カテゴリアーカイブ
最新記事
ファン

2017年09月13日

撮影車 アウトランダーPHEV(5)電池劣化について

アウトランダーPHEVとリーフの電池劣化の差は?


アウトランダーPHEVとリーフの動力の大きな違いは、
前者が、モーターによる電動走行を主軸としながら、電池が無くなるとエンジンで発電し電力供給するのに対して、後者は、もっぱら100%電動だけ、というところです。

わざわざ申すまでもないことですよね。

そこで、この違いにより、各々の利用者の、充電方法についてはどのような異なる習慣をもつことになるのだろうかという事から、電池の劣化を考えてみました。

(1)異なる充電習慣

アウトランダーPHEVの場合、リチウムイオン電池の容量は旧型リーフの半分以下となる12kwh、その航続距離はカタログ値で60km、実際は45〜50kmほどです。
乗っているとすぐに空っぽになり儚さを禁じ得ません。が、それゆえに、出先においても急速充電器でこまめに充電するのはだんだん面倒になってきます。だって30分かけて80%まで充電しても、40kmも走ればまたすぐ空っぽなのです。これでは、走っている時間より充電時間の方が長くなりそうですし、充電費用にしても時間課金制であるため、リーフに比べて充電量が半分以下(8kw弱)なのに、同じ30分で同じ課金では割に合いません。
この為、自然に自宅での普通充電が主体になる方が多いのだと思います。これは、プリウスPHVも同様です。

一方、100%電気自動車の場合(特にリーフ)は、逆に急速充電器主体になるのかなと思います。
また私の住む東京電力管内では、EV充電の目的で深夜電力割引が使えず、家での普通充電は決して安くはありません(月300kw以上から1kw31円)。逆に急速充電器なら、日産では向こう二年間月額2000円で充電し放題とか、リーフ中古車購入なら四年間無料とかのお得なコースがあるので、ほとんどの方は急速充電器をメインにするのではないかと思います。

個人的には、まずこれがリチウムイオン電池に決定的な影響を及ぼすと思っています。要するに、この点ではアウトランダーPHEVの方が有利になるだろうと思います。

(2)完全放電の恐れ

アウトランダーPHEVは、設計上電池残量が約28%に減るとエンジン発電に自動的に切り替わってしまいます。なんか勿体無いような、、、。でも、このおかげで完全放電の危険性はほぼゼロなのです。

100%電気自動車は、当然電欠(完全放電)の可能性があります。リチウムイオン電池は、ゼロでなくても20〜15%以下のような状況に度々晒されること自体が劣化原因になるということですから、ギリギリまで使うことが度々になりかねないEVは、この点で不利ですよね。

フル充電よりも完全放電の方が、余程リチウムイオン電池には悪いと言いますが、この点でも、アウトランダーPHEVが有利でしょう。

(3)100%充電の頻度

では、逆に100%フル充電しがちなのはどちらでしょうか。これは、私はアウトランダーPHEVの方ではないかと思います。なぜなら、短いEV航続距離を少しでも確保しようとして、普通充電ではあっても毎回100%まで充電する方が殆どではないかと思うのです。

一方リーフ等100%EVでは、ある程度航続距離もあり、80%でも日常十分なことが多く、あえて100%にする必要が少ないと思います。また、そもそも急速充電器は、80%止まりですし。

この点では、100%EV(リーフ)が有利 かと思います。

(4)トータルの充電回数では

アウトランダーPHEVなどは、航続距離が短いので、自然しょっちゅう充電することになります。事実、私も週に5回位は充電します。そうしますと、1年間では約260回になってしまいます。

一方リーフでは、旧型であっても実航続距離が120〜180kmと、3〜4倍もあることで充電回数は少なくなります。80%充電メインとすれば、週に平均2回〜3回ほどでしょうか。つまり年間110〜160回ほどで、かなり少ないですね。新型リーフなら、さらにグッと少なくなりましょう。

この点でも、EVに軍配 が上がります。
ただ、EVは全て電池駆動でありますが、PHEVの場合はエンジン駆動が一定割合あるのでこの分は電池への影響が少なくなります。特に、高速道路のようなリチウムイオン電池にとって過酷な条件下では、アウトランダーPHEVはエンジン駆動がメインになり、電池には優しいのです。一方EVは、高速道路では急速放電と急速充電を繰り返すこととなって、電池にはより厳しくなると思います。


で、総合的な優劣は?


上の項目では2対2の同点になりました。ただ、アウトランダーPHEVが充電回数が圧倒的に多いこと、また100%充電が多くなりがち、という2点は結構大きな劣化原因で、やはりこの点で、早い年数でヘタってくるのではないかなあと危惧しています。

ただ、たとえそうなってもハイブリッド車としてなら問題なく走りますし、燃費も同タイプのエンジン車に比べれば50%程度良いので、車としてはまだまだ問題ないと思います。

因みに私のアウトランダーPHEVは、もう3年9ヶ月が経ちますが、リチウムイオン電池の劣化はまだ体感できるほどではありません。充電回数は結構いっているはずですが、まだまだ元気です。

私は、100%充電はなるべく避けていますし、急速充電器も月に二度位しかお世話にならないようにして気をつけているつもりです。これで果たしてあと何年持つのか、楽しみではあります。

充電設定についての要望です!

今の私のアウトランダーPHEVで不便なのが、自分で充電したいレベルを設定できないことです。
仕方なく、私はタイマー設定で、毎回充電時間を設定・制限してフル充電を避けております。これを毎回行うのがやや面倒であり、正確ではありません。目見当ですから。

できれば、80%、90%迄といった設定を、事前に行えるようにして頂きたいのです(これをスマホ充電などでも同様にできれば便利だと思います)。
是非プログラムのアップデートで、なんとかならないものでしょうか。テスラモータースのように、、、。


PHEVでも、もう少しの航続距離を!

PHEVも、駆動用リチウムイオン電池に優しくしようとすれば、フル充電・深放電を避けて、日常なるべく80%止まりで使いたいものですが、今のバッテリー容量でそれをすると、あまりに短距離しか走りません。せめて、80%でも実際に50〜60km位は走ってくれたら、日常はほとんど電池に無理をさせなくても良くなるなあと思うのです。

もっと理想的なのは、フル充電・深放電しても劣化のないタイプの二次電池の搭載であり、これに勝ることはございません。今後の技術のブレイクスルーに期待たいですね。


なんだか、結論が曖昧に終わって申し訳ないです。
しかし、PHEVと100%EVでは、充電スタイルが自ずと変わってくることが、電池にそれぞれ特有の影響を与えるのだ、ということを申したかったのであります。

拙い話で甚だ恐縮でございました。

プロフィール
地方カメラマンmasaさんの画像
地方カメラマンmasa
伊豆半島の付け根辺りを根拠地にフリーカメラマンとして孤軍奮闘しています。ホテル・旅館への出張撮影が多いため撮影者からの情報発信を志してみました。それ以外にも興味本位なテーマも含めて行きたいです。
プロフィール
リンク集
クリックをお願い申し上げます。バッド(下向き矢印)

旅館・ホテル ブログランキングへ
最新コメント
タグクラウド