広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年02月28日

歯周病を予防して歯を守る方法

 最近、口の中がネバネバしてきたり、若い頃に治療した奥歯が腫れてきたりすることがあります。
d759114219fcc5e029dcaa85e75d7d35_s.jpg


特に、以前に治療した奥歯の腫れは、毎年の恒例行事のようになっています。(年末年始などの長期連休前になると、奥歯のハグキが腫れてきます)
ハグキの腫れは奥歯のハグキに、細菌が入り込んで膿んでいるのだと思います。

昨年末も同じ症状だったため、歯医者さんの予約をとろうとしましたが、混雑していて、思い通りの予約がとれませんでした。

そこで、歯磨きの回数を増やして血行を良くすることで症状を改善することができるかもしれないと考えて対応してみました。






その結果、奥歯のハグキ周辺の腫れは治まり、口のネバネバも生じなくなりました。(今回は歯医者さんに受診していません)

ところが、今日の新聞の広告を見て驚きました。その広告は、歯肉炎の症状と予防の方法等を記載していましたが、歯肉炎が慢性化すると歯周病になって歯を支える骨が溶けて、歯が抜けてしまうことが書かれていました。


歯周病の始まりと歯が抜ける原因


 歯が抜ける原因の多くは、歯周病の炎症が慢性化して歯を支えている骨が溶けてしまうため歯が抜けるのだそうです。

歯周病は、歯肉炎(ハグキが赤く腫れることや出血等を伴う)から始まります。

歯とハグキの境には、1〜2mmの溝のようなものがあるため、ここに食事の食べかす等がたまりやすくなっています。

食べかす等には、細菌が集まってきて、やがて細菌の塊(かたまり)「歯垢(しこう)」になります。この歯垢(しこう)がたまってくると、ハグキの腫れや、口の中がネバネバしてきます。

そして、歯とハグキの溝(歯周ポケット)が大きくなって凡そ6mm以上になると、歯を支えきれなくなり、歯はぐらぐらする状態になって抜けてしまいます。


ちょっと一休み


 私が現役(サラリーマン時代)の時には、睡眠不足や仕事のストレスなどで歯肉炎になったことがありますが、いつの間にか治ったことがあります。

歯肉炎は、疲れた時や免疫力が低下した時になりやすいようです。忙しい現役世代は大変ですが、ストレスの多い人は免疫力が低くなりますので予防策は必須です。




1本の歯を失った時の脅威


 1本歯が抜けた時に、そのままにしておくと歯は連鎖的に抜け落ちてしまいます。

歯は行儀よく並んでいます。これは、お互いの歯を支えあっているからです。そのため歯と歯の間隔は微妙なバランスで保たれていて、少しでもずれると噛み合わせに影響して、痛みや押しつぶされるような嫌な症状で教えてくれます。

それ程、歯の並びは大切なものです。

ましてや、1本歯が抜けてしまうと、大きくバランスがくずれるため、周りの歯から連鎖的に抜け落ちてしまうこともあります。


歯周病の予防と対策


 私の奥歯周辺の腫れは、歯磨き回数を増やすことで改善しました。これは、ハグキの血行を良くして炎症を抑えられたのだと思います。

歯周病対策用の口腔ケア製品は、様々な製品があります。このような製品は、企業の研究所で効果が高い成分を配合して作られているため、歯磨きの回数を増やす等の対応よりも良い結果が期待できます。


セルフオーラルケア



歯周病の予防には、歯を守るという強い意思が必要です。ハグキに良いものを利用して、毎日しっかり取り組むことが大切です。

それと、歯医者さんに定期的に行って、口腔内の状態の確認と、歯垢除去をしてもらうことは必須だと思います。

入れ歯になると大変だということは、よく知っています。学校が休みになる前に歯医者さんの予約をしようと思います。

posted by iyasaretaihito at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2018年02月21日

カーリング日本女子を見て癒される理由

 ピョンチャンオリンピックが始まるまでは、今回の冬のオリンピックには、あまり興味がありませんでしたが、実際に始まると、毎日のテレビ観戦が楽しくなりました。

最初にメダルがとれるまでは、今回はダメなのかという雰囲気もありましたが、男子モーグルで3位になった後は、メダルラッシュに恵まれました。

女子のジャンプと、スケートの500メートルでメダルがとれると私の気持ちも一安心。

その後は、すっかり日本女子のカーリングにはまってしまいました。
34016582b2b0ab48831c90e961b00b85_s.jpg


ともかく、日本女子のカーリングを見ると心も癒(いや)されました。オリンピック競技を見るだけで心が癒(いや)されるなんて不思議です。そこで自分なりに、その理由を考えてみました。


