘りでなんと4チーム中2位という成績だった。

ベテランコーチはさすがに去年見ていただけあってわかっているのか、問題児たちをサイドやバックに回してワンマンプレーがチームに与える影響を少なくして、いつもディフェンスで問題児たちの尻拭いをしている我が息子を前線に持ってきた。

我が息子が前線でボールを収めてゲームを作るので攻撃陣が活性化。結局は我が息子がいなくなった分弱くなったディフェンスが持ちこたえられず失点をしてしまうが、攻撃が好調のため取り返すことが出来た。
他の保護者からも「今日はサッカーやってるなぁ」という声が漏れてくるくらいだった。

結局は予選2位だったので、全体の3、4位決定戦にまわることに。
対戦相手はいつも我が弱小チームが練習試合などでよく顔を合わせる相手となった。

相手にはわかりやすい、いかにも「10番」という子がいて、その子が長短のパスを出しながら自分でもドリブルで仕掛けてくる。
序盤は膠着状態だったが、その10番の子のドリブルが止められず先に失点をしてしまった。

いつもの我が弱小チームだと、このあと適当に前にボールを蹴ってラッキーで一点は入らないかなー、という展開になるところだが、この日は違った。

前線にいる我が息子が「お前に負けへんぞ」とばかりに(ちなみに本人は全くそんなこと思ってなかったらしい)、パスとドリブルを駆使して相手ゴールに迫る。
コーナーキックから何度か決定機を作るも相手GKの好セーブにあい、そのまま前半終了。

後半は開始からやっぱり相手10番のゲームメイクを中心に押され気味になるも、カウンターから我が息子が再三ゴール前まで侵入。
普段温厚な相手のコーチが「その11番(我が息子の事)ちゃんと見とけ!」と怒号を出すところまで追い詰めた。
まさに、そっちに10番がおるならこっちには我が息子がおるで、という展開。

しかしオフサイドの相手リスタートから思わず「は?」と言ってしまうくらいしょーもないDFのマークミスから失点。

あぁ、やっぱりアカンか・・・、と思っていると、キックオフから我が息子がサイドにだしたパスを右サイドの子がPA近くまで運んで、その折り返しを我が息子がズドン!と開始数秒でゴール。
うおおおおおおお!!とは流石に叫ばなかったが、なにより「今のちゃんとビデオに撮れたか?」とそれが真っ先に心配になるくらい美しいプレーだった。

相手のコーチも「この人こんな人だったん?」と見る目が変わるくらいガチギレし始める(まあ確かにちょっとディフェンスが緩かった)。
まだ時間もあるし、この雰囲気なら同点まで行ける!と思ったが、さすがにそこまで都合よくいかず、その後はお互い中盤でバチバチやっているうちにタイムアップ。

残念ながら4位フィニッシュとなったが、我が息子が活躍したことを差し引いても、この日の試合は今年一番いい内容だったと思う。
息子の活躍に喜びつつも、今年1年なんだったん?と思わずにはいられない一日だった。


帰りに「今日は大活躍やったな!とくに最後の試合」と息子に声をかけると

「俺は最後の試合はDFやりたかったんや。相手が強いときはDFやったほうが楽しいから」

あっ、そうなんだぁ・・・。




ストレスの溜まる日々は続く


ブログ村に参加しております。
もっとストレスを貯めろ!とおもう方は是非クリックを。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

親の思い子知らず

中古価格
¥586から
(2017/11/20 19:06時点)



posted by 弱小親 at 18:55 | Comment(0) | 子どものこと

2017年11月14日

こんなサッカーで勝てるわけねーだろボケナス!

先週末、我が息子のカテゴリーで大きな大会があった。

位置づけとしてはこのメンバーでやる最後の大会。
12月からは来年の学年を見越してのチーム編成になるので、今のチームはこれでひとまず解散となる。

結果は予選リーグ敗退。

どの試合も惜しかったな、という感じではあったので、保護者やコーチたちも仕方がない、よく頑張った、という雰囲気だった。

しかし、はっきり言ってしまえばどの試合も勝てた。
対戦相手に強豪チームは一つもなく、実際それほど強いとは感じなかった。

なにより残念だったのは、この1年このチームで活動してきて、結局まったくチームが成長しなかったこと。

昨年の末にこのチームで小さい大会で優勝したことがあったが、力づくの喧嘩サッカーでこれが変わらないとこの先は難しい、という記事を書いた。
悲しいことに悪い予想が当たってしまい、これが最後まで変わることができなかった。

とにかくボールを持ったら突っ込む。
前に2人いようが3人いようがサイドにフリーの味方がいようがひたすらドリブルで突っ込む。
相手のフィジカルが弱ければ突破することが出来て得点を重ねることが出来るが、まともなチームに当たると突破が出来ず何も出来ない状態になる。

そして突破が出来ないとなるとなにをするかというと、とりあえずボールを前に思いっきり蹴るだけ。
やっとの思いでボールを奪ってパス→トラップして思いっきり前に蹴る→相手ボール、この繰り返し。
これで相手が処理をミスってくれればチャンスになるが、当然まともなチームには通用しない。

我が息子が孤軍奮闘でゲームを作っていたが、ほとんど焼け石に水だった。

どこかで変わらないかな、と期待したが、1年で全く変わることがなかった。
結局今年に入ってこのチームは全くいいところがなかった。
優勝も一回もないし、毎回毎回ストレスが溜まり、大勝してもストレスが溜まるつまらないチームだった。
正直言って我が息子が入ってからのチームでは一番クソだったと思う。

なぜあのプレーが許され続けたのか。
コーチがアホマヌケなのか?
コーチは修正しようとしたけど言っても聞かないのか?
それともチームとしての方針なのか。
それなら6年生になっても変わらないのか。

とりあえず我が息子はこのカテゴリーに残留になるので、このメンバーとはひとまずお別れとなる。
が、再来年にはまた同じチームでプレーすることになる。

もう場合によっては本当に移籍しようか、と考えるには十分な1年だった。
強くなくてもいいからちゃんとサッカーをやるチームに行きたい・・・。


ストレスの溜まる日々は続く。


ブログ村に参加しております。
もっとストレスを貯めろ!とおもう方は是非クリックを。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


GIANT KILLINGチームを変えるリーダーの掟 [ 梅崎修 ]

価格:1,404円
(2017/11/14 19:33時点)
感想(0件)




2017年10月12日

人の振り見て我が振り直せ

我が弱小チームにも入団してくる物好きは一定数いる。
春からポツポツと増えつづけ、今ではとりあえず5年先くらいまではメンバーが足りなくて試合ができない、ということがないくらいになった。

新入団で気になるのは、入ってくる子ももちろんだが、その親のほうが面倒なケースがある。

今年入った子の保護者で、現在も草サッカーをプレーしているという方がいる。仮に「Zさん」とする。
他の保護者の方々からZさんは面倒くさい、という話を聞いていたが、私が普段接する分にはそれほど変わった人という印象はなかった。

先日、練習試合があった時、会場に他の保護者がほとんどいなくて私とそのZさんだけという状態になった。
試合の合間は暇だったりするので、まあ黙ってるのもなんだし、ということでZさんに話しかけてみた。

当然取っ掛かりになるのは草サッカーの話だろうと思い、そのあたりから聞いてみたのだが、うん、たしかに面倒くさい。
小学校のときはどこでプレーしていたから始まったのだが、節々に「俺は上手かったんだ」というアピールを入れてくる。
でもさぁ、お前の倅めっちゃ下手くそじゃん、って何度言いたかったか・・・。

それで気を良くしたのか(?)、その後は試合を見ながらダメ出し連発。
「あーこうすればええのに、でもチームで教わってないから仕方ないかー」とかそんな感じ。
でもさぁ、お前の倅めっちゃ下手くそじゃん、って何度言いたかったか・・・。

試合の内容も悪かったのでイライラした一日になったが、振り替えると自分も少なからずそういうところあったよなーと反省。
人の振り見て我が振り直せとはよく言ったもので、自分を見つめ直すという点では貴重な一日になった。
でもこの人とは長い付き合いになりそうなんだよなぁ・・・。



ストレスの溜まる日々は続く。



ブログ村に参加しております。
もっとストレス溜めろやこの毒親が!と思う方は是非クリックを!
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

「面倒くさい人」と賢くつき合う心理学 (Forest 2545 shinsyo) [ 日本博識研究所 ]

価格:972円
(2017/10/12 17:44時点)
感想(0件)



2017年09月12日

下手と自覚できない子供 指摘できない指導者

我が弱小チームは言うまでもなく下手くそ揃いである。
我が息子のカテゴリーでまあ及第点をつけられるなと思うのは息子を含めて2人かなぁと言う感じ。

先日、練習を見ていたときのこと。
コーチが出したパスをトラップして返すという単純なトラップ練習だったが、まあ酷い。

トラップが大きくなりそのままコーチのほうに転がっていったり、右足でトラップしたのが左足の方に転がっていってそれを左足で返したり・・・。

業を煮やして、大きなトラップばっかりやってる子に「それじゃ試合で相手に取られるぞ」と声をかけると「取られないし!」という返事。

トラップが左足に流れちゃう子に「利き足じゃない方にボールが流れたら次のプレーが難しくなるぞ」と
声をかけようとしたところでコーチから「そうだ!逆足も使おう!」という声。