カーリングは誰にでも出来そうに見えるスポーツ


 カーリングというスポーツは、ストーンと呼ばれる丸い石を氷の上に滑らせて28メートル先の標的の中心に最も近くに寄せることを競うスポーツです。もちろん、2チームで競うため、対戦相手のストーンに、自分のチームのストーンをぶつけて有利なポジションを得ようと戦います。

本当は、戦略を練って次に投じる場所を決めながら進行するスポーツですが、細かいルールは、アナウンサーと解説者のやり取りを聞きながら自然に覚えてしまいます。

カーリングを見るだけで癒(いや)される、一つ目の理由は、自分にも簡単に出来そうに見えるスポーツだからだと思います。(ムキムキマンだけのオリンピックではない!)


日本女子チームのプレーは普通の若い女の子の会話


 競技者は、様々な国から参加していて、各々厳しい顔をしています。チーム内で話す会話にも勢いがあって何だか怒っているように聞こえる時もあります。

オリンピックは競い合う競技ですから、そんなことは当然だと思いますが、日本の女子カーリングチームは、全く違います。

いつも笑顔で、戦略について話す時も、まるで若い女の子たちがショッピングにでも出かけた時の会話のように聞こえます。(〜そうだねえ! いいよ〜。等々の明るくて若々しい声が集音マイクを通じて聞こえてきます)

そして、マスコミでも話題になった、おやつタイムの団欒(だんらん)風景には驚きました。
おやつタイムは、競技の前半が終る中間地点にある短時間の休憩時間のことです。
外国チームは、チームメンバー(4名)とリザーブやコーチ等が集まって何かを食べながら戦略上の会話等をしていますが、皆、立っています。

日本の女子チームも、同様の関係者が集まって戦略上の会話をしていますが、全員が床に座って楽しそうに話しています。

これは凄いことです。気持ちも体もほぐれます。日本女子のカーリングチームは文化を変えてくれました。感激です。

まさに、これが、カーリングを見るだけで癒(いや)される、二つ目の理由だと思います。


まとめ


 日本女子のカーリングを観戦するだけで、癒(いや)される理由は、
「自分も参加できるスポーツだと身近に感じさせてくれる」それと、最も大事なことは
勝ち負けだけにこだわるのではなく、「オリンピック競技を楽しんでいることを彼女たちが競技を通じて見せてくれたため」だと思います。

 まさに、今、予選通過に向けてスイスと対戦しています。勝ち負けも大切かもしれませんが、カーリングの日本女子リームは最も大切なことを私たちに教えてくれました。本当に感謝しています。

2018年02月16日

インフルエンザウィルスの違い

 インフルエンザが蔓延(まんえん)しているそうです。その理由の一つには、A型とB型のウィルスが同時に発生してしまったからということを聞きました。

このA型とB型のウィルスとは、何を意味しているのでしょうか?
57beb2d0d418446cefc787768c78ce18_s.jpg


気になったので調べてみました。

インフルエンザのA型とB型の意味


 調べてみると、インフルエンザはA型とB型とC型に分けられていました。
簡単に分けると、A型は最も激しい症状で、B型は中間、C型は最も軽くなります。(C型は、微熱や鼻づまり程度で、感染者も子供がほとんどです)

A型は、ウィルスの種類が多くて、変異も激しいため、対処するのも大変なウィルスです。鳥インフルエンザや豚インフルエンザもA型でした。

どうやら、A型とB型などのタイプは、ウィルスの型で分類しているようですが、詳しいことは判りませんでした。


A型インフルエンザの症状


 A型インフルエンザに感染すると、38℃以上の発熱、関節痛、頭痛、悪寒、寒気、急性胃腸炎等が急激に襲ってきて、肺炎などの合併所を起こして重症化することが多いと言われています。


B型インフルエンザの症状


B型インフルエンザに感染した場合は、症状は軽い人もいますが、ほぼA型と同じような症状になるようです。
B型の場合は、胃腸炎になることが多いとも言われています。(自分の判断で下痢や腹痛、嘔吐などを薬で止めると、治りが遅れますので注意が必要です。)

A型に比べて症状が軽くて胃腸炎の症状を伴うために、自分の判断で風邪やノロウィルスと間違えることも多いようですが、インフルエンザとノロウィルス(或いは風邪)では治療方法が異なります。(医療機関で診察してもらうことが必須です)


インフルエンザは一度発症すると免疫ができるの?