その後も色々練習をやっていたが、パスのズレ、トラップのズレよりも「動き出しが悪い」とか「声がでてない」とか言っていて「うーん、それ以前の問題やろ?」という指摘ばかりだった。

結局、指導者がちゃんと下手だということを教えてあげられないのが問題。
練習と同じことやって試合で散々ミスってるのに、自分が下手だということを認識できてない子供も問題。

止めるっていうのは意図した場所に止めることであって、蹴るにしても意図した足で意図した場所に蹴るのが正しいと思うんだけどなぁ。

そう言えば別のコーチがよくうちチームは進学すると進学先のチームで蹴るのが上手いって言われる、なんて言ってたけど絶対ウソやろ!



ストレスの溜まる日々は続く。



ブログ村に参加しております。
もっとストレス溜めろやこの毒親が!と思う方は是非クリックを!
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

大人の対応力が身につく! 上手な言い方大全【電子書籍】[ ビジネストーク研究会 ]

価格:100円
(2017/9/12 12:18時点)
感想(16件)


2017年09月05日

お前俺死んだって噂流したろ?

大変ご無沙汰をしていました。

死んだわけではありません。
ポツポツとまた書きたいことがでてきたので再開しようかな、と。

我が息子も進級したわけだが(もう夏休みもおわっているのに今更だが)、プレーするカテゴリーは昨年同様である。

だが、コーチは変わった。

我が弱小チームでは、昨年から続いていたコーチ不足を解消するため、所謂お父さんコーチと呼ばれる人を数人登用した。
そのうちの一人のお父さんコーチが我が息子のカテゴリーを見てくれることになった。

その人は当然もともとは保護者だったわけで、私も少なからず付き合いがあった。
人間としては悪くない人だと思う。
ただ、コーチとして、指導者としてどうなのかなぁという疑問符は当初からあった。

そんな目でこの数ヶ月見てきたわけだが、結論としては「ほかのコーチの悪いところを真似してしまっているコーチ」になっている。

練習内容で言えば、おそらく練習のレパートリーがないんだろうけど一つの練習を延々30分以上やっている。
その練習あまり試合やスキルアップを意識したものではなく、なんとなく時間を消化するためにやっているかと思うようなものだ。

試合での声かけも、所謂「減点法」である。
要するにひたすら悪い部分を注意し続けるスタイルだ。

例えば、中にフリーの子がいるのにシュートをして外す。
そうすると、なんで中の子にパスしなかったんだ!という声かけをする。
まあ、よくある悪いコーチングの見本である。

そして、なにかを言っていないと不安になるタイプのようだ。
とある試合で、相手のFWが高い位置で一人残っているのをディフェンダーの二人でみる形になっていた。
そのFWは足が速いのは見てて分かっていたので二人でみるのは悪くないと思ったが、コーチは「二人で見る必要ないだろ!ちょっと考えてみろ!」という声をかけた。
DFの子は「えぇ・・・」という表情だったが、そういわれたら上がるしか無いという感じで一人が上がっていったが、まさにそのタイミングで相手からロングボールがFWの子めがけて飛んできてそのまま独走、失点という事があった。

また、指導者は子供を泣かせてなんぼ、みたいな風潮がわが弱小チームの指導者の中にあるみたいなのだが、ご多分に漏れずそのコーチもそういう考えのようだ。

先日の試合で、拮抗した試合の中相手に先制され後半を迎えるという場面。
我が息子は普段は中盤をやっているのだが、得点を取りに行くということでFWに上がった。
我が弱小チームは層の薄さはサガミオリジナルも真っ青な薄さなので、普段中盤で守備の要になっている我が息子がFWにあがると、代わりに中盤に入る子ははっきり言うとヘッタクソな子である。

そうなると中盤の守備も中盤からのパスもまったく機能しなくなり、拮抗していた前半のバランスが崩れて防戦一方になった。
我が息子も上がっていても仕方ない、とばかりに戻ってきて守備をしようとすると「お前は前だろ!」というコーチの指示。
結局ポンポンっと点を取られて敗戦。前線にはまったくボールが来ない状態で、息子がボールを触ったのはキックオフのときくらいだった。

まあ采配ミスはしゃーない(本当はしゃーなくない)、と思うのだが、問題はその後。
我が息子は後半ほとんどボールに触らなかったことにたいし、コーチから「やる気がない」「お前が勝負を投げたから負けた」として責められたのだ。
そもそもボールが来ない、受けに行こうとすると怒られるのにどうしろというのか。
まず采配ミスを子供に詫びるのが先ではないのか。

その一方で真っ先に勝負を投げた(失点後に仲間に文句を言い始めた)子に対して「成長した」「お前は最後まで頑張った」と声をかけていた。

我が息子はそんな理不尽な扱いを受けて泣いていた。
試合に負けて泣くことあっても、それ以外で泣いているのは初めて見た。
コーチは自分が言ったことで反省して泣いているのだと思ったのだろう、かなり満足げだった。
帰りの時にそのコーチから「すみません、泣かせちゃいまして」なんて得意気に言われたが、正直「はあ?」という感じだった。
あとで他の保護者に聞いた話だが、他の子供たちもあのポジションチェンジはおかしいと言っていたそうだ。

まあ子供の前で指導者批判をするとチームが崩壊するので子供にはなにも言っていないが、この調子でこの学年を過ごすのかと思うと本当に後ろ暗い気持ちになる。
他の学年はそこそこの結果が出ているのに、この学年は「なんでそこに負けるの?」っていう試合も多く、未だにまともな結果が出ていない(そのコーチがこなかったちょっとした大会で優勝したが)。
年明けのイケイケだったころが懐かしい。

チーム愛が強かった我が息子も最近はチーム愛も薄れているようにも感じる。
どっか強豪チームからスカウトでもこないかなぁ。


ストレスの溜まる日々は続く。


ブログ村に参加しております。
もっとストレスを貯めろ!とおもう方は是非クリックを。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

アウトレイジ ビヨンド [ ビートたけし ]

価格:3,693円
(2017/9/5 12:48時点)
感想(32件)




2017年02月17日

我が息子のよろず屋稼業

前にも同じようなこと書いたかもしれないけど、書いてないような気もするので書きます。

いきなりぶっちゃけると、我が息子は上手いと思う。
まああくまで弱小チームの中では、だが。
それでも、他のチームに行ってもエースとは言わないまでもレギュラーにはなれるんじゃないかと思っている。

そんな我が息子だが、現在では色々なポジションで使われている。
まあ使われていると言うと聞こえがいいが、実際は便利屋という感じ。
主力のDFの子が休めばDFに、FWの子が休めばFWに、というような使われ方。

とはいえ、別に我が息子だけではなく、我が弱小チームではその学年である程度「抜けた」子はそういう使われ方をする傾向がある。

毒親としてはやはり息子が得意なポジションで活躍する姿を見たいのだが、いつもポジションをころころ変えられてパッとしないプレーで一日終わるのを見るとストレスがたまる。
他の子が息子の得意なポジションでプレーしているのを見ると「お前、ウチの子供だったらそんな相手パンパンやぞ」と思ってしまう。

他のチームのことは知らないが、我が弱小チームでは力が劣る子のほうが希望するポジションでプレーできて、力がある子が我慢するという傾向。
本来逆じゃないの?と思うのだが、育成年代だから仕方ないのだろうか・・・。


ストレスの溜まる日々は続く。


ブログ村に参加しております。
もっとストレスを貯めろ!とおもう方は是非クリックを。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

>学園よろず屋1【電子書籍】[ 高山よしのり ]

価格:432円
(2017/2/17 17:26時点)
感想(0件)



2017年02月06日

強豪チームも強豪チームで闇が深そうですな

またまたご無沙汰してしまいました。

我が弱小チームは去年の末からの好調を維持しており、なんらかの大会に出ればなんらかのおみやげ(トロフィーやメダル)を持って帰ってくるような状態である。

そんな感じなのであまり愚痴がない、なので記事を書かないという状況。
もちろん相変わらずストレスがたまるような事はあるが大会で勝つので忘れる、というサイクルを送っている。

先日、我が息子のいるカテゴリーで、某大会で県内屈指の強豪を破り優勝という事があった。
運や状況など色々こちらに有利なものがあったのも事実だが、それでも真っ向勝負で勝ったのだから大したものだ。

試合終了時には隣にいる相手チームの保護者から「強いね」「勝てないね」なんて言葉も聞こえて鼻高々だったが、そんな気分もそこまで。
次第に「なんであの子がキーパーなんだ」とか「○○くんは走ってない」「それなら○○はどうなんだ」とか保護者同士で喧嘩を初めたのだ。