 同じウィルスならば、一度発症すれば、免疫力はありますが、インフルエンザA型の場合は、種類が多いだけでなく、変異を繰り返すため、免疫は期待しない方がよさそうです。

A型の種類は、144種類もの亜型(ウィルスの構造で分けています)があるそうです。(これでは、一つだけ免疫ができても意味がなさそうです)

これに対して、B型は、2種類の型しかなくて、あまり変異しないそうです。これなら一度感染した人は、免疫の効力を維持できそうです。もちろん、型が違うものに感染すると発症するので注意は必要です。


尚、C型の場合は、主に子供が感染するものですが、2歳児以下の場合は重症化してしまうこともあるようです。


インフルエンザに感染したと思った時の検査を受けるタイミング


 インフルエンザウィルスは十分に増殖してからでないと検出できないようです。
そのため、発熱してから12時間以上経過してから検査するのが良いとされています。
(検査は、器具で喉や鼻の粘膜から採取した検体を調べます。時間はおよそ15分程度です)

posted by iyasaretaihito at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2018年02月07日

我が家のトイレ詰まり解消奮戦記

大変なことが起こりました。5年前に交換したトイレが詰まったらしいのです。
4e07d85d3a593a135f0609924ea18d11_s.jpg



トイレ詰まり解消の準備


まず、ネットでトイレ詰まり解消方法の確認と、便座の取り扱い説明書を見てみました。

ネットの情報で興味を引いたのは、薬品(強酸性、or強アルカリ性)で詰まっている紙などをぼろぼろにするという方法でしたが、便座は樹脂製のため薬品使用は不可です。

試してみたかったのですがしかたなく断念しました。

次に、やってみたかったのは、便器にお湯を流し込む方法です。どうやら寒い冬は、トイレ詰まりが多発するらしいのです。

お湯(60℃ぐらい)なら、大丈夫です。詰まっているのが紙なら、水と比べて分解しやすくなります。(熱いお湯は、熱応力でトイレを破損させるかもしれませんので注意要)

しかし、最初にやらなければならないのは、便器の排出口に詰まっているものを引っ張りだすことです。

そこで、ゴム手袋と、詰まり物を引き出すためのピンセット、および、詰まった汚物を一時保管する容器が必要です。

ホームセンターに買いに行くことにしました。(多分、気持ちのどこかで、トイレ詰まりの対応は後回しにしたかったのだと思います)

ホームセンターは徒歩20分ぐらいのところにあります。久しぶりに河川敷を散歩ついでに行ってみようと思い出かけました。

河川敷の風は冷たいのですが、川面はキラキラと眩しくて、スズメもチュンチュン鳴きながら飛び交っていて、なんだか春がきたような雰囲気がありました。

ホームセンターに着いてからは、様々な便利グッズに興味はつきず、家に戻った時には2時間程経っていました。

昼食をとってから、トイレ詰まり解消作業を開始しました。


ちょっと独り言


 作業開始前に決めていたことは、ラバーカップ(スッポン)等で、詰まりを解消するのは避けようと考えていました。ラバーカップでドスンドスンやると、破損することが多いと知ったからですが、実は、お湯でトイレ詰まりが解消できるのかを試してみたかったからです。



便器の中に漂っているトイレットペーパーやこげ茶の異物たちは、何とか回収に成功しました。(ヤレヤレ)

だいたい頭の中でシミュレーションした通りの手順で作業は進行していきます。

そして、いよいよお湯を便器に投入する時が来ました。楽しみです。

水だけでは、詰まりの解消の徴候すらなかったトイレは、お湯を注ぎ始めると、ゴボゴボと空気を吐き出す音を出しながら、少しずつ便器に溜まったお湯を流し始めました。

そして、お湯の投入を開始してから1時間ほどで、「ゴボ、シュポーン」という音とともに詰まりは解消しましたが、直ぐに、下水の匂いがトイレ周辺に蔓延して、マスクをしていた妻も、こりゃたまらんと言ってのけぞっていました。

それにしても、すばらしい爽快感です。

トイレ詰まりの解消は、達成感と爽快感を一度に経験させてくれました。ほぼ、1日がかりの作業になってしまいましたが、良い1日でした。


我が家のトイレ詰まり解消法



@ 便器の中に漂っている異物たちを全て回収
A ラバーカップ(スッポン)等は、トイレを傷めるため使用しない
B 便器に適温(約60℃)のお湯を少しずつ注いで詰まりを解消


 時間はかかりましたが、お湯でトイレ詰まりの解消は可能でした。(楽しみながらできます)
ファン
検索
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

私は定年退職して自由な時間を過ごしています。妻からは、細かいことを言い過ぎと言われます。このためできるだけ趣味を増やして、これからの人生を夫婦仲良く過ごせるように努力している最中です。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。