それほど激しい言い争いではなかったが、なんか巻き込まれるのも嫌なので他の保護者とすぐにその場は退散させてもらった。
そのチームが帰りの用意をしてるところに通りがかったときは保護者たちも普通にしていたのでもしかすると日常茶飯事なのかもしれない。

以前、強豪チームをやめた子が我が弱小チームに練習参加していたことがあった。
その子の親と話した時、「強豪チームにいたとき、ベンチにいる子は他の子のミスを願っていた。ミスをすれば自分がでられるから」と言っていた。
気持ちはわからんでもないが、小学生の頃からそれだとひねくれた子になりそうだなぁとおもいながら聞いていた。
ちなみにその子は結局別の強豪チームへ行ったらしいが・・・。

そういう話を聞いたり見たりすると、我が息子を強豪チームにいれなくてよかったのかもしれない。


まあ弱小チームは弱小チームで問題が多いけどな!


ストレスの溜る日々は続く。


ブログ村に参加しております。
もっとストレスを溜めろ!とおもう方は是非クリックを。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

保護者とのトラブル解決80の成功例 [ 家本芳郎 ]

価格:2,160円
(2017/2/6 10:42時点)
感想(0件)



posted by 弱小親 at 09:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談

2017年01月10日

我が弱小チーム、年初から先が思いやられる

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年末、我が弱小チームは各カテゴリーで結果を残し良い年越しとなった。
それに気を良くしたのか、チームからもともと7日から始動予定だったものを4日から練習開始という連絡があった。

私は仕事が始まっていたので息子に練習があることだけ伝えて出社。
帰宅後、練習に行ったのか確認するとちゃんと行ったとのこと。


その後一言、「コーチは来なかったけど」。


はああああああああああ!?

それなら自主練とほとんどかわらんちゃうんかい!
これないなら結局休みでええやんけ!

まあ我が息子は暇だったからいいとはいえ、わざわざ予定があったのをキャンセルしたという子もいたというのに(練習に来ないと試合にだしてもらえないことがあるため)。

その後、6日も練習があったが、そこにもコーチはこなかったそうだ。
なんやねんそれ・・・。


ストレスの溜まる1年が始まる。


ブログ村に参加しております。
もっとストレス溜めろやこの毒親が!と思う方は是非クリックを!
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

「生まれ変わる」極意人生を好転させるお正月とお盆の過ごし方【電子書籍】[ 宮本 辰彦 ]

価格:972円
(2017/1/10 20:00時点)
感想(0件)


2016年12月29日

我が弱小チーム、年の瀬にミラクルを起こす

先日の記事でここのところ結果が出ていると書いたが、先週末の今年最後の大会ではなんと優勝という結果を出した。

この時期は各チームともチーム編成が変わる時期で、我が弱小チームもご多分に漏れず各カテゴリーで編成が変わっている。

その中で、我が息子のカテゴリーは正直言って今まで以上に期待していなかったのだが、蓋を開けてみたらとんでもない「喧嘩サッカー」のチームだった。

もともとこの世代の子は毎週問題を起こすような問題児ばかりで、それでいて力を持て余してるような子が多かった。
いままでは4年生がいて試合にもあまりでられず抑圧されていたものが、スタートから試合にでるようになりその力?を余すことなく発揮された。

ドリブルは日向小次郎バリの強引なドリブル、それを取られると後ろに居たやつが体当たりでふっ飛ばしてボールを奪いまた強引なドリブル・・・というのを繰り返して最後は力任せのシュートでゴール。
もはやサッカーというよりラグビーのほうが近いのではないかという感じ。

他の保護者と「スクールウォーズだね」などと言いながら苦笑いして見ていたが、今回は相手チームもまだ出来上がってなくてパスなどの連携もなく足元の技術もそれほどではなかったので上手くいっただけのこと。
これが相手の連携ができてパスなどで体当たりがいなされるようになったらどうしようもなくなりそう。

とはいえ、初めての優勝で気分が悪いわけがない。
とりあえずはネガティブなことは考えず、来年からの快進撃を妄想して今年最後のブログとしたい。


皆様、良いお年を。


ブログ村に参加しております。
もっとストレス溜めろやこの毒親が!と思う方は是非クリックを!
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

泣き虫先生の7年戦争スクール☆ウォーズ Blu-ray BOX【初回限定盤】

価格:45,360円
(2016/12/29 19:27時点)
感想(0件)





検索
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
弱小親さんの画像
弱小親
プロフィール
ファン